『逆転無罪の事実認定』

amazonなか見!検索で見た目次に、「巨乳被告人事件」「痴漢無罪事件」など、美味しそうなタイトルが並ぶこの本。周防監督が帯を書き、紹介記事が朝日新聞に載ってたこともあって、一般書だと思って気軽に買ったのだが、中味は実際の事件を元にした事実認定のケースブックで、つまり専門書なのであった。

一般書なら、面白いかどうか、という視点から記事を書けばそれでよいが、専門書は役に立つかどうか、という視点から見るべきであって、面白いかどうかは二の次なので、記事は書きにくい。
実際、事実認定のあり方や、証拠の証明力の判定(人証について、偽証を完全に見抜くのはまず無理)などなど、刑事裁判に関わる専門家にはお役立ちな本だ。
いろいろな無罪のバリエーションが紹介されているので、裁判員裁判に関わる方が類似事件を探して参考にするのにも良いと思う。
ただ、読み物として読むとがっかりすること必至だ。
第一読みにくいし、
"真相はわかんないけど、少なくとも被告人は犯人じゃないっぽい。"
みたいな言い方で結論出すときがあって、テレビドラマ的展開を期待している方はがっかりするだろう。
無罪推定原則からすれば、被告人側は積極的に無罪を証明する必要はないので、これで良いのだが。


さて、それにつけても「巨乳被告人事件」が気になる、という方のために。
覚えている方もいると思う。
巨乳グラビアタレントが蹴破ったドアの穴から中に入れるか、胸がつかえて入れないかが争点となった事件。
テレビ、もしくはネットで斜め読みした記憶がある程度の事件で、「くまのプーさん」を連想させるいかにもテレビ向きな話、と言った印象だったと記憶している。

実際に実験してみれば、ドアの穴につかえることは明らかであるはずのこの事件。
なのに、一審は有罪となったのはなぜか。
それは要するに一審は、実験は必要ないと思ってしなかったからで、
なぜ必要ないと思ったかと言えば、被告人がドアの穴をくぐったのを見た、という証言があり、証人は被告人とは関係ない第三者であったこと、そして、被告人が壊したのでなければ、住人の男性が壊したらしいのだが、自分の住んでるマンションのドアを壊す、というのは「普通に考えれば不自然」であるからなのだ。
人の記憶というものはあやふやなものなのだが、記憶に基づく証言を重視しすぎた、つか、実質その証言だけを頼りにして有罪を決めてしまったわけだ。

それを、いいかげんだと批判するのは簡単だが、刑事裁判で、この程度の証拠で判断しなければならないことは多い。この本に載っている事件も多くは証拠自体の数が少なく、また客観的証拠に乏しいケースだ。
証言の信用性は、「そういうことは普通あるか」で決めるわけだが、犯罪なんてそうそう遭うもんじゃなくて、それ自体が「普通」じゃないだろ、とツッコミを入れたくなる。
自分の部屋で、二股かけていた女が鉢合わせしたので、一時的に逃亡。もういいだろうと戻ってきたら、ケンカはさらにヒートアップしていた。
さて、こんな場合、男は「普通」どうするか?
もう
  知 ら な い。
としか言いようがない。人によりけりだろ。
でも、こういうことで有罪無罪が決まったりすることもあるのだ。


第一審判決後に新証拠が出たことをきっかけに無罪に転じたケースもある。
こういう場合は誰が裁判官であっても無罪を出す、と思いそうだが、そうでもない。
念のために再尋問をした証人が、一審と同じ証言をし、とても嘘をついているように見えなかったのに裁判所からの帰り、警察で偽証を自首したため(嘘をつき続けるのに疲れてしまったそうだ)無罪の決め手ができた。など、震撼するケースもある。
このケースの背後には、当然多くの、「念のために再尋問したけど、結果はしないのと同じだった」があるはずだ。「万が一」を拾うための9999があるのだ。
その9999を無駄と思ったら、「1」を拾うことはできない。
信用性が高いと一般に思われている科学的証拠も、ちゃんと検討しなければ役には立たない。
防犯ビデオをコマ落としで見る。
鑑定人だけに見えてるタイヤ痕を"それは証明できてない。"と言う勇気を持つ。

事実認定の道は地味で長く、退屈で、しかも「一件落着」的爽快感は、必ずしもない。
と、心して読むべし。(`・ω・´)


逆転無罪の事実認定
by k_penguin | 2012-09-07 21:10 | ニュース・評論 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://shiropenk.exblog.jp/tb/18429274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 遂犯無罪 at 2013-06-29 08:38 x
原田國男訴訟 総集編

http://www.suihanmuzai.com/130621.jpg.html
Commented by k_penguin at 2013-06-29 12:01
あ-・・・
こーゆー、あさっての方向に向けた本人訴訟やる人、
よくいるよね~。


法律事務所勤務。現代アート、NHK教育幼児番組、お笑いが好きな50代。


by k_penguin

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

非公開にふさわしい心を叫..
by k_penguin at 23:26
お久しぶりです! 片桐..
by k_penguin at 22:29
私は片桐さんのことはあま..
by k_penguin at 00:25
初めまして コメントあ..
by k_penguin at 23:52
ありがとうございます。 ..
by k_penguin at 00:11
ご要望にお応えできたよう..
by k_penguin at 00:04
お久しぶりです! ご質..
by k_penguin at 00:52
本にそゆこと書いてたんで..
by k_penguin at 23:27
ワタシも,美しい作品は観..
by k_penguin at 00:06
お返事ありがとうございま..
by chiisaikingyo at 21:31
鍵コメントさん,コメント..
by k_penguin at 00:12
小林賢太郎テレビ10は ..
by k_penguin at 16:35
あ,SAKABE さんだ..
by k_penguin at 23:28
どえらいお久しぶりです。..
by K☆SAKABE at 13:02
この件での取材申込が多い..
by k_penguin at 23:21
カジャラの1と2はセット..
by k_penguin at 23:17
返信ありがとうございます..
by painapo at 13:40
painapoさん,コメ..
by k_penguin at 00:13
こんにちは。ペンギンさん..
by painapo at 11:14
ご返信ありがとうございま..
by A at 09:41

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ニュース・評論
裁判(判決評)
エンタテイメントと法
エンタ系
エンタ系2(ライブレビュー)
Potsunen Dropチケット問題
ネット(ヲチ?)
拾いもの
memo
未分類

タグ

(111)
(23)
(18)
(16)
(10)
(3)

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

リンク