<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

小林賢太郎演劇作品『ロールシャッハ』 2012年版   

最初に言っておくが、この作品に関しては俺はかなりハードルをあげている。もう食わず嫌いに近い。
というのも、初演版があまりにひどすぎたからだ。ひどいだけではなく、憂鬱な気分にさせられた。話はあらかた忘れてしまったが、その印象だけは残っていて、今回は舞台に集中する気になかなかなれなかった。

チケットがはけるスピードはいつもよりも遅く、地方公演の一部は売れ残っているようだったが、本多劇場は相変わらず満席で補助席も出ていた。
劇が始まっても、俺は前に述べたような理由でなかなか集中できず、テレビをつけっぱなしにしているような感じで、ぼーっとしていた(腹話術の人形は右手であつかうんだな…)。
話は前回より整理されていたが、それでも、よくわかんない設定の国のよくわかんないプロジェクトにかり出された人たちの空騒ぎという風情だった。
なぜ大砲を1発撃つのに3人がかりなんだろう。なぜ撃つ直前になってから砲身を掃除しなくちゃいけないんだろう。力持ちと細かい奴がいるのに、なぜ誰が装填係になるか方角の計測をする係になるかをさくっと決められず、全部の可能性をいちいち試すんだろう。なんだか「おかあさんといっしょ」日曜ライブの子供向けの劇みたい。
しかし客は良心的で、最初からどっかんどっかん受けていた。隣の席のおばちゃんははしゃいでいた。
半ば過ぎ、富田と串本の夜の会話あたりからやっと舞台に興味を持てた。会話内容は前回よりよく整理されていて、特に串本のしゃべりだしを変えたのは良かったと思った。でも隣のおばちゃんは寝てしまった。

最後の方で、大砲を撃つプロジェクトの真の意味が明かされ、撃つかどうかの鳩首会議のあたりも、内容は変わっていないが、話の流れが良くなったため、いろいろ誤魔化せていた。まあ、2回目でなれてるのもあるかもしれないけど。
大砲を真上に打ち上げれば、打ち上げたところに落ちてきて、砲弾を手でキャッチできる。という、常識に反する事情も、大砲を固定すればできる、というシステムらしい。

壁が「鏡」であるという説明の後にここが鏡の世界のパラレルワールドであることの説明がやや丁寧にされて、この点でも前回から改善されていた。
前回は「鏡の世界」であることに何の意味も見いだせなかったが、今回は、早い目に説明がされたせいか、
 現実世界に、右利きのこの4人がいるんだなあ。
と、想像する余地があった。
この、「想像すること」が作者のやりたかったことなんだと思う。
それ以上でもそれ以下でもなく、ただ、「想像すること」。
想像するという言葉から、そして、「正義の反対は悪じゃなくてもう1つの正義」という台詞があるからといって、ジョン・レノンの「Imagine」と連結させてはいけない。
作者が想像して欲しいのは、平和とかそーゆーことじゃなくて、「右利きの4人」だ。
舞台の上の左利きの4人はお芝居というパラレルワールドにいるけど、「右利きの4人」は「現実」にいて、
自分の性格やら自分のやってることを正当化する理屈(この話での「正義」はそういう意味でしかない)やらの問題を抱えて
悩んで、少し成長したり、初演版より少しましな芝居を作ったりしてるってことだ。
つまりは「僕のこと考えて」といっているのだ。
それ以上でもそれ以下でもなく。
まあ、毎度のことだよね。

舞台の上で、左利き達は、まあよかったね。という感じのラストを迎えた。
作品自体も、前よりはまとまったんだから、まあよかったね、と思った。
おばちゃんは、大砲を撃つプロジェクトの真の意味が明かされたときも寝ていたが、終わり頃には起きていて、カテコで小林さんの登場に飛び上がらんばかりの拍手喝采をしていた。
多分そーゆー見方が正解なんだろうと思う。まあ良かったね。
 ということで、俺は1回目のカテコの後の、本部からの終了の放送を聞いてから外に出た。
中では再びカテコが始まったらしかったが、もう興味がなかった。
[PR]

by k_penguin | 2012-10-21 02:29 | エンタ系2(ライブレビュー) | Trackback | Comments(6)

荒木飛呂彦原画展 JOJO展 東京   

平日の12時に行ったけど、六本木ヒルズについてから会場に入るまで30分かかった。
客は男女ほぼ同数と見た。

作品がたくさんあって満足。色使いがすてき。
今回の展覧会のために書き下ろした東北でのジョジョ達のシリーズがいかった。

ググルが絡んで最新技術使った展示はいまいち。
あのてのものはICCでさんざん見てきたから、余り驚かない。
グッズがマニア向けのフィギュアやTシャツ、ポスターメインで、「金出せ」オーラがすごかった。
自分的には「じょじょせんべい」的なもっとぬるい、職場で配ってみんなで失笑しながら食べられるようなもんが欲しかったけど、食べ物はなし。
ただ、ごま擂りだんご(ジョジョリオンのごま蜜だんごのモデル)は会場の外で売ってたので買った。(8個入りのみ、600円)
冷凍状態で売られていて、2時間で解凍し、解凍したらすぐ食べろ。また水平にして持ち歩くべし、
と、割といろいろ言われたが、前歯で噛むな、とは言われなかった。
以上。

c0030037_23301297.jpg

会場前、イギー持ち込み禁止の立て札。

c0030037_23301379.jpg

エコーズ1・2リバーシブルぬい、プライズ用。
[PR]

by k_penguin | 2012-10-14 19:26 | エンタ系 | Trackback | Comments(0)

小林賢太郎テレビ4   

一応見たんですが、正直余りおもしろくなかったです。
アイデアを煮詰めずにアイデアのままの状態で提示されている感じがする作品がいくつかありました(壊音とか)。早い話が思いつきでやっているように見えるってことです。

深読み的には「ない」というのが正直な感想です。
今までのKKTVと異なり、本人の中の悩みが無くなって、何らかの結論を出したらしいのですが、
で、それが多分「ない」ということで、
アイデアをアイデアのままで出すのも、
煮詰めてしまうとどうしても本人の中のより深い部分がでてきてしまって、
それが「ない」ということと相容れないので、「思いつき」の状態で出してしまうためらしいのですが、
見る側としては、アイキャッチのレベルから先に進まないので、最後まで見てがっかり、時間返せ。
という感じになってしまいます。
「P」のライブとセットで見るものなのかもしれません。

「素語録」は好きです。あの黒子達は多分襖の裏にいた黒子なんでしょうね。
[PR]

by k_penguin | 2012-10-07 12:34 | エンタ系 | Trackback | Comments(0)