更新料は有効 最判H23.07.15
とりあえず走り書き。

最高裁HP判決文
更新料は賃料の2ヶ月分という事例。

更新料の性質については
一般に,賃料の補充ないし前払,賃貸借契約を継続するための対価等の趣旨を含む複合的な性質を有する

とされた。よくわかんねーけど。
とにかくそれで世の中が受け入れてきたんだし、裁判でも当然有効ってことでやってきて不都合もないんだから、いーんじゃねーの?
的なことを言っている。


俺としては更新料については、いきなり無効にすることはないにせよ、消費者契約法10条との関係でもう少し否定的なニュアンスになると思っていたが、
いままでの判例とほとんど変わらないという感じがする。
高額すぎる更新料はダメとか、別に言われるまでもないことだし。

更新料を否定した判決も、更新料分は家賃に加算して請求すればいい、と言ってるから、実質的には変わらないんだけど、やはり最高裁は保守的なのかな。
公序に関することじゃないと、あまり意見を動かさないという気がする。

以前の高裁判決に関する記事

確かちょっと前に
敷引きも有効という判決が出ていたと思う。
by k_penguin | 2011-07-15 22:05 | 裁判(判決評) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shiropenk.exblog.jp/tb/16603196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 橋下さんの懲戒請求祭り、不法行... 『THE SPOT』inter... >>


法律事務所勤務。現代アート、NHK教育幼児番組、お笑いが好きな50代。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログパーツ
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
リンク