<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

小林賢太郎TV7   

2015年 06月 12日

録画から約1ヶ月たってようやく見ることができた。

感想
ラーメンズっぽくて、面白かった。

そりゃ
昔のラーメンズの方が良かった とか
片桐さんの天然の魅力には勝てない
とか言うことはできる。

でも、今期待される、ラーメンズって、なんだろう。
昔と全く同じ、一言一句同じものを作ったとしても昔と同じ評価は得られないだろう。
そもそも昔の評価ってなんだ。言うほどラーメンズは手放しで褒められていたわけではないぞ。
ずっとほっといているうちに変に伝説化されてしまって、勝手にハードルが上がっちゃっただけだ。
そりゃ、片桐を使ってKKTV7を作れば、ラーメンズと言ってもらえるかもしれない。
しかし、それはラーメンズであってラーメンズではない。小林も片桐も、客も、時代も変わっている。
ラーメンズの正解とはなにか。
もうそれは誰にも分からない。
天然の片桐、じゃない、コーラ虫を使って、カラメル味の炭酸を作れば国産コーラの復元といって良いというものではないのだ。
職人的には、それは昔の国産コーラの味じゃなければならないし、変に職人気質の親方が昔のコーラを大事に温めすぎたおかげで、味の正解が分からなくなったとしたら、もう作らない方がましなのだ。

だったら、カレー虫を使ったカレーを作る方が良い。
親方だって、それほどコーラに思い入れがあるわけではない。
昔飲んだはずの国産コーラの味を覚えてないし、
天然の虫を材料にして何かを作りさえすれば、職人魂は満足なのだ。そんなもんなのだ。
別にカレーでも、多分、ブルーハワイでも良くて、
コーラをくれとか言う客には、
「うち、コーラおいてないんですよ」とつっぱねれば良いのだ。

カレーだってそこそこ売れているんだから。


小林賢太郎テレビ6・7 [DVD]
小林賢太郎テレビ6・7 [Blu-ray]
[PR]

by k_penguin | 2015-06-12 00:44 | エンタ系 | Trackback | Comments(8)

但馬屋老舗の 「さいコロがし」   

2015年 06月 05日

大分県立美術館、OPAMのオリジナルグッズの1つ。
c0030037_2133515.jpg


但馬屋老舗は「荒城の月」というお菓子が大分において有名らしい。なんで荒城の月かっていうと、大分県竹田市が滝廉太郎の故郷だかららしいけどよく知らない。

で、この「さいコロがし」は、アーティストの人生をすごろくに仕立てたものがついていて、それがおもしろい。
但馬屋のHPに、すごろくの内容がほとんどネタバレの程度まで見える写真が載っているよ。
リンク先の写真をクリックするとでかくなるよ
アーティストはつらいよ。
という感じですね~。

お買い求めいただく場合はこちらから
[PR]

by k_penguin | 2015-06-05 21:38 | エンタ系 | Trackback | Comments(2)