<   2016年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

小林賢太郎テレビ8 ~ wonderland ~   

2016年 06月 29日

今回の特徴は、やっぱり片桐さんを起用したところにあるんじゃないかと思う。
片桐さんと小林さんが共演するとなると、ラーメンズを想起せざるをえないのだが、
前回のKKTV7のとき、深読み的には、「もうラーメンズは作らない、別な物を作る」って言ってたので(自分はそう解釈していたので)、今回の番組を見るにあたっては、ラーメンズじゃないお初のコント番組として見たし、それは、もうラーメンズを見なくなってけっこうになる自分には難しいことではなかった(何しろ、指摘されるまで、「桶屋・・」がラーメンズのものと半分くらいかぶっていることにも気がつかなかったくらいだ)。
ただ、サブタイトルからして、それが「ALICE」を意識しているものだと言うことぐらいは気がつくことはできたので、後から戯曲集をチェックした。

さすがに片桐さんが入ると、深読みアンテナの反応度合いが大きくなる。が、悲しいかな、年を取ったせいか、単に仕事の後で疲れているせいか、うまく言葉には出来ない。
とりあえず、視聴した方のコメントも募集したいので、メモ書きで、放り出しとく。

今回のキモは、2つの世界を1つのカメラが行き来すること。毎回そうだが、お題コントはただのおまけではない。それも含めてすべてがコントロールされている。
2つの世界とは、新幹線の隣の不思議な車両とこちらの車両のことでもあるし、新幹線の中と外の世界でもあるし、『ALICE』とKKTV8のことでもある。『ALICE』とKKTV8は、単体の作品としても見ることができるし、2つを合わせてみることもできる。

若葉の黄緑色は小林を象徴する色である。「仕事場」の外の過剰な鳥の声、ドライブするときの服の色。
クライマックスはもちろん、ロケの長テーブルクロス引き(長テーブルクロス引きなら、マジなやつを「大科学実験」でやっていたとかいうのは野暮)。

最後、新幹線の中の世界が外界に流れ出ていることに注意。ただ、基本的に安定している。
どういう意味で安定したのかはまだ不明。王様の片桐さんを消しちゃうと、カラスが出てくるから気をつけてね。

オープニングCG好き。


KKTV8 その2 どこに行くか分からないなら
[PR]

by k_penguin | 2016-06-29 00:16 | エンタ系 | Trackback | Comments(16)