のまネコ騒動、多分終結へ
エイベックスは著作権料を受け取らず
ひろゆきの見解

一応前にちょっと記事書いたから、その後の展開ってことで書いとくけど、なんかもう、話になんないくらいの低レベル戦。

謝罪した上に著作権料を受け取らないエイベックスは、「新人類」におろおろするおっさん丸出しだし。何やったって燃料投下の意味しかないのに。
おそらくもうどうすればいいか判らなくなって、ひろゆきにお願いしたんだろうな。
このままだと、CD売り上げまで放棄しなくちゃかもしれないしな。
手みやげの1つも持っていったかな。

対するひろゆきも大人の書くことじゃないなあ。
「パクリ疑惑」って、著作権ひろゆきが持ってるわけでもないのに。公共の知的財産なら、パクリもありえんわ。
どうして言いたいことをそのまま書かないで、わざわざもって回った言い方するのかなあ。
公共の知的財産から得た利益は公共のために使うのが、みなさんが納得する道だと思いますって、それだけのことなのに。「とりあえず」どうこうとか、「騒ぎのオチとしては十分」とか、なんか野次馬みたいな言い方。
まあ、ねらーの動向をひろゆきが支配できる関係にあるわけじゃないから、断言は出来ないだろうけど、にしてもな。影響力は大きいんだから、それなりの責任ある発言が欲しいとこだな。
いや、出来ないなら仕方ないけどさ。
by k_penguin | 2005-10-14 04:57 | エンタテイメントと法 | Comments(0)
<< いかにしてワタシは『ダブリンの... 何気にエキブロ内で拾いもの >>


法律事務所勤務。現代アート、NHK教育幼児番組、お笑いが好きな50代。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログパーツ
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
リンク