人気ブログランキング |

リサイクルと特許権侵害についての初歩的メモ

インクカートリッジをめぐり、キヤノンvsリサイクル品販売業者「リサイクル・アシスト」社の弁論が知財高裁で始まる。
まだ判決が出たわけじゃないから、記事にするほどでもないんだけど、↑この朝日の記事では、何かこの類の紛争の訴訟が初めてみたいな書き方だったので、昔、「写ルンです」で似た争いがなかったか?と、調べてみた。
しかし、ゆっとくが、俺は特許法はまるで知らない。

「写ルンです事件」は富士フイルムvs使い捨てカメラのフィルムを交換して売ったリサイクル業者。平成12年東京地裁。富士フイルムの勝ち。主にこれを参考にした。
消尽の有無が争点。消尽って、特許権の対価の二重取りはダメって事。流通して1回対価を得たら消耗して無くなるって感じかな。用尽とも言うな。元は外国語なんだろうな。
特許法上には消尽理論を明文化した規定はない。「BBS事件」最高裁判決で認められている。だから解釈の幅が広いんだろーな。

んで、「写ルンです事件」判決の解釈では、本来の効用があって、商品としての価値がある間は消尽理論が働くが、効用が無くなって捨てられれば又特許権が復活する。消尽は流通を前提とするから。効用が無くなったかどうかは「社会通念」で決める。
今回の記事に「最大の争点は、リサイクルは「修理」なのか「再生産」なのか、だ。」ってあるのは、効用が無くなったかどうか、つまり消尽の成否を意味するわけね。
つーことは、修理できるうちは効用はなくなっていないわけなのだが、修理っていったって電池を取り替えることから専門家の手によるものまで、ピンキリ。
何が修理かについては「特許発明を構成する部材であっても消耗品(例えば、電気機器における電池やフィルターなど)や製品全体と比べて耐用期間の短い一部の部材(例えば、電気機器における電球や水中用機器における防水用パッキングなど)を交換すること、又は損傷を受けた一部の部材を交換すること」で「当該特許製品において特許発明の本質的部分を構成する主要な部材を取り除き、これを新たな部材に交換した場合」はもう修理じゃなくて改造の域に達しているからダメらしい。
んでもって、使い捨てカメラのフィルム交換は「修理」じゃない、と。

富士フイルムが使い捨て「カメラ」とはいわず、レンズ付き「フィルム」という呼称を使っているのは、フィルムの方が本質部分だ、という主張込み、というのは『こち亀』で昔読んだことがあるが、それでもふつーに見ればあれはカメラだ。カメラのフィルム交換を電池の取り替えと同視できないとしているのはどーも納得しずらい。
どっかで、使い捨てカメラのフィルム交換は専門器具を使って行わなくてはならないという点に着目された、と書いてあったが、フィルム入れる蓋を本体に溶接しちゃったのは富士フイルムだし(これも『こち亀』)。
それ以前に、捨てられれば特許権復活、というのだって、よくわからない。
消尽理論は要するに商品流通と特許権者の利益回収の政策的衡量に基づくものだから、その辺はさじ加減なんだろうけど、特許権者側に傾いてないか?純正品の方が品質が安全なのはみんな知ってることだし、もうずいぶん儲けたと思うんだが。


で、やっと今回のインクカートリッジだ。
インク入れは誰にでもできるってとこが使い捨てカメラと違うわけだけど、その辺なんてメーカーのさじ加減1つだと思う。
消尽理論の利益衡量って、つまり、どっちを儲けさせてあげたほうがいいかって話だから、ここで、カートリッジの純正品の売れ行きとか、「プリンター本体の価格を安くし、使用機種が限られる消耗品で利益を稼ぐ構図」とかが考慮要素になるわけやね。
記事に出てきた竹田稔弁護士の「商品が社会でどのように受け止められているかも判断の重要な要素だ」っていうのは、商品流通の自由の要素も考えてあげてって意味、ととらえてもいーのかな。
違ってたらごめんな。
by k_penguin | 2005-11-04 01:56 | 裁判(判決評) | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://shiropenk.exblog.jp/tb/3006033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ペンギンはブログを見ない at 2006-02-01 01:08
タイトル : インクカートリッジ訴訟、キヤノンが勝訴
前に記事書いたからなあ。 その関係で一応のせとくわ。 記事っつーより、これはメモね。 「知財高裁は、再生品が新たな「生産」にあたれば特許権を侵害し、「修理」なら侵害しない――という地裁が示した枠組みを否定。」 つってるけど、内容的には同じだよなあ、これ。特許権行使が認められる場合として2類型を挙げた。一つは(1)製品の寿命が尽きた場合。それを加工した物が市場に出回れば、特許製品の新たな需要を奪い、特許権者を害するという考えからだ。もう一つは(2)発明の中核に当たる部品を加工したり交換したり...... more