「ひかり・くうかん じっけんしつ」
ICCの今年のキッズ・プログラム。
無料。同じく無料のオープン・スペース 2012と込みで親子で楽しむ、的な。

《10番目の感傷(点・線・面)》の、クワクボリョウタのアート・ユニット、パーフェクトロンの展示なので、こんな感じ。
c0030037_23392925.jpg

移動する光源と影の作品で構成されている小展示。
しみじみ楽しむのはむしろ大人の方で、
鮮やかな色彩を好む子供達は、まるで興味を持たなかったりする。
10秒で作品から反応が返ってこなければもう見向きもしない冷淡さと、
 光が動けば影も動くし、大きさも変わるって、あたりまえじゃん!つまんない!
という、毅然とした態度に感心しつつ、自分は飽きもしないで影を眺める。
c0030037_1335284.jpg

何か郷愁を感じる作品なんだけど、
子供には郷愁がまだ無いから興味示さないのかなー?
by k_penguin | 2012-08-18 23:44 | エンタ系 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shiropenk.exblog.jp/tb/18356699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『逆転無罪の事実認定』 どっちを買う? >>


法律事務所勤務。現代アート、NHK教育幼児番組、お笑いが好きな50代。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログパーツ
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
リンク