タグ:植草さん ( 18 ) タグの人気記事   

うえくささん関連のビンボくさい雑感   

最近、時事問題の記事がまた減ってきているうえに、法律の話題も刑事系に偏ってきている。
気分だけでも、「三角合併が解禁になって、より外国企業が参入しやすくなったね。」とか、「日銀はもう利上げしなければ示しがつかないだろう。やはり景気を何とかしてもらいたいものだね。」とか、リッチな話をしたいなーと思うのだが。
いや、別に刑事事件がビンボくさいっていうわけじゃないけどさ。

ビンボくさいなって最近思うのは、前からの関わりでずっとヲチしてる植草さん応援ブログだ。
これはもう世間的には全然アップデートな話題じゃなくて、もう刑が執行されていると思っている人がいても不思議じゃないくらいなんだが、実はまだ公判中だ。
いままでは、ビンボとか、お金とかいう流れでこの話題を見ていなかった。
俺が見ているのは、エキサイトブログ内のブログだけで、で、そこでは、植草さん擁護派にせよ、反対派にせよ、お金で雇われて書いている、とかいう悪口は前からあったが、実際、お金がありそうな動きをした奴は一人もいなかった。みんなネット検索して、コピペして、悪口書くだけだ。
そして、だからこそ、みんな、やりたいことやってるんだなって感じがしてた。
ゆうたまさんのブログは、書きたいことを書き、削除したいコメントを削除する。Freedom!
植草さんの事件は冤罪だと主張しているが、その理由は何でも良い。国策陰謀でも、そうでなくても。
ゆうたまさんにとっては、その2つを区別する実益はない。植草さんを守れればそれで良いのだ。

ところが、『植草事件の真実』という本が出ると聞いて、流れが変わる予感がした。
出版にはお金がいるからだ。
金が絡むのなら、今までのような、理由は何でもOKよという、懐の深い説は取れない。
本を出すなら、国策陰謀説でなければならない。
誰も植草さん個人のためにはお金を出してはくれないからだ。
ひらりんさんが、あまり政治的な陰謀は強調しないほうが良いのでは無かろうか、というようなことを書いていたが、それでは本は出ない。

金が絡むこと自体については、俺は別に否定的ではない。
ガス代水道代を払っていくには、いろいろな方法がある。
植草さんだって、ネット代は払わなくてはならんだろう。
ただ、この本に執筆したひらりんさんやゆうたまさんが、原稿料をもらっていないか、または、もらったとしても、大した額ではないであろうことが、何となくがっかりする。
もらっておけばいいのに。


公判の流れについて、雑感を述べる。
一応予防線をはっとくが、俺も詳しいわけではない。
公判の予定は、検察側の立証のあとに被告人質問、そのあと弁護側の立証という予定だったようだ。この流れは少しイレギュラーだ。
被告人質問は刑事訴訟法上は、いつ行っても良いことになっているが(311条2項)、実務では、最後に行われるのが通常だからだ。

ものの本には、犯罪立証の後、情状立証の前と書いてあったが、実際は情状立証の後の方が普通みたいだ。とにかく、犯罪立証の後に行われる。
この理由は、証拠としての自白が犯罪事実の立証の最後に取り調べられること(301条)の趣旨と同じではないかと思われる。
つまり、自白は証明力の評価が難しいので、他の証拠を調べた後に回して、誤判の危険を減らすのだ。
普通、人は自分が犯罪を犯したとは言わないので(本当にやったやらないに関わりなく)、「やりました」と言えば、それは本当だろうと思いこみやすくなる。
ところが、熱心すぎる捜査やそれ以外の理由により、本当でなくても、「やりました」という場合がままある。
また、「ぼくもやったけど、A君もやりました」型の自白もある。共犯者の引っ張り込みの危険、と呼ばれる類型だ。
こーゆーことがあるので、自白は証拠調べで後回しにされる。
被告人質問も、被告人が喋るものだし、喋ったことは証拠になる。
しかも大半の刑事裁判は自白事件だから、内容的にも自白と同じだ。
このことから、被告人質問が後回しにされていると思う。
(この理由からだと、情状立証の前で良いわけだけれども、実際の裁判では、情状の方がメインの争点なので、情状立証の後なんだと思う)

さて、この理由からすれば、否認事件においては、被告人質問を最後に回す必要は自白事件よりも薄いことになる。内容が自白じゃないからだ。
公判の計画は、検察、被告人・弁護人、裁判所が協議して決めるのであるが、やはり、自分の都合で相手に迷惑をかけることはよろしくない。
弁護の方針が定まっていないのなら(全面否認でどう定まらないのかイマイチ分からんが)、被告人質問を先にするのも一つの解決策ではある。
まあ、植草先生の場合、結局弁護人解任によって、被告人質問はお流れ。
新弁護人も、第4回公判では、弁護側の立証の後に被告人質問をしたい、と言っていたらしい。ふつーがいいよね。やっぱ。

旧弁護人については、どっかの誰かが、陰謀論をブログに発表したのとほぼ同じタイミングで、名前をゆうたまさんが発表していた。
お金をもらったのかなあ。
俺だったらかなりの額をもらわなければ、とても出来ないけど・・・。

・・・あーあ、結局またビンポくさくなっちゃったなあ。
[PR]

by k_penguin | 2007-02-14 00:17 | ネット(ヲチ?) | Trackback | Comments(6)

植草先生の保釈不許可をノイズを交えつつ語る   

どーも。
ブログのアクセス数が急に跳ね上がると、「ああ、にしおかすみこがTVに出たな」とわかる白片吟K氏です(←こーゆー無関係な話がタイトルにいう「ノイズ」ね。にしおかすみこは別に関連記事はないのによく検索に引っかかります)。

植草先生の今回の裁判は被告人側の意見陳述書なんかも出たし、結構情報がネットにも出回っているのだが、おしむらくは、裁判自体には興味を引くようなとこが全然無い。
多分被告人自身も裁判で勝つなんてことは全然考えていないと思う。
俺としては、外部の誰かに対するポーズとりしか考えてない依頼者を持った弁護人は大変だろーなー、いや、それよりもApple「Macを始めよう」のCMの脚本は誰が書いたのかなー、今月の『広告批評』に載ってないしとか思うくらいだ(←ノイズ)。

その中で、やや気になったのが、保釈請求の否定のされ方の経緯だ。
保釈請求は2回されていて、で、結局2回とも保釈には至らなかったのだが、保釈が認められないこと自体は珍しくない(理由については、自殺のおそれだとか、いろいろネットで取りざたされている)。
だからそれ自体はまあ、いいんだけど、ただ保釈の決定の際に検察官の意見は聞かれるから、そこで保釈申請が却下されるというのが、普通の流れだ。
この場合、検察官の意見が聞かれたにもかかわらず1度保釈が決定されていて、それから準抗告、つまり、検察側の異議を待ってからそれが取り消される、というワンクッションが入った流れになっている。
その辺が、それに意味があるのかないのかも含め、よく分からなかった。

で、モトケンさんとこや何かで聞いた結果、
「そんなに大した意味はない」ということで落ち着きました。


   , - ,----、
  (U(    )
  | |∨T∨
  (__)_)
ご迷惑をおかけしました


   (↑ノイズ?)
あれこれ言っても、最初の保釈を決定する裁判官は1人だ。その人が保釈について広く認めてゆこうという考え方であれば、保釈決定されてもおかしくはない事例だ(←ノイズ?詳しくはコメント欄)。
で、異議があった場合審査するのは別な裁判で、多分合議体だろうから、まあ、「固い」考えになってもこれまたおかしくはない。また、そういう判断でも決して不当とは言えない事例でもある。
モトケンさんのコメントを引用すれば「検察としては証拠を固めているとは思いますが、現段階では多くの重要な書証が不同意とされているでしょうから、裁判所から見れば証拠が固まっているとは見えない場合がけっこうあります。」
と言うことだからだ。

そういうわけで、結局、まあ、やっぱり、見どころも何もない裁判なんだよね。

・・・あ。
ICCの八谷和彦のメーヴェ展覧会は見に行かなくては(←ノイズ)。
[PR]

by k_penguin | 2006-12-11 02:00 | ニュース・評論 | Trackback | Comments(14)

植草先生の長い勾留をだらだら語る   

さて、植草先生だ。
世間ではすっかり忘れられているが、エキサイトブログ内ではそこそこ盛り上がっている。
というのも、件の植草先生ファンブログが、コメント権限をエキブロユーザーに限るという限定をして、コメントをするにはエキブロでブログを持たなければならないようにした上で、ID拒否を連発したため、使い道のないブログが増殖してしまったのだ。
空きスペースを使ったカラオケボックスのようなブログが増え、植草先生はやってないよ派と、どっちでもいーからID拒否解けよ派に分かれて陰口をたたき合う、見物する分にはそこそこ面白いふいんきになっている(ID拒否連発のおかげで主戦場は、ファンブログから同級生ブログに移りつつある)。
植草先生ファンブログからID拒否を受けている俺は後者の派閥に属すると見なされていると思っていたが、植草先生はやってないよ派の3つのブログのうち、1つのブログにしか拒否られていないので、今のところ、どちらでもないらしい。

それはともかく。
植草先生は勾留中だ。50日を超えるらしい。
植草先生はやってないよ派が憤るのはもちろん、ID拒否解けよ派の一部も、


      ☆ チン     マチクタビレタ~
                        マチクタビレタ~
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < 植草先生まだ~?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん  |/


らしいので、待っている間の暇つぶしに、勾留について。

勾留は長期の身柄拘束だ。ずーっとおうちに帰れないという素敵に強力な効果を持つので、これを認めるには強い正当化理由が要る。
で、理由は、起訴前と起訴後で違う。ぱっと見は1つの勾留が続いているようだが、実は、2つ目の勾留中な訳ね。

起訴前は、捜査としての勾留だ。被疑者が証拠を隠滅したり、逃げたりするのを防ぐためにつかまえとくのだ。これには厳格な期間制限が法定されている。原則10日、どうしてもそれじゃ足りない場合は加えて10日、特に重い罪についてはさらに5日の延長が可能だ(刑訴208条、208条の2)。
植草先生の場合は、20日間めいっぱいやられているようだ。
否認しているとはいえ、被害者と目撃者という強力な証拠を最初から確保しておきながら、延長する必要が本当にあったのかどうか疑問だが、捜査のプロに「あったんだ」と言われたら、素人さんは、素直に「へいっ」と言うしかない。

次に、起訴後には、証拠の隠滅を心配する必要は減る。
すでに公判を維持できる程度の証拠は集まっているからだ(だから起訴したんだろうから)。
ただ、肝心の被告人に逃げられては裁判が出来ない。で、勾留は続く。
でも、つかまえとく理由が減ったのは確かだし、おまけに起訴後勾留は長い。
そこで、保釈っていう制度がある。お金を担保にして身柄を解放してもらうのだ。
金を踏み倒してでも逃げちゃいそうな奴には保釈は認められない。
保釈を取ることが、弁護人が最も気合いを入れる仕事だ。

植草先生は1度保釈が決まりつつも、検察の準抗告によって取消されている。
検察側でも、何かの見解の違いがあったらしい。
何を考えたのか、俺にはよく分からないが、この、「なぜだか否認してると保釈が認められにくい」という事情はちょいちょい聞く。
「人質司法」と呼ばれ、まあ、自白偏重の病理現象の1つだ。
モトケンさんとこをリンクしておこうっと。

総じて言えば、起訴前も起訴後も、植草先生の勾留の正当性には、疑問の余地があるといえる。
ただ、それは、特に植草先生だから、ではない。
否認していれば、まあこの程度は覚悟しなければならない範囲内じゃないかと思う。
まあ、こーゆー状態でフツーだって方が、インボーなんかより、ある意味怖いんじゃないかとも思うけどね。


関連エントリ
植草先生ファンブログとわたくし
植草さんの逮捕に関連して

追記MEMO 12月6日
モトケンさんとこの関連エントリ
[PR]

by k_penguin | 2006-11-09 03:02 | ニュース・評論 | Trackback | Comments(19)

植草さんファンブログとわたくし   

植草さんファンブログが「炎上」して、小休止の後に復活した。
1年以上前に、あそことケンカして、ID拒否をくらい、いまだにそれは解けていないという経緯があって、その関連エントリは今でもそこそこアクセスがあるのだが、関連エントリ、及びそこの香ばしいコメント欄を読んだだけでは事情はつかみにくいと思う。
読者さんのためには、ケンカの経緯を俺の立場からでいいから説明しておくのが親切なのだろうな、と、思いつつもついつい放置していた。

放置していたのは、書くのがめんどくさかったから、というだけではない。
植草さんファンブログの管理人yuutama1さんは、一般私人だから、あまり非難がましいことをネットに書くのはいかがなものかと思ったためでもある。
植草さんに限らず、いわゆる、TVの中の人(舞台の上の人も含む)であれば、多少はあれこれ言われても仕方がないとは思うが、一般私人はそれとは違う。
また、当人も、顔も知らない人から批判を受ける、ということに慣れていない。ショックはでかいだろう。控えておいた方が無難だ。俺はそう思ったのだ。
・・・しかし。
ブログをしている以上、不特定多数に向けて情報発信している点においてTVの中の人もネットの中の人も同じだ。意見を述べた以上、批判を受けることも覚悟しなければならないはず。
またyuutama1というのはハンドルだ。顔が割れているわけではないから、TVの中の人に比べて、批判によって被る不利益の程度は少ないだろう。
それに、件のブログは既に散々な言われようをされているようだ。今更1つくらい増えても、さほどショックではないだろう。
と、ゆーわけで、読者さんのために、経緯を書いておこうかと思ったんだけど・・・・
もう、記憶があいまいなんだよねー。

大した情報はないよ
[PR]

by k_penguin | 2006-10-18 17:55 | ネット(ヲチ?) | Trackback(1) | Comments(21)

植草さんの逮捕に関連して   

植草先生が東京都迷惑防止条例違反で逮捕されたので、うちのブログのアクセス数まで急上昇している。
1年くらい前、植草さんのファンブログと大げんかをやらかして、ID拒否を食らった、というご縁があるのだ。
そのファンブログの「炎上」までちゃっかり記事になっていたのには驚いた。
まあ、単に1つのエントリにコメントが1000件以上ついているだけで「炎上」というのは大げさだと思うが。
あそこもコメント欄しめればいいのに、相変わらずつまんないところで意地張るから事態が悪化するんだよな。

さて、今回は「冤罪」の可能性は低そうだ。
現行犯逮捕といえど、私人によるものは誤認逮捕の危険が少なからずあるが、この場合は狭い車内で人違いの可能性は少なそうだ。
また、誤認逮捕の場合の対処法は植草先生も学習済のはず。
「やっていない」ではなく「覚えていない」という否認をしたのは、キツイと思う。
「やっていない」なら、客観的な行為がないという否認だけど、「覚えていない」は故意の否定だから、酒のせいで覚えていないだけでやったかもしれない、という意味にもなる。

ちなみに、「冤罪」と再犯については以前に記事を書いている。
だから、とりたてて今回述べるようなことはない。
(何か「冤罪は何に対する罪なのか」へのアクセスも多いので、ここにはっとく。)

ただ、彼は、今度こういう事件を起こしたら、「人生オワタ\^0^/」であることはよく知っていたはず。
それでもこうなってしまったということは、この手のことは彼の無意識レベルにリンクされている、ということだ。
人間が一生それから逃れられない鎖のようなものってあるんだろうな、と、妙にしんとした気持ちで思ってしまうのは・・・

秋だから?
[PR]

by k_penguin | 2006-09-14 21:57 | ニュース・評論 | Trackback(2) | Comments(9)

迷惑防止条例に引っかからないために(前説)   

植草さんファンブログ(現在ID拒否をいただき中)にTBしてきた記事などを読んでいてふと気が付いたのだが、冤罪の恐ろしさをひとしきり嘆いたうえで「男性は人混みに近づいてはいけない。やっていない迷惑行為をしたことにされてしまう。」と締める記事は多い。
しかし記事を書いた人も実際本気で何が何でも人混みに近づかないようにしようと思っているわけではないだろう。大体、大都市圏ではそれは不可能なことだ。
怖い怖い言うわりには現実の問題として余りとらえていないんじゃないかな、という気がする。

と、ゆーわけで、「李下に冠を正さず」。どの様な行為が「冠を正す」行為なのか、考察してみた。
都会の男性諸君、これですももの木の下にいても安心さ!

まず、条文。条例だから地域によって違うわけだけど、東京と神奈川はこんな感じ。
「何人も、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、人を著しくしゆう恥させ、又は人に不安を覚えさせるような卑わいな言動をしてはならない。」

「公共の場所又は公共の乗物」はまあイメージできるとしても、「人を著しくしゆう恥させ、又は人に不安を覚えさせるような卑わいな言動」は具体性に欠けている。
こーゆー、行為を特定するのに解釈が必要なものは「開かれた構成要件」と呼ばれ、罪刑法定主義による自由保障と、条文によって保護されている利益(保護法益)は何かを考慮して解釈していかなければならない。
と、ここで気が付いた。
この条文、保護法益がはっきりしない。
あわててググったら、やっぱりはっきりしていないらしい。
社会的法益なのか、個人的法益なのかすらはっきりしない。
俺は何となく個人的法益だと思っていたが、そうであったとしても性的羞恥心なのか、身体プライバシー的なものなのかもはっきりしない。
この条文はちょっと開きすぎていて、罪刑法定主義との間で問題があるという気がする。

うーむ。しかし、記事のテーマはそこにはないから、それは置いといて、とりあえず法益は性的羞恥心と身体プライバシーってことでいこう。
では、典型例「女の子のパンツ盗撮」で考えてみる。
バンツの盗撮は女の子を羞恥させたり不安にしたりするだろうかというと、まあ、人によりけりだろう。別にパンツくらい良いと思っている人もいるかもしれない。また、撮られたと気が付かなければ当然、当人は羞恥したり不安になったりはしない。
つまり、ここで重要なのは、本当に当人が羞恥したかではなく、「客観的に見て一般人が、羞恥したり不安になる行為と評価する行為」であるかなのだ。
パンツの盗撮をしている現場を普通の人が客観的に見たら、「女の子が恥ずかしく思う行為をしている」、と評価するので、パンツ盗撮は迷惑行為になるのだ。

このように客観的に見て普通でない行為でなければ処罰の対象にはならない。
そうでなければまともな生活が送れなくなる。これが自由保障機能と呼ばれる罪刑法定主義の趣旨だ。
例えば、エスカレーターで上を見上げたら、女の子のパンツが目に入ってきたので、しばらく眺めていた場合、処罰の対象にはならない。靴のひもを結ぶのもOKだ。
客観的に見て普通の行為だからだ。


なんか長くなっちゃったから続く。
肝心の引っかからないための具体的注意は次回に持ち越しだ。
[PR]

by k_penguin | 2005-07-28 03:47 | ニュース・評論 | Trackback(1) | Comments(0)

バックアップ   

yuutamaさんとこにコメントしようとしたら、ID拒否設定されていた。
せっかく書いたので、こっちにバックアップ。

Commented by k_penguin at 2005-07-25 11:45 x
ID拒否ですか。ま、それも良いでしょう。

>水戸黄門さん
>yuutama1さんのこのブログは、唯一、植草氏を応援するが故に攻撃されるのは不平等では?起訴、有罪=犯罪者という公式を今回、そのまま当てはめられないのでは。

前半と後半の論点は違うのに、それをごっちゃにしていることこそがこのブログの問題点だと私は思っています。
yuutama1さんは前半のみを問題と思っているでしょう。
しかし、読者の大半は後半を重視しているのです。だから立場を明確にしろとか書かれるのです。

後半は冤罪一般の問題で、法的、論理的に検証する必要がある問題です。
それに比べ、前半は論理的に物申しても意味のない論点です。
せいぜい、不平等だと思うなら、あなたも相手方を攻撃すればいいじゃなあい、とか言われるだけです。

このブログは法的にどうとかいうものではなく、単純に、読み手に不親切なのです。
ま、素人が書いているのだから、それも仕方がないことだと思ってますが、プロフィールに断り書きを入れることすら拒否するのはどーかなー、というのが私の感想です。


一応説明すると、ID拒否設定されても、ログアウトすればコメントはできる。
で、上記のコメントをしたけれど、削除、という流れ。
ちなみにID拒否後のコメントは2回。上記のコメントと、このエントリーの存在を水戸黄門さんに伝えるためのコメント。両方10分足らずで削除。

追記 8月22日
今のところ、2ちゃんの2カ所の板で、ここのアドレス記載を発見。
2ちゃん用語を使う人がコメントくれたりしたから、どっかに晒されたのかなーと思ってはいたが。
にしては、まあアクセス数の増えなかったこと。
[PR]

by k_penguin | 2005-07-25 11:57 | ネット(ヲチ?) | Trackback(1) | Comments(94)

冤罪は何に対する罪なのか   

植草一秀って人については名前とあと経済学者だってことくらいしか知らないのだが、たまたま通りすがった、植草氏のファンブログに目を通して、ちょっと考えたことなど。

経緯を一応説明すれば、植草先生は、昼間の駅で女の子のスカートの中を手鏡を使って覗こうとしたというかど(都迷惑防止条例違反)で捕まり、当初自白するも、その後否認に転ずる。判決は50万の罰金で一審で確定。
上記ブログは植草氏の冤罪を信じ、主張し、不当判決に怒りをぶつけている。
が、あくまでも「植草一秀氏を応援します!」ことを趣旨とするブログなので、冤罪の構造に迫ることもなく、植草氏を応援していないコメントに反論することもなく、植草さんが良ければそれで良し、といった感じ。

要するにごくふつーのブログのわけだが、このふつーのブログに寄せられたふつーの意見の多くが、「真実は植草氏は覗いていない」ということを論拠としている点にむしろ俺は注目した。
要するに、「真実やっていれば仕方がないが、やっていないのだから捜査は、判決は不当。」と言っているのだ。
真実は1つであり、厳然と存在し、捜査、裁判はこれを発見しなければならない。これは一般人として当たり前の感覚だ。
しかし、この感覚は、決して捜査や裁判の関係者が持つ感覚ではない。
現実はテレビドラマではない。テレビでは、真実は映像化され、人の心の中はモノローグで語られるが、現実にはそのようなことはおこらない。
砂の上の足跡のような些細な痕跡が、それも真実も偽物も混じった状態で提示されるだけだ。検証すればするほど、真実は遠ざかる。疑い出せばきりがなくなる。
「真実発見」は刑訴の第1条に書いてあるけれど、法律的に不当判決を非難するのであれば、まず「真実ではない」とは言わない。「無罪推定原則に反する」とか「合理的な疑いを越える程度までの証明がなされていない」という。
真実は証拠により形成されていくものなのだ。


俺は仕事の上で冤罪に関わったこともあるので、冤罪というものが決してまれではないこと、起訴されたらまず有罪にされてしまうこと、従って、決してやっていない罪を認めてはいけないが、これがどうしてなかなか難しいこと、は知っていた。
また、警察は理由がない限り証拠隠滅等の細工をしたりはないが、理由があればやること、しかも、それが細工かどうか考える気力も無くすほど警察の証拠保全は初めからいーかげんであること、も知っていた。
だから、植草氏が本当にやってないかもしれないとは思っていた。
だが、それは重要な問題ではない。
50万の罰金は、彼が、初期捜査で罪を認めてしまったこと(つまり供述録取書に署名捺印したこと)に対して課せられたのだ。
かなり厳しい言い方だが、彼が自分自身を信じなかったことが罪ということになるのだ。

彼は、控訴はしないが、その他の手段で無実を主張してゆくと述べたそうだ。
しかし、どの様な手段であれ、裁判で争うことを放棄したという事実は無実の主張の信頼性に致命的なダメージを与える。
たかだか布きれ1枚を見ただの見なかっただの、そんな下らないことで自分を信じるだ何だのめんどくさい話になるのが嫌であれば、一切口を閉ざすべきだったと思う。
下らない話に関わって体力を消耗したくないという気持ちと無実を主張したいという気持ちの葛藤の末の結論だろうが、スカートの中を覗こうとしたという事実が下らないのか下るのかは、実は二者択一の重要事項なのだ。

そんな下らないことが、人間の名誉に関わる事実になりうる。
その人が学者であったとしても。
それこそが冤罪の恐ろしい事実ではないだろうか。
[PR]

by k_penguin | 2005-04-10 12:59 | ニュース・評論 | Trackback(2) | Comments(4)