<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

社会のゴミ掃除のどこが悪いのか

最近どうも調子が悪い。
ちょっと興味持ったこととかも、文章にまとめよーかなー、とパソコンの画面をにらむと右肩がぎしぎし痛む。
マッサージ屋の兄ちゃんが言うには、目の疲れは右肩に来ることが多いそうだ。
だから、今回の文章はかなりばらけるんじゃないかなって、いま、ここ書いてる時点で思う。

で、この記事。日付が20日だから、見つけたのがそもそも遅い。
司法修習生軽率ブログが閉鎖

確かに守秘義務違反の点では軽率だと思われる。
俺もたまに事務所で扱った事件などの話を書くことがあるが、いろいろぼかしたり、ときにはチョイ嘘も入れたりして特定できないように気を使っている。
忘れがちだが、インターネットは世界に発信されているのだ。

しかし、守秘義務違反の点を除いてはまあ、軽率という程でもないふつーのブログだと思う。
むしろJ-CASTの記述の方がどうかと思う。
「職務上の秘密を漏らしているかどうかは微妙なものの、軽率ととられかねない記述」の例としてあげているものを引用する。
例えば、3月16日付では、自分が検察官に向いていないのではないかという思いを吐露した上で、

「検事の立場に対しての疑問もあるし,なんだか仕事の幅が狭いとも感じた。検事が言ってたけれど,社会のゴミ掃除ばっかりやってると視野が狭くなると(思う)」

と、「検事の仕事は社会のゴミ掃除」と受け取られかねない記述だ。

「検事の仕事は社会のゴミ掃除」のどこが悪いのであろうか。
そもそもこのたとえは検事自身が自分の仕事について述べたものだ。それに対してJ-CASTが不適切だと言うのはおかしいのではないだろうか。
犯罪者を更正させることはデトックスに喩えてもいいし、それと同じ意味で「ゴミ掃除」といっても悪いイメージはない。
J-CASTはいったに何を「ゴミ」に喩えたと思ったのだろうか。
まさかとは思うが、犯罪者、被疑者のことをゴミに喩えたと思ったとしたら、それは失礼極まりない解釈の間違いだと思う。
また、何はともあれ、検事の仕事とゴミ掃除を同視するのが、良くないという意味だとしたら、それは、清掃作業にたずさわる人達を差別した発言ということになるのではないだろうか。

次の司法解剖の様子の描写も、それ自体は客観的なものだ。
扱う話題が話題だから読みたくない人はいるだろうが、それこそその日の記事を読まなければいいだけの話。
司法解剖という作業は現実に存在するのだから、それのレポートがあっても何らおかしくもないし軽率でもない。
(司法解剖については、俺もいろいろ「きもおもろい」エピソードを耳にしたことがあるが、ここでは書かないよっ。)


J-CASTの記事は「高い倫理観が求められるはずの法曹職」と言う。
しかし、司法界は今、裁判員制度まで導入して、「一般人感覚」を得ようとしているのだ。
その観点からすれば、テレビ撮影が入る法廷の修習生席をじゃんけんで争うことくらい発表しないでどーする、と言う気がするのだが。
[PR]

by k_penguin | 2008-06-30 01:20 | ネット(ヲチ?) | Trackback | Comments(2)  

ラムちゃんがいっぱい

2ちゃんより。
うる星の全集か何かに皆さんが描いたラムちゃんたちらしい。
原哲夫ラム、かっこいい・・・。
c0030037_23423237.jpg


ユニクロのタイガーマスクvsラムちゃんのTシャツ、欲しいんだけど、
みんなデザイン知ってるから我慢してます。
ユニクロは物も良いし、デザインもカッコイイし、安いんだけど、
それがユニクロってことだけが残念です。

でも、松本大洋Tシャツをついに我慢できずに買ってしまいました。
[PR]

by k_penguin | 2008-06-22 23:58 | 拾いもの | Comments(2)  

激闘 漫画家vs編集!今昔

原稿をなくされた漫画家が、小学館を訴えました。

ガッシュは読んだことなくて、アニメをちょっと見たことがあった程度だけど、なんか時代を感じさせたので、取り上げてみました。

と、いう話を書こうとしていたら、秋葉原であんな事が起こっちゃって、書く気になれないでいるうちにすっかり旬を逃してしまいました。
でも、せっかく書きかけた記事なので、全部かいて今さら載せます。


原稿を紛失したことは問題の一部であって、それまでに積もり積もったものがあったに違いないと思わせる話だ。
編集者と漫画家というのは、相性が第一なので、トラブルの実態も多様であると思われるが、
それでもいわゆる一流出版社の漫画誌の編集が「描かせてやっている」というタカビーな態度をとる、というのは以前からよく聞く話だ(でも中小出版社の編集の腰が低いという話は聞いたことがない)。

で、それにつけて思い出した話なぞ。
故谷岡ヤスジは、ヤングジャンプが連載を依頼に来たとき、その態度が高飛車なのに腹を立て、木刀で脅し、土下座させたとか。
雑誌のインタビューで本人が語っていた(『Studio Voice』は昔はインタビュー専門誌だったんやでー)。
私が驚いたのは、その荒っぽさよりも、その後ちゃんと連載をうけ、そして長期連載をしたこと(『ド忠犬ハジ公』)。
話にはよく作者も登場したが、ちゃんと脇に木刀が書き添えられていてそれですごんだり、やりすぎて逆に編集にすごまれたりしていた。
あれは本当だったのね。
それが谷岡ヤスジのモノゴトの解決の方法だったのだ。

小林よしのりは少年ジャンプのマンガ家の独占に疑問と不満を抱き、契約に違反してチャンピオンに連載を持った。
ジャンプの漫画家の独占を許す契約は、もともと本宮ひろしのために作られた契約書をそのまま他の漫画家に使ったもので、連載が不人気で早期に打ち切られた場合を想定していない物であった。
つまり、売れっ子の本宮であればともかく、売れるかどうかおぼつかない新人には過酷かつ一方的な契約だったのだ。
それこそ訴訟で効力を争ってもよいくらいな物であったが、よしりんは訴訟の手間をかけず、とっとと「自力救済」したわけだ。
自分の実力を信じていたからこそ出来た荒技であるが、漫画家独占制が一方的で不当であるということを編集部も自覚しているというということも計算に入っていただろう。

・・・なぜか両方集英社の話になってしまったが、
谷岡ヤスジにしても、小林よしのりにしても、訴訟という手段は考慮しなかった。
漫画家は所詮実力勝負の弱肉強食。
他人の力を借りて一時的には勝っても、その後、金になる漫画を描けなければ「負け」と見なされてしまう。
だったら他人に金を払って解決を頼むより、自分で処理してしまおう。

最近は著作権絡みで漫画家も訴訟と無縁ではなくなった。
自力救済の荒っぽい処理は危険でもある。昔とは時代が変わったのね。
でも、今も昔もやっぱり漫画家は
面白いもん勝ち。
ガッシュも訴訟の後が大変だろうな。
シビアー。


追記 8月1日
一回口頭弁論は小学館が原稿紛失を認め、それを受けて和解する方向に。
今後は、紛失原稿の価値について審議が進むことになるとおも。

一番の問題はその紛失原稿の財産的な価値にある。
そこで決まる値段が、今後の作家のカラー原稿の原稿料の指針になる可能性があるから。
ガッシュの作者の人はその辺理解して交渉にあたって欲しい。
小学館側は、支払う金額の総額が同じならば、紛失原稿代を押さえる代わりに慰謝料をつんだ方がお得。
[PR]

by k_penguin | 2008-06-11 00:08 | エンタテイメントと法 | Trackback | Comments(13)  

国籍法婚姻要件だけ違憲判決 最高裁H20.6.4

やはり毎日が詳しい。毎日は家族制度好きだなあ。

まず、一般的な記事を書きまーす。
(前回、自招防衛に関する法律的オンリーな記事を書いたら、ほんっとーに、びっくりするほどアクセスがなかった。)

結婚していない日本人父と外国人母から生まれた子供は、準正による嫡出子でなくても、父親が認知すれば届出による日本国籍取得が可能になりましたー。
わーい。バチバチ。ヤッター!めでたい。

・・・って、日本国籍取得のための偽装にはどう対処するつもりなんだろう・・・。
朝日も毎日もそのことに一言も触れてないし。
マスコミが触れないことが大好物のネット住民がどんなどす黒いこと言ってるか・・・
ちょっと某SNSを探ったけど、案の定認知ビジネスの片棒担ぎとか言ってるし。多分2ちゃんもその調子なんだろうなあ。

でも気になったので、判決原文にあたってみました。リンク先はpdfだよ。
なお、日本国民である父の認知によって準正を待たずに日本国籍の取得を認めた場合に、国籍取得のための仮装認知がされるおそれがあるから、このような仮装行為による国籍取得を防止する必要があるということも、本件区別が設けられた理由の1つであると解される。しかし、そのようなおそれがあるとしても、父母の婚姻により子が嫡出子たる身分を取得することを日本国籍取得の要件とすることが、仮装行為による国籍取得を防止の要請との間において必ずしも合理的関連性を有するものとは言い難く、上記オの結論を覆す理由とすることは困難である。

・・・なーる。
結婚を要件にしても、どーせ偽装婚するだろおめーら。あってもなくてもそんな変わんねーよ。
・・・ってことですね。

もう時代が変わったから、世界を飛び回ってる人基準で物考えよーぜ。一国に住み着いて縛られてる場合じゃないの。
ってふいんきがする判決文です。
官田原睦夫裁判官の教育を受ける権利に言及した補足意見が具体性があって面白かったです。日本国籍取得が主に子供の保護になることを重視するという観点ですね。

以上が一般的な記事でした。
次、法律的なこと書きまーす。つまらないでーす。


実はこの判決は、かなりきっついことをやっている。
国籍法3条1項の要件のうち、父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得したという部分だけを除いたのだ。
条文の一部だけ無効って、条文の改変であり、新しい条文を作り出すということとも言える。
つまり、裁判所が法律を作ってしまったのだ。これは国会の立法権との関係で問題となる。
実はこっちのほうが論点的にはでかかったりして。

普通、「違憲」判断が下ると、その事件では違憲にされた条文がないものとして法適用される。
ところが、この場合、国籍取得条件の国籍法3条1項まるまるなくなると、原告は国籍取れなくなる。
国籍とるには、国会が新しい条文を制定するまで待たなくちゃいけなくなるのだ。
でもそれじゃ裁判起こした甲斐がないから、婚姻要件だけ無効という手段でその場をしのいだのだ。
この判決で違憲と判断した裁判官は12人。
なのに、子どもに国籍を認めたのは10人の裁判官。
2人は新しい法律ができるまで待て、という立場だ。
判決文ではこれについてみんなかなり長い言い訳を書いている。
まあ、新しい法律作っても、99%婚姻要件が削られるだけですむよ、
って確実に言えるのならともかく、そうとは断言できないのであれば(そうと断言できないと思うし)、立法権の管轄にかなり踏み込んだ判決である。

追記

平等原則との関係では、法律的な婚姻をした場合とそうでない場合との比較が強調されているが、必ずしもそれだけではない。

父親だけが日本人で、出生後に認知し、婚姻していない。-×
母親だけが日本人で、出生後に認知し、婚姻していない。-
父親だけが日本人で、出生に認知し、婚姻していない。-
父親だけが日本人で、出生後に認知し、婚姻している。 -

婚外子の相続分に関する民法の規定の見直しに直結するとは言えないと思う。
[PR]

by k_penguin | 2008-06-05 00:21 | 裁判(判決評) | Trackback(2) | Comments(17)  

『恐竜と隣人のポルカ』

後藤ひろひとが豪華キャストに下らないことさせるお芝居inPARCO劇場。
劇場自体が恐竜公園ディーノ・パルコという設定で、テーマパークっぽいゲートをくぐるとジュラシックパークみたいな効果音がかかっている。
ロビーは鮮やかな花がてんこ盛りなのだが、BGMのおかげでむしろジャングルのような感じが。
客席案内のスタッフもサファリルックでジャングルクルーズ風。
この2人はしゃべらないで笛ばかり吹いているのだが、後に舞台にも上がってたくさん仕事をこなす。
この人たち、一番動いているのでは?

礼儀
[PR]

by k_penguin | 2008-06-03 00:15 | エンタ系2(ライブレビュー) | Trackback(1) | Comments(2)