<   2018年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

CONTEMANSHIP KAJALLA#3『働けど働けど』

 カジャラも、もう3つめだ。#2が去年の3月から5月だったから、大体1年になる。
カジャラの#1はYoutubeにあげられて、#2は、一部を除いて、編集されたものがBSで放送された。
 で、まず、全体の印象を言えば、前回はKKPっぽかったが、今回はシティボーイズっぽかった。
 そして、面白いか面白くないかと言えば、
面白いけど、「すげー面白い!」わけではない。一般チケット7500円は高いと思う。でも、もしもYoutubeにあげられたら、それはお勧めできる。その程度に面白い。

 チケットと言えば、今さら気がついたのだが、一般席のチケットの値段が高い割に、学割が2500円とかなり安い。今回は横浜公演も前売りが余る日があったのだが、この傾斜配分のせいで、古いファンが観る回数を減らしたのかなって思った。 それじゃあ、高校生とかのヤングな方々に2500円で劇場でカジャラを観ることをおすすめできるかっていうと、そこまでじゃあない。
(追記 4月15日 
東京公演を見たら、横浜よりも面白くなっていた。脇を固める4人が役割をきっちり把握してくれているという感じ。メリハリがついてわかりやすくなっていた。ので、7500円は高い、と言いきるのは言いすぎかなって思って追記。まあ、自分は高いと思うけど。でも5500円くらいならまあ、良いかなってくらい)
 今回の観劇にあたり、#2を録画したものをやっと観たのだが、テレビの方が声が聴き取りやすいし、座席位置による当たり外れがない。単調な流れのところは、編集でメリハリをつけてくれている。編集されたものの方がライブより見やすい。
 熱く盛り上がるような作品は、劇場まで足を運んでリアルタイムで観にいく長所が生かされるが、比較的クールな小林さんの作品は劇場の良さはあまり体感できない。周囲の客が笑うから、大したことないギャグもなんとなく面白いように感じる、ということはあるが、俺はそれを劇場の長所だとは思っていない。
 俺が小林さんのお芝居をわざわざ観に行くのは、盛り上がるためではなく、作品の持つ微妙な空気感を正確に読み取ろうとしているからであり、つまり、深読みをするためである。


と言うわけで、本題に入る
[PR]

by k_penguin | 2018-03-10 02:50 | エンタ系2(ライブレビュー) | Trackback | Comments(15)