<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

東京オペラシティの展覧会、3本立て。

三上晴子 「欲望のコード」
4FのICCにて。
作品は1つっきゃないので、同じところでの「オープン・スペース 2011」展(無料)とセットで1つという感じ。
実は2回目の鑑賞。1度チケットを買うと、会期中に2回入れるのだ。

俺が高校生の頃、三上晴子はつなぎを着て、鉄の廃材を使ったでかい楽器みたいなもんを作って鳴らしていた。それを偶然覚えていて、名前は「はるこ」ではなく「せいこ」と読む、という誰にも自慢できるあてのない知識も持っていたので、というか、それだけの理由で、会期のかなり前の方に見に行った。
そしたら、客がほとんどいなかったのだ。で、この作品は会場内に客が数人歩き回る状態の方が絶対面白いのだ。

暗くてでかい空間にはいると、カシャカシャカシャ・・・と音を立てて、壁面いっぱいについてる、「未来世紀ブラジル」の迷惑な監視ロボットみたいな目が、白色LEDを光らせながら一斉にこちらを向いた。
こちらが動くと反応するが、動きを止めると、すぐに興味を失って前を向く。
空間中央には、これも動きに反応するカメラが数台。どれもびっくりするほど感度が良く、動きにすぐに反応する。
奥には、トンボの目のようなモニタに、カメラが撮ったらしい映像がめまぐるしく変化しながら映っている。どこか知らんとこの映像(世界中の公共空間にある監視カメラの映像のどれからしい)もある。
しばらく棒立ちになってつっ立ってたら、係員のおねいちゃんがやってきた(もちろんカメラや監視ロボットはカシャカシャ反応した)。
「えー、この作品はー、動きに反応して作動するようになってましてー。・・・」
一連の説明が済み、しばらく2人とも黙り込んだ後、俺は言った。
「・・・で、何が言いたいん?これ」
「・・・監視しゃかい・・・」
「・・・んー。・・・だろうな。」
俺は頭をかいて、監視ロボットの1つがカシッ☆と小さく反応した。

  と、いうのが1回目だった。
出直した2回目は、いくらか賑わっていたので、監視カメラ達が右往左往したり、目の監視ロボット達がなかなか上手い分業をして複数の動く人に対して反応する様を眺めることが出来た。
最新技術を上手に使いこなしていると思う。
でも、やっぱりイマイチ言いたいことがわかんないんだよね。
見た印象では監視社会がテーマかと思うんだけど、チラシや解説本にはそういう風なこと書いてなくて、作者はそーゆーつもりじゃないのかな?とかいう気もする。
「現在の情報化された環境と知覚に生きるわたしたちの新たな欲望とはなにか」を問題意識とした作品なんだそうだけど・・・「欲望」は関係ないような気がするけど。
まあ、普段は意識しないけど今の公共空間ってこんな感じなんだよ。というイメージ的解説、と思えばそれでいいか。


「オープン・スペース 2011」
常連にはおなじみの作品も混じってるけど、毎年面白い。
特に気に入ったのは、がそのもり、トランス・スケール 02 比率の部屋、など。


「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」
3Fアートギャラリー。ICCのチケットで200円割引。

これはNHKで紹介されていたので、予習済。
そうでなければ、単なるファッションショーの延長かと敬遠するとこだった。
もっと混んでるかと思ったが恐れるほどではなかった。服飾系の学生さんぽい人多し。
10組のブランドの展示で、ブランドの服そのものの展示をするとこもあれば、インスタレーションもあり。
テーマもいろいろで、コスプレの手の込んだようなゴスロリ服(h.NAOTO)から、テキスタイルに凝る派(SOMARTA,matohu)、服の型を見直すとこ(ANREALAGE)、バーコードでミュージック(THEATRE PRODUCTS)、なんかわからんけど、服そのものよりスケッチとデザイナーのキャラがバリ3に立ってるとこ(keisuke kanda)等々、
バラエティに富んでいた。
順路を決めないで作品の間に低い梁を設けて、会場を細かく分断した構成は正解だと思った。テーマにまとまりがなさすぎるので、続けてみると混乱してしまうところだった。

観て思ったのは、とにかく洋服作るのって大変なんだなー。ってことと、
作る側はお金よりも大切に思ってることがあるんだけど、買う側の大多数はお金が第1で実はそれほど「おしゃれ」について深く考えないし、考え出すと気軽に買い物も出来なくなるから今後も考えないだろうなってこと。
 でも、これって表現全般に言えることかも。

あとカタログがイマイチ。もっと写真入れてくれ。
[PR]


懐かしのARBだったのでのせてみました。
絵や声とのギャップがすごいですが、わりと好きです。
他にもARBの曲を使ってるようです。

そういえば、以前「まりあ†ほりっく」のEDが「君に、胸キュン」で、
世代的にそーゆー事なんだな、と。


輪るピングドラム キャラクターソングアルバム
[PR]
ナイロンの10年前の作品の再演であるこの作品は、
芸術家のタマゴ達が集うパリのとある地下カフェを舞台にした小洒落たコメディだ。

・・・と、書くと、ナイロンを知っている人なら (゚Д゚)ハァ? と、なるに違いない。
これは良い意味でも悪い意味でもケラらしくない作品なのだ。

まず、人が死なない!!
ケラの作品は、登場人物の半分から全員が最終的に死ぬことを覚悟して観なければならないのに。
だから重さ、やりきれなさもないし、ブラックな笑いもあまりない。ナンセンスな笑いが多くて軽い感じ。
芸術家を気取っているただのクズ野郎どもの群像劇なので、何となく『アキレスと亀』やケラが演出した『どん底』が頭にあって、悩んで自殺しちゃったり、犯罪に走って自滅したり、あと、いろいろおもろむごいことになるのかなー、とか期待して行くと、肩すかしになる。
なんだか2chでオタクのニートが集っているようなのどかさなのだ(10年前に2chってあったっけか?)。
隣の女性2人組は前半で爆睡してしまい、休憩時間に目を覚まし1言「・・・コメディなんだ。」と言い残して帰ってしまった。
多分もっとヘヴィなものを期待していたんだろう。


そのかわり、風邪気味の仕事帰りでちょっと胃がむかむかしてて、精神に負担がかかることは避けたいと思っているような人、例えば俺のような人は、ほっとできる。
お笑いも十分含まれているので、笑って気分がさっぱりした。よかったよかった。

前半は、みんなガヤガヤワイワイやっているだけで話がほとんど進行せず、なんだかなーって思う。
劇作解体新書で、この作品と同じ年に作られた『すべての犬は天国へ行く』を解説したとき、10年前と今とでは書き方は変わるか、という質問に対して
「今だったら無駄なやりとりをもう少し省いてもっとストーリーを進行させる」と言ってたけど、それって、この作品でも言えることなのかも。
10年前のテンポはなんだか間延びしているように感じる。これもネット時代のせいかなー。
きっと後半で話が早く展開するとこころえて、大人しく笑って待つ。

後半、話は動きだし、タイナカ(山崎一)は現実とやりたいこととのギャップに悩み、モズ(廣川三憲)達は小芝居みたいな詐欺に手を染めている。
世間から期待されることと自分のやりたいことのせめぎ合い、迷走する価値観。
 …でも、なんか話のスケールがちっちゃいんだよねー。いや、メグリ(大倉孝二)もそう言ってるんだけど。
なんか、期待の外に出ないっていうか、逆にリアルっていうか。パリのカフェのアーティスト達なのに思考が小市民的。つか、それってやっぱ2ch。
タイナカの現実との妥協の仕方はd(>_・ )グッ!  って思うけど、
考えてみりゃ、凡人がやりそうな妥協だよね。

うーん、2chていうものがなけりゃ、この作品に対する評価はも少し変わったかも知れない。
こーゆー思考や悩みや現状維持的妥協って、もう見慣れちゃってるんだよね。

と、いうわけで、10年前と今とでは、時代はやっぱ変わってるんだなー。
などと思ったのでした。

『ノーアート・ノーライフ』というタイトルから、表現をめぐる現実との相克を解決するヒントを求めたりしなければ、気楽に笑えると思う。
(劇中にはフランス語がいっぱい出てくるのに何でタイトルだけフランス語じゃないんだろう・・・)
[PR]
合憲が出るのは分かっていることだったが、お上の見解が確定されたという点で貴重な判決。
弁護人もハッスルしていっぱい憲法違反を並べている。
特別裁判所(76条2項)違反なんて別に主張しなくてもいいと思うけど。

めぼしいとこは、
司法権は裁判所に属すると規定する憲法76条1項違反、司法の独立(76条3項)違反、意に反する苦役に服させることを禁じた憲法18条後段違反。

以下は判決の俺流意訳w

76条1項違反に対して

憲法はもともと陪審制を導入できるように設計されているから、裁判官のみの裁判が憲法上保障されているとは言えないよ。
確かに刑事裁判は令状主義とか自己不罪拒否特権とか、プロじゃなきゃ扱えないめんどっちいルールが多くて、だから基本的に裁判官がやらなきゃだけど、素人が混じっても
国民の司法参加と適正な刑事裁判の実現の調和がとれてる制度なら、立法政策としてとってもいーんじゃね?
中身を調べても、裁判員制度は中立公正な制度だし、
素人が出来ないような専門的な部分は裁判官がすることになってるし。素人を裁判長もサポートするし、
いいんじゃないの?

76条3項違反に対して


国民の意見を取り入れるって制度なんだから、
制度の下でも
裁判官だけのときと結論変わらなかったら意味無いじゃん。

 なおこれは一般世論に裁判が左右されて良い、という論とは違うものであることに注意。
憲法76条3項によれば,裁判官は憲法及び法律に拘束される。
  ↓
裁判員法は憲法に適合するようにこれを法制化したものである
  ↓
裁判官が時に自らの意見と異なる結論に従わざるを得ない場合があるとしても,それは憲法に適合する法律に拘束される結果である

 という論法だ。
制度内に裁判官の意見が尊重される制度もある、というのもあわせて述べられている。


18条後段違反に対して

民意反映の制度なのに「苦役」って言うなよw
いちおー参政権の仲間だぞ。

まとめ
裁判員制度は新しい実験的な制度で、うまくいくかはみんな次第なんだから
温かく見守ってやれよ。

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20111116154348.pdf
[PR]
朝日。

捜査中の警官による現行犯逮捕にもかかわらず、無罪になったのが珍しい。
警官の証言は仕事で見聞きしたことだから、という理由で信用性が高いのが普通であるが、
判決の「逮捕して引き返せなくなったと疑うこともできる」
という部分は新しく、また鋭い指摘。
[PR]
シブゲキ!にて。
客の入りは、多くもなく少なくもなく。

「すべての犬は天国へ行く」についてやったんだけど、
ナビゲーターの土田英生と途中から
自分達はなぜぎりぎりになるまで書かないのか、
ということについて話し合いだし、怠け者自慢みたくなったのが面白かった。

以下、印象に残った言葉のメモ。

シットコムは、現実と地続きの設定のときに有効。現実離れした設定のときは不条理系の笑いの方が馴染む。

笑いのヴァリエーション(シットコムとかシュール系とかキャラ系とかの)は、あまりいろいろなパターンを入れすぎると世界観が崩れてしまう。
ナンセンス系の笑いは、客の脳をしびれさせてしまうので、本筋を見失わせる危険がある。

ツッコミ役を固定しないのは、現実にいつもつっこむだけの人というのはいないから。状況が変われば人の役割も変わる。

年をとると批評眼が先に肥えてしまうから作品が書きにくくなる。(これは土田さんが言った)

ナンセンスものは踊りながら書け!(本当に踊りながら書くことがあるそうで、これはメモしろと言われた)

現実は良いことと同じように悪いことも起こる。この2つは等価である。舞台の話だからといって、片方だけしか起こらないというのは、違う。


感覚で書く人だと自分で認めていたが、自分の感覚だけでなく、劇団員達の感覚もまた信じていて、それで調整しているように思った。
[PR]