<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『これからの「正義」の話をしよう』

6月8日、読み終わったので追記。

最近のお気に入り番組、NHK教育『ハーバード白熱教室 サンデル教授のJUSTICE』の講義テキストを元にした本。
まだ読み終わってないけど、とりあえずご紹介。
サンデル教授は政治哲学の先生で、生徒との対話を通して授業をする「ソクラテス型」の講義をする。
内容は、功利主義やリバタリアニズム、逆差別の原理など。まだ見てないけど、同性婚の是非についてまで議論するらしい。
取っつきやすいし面白いが、やはり所詮政治哲学は難しいので、
  これを読めば政治哲学がすぐ分かる!
などと思ってはいけない。

番組も見てから読んだ方が理解が早い。
ちなみに、番組の英語版はネットですべて無料視聴できる。
http://www.justiceharvard.org/

本の推薦が宮台真司なのがちょっちむかつく。パターナリズムを(上から目線)と訳すな。

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学


追記 6月8日

読み終わりましたー。大体一日1章のペース。
第8章までは、功利主義やリバタリアニズム(自由至上主義)の批判を楽しい具体事例を交えながら語る。
カントはやっぱり難しいけど、すんなり読める。

ところが、9章で、

政治や権利を語るにも、道徳的、倫理的、宗教的な思想を取り入れるべきだ。個人の人権の制約原理の1つとしていままでの自然的義務、自発的責務に加え、
新しく「連帯の責務」というコミュニティのための人権制約原理を加えるのはいかがでしょ。

みたいなこと言い出して、10章で

今後の政治のあり方としてはコミュニティ全体で「共通善」の実現を目指す方向で、一つよろしくしてもらいたいもんです。

てな感じで、締めたもんだから、

   と、びっくらした。 
個人の自由を重視する今の主流の考え方からすれば、公権力が道徳や、宗教について一定の考えをとって政策を決める、というのは「禁じ手」だからだ。
しかし、そこはやり手のサンデル先生、魅力的に自説を語る。
彼が考えは、感覚としては、裁判官の「良心」は職業的な客観的良心ではなく、個人の主観的な良心である(両者は区別できないから)という団藤重光が取る少数説と同じと思う。
アファーマティブ アクション(逆差別)や生命倫理を巡る最近の問題を解決するには、道徳についての議論を避けてきた今までのやり方ではうまくいかないことなどは説得力あるし、
今の時代を価値観がないと嘆く者にとっては、「美徳」や「名誉」の復権は魅力的。
今後時代の流れはこっちへ行くヨカーン。
つか、最近の憲法学者(長谷部恭男や安念潤司など)が、政教分離原則は信教の自由と根本的に両立しない、と主張しているのはこのへんの影響だったのか。

もちろんサンデル先生は「共通善」つまり、何がコミュニティにとって「善い」ことであるかについて統一した結論が出るとは思っていない。
それはずっと議論し続けられることで、議論それ自体に価値がある。議論を通じて共同体意識が育つからだ。

・・・ということは、つまり、サンデル先生の毎回大盛り上がりの講義は、彼の学説の実践でもあったのだ。
みんなが考え、議論し合い、意見を述べた後はマイクを握って、期待を込めて先生の一言を待つ。
「ふむ・・・君の名前は?」


・・・まあ、現実が全部サンデル先生の講義のようにいけばいいけどね。
大半の市民は議論に時間を割いて「善い」市民になるよりも、
そんなに善くなくていいから議論の間中ビールでも飲んでいて、んで後で結論だけ教えてもらえばいいと思っているのだ。
サンデル先生は立派すぎて、我々一般市民がどんなにすごいめんどくさがり屋さんであるかを甘く見ていると思う。


なお、読み終わって改めて読んでみると、やっぱり宮台真司の帯のコメントはおかしい。
「米国リバタリアニズムは自由主義ではなく共和主義の伝統に属する。」
なんてどこにも書いてないし。
サンデル先生によれば、いわゆる「リベラリスト」は市場(経済的自由)については自由放任ではなく公的介入による配分を支持し、精神的自由関連については逆に自由放任の傾向を持つ。
つまり、コミュニタリアンのサンデル先生は、性的表現の公的規制に肯定的な(少なくとも新たな肯定できる理由を提示している)論者であり、宮台さんが最近好感度をあげた、例の「非実在青少年」都条例について、彼と反対の立場なのだ。
おかげで宮台さん、歯に物が挟まったような文章になってしまっている。本についての宮台さん自身の感想も書いてないし。

・・・なぜ早川書房は宮台真司に帯を頼んだのだろう・・・?

関連記事
『ハーバード白熱教室』の白熱する(?)外野

[PR]
by k_penguin | 2010-05-29 12:58 | エンタ系 | Trackback(4) | Comments(0)

シティボーイズのFilm noir ~トーク祭り~

毎年GW頃にライブをやるシティボーイズだが、今年は諸事情で10月に延期になったとかで、5月に何もないというのも寂しいから、ということでこのイベントとなったらしい。
シティボーイズが絡んだ短編映画を見ては、合間になんかしゃべる、という感じで進行するんだそうで、
それって面白いのかなー、やっつけで片付けるつもりじゃないかなー、と不安に思ったものの、今年も5月はあのおじさん達を見るつもりでいたので、やっぱりチケットを取ってしまったのだった。

会場のゆうぽうとホールはなんかファンの集いみたいなゆるい雰囲気だった。
始まるという放送があってBGMが変わってから3分近く照明が落ちなくて、やっと落ちたかと思えば斉木しげるの肺活量自慢が始まって、
 …あー、いつもの感じでやるんだなー…
と思った。

以下、作品を上映順に。

「俺の切腹」監督:沖田修一
切腹を命じられた侍が自分の辞世の句に悩む話。
周りはみんな勝手なアドバイス。結局できた句は・・・。
監督は『南極料理人』の監督。主演夙川アトム。

監督が会場にいないとのことで、みんな言いたい放題のことをいう。
でも、侍の女房の朝ご飯の作り方がなっていないのは俺も気になっていた(御飯を炊いている最中に釜の蓋を2度も開けるな!)。

「遠き少年の日々」監督:福田雄一
シティボーイズが好きな監督が作ったシティボーイズのための作品。
哀愁漂うサラリーマン風の男(もちろんきたろう)は、多摩川の河原で「水切り教室」を開いている。生徒は元外資系だがリーマンショックで暇になった初老の男(もちろん大竹まこと)ただ1人。
そんな水切り教室を追うドキュメント番組という体。
いろいろな困難を乗り越え、続けられる水切り教室だが、そこに破天荒な水切りの「道場破り」が現れる!(もちろん斉木しげるだ!)
監督はTVドラマ『プロゴルファー花』の脚本、演出の人。

シティボーイズのコントを映像化したみたいな作品。
大竹まことが「舞台の笑いは映像で成立するのかしないのか?」といったことでしばらく悩む。
きたろうが「そういうことはお客さんの方が知ってるよ。・・・どっちだっていいっていうか。」


「ドキュメント中村有志」監督:きたろう
おまけの作品だそうで、きたろうが作ったきたろうが生で声をあてる、中村有志の生態にせまる意図がよく分からない作品。
撮影もきたろうなので、アップがやたら多く、周囲の状況がよく分からない映像が多かった。

中村有志は家庭の撮影を拒否したため、その驚くべき真実については、ドキュメントよりもその後のトークでいろいろセキララに明かされる!


「ダーク オン ダーク」監督:大竹まこと
Pカップの乳デカ女(風子。数年前に深夜バラエティで有吉弘行と大島美幸相手に堂々と振る舞っていたのを覚えている)やデブのオカマをつれて商売をやっている男(大竹まこと)の日常を描くストーリーらしいストーリーのない作品。

俺はこの作品が一番気に入った。
観客一般には「俺の切腹」が一番うけていたようだったが。
大竹まことが言うには、ダメな奴にもいろいろあって、その中でもこの類の「ダメ」
が描きたかったそうで、それをうけてきたろうが
「死んじゃったたこ八郎さんがゴールデン街でよく飲んだくれていて、そんなたこさんに酔ったサラリーマンが、『俺も飲んでばっかりいるんだよ』っていったら、ものすごい怖い眼して、『おまえとは違うんだ』っていったよ。」
という話をした。


全体的に観客が優しい雰囲気でウケが良かったせいか、最初予想していたよりも作品は面白いと思った。
大竹まことの作品は、上映後、きたろうが作品の分からないところを遠慮無く質問していたので理解が助かったし。
シティボーイズ好きなら楽しめる内容だった。
特に好きじゃない人が見たら・・・うーん、どーなのかなー・・・?

〆は斉木しげるの「ふわダンス」と中村有志のちんこパフォーマンスだよ。


シティボーイズのFilm noir [DVD]
[PR]
by k_penguin | 2010-05-16 00:07 | エンタ系2(ライブレビュー) | Trackback | Comments(0)

『非実在青少年』都条例改正案に反対しない理由

東京都が青少年保護条例を改正しようとしていて、で、改正案は今まで一般に青少年保護条例の有害図書とされてきていなかったアニメ・マンガ系のエロを取り込むことを目的としている。

これについてはネットの一部では反対運動が盛り上がっているらしいので、うちも何か書いておこうと思ったのだが、実はなかなか態度を決めかねているうちに、時間がたってしまった。
ちなみに俺の周辺の余りネットを見ない人達の間では、こんな話知らないか、知っても、規制に賛成する意見が多い。
それも当たり前で、青少年保護条例は18歳未満に対する販売を制限するだけなので、「表現の受け手である大人」にとっては基本的に迷惑にならないものであり、むしろ子供を持つ親の立場としては規制に賛成する気分になる。
この条例で迷惑を被るのは、「表現の受け手である子供」と「表現の送り手(大人子供問わず)」だ。
当ブログで多少「表現を送る」ことについても扱っている関係上、俺としては「表現の送り手」側のこともどうしても考えてしまい、それで改正に両手を挙げて賛成、という感じでもないわけだが、じゃあ反対なのか、というと、どーもそーゆー気にもなれないのだ。


理由としては、何よりも、ネットにあふれる反対論のほとんどがまともに論点に到達しないままにただ反対し、不安を煽るだけの風評を流しているということがある。
今までに見つけたまともな反対論は、竹宮恵子らのものだけと言って良い。
そして、まともな反対派は、エロ漫画を野放しにしてはいけないということは認めている。
制限されるべきエロ表現というものは現実に存在するのだ。
これは議論の前提事実であり、これを否定する主張はすべて議論の土俵にのらない茶飲み話に過ぎない。

問題は、誰がそのような悪いエロ表現を規制するのか、ということで、それはいままで、漫画的表現については、主に自主規制に委ねられていたのだ。
刑法の「わいせつな・・・図画」や、青少年保護条例の「有害図書」も、別にその言葉自体は別に漫画的表現を除外するものではないので、マンガも入る余地はある。
現に刑法のわいせつ図画頒布罪で有罪になったマンガもあるし、最近大阪府はボーイズラブもののマンガの一部を有害図書指定したらしい。
つまり、やろうと思えば条例を改正なんかしなくても規制できたと言うことで、漫画的表現が主に自主規制に委ねられていたのは、暗黙の了解に基づく住み分けだっにすぎないのだ。
そして、今回東京都が条例改正という形で漫画的表現を規制しようとしたのは、突然有害図書指定したのでは不親切だから「この住み分けを崩しますよ」という事前の告知をしておいた方がいいだろうと思ったからなのだ。

今回の大阪府の有害図書指定は、この意味で東京都なんかよりもずっと問題がある(大方、反対派がうるさくて条例改正が面倒くさくなったんだろうけど)。
この件で“801ちゃん”が記したメッセージ中に「今回は本当に唐突に、奪われました。とても許しがたい事だと思っています。」という文章がある。
この「唐突でない」場合とは、事前告知がある場合であり、それには条例改正も含まれる、ということに気がついた人はどれほどいるであろうか(801ちゃん自身そういう意味で書いたのではない感じがするし)。

大阪方面に話がずれてしまった。
えーと、いままで自主規制に委ねられていたものを変えて、公権力による規制にしよう、という話が出だして、それで条例改正の話が出た、というとこまでだったな。

今まで自主規制にしていたものをなぜ変えようという話が出たのか。
それは自主規制では悪いエロ表現が規制できていない、という声が上がるようになったからだ。
表現者には任せられない。だから公権力にやってもらおう。
というわけだ。
つまり、今回の改正案の背景には、今までやるべきことを怠ってきたツケが回ってきたという面があるのだ。

そこを今まで通り自主規制のままにしよう、と主張したいのであれば、
自主規制でもちゃんと悪いエロ表現を規制できる、社会の納得がいくような規制をしていく、という決意が必要となる。
権利には義務がともなう。それは表現の自由も例外ではない。
権利を守るためには、相応の社会的責任を果たさなければならない。
その意識がまるでないままに、「権利を守る」という言葉を「ネットで不安を煽り攻撃する」という意味にはき違えている反対派のなんと多いことか。
その責任感の無さが嫌。
反対派の主張を聞けば聞くほど、これでは自主規制にしておけないという気がしてくる。
公権力規制になるのも時間の問題、という感じがする。


じゃあ、改正賛成なのか?というと、そうでもないんだよね。
だって、所詮お役所にエロ表現の良し悪しなんて分かるわけないもん。
お役所だってそれを自覚しているから、写真表現というまだ客観的に判定しやすそうな分野しか仕切ってなかったんだから(それだって本当は問題あるんだからな)。
なんだか子供を直接叱れない親が、自分でやるべき躾けをお上に押しつけてるって感じもするしなー・・・。

・・・と、ゆーわけで、どーにもね。
態度を決められないので、そのまま記事にしてしまったわけですよ。
ええ。

追記メモ
つぶろぐでのやりとり
[PR]
by k_penguin | 2010-05-02 01:23 | エンタテイメントと法 | Trackback | Comments(2)


法律事務所勤務。現代アート、NHK教育幼児番組、お笑いが好きな50代。


by k_penguin

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

おっしゃるように、「ラー..
by k_penguin at 23:44
どうも、お久しぶりです。..
by k_penguin at 13:40
アフィリエイトの法による..
by k_penguin at 00:45
「アフェリエイト」。ふむ..
by agni88 at 20:53
なるほど。agni88さ..
by k_penguin at 17:04
なるほど、僕は長い過程を..
by agni88 at 05:43
agni88さん、我なが..
by k_penguin at 23:50
お久しぶりです。 僕は..
by agni88 at 11:06
黄緑とピンクのリボンが、..
by k_penguin at 23:50
すごく昔のエントリーです..
by たーちゃん at 20:04
7月9日付けの小林さんの..
by k_penguin at 23:59
元編集者
by お前 at 10:38
smashigeさんお..
by k_penguin at 21:32
お久しぶりです。お元気で..
by smashige at 20:06
箱蜂。さん、コメントあり..
by k_penguin at 00:23
初めまして。高校二年。ラ..
by 箱蜂。 at 16:43
ありささん、コメントあり..
by k_penguin at 02:02
初めてコメントさせていた..
by ありさ at 19:26
ラーメンズは復活しないと..
by k_penguin at 21:39
お返事ありがとうございま..
by agni88 at 22:49

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ニュース・評論
裁判(判決評)
エンタテイメントと法
エンタ系
エンタ系2(ライブレビュー)
Potsunen Dropチケット問題
ネット(ヲチ?)
拾いもの
memo
未分類

タグ

(105)
(23)
(18)
(16)
(10)
(3)

以前の記事

2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
more...

検索

リンク