<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

『うるう』 01-3 コメント用その2

『うるう』の記事その1
コメントその2

1つの作品で、コメントがこんなに多いのは初めてです。
公演ももうじき終了しますが、四方山話はこちらにどうぞ。

他の記事
『うるう』02 むしろ違う話
『うるう』03 血と責任
『THE SPOT』-『うるう』 話の話




[PR]

by k_penguin | 2012-02-27 20:45 | エンタ系 | Trackback | Comments(100)  

『ファイアボール チャーミング』(ちくわぶボックス)

ブログを見直してみたら、超合金フィギュアの話ばっかりでなぜか前作『ファイアボール』の記事は書いてなかったことに気がついた。

が、まあ、『ファイアボール』については、見ればそれがすべてなので、別にあれこれ言うこともあるまい。
ちょこちょこ謎のシーンが登場したり、最後にゲデヒトニスが言う「良い知らせ」とは何なのか、ドロッセルが出て行くときにかすかに聞こえるイルカの声は何を意味するのか。
等々、かなり複雑らしい裏設定の片鱗が見えるが、2分間笑えるんだからどうでも良い。

それに比べると、続編『ファイアボール チャーミング』の方は、前作よりやや意味含みで「謎ましい」雰囲気。 そつがないわね
続編と言っても時代設定は『ファイアボール』の前。ドロッセルとゲデヒトニスの性格も少し違っていて、ゲデヒトニスはなにか隠し事をしている風。
『ファイアボール』での意味の無さそうな言葉のいくつかについても、その持つ意味が少しずつ明らかにされる。
例えばテーブルが登場することで、「テーブルマナー」とはコミュニケーションの方法論であることが分かる。
そして最終話でイルカが登場し、『ファイアボール』の最後のゲデヒトニスが言う「良い知らせ」がお嬢様が外に出ることであることが示唆される。

と、いうわけで、裏設定が気になったのでDVDを通常版でなく、ちくわぶボックスで購入。
目当ては、ビジュアルブック「IMONI」。設定資料とシナリオがついている。
シナリオなんて意味が無さそうに思えるが、これがけっこう役に立つ。
お嬢様達はときどき突拍子もないことを言うから、聞いても意味が分からなかったりするのだ。
ストーリー解説もお役立ち。
「コミュニケーションの困難さ」が前作のテーマでしたが、本作は、そこから踏み込み、コミュニケーションの道具である「言葉」について、そして「変化すること」の物語であることが、語源に関する他愛のないやりとりを通じて宣言されます。

・・・と。ほらね。 らくちん

フルHD映像を予定しているので、CGがめちゃくちゃ細かい!
最近のフルHD映像を前提にしているアニメって、作り込みがものすごいし、クレイアニメもマテリアルや照明まで画面にもろに反映してしまっていてほんとに大変だなって常日頃から思ってたのだが
この作品もほんとに気がつかないとこまですごい作り込み。 貧乏暇なしね

 あと、個人的には、ドロッセルお嬢様の夢に学校の教室と、机に置かれた天球儀とリンゴが象徴的アイテムとして出てきたのが面白かった。
天球儀はお嬢様の求める世界、リンゴはこの話が「白雪姫」を下敷きにしていることを意味するのだが
・・・ま、誰しも思いつくことは大体同じなんだよねー・・・。


それからCDをバカにしてはいけない。
ボーナストラックがドロッセルお嬢様のポエム「恋はシメサバ」全編だぞ。

なんという茶碗蒸し!




ファイアボール チャーミング ちくわぶボックス (オンライン専用数量限定商品) [Blu-ray]



[PR]

by k_penguin | 2012-02-25 02:21 | エンタ系 | Trackback | Comments(1)  

「インターネット アート これから―ポスト・インターネットのリアリティ」展

ネットのおかげで、「現実って何?」という感覚が心の中に芽生えるようになった人は少なからずいると思う。
この問題意識を語る場合、なぜか「現実」というより「リアル」という横文字が使われることが多いのも、ネット以前の「現実」と、ネット環境を前提とする「リアル」が異なることを示していると思う。

・・・と、いうのは、置いといてえ。

面白けりゃいーんだよ。面白けりゃ。
と、ICCに出かけ、そして、面白かったのでよかったな、と思った。

期待通りエキソニモは面白かった。
「現実」との関わり合いを作品化した《ナチュラル・プロセス》が特に気に入った。
”A web page”をGoogle社に運ぶためくるくる巻いている映像を見ながらなんとなく
「あ、ブラウザIEなんだ」と思ったが、それがこんなことと繋がっていたとは。
ネットを介した現実を扱う作品が多い中で、ネットを介さない現実との関係をあつかったという意味でも面白かった。
ある意味chim↑pomっぽいアプローチ?


アーロン・コブリン+川島高《10000セント》は作品がWEBでも見られる。
1セントの労働に対する皆さんの意識がぱっと見で分かる点で面白かった。
いろんな人が居るね。(ギャラリー)


dividual《タイプトレース道――舞城王太郎之巻》は「TypeTrace」というソフトを使った、小説の執筆過程がリアルで分かる展示。
舞城王太郎は名前と、どんな雰囲気の文体の人か、ということだけ知っていた。
見た感じ、俺なんかよりはるかに迷いがなくすらすら書く。最初からほぼ完成形の文章書くじゃん。一晩おいて見直したりとかしないのかなこの人。
文の流れに気をつかっているらしいのが見ていて分かった。


特に面白かったのはこんなとこ。
あとは何だか内輪受けにしか感じないものもあった。
「それ知らないし」で済まされてしまいそうなやつ。
そもそも展覧会の紹介文にはインターネット環境としてTwitterやfacebookがあげられてたけど、
俺両方やってないし、ほとんど見てもいないしね。
ある人の「リアル」と別の人の「リアル」も違うと思うぞ。

ま、面白かったから良いけどね~。
500円で会期中何度でも見られてこれだけヒットすれば十分だと思う。
[PR]

by k_penguin | 2012-02-15 23:00 | エンタ系 | Trackback | Comments(0)  

裁判員初の全面無罪判決、確定へ

朝日新聞
判決全文pdf

高裁判決の段階で書いた記事を読み直してみたら、最高裁は高裁判断維持であろうという予想をしていた(記事後半のチョコ缶のやつ)。
裁判員裁判の素人判断は全部高裁でひっくり返してやれ、と連中考えてるんじゃないかと思っていたのだが、
蓋を開けたら大ハズレ。破棄自判で無罪。

裁判員裁判だから第1審の事実認定を重視する、
とは言っていないが、控訴審の事後審性から
控訴審が第1審判決に事実誤認があるというためには,第1審判決の事実認定が論理則,経験則等に照らして不合理であることを具体的に示すことが必要であるというべきである。

と、積極的な間違いがなければ第1審の事実認定を通すよう求めている。
つまりこれからは第1審が裁判員裁判じゃなくても第1審の事実認定が尊重されるはずである。
リクツから言えばね。

補足意見において裁判員裁判の上訴審の裁判官に対し、
許容範囲の幅がないピンポイントの事実認定を改めるよう述べられているが、
それを故意の有無を争う(=有罪か無罪かが争われる)このケースで言われるとなー…。
それはちょっと難しすぎるんとちゃうんかって思うけどなあ。
[PR]

by k_penguin | 2012-02-13 22:51 | 裁判(判決評) | Trackback | Comments(0)  

『THE SPOT』-『うるう』 話の話

小林賢太郎の作品にテーマはない。
「ない」と小林さん自身が作品中で言っているのだから確かなんだろう。
『THE SPOT』も『うるう』も、夢の話を聞かされているようで、
話している当人は盛り上がってるんだけど、聞かされている方はわけわかんない。
という感じ。
夢を見た本人からすれば、さっき見たTVの情報が混じってるなあ、とか、出てきたこれはあの人のことなんだろうなあ、とか、自分にはこういう願望があるんだ、げ、生々しい!とか、何かがわかるんだろうけど、
聞かされている者にとってはさっぱりだ。

その意味で、彼の作品にテーマはないが、「気づいて欲しいこと」はあるといえる。
テーマの様に声高ではないが、夢がささやきかけるようにそれは囁く。
生々しい欲も含まれているそれはまさに「内臓」といえる。
内臓を内臓のまま出してしまうと、余りの生々しさにドン引きくらうので、
「キャベツにトマトを仕込んでおいてから、それを切って、げ!キャベツに内臓が!って。 キャベツに内臓なんか無いのに」
囁く心には気づいて欲しいが、生々しい欲だとは思って欲しくない、ビミョーな乙女心、いやバニー心。

だから、彼の作品を見るときは、他人の夢をのぞき見している、と思うとわかりやすい。
ストーリーの首尾一貫とか世界観の設定の厳密さとかは余り重視されない。
むしろ考えないで感じた方が早かったりする。
"Don't think.Feeeel!"と言うわけだ。
そういう点では詩に似ている。
これが小林さんの作品の基本的構造だ。

More
[PR]

by k_penguin | 2012-02-11 22:34 | エンタ系 | Trackback | Comments(0)