<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

長きにわたり、東日本大震災まで挟んじゃった『THE SPOT』全国ツアーも終わり、『THE SPOT』については一段落、今は『小林賢太郎テレビ3』の方にファンの興味は移っているようであるが、
今さら『THE SPOT』の最終公演地、仙台にての総括コメントについて書こうと思う。

あのコメントは、震災についての総括コメントでもある。
震災に対する自分の気持ちの変遷を書く人は多い。そして大体似たような思考の流れを記録している。
震災の悲惨な状況に直面し、自分の無力さに落ち込むが「俺は被災してないのに落ち込んでいても何にもならない、明るくいこう!自分に出来ることをやって社会に貢献するのが筋だ」
そう考えるのはごく普通の思考の流れだと思う。小林さんもしかり。
あらかじめ思考の流れが把握できるからこそ、小林さんの文章のおかしさを指摘できる好材料になる。
俺はそう考えた。

仙台コメ(11.8.20 [SAT]『THE SPOT』千秋楽!仙台公演)は長いので、一部を抜粋しながら話を進める。
発生から8日後の3月19日。予定されていた山口公演から上演が再開されることになりました。所属事務所のコントライブや知り合いの劇団など、舞台公演は全て自粛されていました。その中で僕のライブがの震災後最初の興行ということになり、なにかこう、責任を感じました。
 「まずは筋を通す」これが僕の仕事だと思いました。①日本はこれから大きく復興しなくてはならない。健康で働ける僕たちが経済活動をストップさせてはもともこもない。そんな考えのもと、僕は舞台に立ちました。
 けれども、あの惨状を知った上で人を笑わせるという気持ちにはなかなかなれません。力づくで自分をねじ伏せ、本番に挑みました。本番が終わったら、葛藤するだけ葛藤して、疲れて、寝ました。

基本的に意味は通っている。ただ下線部①が唐突である。
文の流れ的に下線部①には「筋を通す」ことの内容説明が入るが、ここを空白にして、残りの部分から空白部を想像して欲しい。
 知り合いの劇団などが自粛のなか自分が最初に興行する-責任を感じる-「筋を通す」ことを心がけようとする-でも、人を笑わせるという気持ちにはなかなかなれなかった。
以上のことからすれば、「筋」とは自粛中の劇団の中の人たちへの「責任」に対応するもので、その内容が「客を笑わせる」ものであることになる。
つまり、下線部①には、
舞台に立てないみんなのためにも、今ここに来てくれているお客様に満足してもらおう。
というようなことが入るはずだ。
それを経済活動云々とかずれた話をしてしまうのは、舞台に立ちたいのに自粛中の劇団の人たちを主体にすべきところを、主語を唐突に「日本」で始めてしまったからである。
唐突に「主語」を見失うのだ。

 震災直後の日本列島の12もの都市を旅するという経験は、僕に多くのことを教えてくれました。「大震災」という僕たちに投げかけられた問いに対して、こんなにも多くの視点や立場があるものだと知りました。②人は考えの角度を決めつけてしまうことで、見失い、かたより、食い違いを生むものなのですね。
 ③コントもそうなんですけど、考えを決めつける事なく、自分をしっかり疑って、あらゆる違う角度から何度でも考え直すことが大事なんだと思います。④そしてその中から、一番ハッピーなやつを選ぼうじゃありませんか。ネガティブな情報をコレクションするのは、もうやめましょう。

下線部②は最初読んだとき、「多くの視点や立場」からそれぞれの意見を言っている多くの人達のことを指すのかと思った。しかしそれでは、ある特定の視点から震災について意見を言うこと自体を「見失い、かたより、食い違いを生む」と全否定することになってしまう。
しばらく考えて、どうも下線部②の主語「人」とは「自分」のことらしい、と思い当たった。
「主語」がぼやけているのだ。

下線部③と下線部④は、何気に繋がって流れているが、実は繋がっていない。
下線部③のコント作りの考え方としては、選ぶものは当然「1番面白いやつ」が答えであって「一番ハッピーなやつ」ではないからだ。
なぜ「一番ハッピーなやつ」を選ぶのかの理由は、前半の段落にある。
「僕が気持ちを沈ませることは、被災者になんの足しにもならない」からだ。
このように、実は下線部③の「考える」主体と下線部④の「選ぶ」主体は違う者である。
ただ文に主体は書かれていない。主体が消えても、読み手が適当に頭の中で補うから、何となく意味が繋がるように感じるのだ。
なお、下線部④の主体が「僕」である以上、彼が選んだ「一番ハッピーなやつ」とは何か、もこのメッセージに書いてある。主語がないから分かりづらいけど。
「主体」が消えて、話を途中から別の話にすりかわる。


以上のように、彼の文章の特徴は、全部「主語」「主体」に関わっている。
主語。主体。つまり、「自分」の概念。

そこから先は、俺にはよく分からなかった。
ただ、
この人は、コミュニケーションの前提として必要な、作り手受け手共に共通の基盤、暗黙の前提のどこかが抜けている。
そう思った。

そして、その思いを持ったままKKTV3を見たら、最初に小林さんが
「コミュニケーションをするには、作り手受け手に共通の基盤というのが必要で、」と、話し出したので、驚いた。
小林さんに言わせれば、その基盤にあたるのが「日本語」なんだそうで、
それから日本語の言葉遊びに入っていくのだが、ワタシからすれば、「日本語」はコミュニケーションツールにすぎない。
もちろん共通の基盤の1つだが、小林さんに問題がある基盤とは別物だ。
彼が言うことは「そういうことではない」のだ。

小林さんは自分に「共通の基盤」が欠けていることに気がついていて、それを隠すために言葉遊びで日本語を操作している。
そう感じた。

仙台コメは小林さんが苦労して操作なしの普通の日本語を使おうとした文章だ。
震災との対決は現実との対決。
相手が人でない以上、日本語操作の小細工が通用しないから。

・・・と、まあ、そんなわけで、KKTV3より仙台コメの方にテンションが上る俺なのであった。


なお、参考に俺がした仙台コメ(部分)の修正を下につけておく。
たたき台にでもしてください。
青い部分が書き直し、又は挿入部。

More
[PR]
小林賢太郎テレビ3~ポツネンと日本語~を見ましたが
今んとこ特に感想はありません。
別に悪いという意味ではなく、ほぼ既出の素材の繰り返しだし、深読み的にも、作品中には新しい素材はありません。
あ、完全に笑いどころじゃないとこで笑う、スタッフ笑いがうざかったです。
あと、50音アナグラムを50音に戻すときの手さばきが見たかったのに、手元が写んなかったのが残念です。

KKTV3について何か思うとこある方、コメント下さい。ネタにしますんで(丸投げ)。


えと、今回のテーマは「擬似コミュニケーション」です。
(3にして初めてNHKからのお題が作品自体のテーマと足並みをそろえた)
最後、放課後の1人ぽっちの教室から外に出て行く雰囲気出してます。
日本語のコミュニケーションを得たからです(「世界さえ表す」)。
そこが新しいと言えば新しいです。
でも、出て行く先は「縦や横にそろう街」です。
「トツカク」とか、そーゆーとこですね。
「擬似コミュニケーション」なので、本物の街とは似て非なるものになるのです。


ワタシとしてはむしろTHE SPOTの仙台コメの方に興味あって、
それの校正を含めた記事を書きたいと思ってるんですが、
記事が長くなりそうな上に、当のコメント自体も長いので、
めんどくさいなあ、とか思ってます。


関連記事
『小林賢太郎テレビ 1・2』 (DVD)
[PR]
とてもきれいなゲームなので、ゲームは買ってないけど、本は買った。
184P,みっちりハイクオリティ、オールカラー本。
普通なら6000円しても良さそうなのに
今ならたった¥ 2,523!円高ばんざい!

なか見!検索で、ラスボスのデザイン画が出てる・・・。



Art of Alice: Madness Returns


関連記事
『アリスインナイトメア』





おまけ
前作『アリスインナイトメア』で、アリスを放置しておくと…




も1つおまけ
イラストいろいろ。
原画師の画らしいものでアート本に載ってないやつが混じっているので載せとく。
[PR]
『THE SPOT』その2 王様編、うるう人編
『THE SPOT』その3 医者編 縦のものを横にする

『THE SPOT』を前に観たのはもう5ヶ月以上前で、これまでの記事はそのとき観たものに基づいて書いた。
今回は、気がついた変更点を中心に書く。

全体的にすっきりしていて、流れが良く観やすかった。
観ていて引っかかるノイズな情報が格段に減っている。おかげでようやく、作品全体のイメージがつかめたような気がする。
この作品は、個々の話をレイヤーを重ねるように重ねて、すべてを透かして観るものだ。
という気がした(その意味で象のシルエットはこの作品それ自体の構造を表す)。

ただ、「深読み」的にやりがいがあるのは、
ひっかかるところが多くツッコミどころが多い方以前のものの方だが。

王様編

なぜ象が欲しいのかについて、象は「かっけえ」から良い。とは言っているが、「友達になれそうだから」という理由がメインになっている。
そして、友達のしるしにリンゴをあげたい、という。
後半、物産展のガジェットを並べ、ポツネン氏にライトアップしてもらった後、
王様は、せっかくの物産展でも、見に来る国民が私1人しかいない。とがっかりするところ、ポツネン氏、
「王様、1番大きなお土産を忘れてますよ、あなたが1番欲しい物」
そして象のシルエットライトアップ。
王様、象のシルエットにリンゴをあげる(=友達ができる)。

王様の孤独が強調されたので、象には社会的な成功という意味合いはほとんど無くなり友人という意味が強くなっている。

ただ最大の矛盾点、「見る物は当てには出来ない」はずなのに
象は「遠くのピラミッドと近くの生八つ橋」と同じ原理で出来ている虚像である。
というのは変わらない。
「友人」というキーワードを重ねると、うるう人の「土でできた親友」と同じものとであると思われる。


うるう人編

土で作った家族と親友。親友の方は崩れるのだが、家族の方が崩れたのかそうでないのかが今まで分からなかった。
今回は家族も親友に次いで崩れたのがはっきり分かった。
(今までよくわからなかったのは、上手の方を向いた状態で家族と親友を横に並べて作っていたからなんだけど、今回は、家族は客席側に、親友は上手側にと方向を変えて作ったので、マイムのみで両方が崩れたと分かった)

ラスト眠るときは泣いてない。



「象」と「土でできた親友」が同じものだって、割とあっさり書いたけど、
それで良いのか?って思われるかも知れないけど、
そう考えるのが1番ぴったりはまるのだ。
1坪王国は1坪の土地に掘られた深い穴の底にある、と考えると、いろいろイメージがぴったりくる。
王様は旅行する。でも行く国は決して「日本」ではない。
なぜなら穴から出られない以上本当の旅行も出来ないからだ。彼がした旅行は「部屋から出ない世界旅行」(KKTV2)である。
その旅行は『THE SPOT』の他の演目を指しているらしいが、それらは1坪王国の国技「男子自由形」のようである。
つまり、「部屋から出ないで旅行」という「男子自由形」をやったのだ。
結局部屋(穴?)から出ていないんだから、「体験したもの」は収集できない。自分の内側から自分が「見る物」しか収集できない。
それからできる「象」は当然、虚像にしかならない。

オープニングの井戸とけん玉の話からすれば、
象の構成アイテムである井戸とけん玉をうまく使えば穴から出られるらしいし、将来的に穴から出たいという気も一応あるようだが、
使い方がよく分からないため(と、ゴムパッキンの不具合のせいで)今んとこそれは「象」をやっている。

そんなかんじ?


医者編

あまり変わってないから前の記事で良いんじゃないかなと思う。

俺的には
なぜ自販機に硬貨を入れようと思ったのか、その動機がはっきりしないあたりが気になる。
そもそも自販機に硬貨を入れたことから、逃げ出す羽目になり、雪の中灯台のてっぺんから滑り落ちる羽目になったのだ。この諸悪の根源の動機は重要だ。
彼は当たり前みたいに硬貨を自販機に入れるのだが、それは
ジュースが欲しかったのか、それとも
拾った物がお金なのかどうか確かめようと思ったのか
その辺がはっきりしない。

今回は、自販機からおつりが際限なく出てくるとき、人が集まってきたらしく、
周囲の人に誤魔化すようなへつらうような謝るような仕草をしていた(前回観たときはそれはなかった)。
彼は何を誤魔化したいのか。
他人の目を気にしてるけど、出てくるお釣りはポケットにつっこんでいる。
どうも、自販機を壊してしまったことを気にしている、という感じではないのだが・・・。

深読みをしている側から言わせてもらえば、

・・・どうも君、途中で話をすり替えてない?


でも、違う話が混ざって「馴染んで」しまったとしても、
それは仕方がないのだ。
赤い壷の中のことだから。
秘密の重さに耐えられないのは、秘密を抱えている本人その人なのだから。

まあ、絶対受けるコントの書き方、とか、人気漫画の最終回とか、
俺にとって価値はないんだけどさ。


あ、そうそう、
グレーの紗幕の向こう側は、今回の座席位置からはあまり見えなくて、ときどき誰かが歩いている気配がする程度にしか感じなかった。
その程度で良い、という意図だったんだなって思った。
[PR]
 ・・・疲れた。
 2時間半と長いことは予想できていたし、
 古田新太がお尻を出すのも予想できていた。
 しかしここまで振り回されるとは思っていなかった。

2時間半ただ、ナンセンスギャグを連発されるのだ。
後半はくたくた。

席は前半の通路側で、ラッキーだと普通に思っていたが、
古田新太に、パンツの中から取りだしたマシュマロを思い切り膝に投げつけられた。
(マシュマロにしては衝撃が大きいと思い、後で座席の下に落ちていたのを拾ってみたら、スポンジに白いビニルシートを貼りつけた物だった。本物のマシュマロはあんなに飛距離のびないもんな。)
あと、すぐ近くの席の人はスポットライトを当てられて、勝手にモノローグされた上に、
出演者総出でその人の席までやってきて「もう少し頑張ればお芝居が終わる!」と肩を揺さぶり励ましたりしていた。
こう書けば、うらやましいように見えるかも知れないけど、
実際、何の脈略もなくこれを間近でやられると

 ひぃええええええーーーーーー

と言う気分になる。

あと、照明をいきなり消されて暗闇で、

 ・・・もうこれ以上は止めとこう。

観劇というよりアトラクションみたいだった。 以上。


 気を取り直して、も少し情報を書いておこう。
ストーリーは・・・えーと、
原子力絶対安全協会の協会長の娘の夢子は病気で、探偵は三重人格で助手はアルジャーノン。あと八嶋智人の神様(天の声)はなんだかフット後藤みたいだった。

*以下は、当初書いていた記事の導入部です。
 文章が普通で、観た感想の部分とギャップが大きいので、最後に回しました。

KERA×古田新太。前回の『犯さん哉』から4年も経っていたらしい。時の経つのは早いものだ。
『犯さん哉』は馬鹿馬鹿しさが過ぎて、途中で席を立つ客もチラホラだったらしいが、俺は気に入ったので今回も見に行くことにした。
ケラは当初は前回とは別のテイストの作品にしようかと思っていたそうだが、震災後、前と同じナンセンステイストにすることにしたそうで、完全に震災後に作られた本になっていた。原子力絶対安全協会だし。
馬鹿馬鹿しさに磨きがかかって、しかも鋭くなってるような。
モンティパイソンみたいなものだと知ってて見に行く人はともかく、
前知識なしで観るのは賭。

プレミアム公演がCBGKシブゲキ!!のこけら落としだそうで、
大丈夫なんだろうか。

追記 8月20日

朝日新聞の劇評に「『冷静に怒る』ための笑い」だって書いてあって、
その通りだとは思うんだけど、
あれだけいろいろやられといて、
なのに、そういうちゃんとしたこと書けるなんて、
やっぱりお金もらって文書く人はエライなっておもった。
[PR]