<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

東京都マンガ規制条例の悪いとこ   

今回は、改正された東京都青少年保護条例の条文をちょこっとだけ読む。
まあもう決まっちゃったことだし基本的に俺はかんけーないから、条例に賛成しようと反対しようと、ご自由にどうぞっていうのが俺の考えなんだけど、
某所で話していて、ぶっちゃけ賛成派も反対派も、条文読まないで議論している奴が多いってことに気がついたのだ。まあ、俺も含めてなんだけど。
おかげでいろいろ話がずれたり、誤解が出たり、またそれを煽ったりする奴が出るわけで、
そこでここらで1つ、条例の条文を読んでもいいじゃないか、と思ったわけだ。

・東京都青少年の健全な育成に関する条例(全文) 平成23年7月1日施行時点(pdf)

この条例には、大きく言って、2つの販売規制方法が定められている。
2つは違う制度であり、問題点も別なところにあるので、分けて考えなくてはいけない。
ところがこの2つをごっちゃにしている人がべらぼーに多いのだ。

法律的に有名なのは「有害図書指定制度」というやつだ。
検閲に当たるんじゃないかとか、行政権の濫用があるんじゃないか、とか言われる一部で悪名高いやつだ。(でもほとんどの地方自治体が採用してる)
都条例では8条以降に「指定図書」として規定されている。
指定図書というのは個別に認定されるもので、認定するのは行政、これに指定されると、青少年に売っちゃダメになり、ちゃんと客の顔見て売れだの自販機に入れるなだの、いろいろ言われ、違反には罰則もつく、という、きっついことになる。
俺はみんなが問題にしているのは当然こちらだと思っていた。

ところが
一般的にネットで「しずかちゃんの入浴云々」「ぱふぱふ」とぶーたれられているものが、「指定図書」にあたるわけはないのだ。
条文を見てみよう。
第8条(不健全な図書類等の指定)知事は、次に掲げるものを青少年の健全な育成を阻害するものとして指定することができる。
一 (略)
二(略)その内容が、第7条第2号に該当するもののうち、強姦等の著しく社会規範に反する性交又は性交類似行為を、著しく不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を著しく妨げるものとして、東京都規則で定める基準に該当し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあると認められるもの

(第7条第2号
漫画、アニメーションその他の画像(実写を除く。)で、刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為又は婚姻を禁止されている近親者間における性交若しくは性交類似行為を、不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を妨げ、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの)

8条は、7条に比べ、さらに「強姦等の著しく社会規範に反する」という要件が加わっている。指定制度がきっついものだから、要件を厳格にしたのだ。
さすがに「しずかちゃんの入浴を覗くのびた」がこれにあたると騒ぐ奴はいないだろう。
とすると、みんなが問題にしているのは指定図書制度ではない、と言うことになる。

指定図書制度じゃない方の制度は、7条の区分陳列だ。いわゆる「成人コーナー」の設置で、こちらはゾーンニングと呼ばれる規制方法だ。

第7条(図書類等の販売等及び興行の自主規制)
図書類の発行、販売又は貸付けを業とする者(略)は、図書類(略)の内容が、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、相互に協力し、緊密な連絡の下に、当該図書類(略)を青少年に販売し、頒布し、若しくは貸し付け、又は観覧させないように努めなければならない
一 (略)
二漫画、アニメーションその他の画像(実写を除く。)で、刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為又は婚姻を禁止されている近親者間における性交若しくは性交類似行為を、不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を妨げ、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの

こちらの要件なら、まだ「ぱふぱふ」なんかはありえそうだ。
いや、正直俺には「ぱふぱふ」が児童買春を「不当に賛美し又は誇張」してるとはとても思えんのだが、なぜか「曖昧な表現」だからという理由でこの要件を脳内削除して適用する人が多いので、一応そっちに従っておく。
それでも「性交若しくは性交類似行為」ではない「しずかちゃんの入浴のぞき」は確実にあり得ない。

ところで、区分陳列は規制は規制でも、自主規制だ。
「努めなければならない。」と、なってることから分かるように、この規定は「青少年に売らないように前向きに頑張ろうね」と努力目標を言っているにすぎない。指定図書制度と違って罰則もない。ゆるいのだ。
自主規制である区分陳列は、指定図書制度に比べ表現の自由に対する制約ははるかに少ない。つか、「自主規制」という建前がちゃんと守られている限り問題はない。

そして、前向きに頑張る主体は出版社や本屋さん達であって、行政ではない。
つまり、規制対象になるかどうかを判断するのは、行政ではなく、本屋さん達なのだ。ここも指定図書制度と違うところだ。
だから、区分陳列に対して「行政の濫用がある」というのは基本的に間違っている。
そもそも行政が判断しないからだ。

区分陳列は柔軟性のある規制方法だと思うが、ファジーな分だけ運用のあり方に実態が左右されるという気がする。
やりようによっては規制がないも同然になるし、逆に行政指導のあり方によっては指定図書制度と変わらなくなってしまう危険もあろう。


 と、まあ、以上のように、指定図書制度と区分陳列とは分けて論じなくてはならないし、
区分陳列の要件で指定図書にされると思うような誤解は絶対に避けなくてはいけない。
しかし、これを混同してる人が多い。
単なる不勉強かと思っていたが、
ところがなんと、
都のパンフレットまでが区分陳列の話と指定図書の話を混ぜてしまっている。(Q&AのQ6だけが指定図書制度、それ以外は区分陳列を前提として答えている)
また、平成二十二年第四回都議会定例会本会議での質疑でも、指定図書制度についての判例である「岐阜県の同種条例に係る最高裁判決」を区分陳列の合憲判例としてあげてしまっているうえに、指定図書の指定の際の要件のはずである「青少年健全育成審議会への諮問」もあげている。(A4参照)。

どうも、担当者も2つの制度をごっちゃにしてるっぽい・・・。
(そして質問者もそれで引き下がってるし^-^;)
8条の指定図書は当然7条にも当たるため、指定図書については区分陳列と指定図書制度がダブルで適用されている。
ここから都の担当者が2つの制度を混同したらしいが、
これではみんなが混乱しても仕方がない。
都の連中は大した規制じゃない風なこと言いながら実はきつい販売規制をかけようとしている、と思われて、
大騒ぎにもなろうというものだ。
これは東京都の条例が悪いのではない、都の周知徹底の方法が悪いのだ。
これにはさすがに俺も呆れた。


俺としては今回の改正に「特に反対はしない」という程度の意見しか持たない。
反対を主張して次につなげるもよし、賛成してさらに厳しい規制を求めるもよし、好きにやってくれ。
ただ、当の条例を毛嫌いするだけで正しく理解しないで議論をして、ネットで無駄に不安を煽られ、それを「萎縮効果」と間違えてますます条例が嫌になる、そーゆーデフレスパイラルはやめて欲しい。

そして、条例の担当者は、区分陳列と指定図書制度の分別を徹底しろ。


追記メモ
アニマゲ丼 8月29日 都庁の人に聞いてきた 
新条例に対する、中立かつ実用的なアプローチ。
都庁の中の人の返事も、行政のものとして模範的と言える。
[PR]

by k_penguin | 2011-02-16 12:28 | エンタテイメントと法 | Trackback | Comments(0)

大相撲八百長メールのありがためいわく   

俺はスポーツ全般に興味はない。
スポーツは、本物よりもマンガや特殊効果付きの映画とかで見る方が断然面白いと思っている。
そんな俺は相撲にも興味はないのだが、亡くなった親父は相撲が好きだった。
学生時代は相撲部のキャプテンだったそうで、身体を悪くするまでは、年に1度相撲観戦に行って、その日は独特の美味しい味がする焼き鳥と番付表を持って帰ってきた。

で、その親父はよく、力士の技の巧拙を語るのと同じテンションで、八百長の巧拙も批評していた。
曰く、誰々は負け方もうまい、誰々は下手。誰々は八百長はしない。
そんなことを小さい頃から聞いていたので、俺はふつーに相撲はそーゆーもんだと思っていた。

そしたら、なんか、八百長メールが発覚したとかで、相撲協会は実態を解明して、しかるべき処分をしなくてはいけない事態になってしまった。
いやそれは無理。いろんな意味で、無理。
捜査能力という点から言っても無理だし、
俺の親父が八百長をしていると言っていた力士の面子と、今の相撲協会の面子とを照らし合わせた見地からも無理。

そもそも、発端の八百長のメールは、別件の野球賭博の捜査の過程で見つかって、警視庁が、警察庁を通じて日本相撲協会を所管する文部科学省に情報を提供したことによる。
文部科学省も内心ありがためいわくだったんジャマイカという気もするが、まあ、警察も見つけてしまった以上、ほっておくわけにもいくまい。
日本相撲協会は公益法人で、そうすると相撲は公益事業なのだ。一応。
「公益」に関わるっていう点でプロレスと違うのだ。「公益」だからいろいろ便宜を図ってもらってるのだ。
それが八百長ではいくらなんでもまずい。
昔からやってるとか、神事だから、というのは言い訳にならない。
国から便宜を図ってもらうにふさわしい事業か否か、という問題なのだ。
ただでさえ相撲の「公益」性には疑問を呈する声が多いのに。

で、そんな公益公益言うんだったら、警察が捜査すればいいのにって思うけど、
そこはなぜかしてくれない。
犯罪じゃないから、とか言って、メール情報だけ渡して帰ってしまうわけだ。
「公益」といっても色々あって、刑罰によって担保される種類の「公益」じゃないってことなんだろう。
いってみれば、国から特別扱い受けるにふさわしいかって言う適格性の問題に過ぎないわけだし。

しかし、メールを渡された方は、マジありがた迷惑だ。
力士達からなめられている相撲協会が、強制力もないのに八百長の実態なんか解明できるわけがない。
そこで、思うんだけど、ここは一つ、警察に協力して貰ったらどうだろう。
犯罪じゃないから警察が出てこないわけだから、犯罪の可能性が相応にあれば警察も捜査するよね。

えーと、例えば、
国からの便宜供与を被害利益とする2項詐欺、なんてどうかな?
んー、ちょっと関連性が薄いかな。リアリティに欠けるよね。
あ。そうだ。もっと端的なリアルっぽいのがある。
賭博が関係してない八百長だから警察が出てこないわけだから、
賭博が関係しているっていうそれなりの裏付けがある情報を誰かが警察に御注進に及べばいいわけだよね・・・。
これ、できそうじゃね?
情報待ってる人いそうだし・・・
 あれ、なんだろうこんな時間に誰かきたみたいだ。


まさかのときのスペイン宗教裁判!

    (注;モンティパイソンのネタ)
[PR]

by k_penguin | 2011-02-12 23:10 | ニュース・評論 | Trackback | Comments(2)

「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展   

まあ、ふつーです。

これを見に行く人って、多分もう倉俣史朗を知ってる人がほとんどなんじゃないかと思うけど、
そういう人、とくに原美術館や、ハラ・ミュージアム・アークの倉俣史朗展を見たことある人にとっては、ふつーです。
でも、ふつーに倉俣史朗をみるだけで、十分満足なんじゃないかと思います。
ガラスのヒビ、色アクリルのグラデーション、パンチングメタル。
素材とデザインの自然なかたちの融合は、見ていて飽きません。
21_21 DESIGN SIGHTは小さいし、ふつーで十分です。

俺なんかは、倉俣史朗っていえば「バブル期」を連想するので、しみじみ思い出に浸ったりしました。
秋葉原のヤマギワ・リビナ館の9階に倉俣史朗の照明ばかりうってるコーナーがあってだな・・・とか。

まだ倉俣史朗の作品を生で見たこと無い人にとってはよい機会だと思います。
1981年以降の作品が主ですが、主要な作品はほとんど網羅しています。ただ、有名なランプ「OBA-Q」はありません。あれは初期の作品なので。

ソットサスの「カテナ」は、ドローイングを元に、彼の死後作られた物で、
すごくソットサスっぽい形ではありますが、
本当にこの大きさのこの形が作りたかったのかなあ?
と、思うところ無きにしもあらず。
日本人とオーストリア人の違いなのか、ソットサスの作品て一回りでかすぎるような気がする。


K-series スタンド S-473(OBA-Q)
[PR]

by k_penguin | 2011-02-05 20:43 | エンタ系 | Trackback | Comments(0)

小沢さん強制起訴と検察審   

いよいよ小沢さんが起訴された。
まあ去年から決まっていたことではあるが。
裁判自体は無罪になるんじゃないかという予想の方が多いようで、俺もそう思っている。
だって、もともと検察が起訴できそうだと思って捜査を初めて、で、嫌疑不十分で起訴を諦めた事件なのだ。
やる気がある専門家が諦めたんだから、ほんとに証拠が足りていないんだろう。
検察官役に指定された弁護士は、「法曹としての良心に恥じないと思っている」と言っていて、それはたぶん、
「法律で決められてるから起訴したっていっても、あんた達が思うほど無茶苦茶な起訴じゃないんだからねっ!」
という意味なんだろうけど、
無茶苦茶じゃないにしても、有罪をとるのは難しい起訴であることは確かだと思う。
しかも、フロッピー前田が秘書を取調べした調書は証拠提出しないしね(彼は完全に「えんがちょ」な存在になってしまった)。

で、そうなると、
何のための検察審だよ!って思う人もいるだろうが、
まあ、検察審なんてそんなもんなんじゃないかと俺は思う。

検察審の強制起訴の制度は、司法への民意反映ってことで裁判員制度のバーターで入ってきたような最近の制度だ。
起訴における民意反映が検察審で、起訴以後は裁判員制度という別の制度が民意反映を担当する。
今回は起訴までいったんだから、検察審としての役目はそこで終わりだ。
この裁判の結果を、裁判所が民意重視するか否かと関連づけようとしてる意見も聞いたが、それは間違っていると思う。
そもそも起訴の経緯が何であれ、裁判の結果に事実の評価と無関係の「民意」を入れることは裁判の本質に反する。

この記事を書くにあたり、東京第5検察審査会の「起訴すべきである」とした議決を読み直してみた。
検察官は、起訴するためには、的確な証拠により有罪判決を得られる高度の見込みがあること、すなわち、刑事裁判において合理的な疑いの余地がない証明ができるだけの証拠が必要になると説明しているが、検察官が説明した起訴基準に照らしても、本件において嫌疑不十分として不起訴処分とした検察官の判断は首肯し難い。

「検察官が説明した起訴基準に照らしても、・・・不起訴処分とした検察官の判断は首肯し難い。」
と言っているが、証拠の評価は専門家としての訓練を受けたものでないと出来ないことだ。
この事件は政治資金規正法という素人のなじみのない法律の事件で、しかも共謀の成否という、難しいので有名な論点がらみのものだ。
これを判例における証拠評価の基準をちゃんと学んでないど素人が「これは絶対有罪だよー」と言っても説得力はない。
(なんか、植草さんのネットでの応援団達を思い出したw)
だったらまだ
 うちは検察じゃないんで、検察官の起訴基準とは別な基準でやります。
って言っちゃう方が正直で良い。
検察審査会の制度は、有罪の可能性があるのに、検察官だけの判断で有罪になる高度の見込みがないと思つて起訴しないのは不当であり、国民は裁判所によってほんとうに無罪なのかそれとも有罪なのかを判断してもらう権利があるという考えに基づくものである。そして、嫌疑不十分として検察官が起訴を躊躇した場合に、いわば国民の責任において、公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度であると考えられる。

「国民の責任において」って、どういうことだろう?
起訴されるって、被告人にとって結構な経済的精神的負担だ。
だから「有罪になる高度の見込み」が必要とされ、そのおかげで高い有罪率になるのだ(いまだに裁判所と政治の癒着の証拠、とか言ってるバカをたまに見かけるが)。
検察審による起訴が検察によるものよりも低い「有罪になる見込み」で足りるのは確かだが(小沢さんはここをフル活用して離党を拒んでいるw)
もし無罪だったときは国民がみんなで責任とってくれるわけではない(謝りさえしない、と言いきれる)。
刑事補償は強制起訴に限らないし、強制起訴特有の責任追及制度はない。
べつに「国民の責任」なんて無いと思う。

今回の議決では、検察官が嫌疑不十分とした犯罪事実だけでなく、検察審独自に新しく犯罪事実が付け加えられている。
検察官の起訴の適否を審査するという検察審の本来の役目からすれば、これは出過ぎたまねだ。
(小沢さんはそこをとらえて行政訴訟を起こし差し止め請求をしたが、あっさり「それは起訴してからやるからね。」と蹴られている。)
「国民の責任において」っていうのは、この出過ぎたまねをしたことへの自己弁護として言ったのかも知れない。「民意反映」だけでは理由づけとして弱い感じがするからだろう。
でも、「国民の責任」なんて無いしね。

どうもこの議決は
民意反映と客観的公正のバランスがとれなくてよろよろしている感じがする。
もともと「民意反映」って、理屈を無視して、気に入るかどうかだけで決め、その結果の責任は取らないっていうことだ。
それが客観的公正の要求に勝る場って、コミュニティとしての共通意識が形成されている場に限られると思う。
あまり今回のケースに向いていないんじゃないかなあ。


小沢さんが議院の証人喚問に応じないことが、検察審の不審をかってそれが強制起訴に繋がったという意見も目にするが、特にそうだとは思わない。
証人喚問に応じたらきっとますます不審をかう結果になると思う。つまり、どっちでも同じなのだ。
どっちでも同じなら出ない方が良い。疲れるからね。
しかも、法廷は小沢さんの望むバトルフィールドだ。ふつーにやれば証拠不十分であることを彼は心得てる。
それに比べ、議会なんて物の言い方1つでどんな目に遭うか分からないのだ。
無罪推定、なんてsweetな世界ではないのだ。
プラスとマイナスを天秤にかければ、証人喚問を避けるというのは、やり方の1つとして「あり」だと俺は思う。


無罪を前提として小沢さんは次の手を考えている。
ニコ動やら雑誌やらのお手軽メディアをつかっているとこが、なんか、嘘っぽい白々しさを感じるけど、新聞は不向きと判断したらしい。
「無罪」を最大限に利用するつもりだろう。
「無罪」っていっても、人違いの痴漢冤罪から単に証拠が見つからなかっただけのいろんなパターンがあるんだけどなあ。

検察審査会に告発した人はどういうつもりだったのか知らないけど、
小沢さんを困らせたいのならあまり効果はないと思うし、
単に真実を知りたいのだったら、つまんない動機で大騒ぎ引き起こしたなって思う。
この問題の真実が裁判なんかで分かるわけはないし、
結局政治の道具に使われるだけだからだ。
[PR]

by k_penguin | 2011-02-04 23:01 | ニュース・評論 | Trackback | Comments(0)

ラーメンズの作品とか語り合うエントリ その6   

発端・『TOWER』エントリ
その1・主に「上下関係」「採集」の話
その2・主に『CHRRY BLOSSOM FRONT 345 』
その3・『STUDY』『TAKEOFF』『DROP』
その4・ライブポツネンの小林さんについて、そしてコンビとしてのラーメンズについてなど
その5・コンビとしてのラーメンズについてとか、KKTV,ロールシャッハなど


ラーメンズ・小林さん関連のBBS的エントリです。
個別の作品についての感想はその作品の記事の方にコメントいただければ助かります。



演劇ぶっく 2011年 04月号 [雑誌]
[PR]

by k_penguin | 2011-02-02 21:47 | エンタ系 | Trackback | Comments(67)