<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

『カールじいさんの空飛ぶ家』   

PIXARの最新作。原題はシンプルに『UP』。
78歳のじじいが主人公とのことで、ディズニー、つか長編アニメとしては珍しいな、と思っていたら、『クリスマス・キャロル』が一足先に上映されていて、今年の冬のディズニーはじじい2連発なのだった。
『クリスマス・キャロル』は最新の技術によるホラー系ゲームのような超絶リアルの映像でお子様達を恐怖のズンドコ節にしているらしいが、こちらの試写会はあまりお子様の姿はなかった。大人が楽しめる作品という感じか。

予告CMなどでは、泣けることを売りにしているような感じがあるのだが、大泣きするような作品ではなかった。
最初の15分ほどで、カールとエリーの出会いから、結婚、そしてエリーの死まで一気に語られる(回想シーンとして入るのではなく、話が時系列になっているのだ)。
モノローグも入らずカールはほとんど喋らないが、効果的なカットをうまくつなげているので、エリーがカールにとって大切な人であったことがよく伝わり、じんわりくる。後ろの席の人は早くも鼻水をすする音を立て始めた。

しかしカールじいさんが独り身になったとたん、話の雰囲気はぱきっと変わり、家の立ち退きを迫る工事人達との賑やかなやりとり、そしてじいさんがすっかり頑固じじいになってしまっていることが嫌みなく提示される。
じいさんはでかい滝の近くに隠居してエリーを思ってしんみりしていたいのだが、
図らずも空の旅のパートナーになった少年ラッセルと、目がいっちゃってるでかい鳥ケヴィンがそうはさせてくれない。
ラッセルはどうやらジジョーある家庭のようだし、そんなこと言ったらケヴィンも母子家庭ぽいのだが、話はそっちの方には深入りしない。
だってケヴィンを狙うじじいで(なぜかスゴイ金持ちの)冒険家マンツ出現。感傷に浸っている暇はない。
家が飛び、家を引っ張ってみんなが走り、でかい飛行船でアクションに、高性能バウリンガル装備の、人語を解する犬たちも登場。盛りだくさんで大忙し。
犬たちは非常に「犬らしい」振る舞いをする。犬を飼ったことある人も楽しめるんじゃないかと思う。

スピーディながら、押さえるべきところはびしっと決めるストーリー展開、これだけ盛りだくさんで100分を切る情報処理の確かさは感動の一言に尽きる。
(欲を言えば、スタッフロールの後かなんかにマンツのその後をオチ的にちょっと提示して欲しかった)。

絵としては、雲の表現も美しいが、家の中の小物や調度品の存在感の良さが特に印象に残った。
特に説明はなされていないのに、1つ1つの物が何かエリーとの思い出にまつわる品であろうことが感じられる存在感をもっている。作品の公式ページでは、主要なキャラクターに「カールじいさんの家」が入っているが、それも頷ける。

近年のPIXARのうちで一番の出来かも。


カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD]

More
[PR]

by k_penguin | 2009-11-27 14:23 | エンタ系 | Trackback | Comments(10)

市橋被疑者をめぐる情報戦   

ここんとこ忙しかった。あと、あまり興味ある事件もなかったのでブログ更新もご無沙汰だった。
英国人女性を殺したらしい市橋被疑者が整形を重ねて逃げ回っていたらしいが、人を殺せば逃げ回るのは当然で、なぜそれが大ニュースになるのかよくわからなかった。相手が金髪女性だからかな?未だに世間に金髪信仰ってあるのかなあ・・・?
そんな彼が捕まってもあまり興味はなかった。
そりゃ整形重ねてまでして逃げ回った者が捕まったら、がっくり来てめしも喰わなくなるだろうて。

しかし、弁護団がついて彼らがちゃっちゃと働きだしたので、ようやく俺の興味の範疇に入ってきた。ニュースが「犯罪報道」から「刑事弁護」のカテゴリに入ってきたのだ。
そしてようやく俺は彼が殺人容疑ではなく、死体遺棄の容疑で逮捕されたことに気がついた。
つまり、捜査側は殺人の容疑はこれから固めるつもりなのだ。

殺人事件の捜査の場合、死体遺棄で逮捕して、取調で殺人の自白を得る。そしてその自白に基づいて物的証拠を発見して自白の信用性を固めて起訴、有罪にもって行くというのが定石だ。
もちろんこの流れを変えてゆくのが弁護人のお仕事だ。
否認を貫くなり、犯罪は認めても情状をうったえるなり、流れを変える方向はケースバイケースだが、捜査側の言いなりというわけにはいかない。
すぐに千葉弁護士会は弁護団を送り込んだ。市橋さんにお金がないにもかかわらずだ。そして弁護団は取調で「死刑もあり得る」と言われただの「親が死刑になる」と言われただのと、先生に何でも言いつける口うるさい小学生女子のような事を言い出した。
そういうことを捜査機関に対して言うのはいつものことだが、一般に公表もした。
今まではこの手の「ひどい取調をしていますよアピール」は刑事司法や冤罪などに興味ある人に向けられることはあったが、一般に公表する意味は余り認められていなかったのでされてなかった。
それが公表されるようになったのも裁判員制度のおかげだ。
裁判員は選ばれてしまうと、法廷にでは証拠以外の情報から犯罪を判断することは出来なくなる。
だから選ばれる前の一般ピープルの段階で情報流してすり込んでおこうというわけだ。

これは別にずるいことでも何でもない。だって捜査側も既にやっているから。
市橋さんが整形して逃げ回っている情報なんかは全部警察発信だ。
情報流したり、報道機関に写真取らせてあげたり、ロープから飛び出して撮影したTBSディレクターに飛びかかったり、雨の中フードをかぶせたおかげで妙に見栄えのする写真が撮れてしまって、「ステキ!」とかいうご婦人方を増やしてしまったり、まあ、そんなことをしきっている元締めは警察だ。
だったら、警察には不都合な情報を弁護側が流しても悪いことではないばかりか、むしろフェアと言えよう。

ただ記事をざっと見た感じ、断片的に「死刑もありうるといった」という事実だけを述べて、それが不適当な取調である理由らしい理由も付けないあたり、先生に何でも言いつける口うるさい小学生女子のようなかほりがするのが気になった。
小学生はたいてい断片的な事実の報告しかしない。それがいかに不当かという説明はしない。少なくとも言葉では。
そういうことは、喋りの抑揚と鼻息の荒い妙に得意げなテンションで「ね、こーんなひどいこと言ったのよ。先生もひどいと思うでしょー、まさかそう思うよね。まともな人なら絶対そう思うわよ」と言わんばかりの目つきをすることで、すべて完璧に説明できていると信じて疑わないのだ。

相手が裁判官とかのプロなら、まあ、小学校の先生並みに忍耐強く善意に解釈してくれるが、フツーの人はふつーにしか聞いてくれない。
しかも後々文章にされれば、言葉にしないことは伝わらない可能性は高い。
弁護側が
現在の取調は基本は死体遺棄罪を調べるための取調なのに、殺人の自白が欲しいがために無理な取調が行われる危険が高い状況にあり、そんな状況の下で、嘘を言って脅かした(死体遺棄罪では死刑はありえない)というのは、やっぱりヤパイ感じなんじゃないの?捜査機関はもっと取調の適正を意識して欲しい。
ということが言いたいのなら、そうはっきり言わないと伝わらないと思う。

どうも弁護側のやり方は、今までの裁判官や捜査側相手の場合と同じやり方で一般人に対処している感じがある。
相手が変われば表現方法も変わるのが当然で、その辺を心得ていないと下手すれば光市の場合のような逆効果になってしまうと思う。
[PR]

by k_penguin | 2009-11-23 11:31 | ニュース・評論 | Trackback | Comments(2)

『ビーイング・ギドン・クレーメル』   

誰も分からないだろうから、まず、説明しなくてはなるまい。
今回は当ブログ初の!クラシックコンサートだ!
場所はBunkamuraのオーチャードホール。シアターコクーンの方は行ったことがあるが、こっちは初めてだ!
で、内容は、こーゆーことだ!

タイトルにもなってる、ギドン・クレーメルは、とってもスゴイバイオリン弾きらしい!しかし悪いが俺のクラシックの知識は「夕方クインテット」止まりだ!
で、その人が楽団員を引き連れてやってくる!
そして一緒にやるイグデスマン&ジューってゆーのは、バイオリンやピアノのスキルを使ったコントっぽいことやる人達らしい!
つまりよくわからないけど音楽も楽しめるし、笑いも期待できそうというバリューセットだと思ってもいいんだね?!
 と、ゆーわけで、見に行くことにした。

到着してすぐに、オペラグラスを忘れたことに気がついた。
一応一階正面席の前半分にいるのだが、舞台上のピアノの下に置いてあるヘタレたような小さな人形がよく見えない。
しかも、オーケストラのセッティングがしてあるので、舞台上はごちゃごちゃしている。
コンサートだから基本的に客から舞台上がよく見えるかどうかは考えられていないのだ。
うーん、大丈夫かなー・・・。

始まってみてもっとよくわかったが、オーケストラが、マス・ゲームで動いてくれないと、わかりにくい。
ピアノの下のヘタレ人形は、「おもちゃの交響曲」で使うための物だったが、1人がおもちゃを使ってもわかりにくいのだった。
しかし、バイオリニスト達が演奏しながらそろって踊り出したり、悲しい曲(「All By Myself」)をやりながら、全員大泣きを始めたりというマス・ゲームになると迫力満点。
そういうのってテレビでありそうなネタじゃん、「どれみふぁワンダーランド」とか。BSだけど・・・と思うところだが、オーチャードホールで生で見るとなるとやはり違う。
照明もディスコのように・・・というか、蛍光灯をチパチパチパチパってやってディスコ風にしてみる遊びのように切り替わりまくって、クラシックの素材で目一杯遊んでいるって感じが逆にすごかった。
ときどきはいる台詞は、基本英語で、重要部分だけ英語で喋った後に日本語でも喋ったので、最低限の理解は出来た(英語も部分的に聞き取れた)が、やはり言葉の壁はあった。
やはりシンプルなアイデアのものがわかりやすくて気楽に楽しめた。
ケータイ着メロ生演奏、リモコンでオーケストラの演目切り替え。ありえないポーズで演奏。
生オケの迫力はやはりスゴイ。

スゴイと言えば、ギドン・クレーメルは本当にバイオリンがすごかった。
いやー、本当にスゴイ人だったんだなあ。と、ど素人はふつーに驚くのであった。
クレーメルは基本的にギャグはやらず、マジメなのであった。
芸術と名声は両立しないと語り、シューベルトがテレビでトークするなどありえないと語ったが、
それは単にシューベルトの時代にテレビがなかったというだけに過ぎないのではないかと俺は思うのだった。
ネタにも、売れるクラシックコンサートの3ステップとか、いろいろ大変そうなクラシックの裏事情に関するギャグがあったし、
だいたいこのコンサート自体も1階前方でも右ブロックは結構空席があって、公演日のちょっと前にe+で、会員限定の優待価格チケット(一割引パンフ付)の告知メールがいきなり来て、定価で買った俺はむっとしたのだったが、チケットをさばきたいらしいということはわかったし、まあきっと大変なんだろうな、とは思うのだが、
何と言ってもクラシック初めての俺には、「うふっ♥そーゆーことよくわかんなあい♪」のであった。

最後は客席も歌って大盛り上がり。満足して帰ることが出来たが、
ぶっちゃけクレーメルが喋らなければもっと良かったなあ、なんて思うのだった。
でも、それを喋りたいがためにクレーメルはイグデスマン&ジューと組んだのだろうということはわかったから、
敬意を表して文句は言わないのが、クラシック初心者の俺にできるせめてものことなのであった。
[PR]

by k_penguin | 2009-11-08 01:04 | エンタ系2(ライブレビュー) | Trackback | Comments(4)