ペンギンはブログを見ない

法律事務所勤務。現代アート、NHK教育幼児番組、お笑いが好きな50代。
<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
鴻池朋子展「隱れマウンテン 逆登り」
鴻池朋子は気合いが入ってるから好きだ。
「どっからでも、かかってこいやあ!(高田延彦で)」って感じ。
だからこの展覧会を知ったとき、場所も比較的近いし、無料だし、行っとこうって軽ーく思った。

ところが、開催3日目の金曜に大地震。それから10日間休廊。
ミヅマアートギャラリーはオープンが11:00~19:00のうえに日月祝日が休廊。つまり、勤め人にとっては、ほとんど土曜日しかゆっくり見るチャンスはないのに最初の土曜も次の土曜も潰れてしまったのだ。
さすがに4月3日(日)、4月4日(月)が開廊になるそうだが、出鼻をくじかれた感じになり、アンラッキー。

と、思いながら出かける。


絵も良いけど、最初にある作者からのメッセージ文が1番いいと思った。
ものすごーくかいつまんで説明すると、観覧者に向かって

おまいら、想像力働かせんかーい!
巷にあふれる、作者の独り言みたいな作品をゆるすんじゃねえ!
てめーら想像力で、どーんとかかってこいやあ!

という感じか。(やっぱり最後は高田延彦調になるなあ^-^;)
鴻池朋子のおなじみのキャラ、オオカミさんや大鴉さんや火山さん達の、まっすぐな視線をがしいっと受け止めるだけのやる気がでる。

・・・ところで、この震災の後も、作者は同じスタンスでいるのかな?
こんな大きな災害の後に想像力を働かせたりしたら、逆に絶望しちゃうことにならないかな?
と、ちょっと考えた。

したら、展示室の奥の壁に、1枚の紙が貼られていた(2枚の絵を動かした跡がついていた)。
そこには、

見る人よ 津波の後に 何を見ている ー You who are looking what are you looking at after the Tsunami

の文字。
津波の後の荒野を、ナイフのようなまなざしで見つめる子供の姿が一瞬うかんだ。

あー、やっぱり同じスタンスなんだ。そーか、想像力って、現実を切り開く想像力ってことなんだね。
あと、言われてみれば、今回の災害は「震災」って言うより「津波」だよな。
うんうん。

 いろいろ納得した俺だった。


会場では『焚書 World of Wonder』サイン入りの予約を受け付け。


焚書 World of Wonder
[PR]
by k_penguin | 2011-03-30 22:40 | エンタ系 | Trackback | Comments(2)
『小林賢太郎テレビ 1・2』 (DVD)
小林賢太郎のライブポツネンでのキャラ「ポツネン氏」を主人公にした、NHK-BSの特番をソフト化したもの。
テレビ放送の時の記事はこちら。
小林賢太郎テレビ 1
小林賢太郎テレビ 2

美しくてちょっと不思議なので、ふつうのテレビに飽きてる人とか、2355など、ピタゴラスイッチ系実験映像が好きって人は、楽しめると思う。
お笑いのソフトだと思っちゃダメ。   以上。

小林賢太郎テレビ 1・2 DVD-BOX


・・・と、早々に、普通のレヴューを切り上げて、と。

長いYO!
[PR]
by k_penguin | 2011-03-24 23:27 | エンタ系 | Trackback | Comments(0)
ワタシのこの1週間
何となく、不安だった。

振り返ってみれば、地震が起きてからのこの1週間、物理的にはさしたる不自由は味わわずに済んでいた。
地震当日も勤め先から家までは歩きで1時間ほどで帰れたし、部屋の中も、額絵のガラスが1枚割れていたのと、飾ってるフィギュアのうちの1体の1部(アイドルマスターゼノグラシアのペンギン着ぐるみの足のとこ)がどこかに転がっていってしまい、未だ見つからないだけだった。
埼玉の母親もこけしが倒れたぐらいですんだ、と言っていたし、親戚も友人達も無事だった。
停電はない地域だったし、
スーパーにも、そこそこ物はあった。さすがにパンと牛乳、トイレットペーパーは無くなっていたが、1人分の食べ物くらいはデパートで買えば良かった。(デパートは意外と盲点らしく、この週末の直前までは空いていた。)

それなのに、精神的にものすごく疲れた。

まず余震の恐怖だ。住んでるところはマンションの低層階なのだが、それでも揺れは変な風に増幅されている。
常日頃は長風呂な俺だが、風呂につかるのは止めにして、シャワーで手早くすませることにした。

で、2日もしないうちに、原発だ。1号機と3号機の屋根が吹っ飛んでいるうちはまだ
c0030037_16194910.gif

というAAで笑ってられたが、これが
c0030037_1620958.gif

という状態になるにいたって、どう考えてもまずいぞって思うようになった。
テレビの専門家の多くは楽観的なことを言っていたが、なんか声の調子が猫なで声なのがイヤだった。
別に積極的に嘘を言ってるとまでは思ってないが、「未曾有の事態」なんだから専門家もよく分かってない、というあたりじゃないかと思った。
でも、まずいっていっても、何をどうすればいいのかわからなかった。
西日本には知り合いは全くいないし、仕事もあるから疎開するわけにいかなかった。

どうしようもないんだから、まあ、どうもしないでいいんじゃねっていう悟りの境地にいたる前に、計画停電だ。
停電に関しては悟ってる場合じゃない。
「計画」とうたう割には無計画で、千代田、中央、港の3区は停電はないそうだが、他はどうだか分からない、とか言われる。これからうちも停電する可能性はあるわけだ。
古いマンションだから分からないけど、停電したらガス、水道も止まるかもしれない(火を通さないで食べられるパンをみんなが買い込む理由にやっと思い至った)。
住んでるところに停電はなくても、そのかわり、大規模停電がおきる恐れは相変わらずある。
節電はしているが、それは被災地のためというより、
 …この照明のスイッチを入れたとたんに東京中真っ暗になったら、罪悪感パねえぜ。
って、思うからだ。
一方実家のさいたま市は計画停電の1-4グループのすべてに、名前が載っていた。詳細はHPで調べろって、母親は携帯も持ってないのに。

そんなわけで、
とてもしんどい1週間だった。

今日は雨ふり。
一応外には出ないつもりだけど、
考えてみれば、放射能汚染がなくとも酸性雨でとっくに東京の雨は汚染されている。
いままで気がついていないだけで、いろんな問題が進行しているんだろうなって思う。
法律事務所に勤めていて思うのは
人間って、本当に困るまで対策取らない。
ってことだけど、それって、もう仕方がないことだと思っている。
そういうのって、嫌いじゃない。

・・・ま、ときどき本当にうんざりさせられるけどな!
[PR]
by k_penguin | 2011-03-21 16:21 | Trackback | Comments(0)
from 2ちゃん
687 名前: M7.74(千葉県) [sage] 投稿日: 2011/03/17(木) 02:19:42.27 ID:0nTUoueR0
米軍のブリーフィングの様子をTV中継でやっていたけど、すごかった。

司令官「これから我々の行くところは、決してグランド・キャニオンのハイキング・コースではない!
     ましてや、サンタ・モニカビーチへサーフィンをしに行くわけでもない!」
兵士「イエッサー!」
司令官「これから行くところは、放射能渦巻くフクシマビーチだ!
     現在、我々が1年間で浴びる量の放射線を3時間で浴びることになる!
     怖いか! ジョージ!」
ジョージ二等兵「ノー! 大変お得でありマース!」
司令官「そして、その向こうに鎮座ましましているのはメルトダウン寸前の原子炉だ!
      怖いか! マイク!」
マイク二等兵「ノー! 自分はキャンプファイヤーで焦がしたマシュマロの方が怖いデース!」
司令官「メルトダウンしたら、あの『チャイナ・シンドローム』が目の前で起きることになる!
     怖いか! フィリップ!」
フィリップ「ノー! 自分は、チャイナ・タウンのチョップ・スティックの方が怖いでありマース!」
司令官「メルトダウンが起きたら、我らが同盟国ジャパンは滅亡の危機に陥る!
     そうなってもいいのか! ビリー!」
ビリー「ノー! マギカの続きが見れなくなるのは正義がゆるしまセーン!」
司令官「OH・・・、マギカか・・・。俺の頃はスピード・レーサーだったがな・・・
     よし、この作戦が終わったらみんなでマギカの鑑賞会だ!」
ビリー「イエッサー! その時は、わたくしめがアキバを案内しマース!」



関係ないけど、
4月から楽しみにしているアニメは『ファイアボール チャーミング』。
『まりあ†ほりっく あらいぶ』も見るかもしんね。
[PR]
by k_penguin | 2011-03-18 20:48 | 拾いもの | Trackback | Comments(0)
LIVE POTSUNEN 2011 『THE SPOT』
はじめに

ワタシが公演を見た次の日に東日本大震災が発生。『THE SPOT』の残りの東京公演は全て中止となった。

東京は地震による直接の被害は少なかったのだが、震災によって、娯楽を控える世間の空気が生じた。
この記事を書いている今も、頻繁に余震が来ているし、電力不足の恐れが報じられている。
そんな中でも娯楽を求める人は少なくはないと思うが、
14日時点で公演の先行きは不透明であるし、また、公演が続いたとしても客が求める娯楽の方向も変わると思うし、それが今後の公演の受けとめかたに変化を生じさせ、間接的に公演自体を変えていくかも知れない。
そんななかでどう記事を書くかを、記事を書かないことも含め考えたが
とりあえず

 「震災前」の時点に見た公演を、それから「何事もなかった体」で書く。

ということにした。
それではお楽しみ下さい。なお、深読み編はまた後日。
  *                *                *

「これで笑わないと知的じゃない人にみられるから笑っておく」と絶望先生で評されたラーメンズ。そのブレーンである小林賢太郎の一人芝居。
今回はめずらしくフライヤーに紹介文もついていて、やる気を感じさせる。なになに?
「…2010年に上演され、その完成度から最高傑作と評された『SPOT』。さらに洗練されて『THE SPOT』として全国12都市で上演決定!…」
寡聞にして俺は『SPOT』が最高傑作と評されていたというのは初耳だった。最高傑作の割には今回の公演は地方でチケットが余っていたが(ラーメンズだったらあり得ないことだ)。
『SPOT』はまとまっているという点では完成度は高いと言えるが、ミニマムに過ぎた。広く人を呼ぶにはわかりにくすぎる。
そんなことを考えながら舞台上を見て、俺はイヤな予感がした。
前回と同じ、上演する各都市の名前が書かれた幕があるのみ。前回は舞台の隅に置いてあったガジェット群すらなくなっている。
たしかに「さらに洗練」されているようだ。・・・もっとミニマムになるのかー。

俺の予感は当たった。
演目は前と同じだったが、話は短く切りつめられているものが多かった。
ときには、そこを削ってしまうとオチが分かりにくくなってしまうのに、と思うところすら削られていた。
ガジェット群は舞台上にはなくなり(パンフレットに出てくるアイテムすらない)、必要最小限の小道具と、スクリーン、白い布があるだけになり、舞台上はポツネン氏と、灰色の紗の後ろを行ったり来たりするスタッフのおぼろな影だけだった。
そのかわり、1つ1つの美しさは際だっていた。
白い布はいつの間にか白衣に替わり、スタッフのおぼろな影は夢のよう。
そして、やはり小林賢太郎のマイムは美しかった。
「見えないはずの物が見える」マイムをするには、リアルな動きをするのではなく、美しい動きをするのだ、そうすれば客は自然にあるべき物を想像する、
と、赤川次郎が言っていたが、なるほど納得だ。

全体的に夢をそのまま見せられているみたいな舞台で、そういう意味では、維新派の印象に似ている。モノトーンで基本1人の地味な維新派。
 まあ、俺は維新派の舞台は10分と見ていられないのだが。変化がないんだもん。

んで、そんな舞台で笑えるかっていると、もちろん笑えない。
作者も別に積極的に笑うことを期待してないんじゃないかって思う。
前回とギャグはほぼ同じだったが、どうも自己流の練習をやりすぎたようで、しゃべりの間は逆に悪くなっていると感じた。
新しく加わったものも、単によく分からないだけのものやネットのパクリだし(「カードはお餅ですか?」はネットでもあまり面白いと思ってないのに)。
要は、客にそっぽを向かれない程度に面白がらせておけばよい、と言うことなのだろう。

ところが、客席は大受けなのだ。
前回の『SPOT』同様、2階席に俺はいたのだが、前回は1階席は笑っていても2階は静か、ということが多かったが、今回はなぜか2階も大受け。
言ってることは前と同じなのに。
別にみんながみんな「知的じゃない人にみられる」ことを恐れているというわけではなく、とにかく積極的に笑うつもりで来ているので、雰囲気で笑うのだと思う。
小林賢太郎は「お笑い」に分類されているからだ。
でも、作者は別に積極的に笑うことを求めているのではなく、自分が受け入れられていることさえ確認できれば、それが笑い声だろうと拍手だろうと構わないんじゃないかって思う。

ポツネンは「可笑しくて美しくて少し不思議な一人芝居の短編集」と銘打たれているが、それは、
期待するほど可笑しくもなく美しいと言い切るにはミニマム過ぎることを「少し不思議」という言葉で誤魔化した感がある。

ま、誤魔化しでもそれで受け入れられれば問題ないけどね。

なんか、客が作品に求めているもの(笑うこと)と、作者が、他人からこう見られたいと思っている作品像(パンフレットに示される美しさ)と、作者が表現したいと思っているものの三者相互にズレがあると感じる。

あと、細かいとこだけど、うるう人のあとの、王様の導入部は、切り替えをぱしっとした『SPOT』の方が良いと思う。
泣いてる人は、なかなか人の話を聞く気分にならないから、静かな導入だと言葉が耳に入らないから。

また、俺個人的には医者話に注目。
この話だけは収穫だった。
この話の改変された部分だけで満足してしまった俺は、まだまだ甘いなあ。



『THE SPOT』その2 王様編、うるう人編

『THE SPOT』その3 医者編 縦のものを横にする
『THE SPOT』intermission 震災と小林さん
『THE SPOT』その4 東京延期千秋楽



りんごのけん玉 ¥6,825
公演と関係はない。
鈴木康広(ファスナーの船のひと)デザイン。



KENTARO KOBAYASHI LIVE POTSUNEN 2011 『THE SPOT』 [DVD]
[PR]
by k_penguin | 2011-03-14 22:22 | エンタ系2(ライブレビュー) | Trackback | Comments(50)


by k_penguin
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
元編集者
by お前 at 10:38
smashigeさんお..
by k_penguin at 21:32
お久しぶりです。お元気で..
by smashige at 20:06
箱蜂。さん、コメントあり..
by k_penguin at 00:23
初めまして。高校二年。ラ..
by 箱蜂。 at 16:43
ありささん、コメントあり..
by k_penguin at 02:02
初めてコメントさせていた..
by ありさ at 19:26
ラーメンズは復活しないと..
by k_penguin at 21:39
お返事ありがとうございま..
by agni88 at 22:49
>4つめの記事の価値ある..
by k_penguin at 22:51
agni88さん、コメン..
by k_penguin at 22:50
初めまして。textの記..
by agni88 at 02:03
りしこさん、コメントあり..
by k_penguin at 00:19
初めまして。ブログ、いつ..
by りしこ at 21:37
そのようですね。 外国..
by k_penguin at 15:19
ポツネン2017 東京..
by 南大介 at 13:52
クレイジーソルトペッパー..
by k_penguin at 23:33
ペンギンさん、コメントあ..
by クレイジーソルトペッパー at 13:57
公式HPの存在や自分のキ..
by k_penguin at 23:13
> 王様が悪かったから王..
by k_penguin at 13:21
ブログパーツ
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
リンク