郵便不正事件 地検検事データ改ざん
いやー、驚いた。
押尾さんの判決に関して、何を見たわけでもないのにかってに遺棄致死だと決めつける、
「面白い方が真実」と信じて疑わない一部マスコミへ文句つける記事書きかけてたんだけど、それどこではなくなった。

物証の改ざんは、ないわー。

これが警察ならまだ、ありそうだねー、とか言ってられるけど、
検察は、ないわー。
警察は、まあ何かやらかすかも知れないって言うのは刑事訴訟法も予定しているんだけど、そのための第1次にして最大のストッパーが検察による監督だからなー。
その検察にこのレベルの不祥事じゃ、組織の構成から考え直さなくちゃならんかもなあ。

ネットじゃ早速「背後の黒幕」うんぬん言われてるなあ。
どうにもしょぼい想像力だと思うけど、ま、当分何言われてもしかたがないな、検察は。

ところで、件の検事は俺とほぼ同い年。
そして、07年に、強制わいせつ事件の告訴取り下げ書を無断で偽造してクビになった検事もまた同い年なのだ。
何でそんなこと覚えてるかって言うと、そっちの検事は、実は学生時代一応知り合いだったからだ。
あまり親しいわけではなかったが、すんごくふつーの、ちょっと気が小さい人という印象だった。
春に次の検事に仕事を引き継ぐにあたって仕事量が多いと「できない人」みたいに見られるのが怖くて、仕事を無理矢理にでも減らしたかったのだろう。
傍目から見ると、ありえないくらいしょぼい動機だが、それがいわゆる「エリート」のリアルだろうと思う。

今回の郵便不正事件でも、思うような証言がとれなくて、上司に叱られると眼に涙を浮かべていた検事がいたそうな。
局長クラスまで取らないと、「できない人」に見られるだろう。
俺的には、そんな割としょぼい動機のような気がするけど、

ま、それじゃ面白くないから世間は納得しないだろうな。
「面白い方が真実」なんだよな、マスコミも、ネットもね。


追記
検事さんは、FDを書き換えはしたけど、証拠として出しはしなかった。
弁護側が証拠として出すのを期待していたとかいう推測もあったが、いくら何でも出す前に日付は確認するはず。

もしかして、
 ・・・日付が8日だったらいいのになー、そしたらボクはますますエリートなのになー。
とか思って、そっと書き替えて甘い空想に浸っていたのかも。
で、夢見る瞳のまま、出来心でFD返しちゃったのかも。
そうすれば、弁護側が自分達に有利に証拠としてFDが使えなくなるだけだから、
感覚としては、検察が手持ちの証拠の中の、被告人に有利なものを故意に出さないという、まあありがちなパターンに類似する。

本人の「遊びで書き替えた」って供述はあながち嘘じゃなかったかもしれないなって思う。
by k_penguin | 2010-09-22 12:28 | ニュース・評論 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://shiropenk.exblog.jp/tb/15164576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by uneyama_shachyuu at 2010-09-22 22:59
ワタクシも、実はしょーもない動機ではなかったのかなあ…と感じました。ペンギンさんとはちょっと違った感触ではありますが。

ワタクシんところでも書きましたけれど、受験生時代、ホンマ、あのまんまの雰囲気のオタクくんたちとよく話しました。色んな意味で、司法試験が彼らの精神世界の最後の砦っちゅ~人が大勢…というか、殆どでしたね。

苦労組に近い彼としては、やっと認められる場所を得たという感情が強かったのかなあ…と。

ぱっと見た印象で、昔の記憶がぱあっと広がりました。

…今は、本当に「できるビジネスマン」タイプの有能な人ばかり見ていたので、久しぶりでしたわ~、あのオ~ラは。
Commented by k_penguin at 2010-09-22 23:35
>司法試験が彼らの精神世界の最後の砦

まー学生ならまだ仕方ないけど、
ふつー社会の荒波にもまれて、検察官バッチなんか屁の突っ張りにもならんということがわかれば、プロとしてのプライドも育つはずだと思うんですがねえー。
最近の子は、いつまでも視野が狭いですねえ。

写真で見た限り、かなりふくよかで海原はるか師匠ぽかったですが、
若いときからそうだったのかな?
だとすると、受かってもモテなくて、
「エリート」にしがみついてしまうパターンもあるかもw
<< 小林賢太郎演劇作品『ロールシャ... 押尾さんはがんばっている >>


法律事務所勤務。現代アート、NHK教育幼児番組、お笑いが好きな50代。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログパーツ
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
リンク