<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

植草さん提訴のやじうま予想

植草さんが週刊誌四誌を名誉毀損で提訴した。
・・・のはとっくなんだけど、うちのブログは植草さんはしばらく「禁じ手」にしようと思っていたので、何も書かなかった。
しかし、今日になって、この件についての質問コメントが来て、そのレスを書いていたら、なんかだらだら長くなりそうだし、最近記事少ないし・・・
ということで、まあ、結局記事の形にした。

今回は、法律的に名誉毀損が成立するかしないか、見通しを考える。
情報が少ない(訴えられた雑誌の記事すら読んでいない)ので、あくまでやじうま予想だ。その辺よろしく。

名誉毀損罪についての刑法230条の2は、民事の不法行為訴訟でも違法性要件の阻却事由としてはたらく。
その要件は3つ。1「公共の利害に関する」2「公益を図る目的が主」3「真実証明」。
この3つすべてをクリアすれば一円たりとも払わないで済む。
また、要件3「真実証明」については、クリア出来なくても、3’「真実と間違えたことが確実な資料、根拠に基づいて」いれば、故意が阻却されて、やっぱり支払わないで済む。


まず最初の要件、「公共の利害に関する」について。
植草さんの場合は、痴漢の余罪についての記事だそうで、公訴提起前の犯罪行為に関する刑法230条の2第2項をそのまま当てはめれば「公共の利害に関する」ものとみなされる。
ただ、公訴提起前の犯罪行為に関する事実が、公共の利害に関する事実とみなされる理由は、それを公表することが捜査の手助けになるためだ。
既に示談を経て、不起訴の見通しが大きく、捜査はもうしないであろう事実にも230条の2第2項がそのまま適用できるかどうかは問題になりうる。

まあ、仮に230条の2第2項が当てはまらないとしても、230条の2第1項が当てはまればいいわけで、
それは、TV「行列のできる・・・」に出ていた弁護士がキャバクラでやんちゃしていたという記事には公共性が認められている(東地H16.2.19)ことと比較しても、植草さんの社会的地位やマスコミを通じて活動していること、社会的な発言をしていることからしても、「公共の利害に関する」といえると思う。


「公益を図る目的が主」については、当の記事を読んでいないので分からないが、部分的に侮辱的であっても、公益を図る目的が「主」であればオケ。
ここで切られるものは、文面から確実に私怨の匂いがぷんぷんするもの(「終始人を愚弄する侮辱的な言辞をこれに付加摘示した場合」)や、相手から金をせびり取ろうという意図がはっきりしているもの。
「読者の興味本位のもの」もダメだが、このへんは結局、発表に正当な公共性があるかという、いわば結果から判断される傾向がある。
植草さんの社会的地位からみて、いわゆるブラックジャーナリズムでなければクリアできるのではないかと思う。


「真実証明」は、まあ、出版社のがんばり次第。
名誉毀損が認められたら、お上に「嘘つき」と認定されることになるので、出版社は、すげーがんばるか、または、相手に和解を申し込んでgdgdに持ち込むか、のどちらかの途を選ぶ。
確実に真実だ、という見込みがあれば、強気に出るだろう。
ここで証明の対象になるのは、示談という事実ではなく、「公訴提起前の犯罪行為」である、わいせつな行為をしたという事実だ。
示談自体はわいせつ行為をしたことの証明になりうる資料に過ぎない。
仮に示談書が出てきたとしたら、その内容が問題になる。

ゆうたまさんブログに「2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです」とあることから想像すれば、示談書の記載上で痴漢の事実をはっきり書かず、例えば「迷惑をかけたこと」に対してお金を払う、というような表現になっている可能性がある。
まーオトナであれば、あまりその辺相手を追いつめたりしないで手を打つものだからだが、その記載をどうとらえるかも争点となりうる。
場合によっては、「真実と間違えたことが確実な資料、根拠に基づいて」いる場合、に当たるかもしれない(実際上認められるケースは少ないのだが、無くはない)。

ま、どっちにしろ、あまり植草さんの良いような結果にならない様な気がするが・・・。


以上が、法律的な面のみから見た、植草さんの提訴の争点となりそうな問題点だ。
訴訟効果による事実上の損得勘定が入ると、またいくらか見方が変わってくるが、とりあえず今日はここまで。

・・・まあ、負けそうなら、訴え取り下げたり、和解したりしてフェードアウトすればいーしね。
[PR]

by k_penguin | 2007-04-27 19:53 | ニュース・評論 | Trackback | Comments(4)  

シティボーイズミックス 『モーゴの人々』

シティボーイズとお友達のみなさんによる年に1度の公演。

今年は、それほど期待していなかった。
理由はまず、いとうせいこうが今回は居ないこと。
舞台上では全員ボケみたいなシティボーイズだから、いとうせいこうの様な仕切れる男がいないと、とっちらかりそうで心配。
それから、席が2階とちょっと条件が悪い。
ついでに公演2日目でまだ流れが出来ていない(そして台詞をちゃんと覚えていない)可能性がある。
要はぐだぐだの可能性がある、ということだが、シティーボーイズだから、まあそれもありなのかも、と深く考えずに銀河劇場へ。

2日目なので、ロビーを埋めるゲーノージンからのお花はまだ強く香っていた。
やはりお笑い関係者からの花が多い。
劇場入口の一番近くにはビートたけしからの華麗な青い花。
ところで、あの花って、芸能人の格付け順に並んでいるのだろうか?じっと見たけれどよく分からなかった。あ、ラーメンズはドランクドラゴンの後ろ。

More
[PR]

by k_penguin | 2007-04-26 23:29 | エンタ系2(ライブレビュー) | Trackback | Comments(0)  

いろいろ言い訳

いくつか書こうと思っているネタはあるのだが、全部中途半端なままで放置されている。

1 民法772条問題(300日問題)の続き。

一応この問題を書いた手前、フォローをしようと思っていたのだが、
改正するのやらしないのやら、政治屋がどっかの顔色をうかがってばかりで、制度の趣旨も何も見ていないっぽいので、もう嫌になった。
しかも、親族って、ケース分けが面倒なのよねん。
いつ妊娠したのか、離婚して再婚したのかしてないのか、前の夫と後の夫のどっちが金持ちなのか、DVはあるのか、いろんなケースでの「子供の幸せ」を考えなくちゃならない。
取引法は「どうすれば儲かるのか」という基準で人が行動するから、動きの予測が立てやすいけれど、親族系は「どうすれば幸せになれそうか」で行動するから、すげー予測が立てにくいのね。


2 代理母問題

「親子」認定つながり、向井亜紀の訴訟とからめて何か書けそうだと思って、仕事場にあった「注釈民法23 親族(3)」ざっと見てみたんだけど、これが、なんか宇宙の彼方垣間見ちゃったみたいに、ソーダイな問題なんだわ。
アメリカの判例を中心に紹介されていたんだけれど、あんな盛り上がってる「注釈民法」読んだの初めて。
アメリカじゃ、夫Aと妻Bが男Cの精子と女Dの卵子を使って、女Eのお腹をかりて人工授精して、その上子供が生まれる前に離婚して、生まれた子供の親権争い、なんて例もあるらしい。
どんだけチャレンジャーだよ。
人のやってないことをいくつやれるかっていうノルマを自分に課しているのか?

代理母には、人間の尊厳はどこまでお金で買えるかっていう、生体移植や臓器売買と同じような問題が絡んでいる。

まあ、ここまで面倒なことは書かないでも、向井亜紀のブログの感想でも書いてお茶を濁す、と言う手もあるかな、と思ったんだけど・・・、
よ、読むの面倒くさいんだよね・・・正直。
あまり上手なアピールは出来ていなさそうだ、という雰囲気が何となく伝わってくるだけに。

3 パチスロで体感器は窃盗(最高裁判例)

これは「窃盗(不正な占有の取得)」と「パチスロの楽しみ方の1つ」の限界事例、という点で面白い。
下級審判例は既にいくつか出ていた事例だが、判例は基本的に、機械を使って当選確率あげちゃダメ、という考えらしい。
おうちで体感器を使って、当たり周期を自分の身体に覚え込ませる血のにじむよーな訓練をしてから、体感器無しでお店に行くのはいいんだろうから、くどくど考えてみると、結構いろいろびみょーだ。


で、とりあえずこれでも書こうかなーと思っていたけど、
アメリカでも長崎でも銃撃事件が起きて、そしたら、なんか、こーゆーことって、ちっちぇーなー、とか思えてきて、で、やっぱり書きそうもないなあ・・・。


 結局

  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/
[PR]

by k_penguin | 2007-04-18 01:08 | ニュース・評論 | Trackback(1) | Comments(2)  

『TEXT』Act.4 表現できない、価値あるもの

『TEXT』については、今回の評論でおしまいにしようと思う。
Act.2、Act.3で述べたことをまとめると、
言葉という拘束ある表現手段しか使えないので、言葉にならない思いは正確に伝えることが出来ない。他人に伝えることが出来なければそれは無いものと同じ・・・なのだろうか?
という心の揺れをそのまま表現したもの、ということになる。

これだけまとめればもう終了してもいいのだけれど、でも、なんかそれは、問題の説明にはなるけど、解決にはならないという気がした(小林賢太郎は、問題が起きたとき、それを解決しようとせずに、考え方自体を変えることによって問題そのものを消滅させるか、悪く言えば誤魔化す方向にもって行く傾向がある)。
「表現できない、価値あるもの」っていうのは、決して珍しいテーマではない。
むしろ、表現活動の総てがこの問題と関わっていると言っていい。
簡単に語り尽くせるようであれば、表現するのにみんな頭をかきむしったりしないで済むはずだからだ。
ただしかし、小林賢太郎は、この問題を抽象的なテーマとしてではなく、自分の個人的な問題としてとらえている。
だから、ここで一番大切なのは、「では彼はいったい何を伝えたいと思っているのか」ということだ。
「表現できない、価値あるもの」にもいろいろあるからだ。

大概の表現には、何を伝えたいのか(最終的に表現し尽くせていないとしても)について何らかの形で示してある。
抽象画であれば、タイトルがついている。タイトルがただの番号とか『習作』とかだったら、作者の内面世界の風景画だとでも思っておけばよい。
そこらに転がっている歌ではよく「君への想い」なんかが「表現できない、価値あるもの」として扱われているし、ブルーハーツ『リンダリンダ』の冒頭の歌詞では「ドブネズミの美しさ」は「写真には写らない」、つまり「表現できない、価値あるもの」だと言っている(でもまあ、結局「りんだりんだー」のわけだが)。

ともあれ、こういうのがないと、どの「表現できない、価値あるもの」についての表現なのかが分からないので、作者の内面へのアクセスの窓口が無くなる。
要するに、感情移入のしようがなくなるのだ。
小林賢太郎は、ここを巧妙に隠している。
中途半端に分かったつもりになられるくらいなら、最初から最後まで沈黙した方がまし、と、判断しているのだ。
彼にとって、中途半端な理解は誤解と同じだ。

しかし、誤解を恐れてばかりでは、何も伝わらないと思う。

俺が『TEXT』の中で最もよろしくないと思っているのは、透明人間の話であるが、それを見て俺が考えたことは、まず絶対小林賢太郎が意図していないことだと思う。
しかし、誤解していることを承知で、あえて書く。

チョイねたばれ
[PR]

by k_penguin | 2007-04-08 15:53 | エンタ系 | Comments(43)