Potsunen『Drop』のチケットを読む その2   

2008年 04月 23日

第3 なぜこのように作られたのか


公演の作り手側が、チケットの高額な転売を抑制したい場合、大きく2つの方法があることを前述した
手間も金もかからないが、事実上「お願いするだけ」の効果しかないエコノミー方式。
事実上も強制力をもつことができるが、多くの手間暇がかかるし、運営の舵取りもしなければならないファンクラブ方式。

小林賢太郎やラーメンズの公演に対して、エコノミー方式は以前から採られていたし、この方式のオプションである枚数制限もなされていた。
また、TBSイベントダイヤルに電話して尋ねてみたところ、ファンクラブ方式の採用も検討されたそうであるが、とりあえず今のところ見送られているそうである。
見送られた理由は余り詳しくは聞かなかったが、俺個人としては、キャパが余り大きくない劇場で公演をしている小林賢太郎の場合、この方式で転売規制と新規客参入のバランスを図るのは難しいのではないかと思う。
(劇場規模が大きくないのは、客席との距離感を重視する演者の意向だそうである)

とにかく、ファンクラブ方式は今回採用しない、と。
しかし、転売屋には何かをしておきたい。エコノミー方式をとる以上、「お願い」するしかないとしても、何かをしておきたい。
そこで、今回の措置となったわけである。

・・・と、いうのが、TBSイベントダイヤルの中の人の説明であった。
まあ、それで納得する人がいるのならそれはそれで良かろうと思うのだが、
俺個人としては、どーも、腑に落ちないのだ。
これは、本当に、「お願い」なのか?




転売屋を排除したいと考える場合、第1次的に「お願い」しなければならない相手は、転売を目的としていない通常のチケット購入予定者(ファン)だ。ファンにかかる負担が1番大きいからだ。
「お願い」はファンへのお願いと同時に転売屋に対する「通告」になる。

コブクロは最近ファンクラブ方式を採用し、転売に対して強い態度を打ち出したが、それにあたって、かなり前からご理解を得るための告知を出している。
告知では、転売対策の必要性を「現在の情況を冷静に判断すると,残念ながら,私どもの意図に反し,転売目的で購入する悪意ある人達の温床になっていることは否めません。また,そのせいで,純粋にコブクロを応援してくださるファンの方々の手元にチケットが行き渡らない状態にさえ陥っています。」と述べ、目的を「ファン救済と転売防止目的」と明確に書いている。
転売屋対策が必要な理由と目的を明示するのは、「お願い」の必須の条件だ。

ところが、トゥインクルの最初の告知(チケット販売の告知と同時にされた)には、転売対策の理由も目的も一切書かれていなかった。
理由も書いていないものはお願いとは言わない。それは一方的通告にすぎない。
どうせ強制力がないのだから、この程度でいいや、
と、舐めているのではなかろうかと俺は呆れた。
とりあえず俺はメールを出し、他にもメールを送った人がいたそうで、約4週間後に追記が(なぜか目立たないような形で)加えられた。
追記では、一応転売屋対策が必要な理由は書いてある。
が、「やむなくお金を支払ってしまう」“被害者”であるお客さまを劇場から放り出すという、まるで矛盾したことをやろうとしていると言うことになるのだが・・・。

TBSイベントダイヤルの中の人は、「一般の方にわかるような文章にしているんだから、仕方がないですよ」と、言っていたが、俺には、そもそも転売対策の理由がわかっていないとしか思えなかった。
なぜなら、転売屋の排除によって最も救う必要があるのは、「やむなくお金を支払ってしまう」お客さまではないからだ。つぎ込むお金を持っているお客様は、あくまでも2次的な救済対象である。
最も救う必要があるのは、決して「お客様」ではなく、「お客様」になりたいのになれない人、すなわち転売屋の高額な提示に対して、支払うことが出来なくて、チケットを手に入れられないファンなのだ。
転売屋対策は第1次的に劇場に入場できない人のためになされるはずなのだ。
劇場内の「お客様」と、空席だけしか気にしていないのであれば、転売屋対策の本当の必要性がわかっているとは言えない。

ポツネンのHPには、「お客様」と空席の心配しか書かれていない。
チケットが買えないファンへの言及はない。
俺は、ふと思った。
これは、転売屋の弊害について無自覚でありすぎる。転売屋対策で何かしなければ、と思っている人がやることではない。
これは、HPを見ているファンに向けて書いているのではないのではないか。
HPを見るであろう、ファンじゃない誰かに、「言われたようにちゃんと仕事はしていますよ」と言いたいだけなのではないだろうか。
本当は、トゥインクルは、転売屋対策なんて関わりたくないのではないだろうか。

転売屋が居ようと居まいと、チケットさえ売れれば売上は入る。少しくらい客が居なくても物販の売上は上々。ファンからのクレームが来るという以外に転売屋は事務所に害を及ぼさない。
転売屋を本当に問題にしているのは「HPを見るであろうファンじゃない誰か」、小林賢太郎だけなのではないだろうか。



TBSイベントダイヤルの中の人は、俺の疑問を即否定した。
「ポツネン」にダフ屋が出たときから転売屋については何らかの対策を取りたいとトゥインクルとは話し合いを重ねてきたのだそうだ。
そう言われては引き下がるしかなかったが、俺の疑問は消えはしなかった。


仮に小林賢太郎だけが転売屋を排除したがっているとしても、その目的が通常考えられるような「ファンに本来の値段でチケットが行き渡ること」であれば、別に問題はない。
発信元がちょっと違うというだけの話だ。
しかし、そうではないと俺は思う。
仮にそうであるならば、スタッフ名義であろうと、メッセージに目的がファン(お客予備軍)の保護だと明示されるはずだからである。
メッセージは小林の意に沿うように書かれているはずだから。

小林はチケットの転売について否定的な発言をときどきする。
ところが、その理由を明確に言ったことはない。
「本意ではありません。」とか、「望ましくない」とか、まるで皆さんご存じ悪玉菌みたいな言い方をする。
彼が転売を嫌がる理由は何だかわからないが、
とにかくそれは決して「ファン」のためではない。既にチケットをもっている「客」に関するところに理由はある。
演者であれば、劇場内の「客」しか眼中になくても不思議ではない。客席に向かって発信するのがアーチストの仕事だから。
ファンの世話をするのは、事務所とかスタッフの仕事だ。

おそらく、転売屋が嫌いなのは小林の個人的な理由によるものであろう。

それが何であるかという推測を始めると、どんどん脱線してしまうので、今回はここで切り上げるが、1つ言えるのは、

目的を達成するのに適切な方法を採らなければ、無駄な手間を増やし、他人に迷惑をかけるばかり。
と、いうことだ。

転売屋規制は小林賢太郎にとって気休めにしかならないと思うし、
小林賢太郎とは別にスタッフがその意思で転売屋規制をするのなら、それはそれでいいけれど、
ファンを視野に入れたやり方を取ることをお勧めする。
[PR]

by k_penguin | 2008-04-23 18:00 | Potsunen Dropチケット問題 | Trackback(1) | Comments(8)

トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/8716817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 本の転売 at 2008-04-28 08:23
タイトル : せどり
本に関するRSS情報を定期的に集めているため、トラックバックをさせていただきました。 宜しくお願いします。... more
Commented by バイダール二世 at 2008-04-26 13:38 x
わぁ〜、爽やかな画面に変わってる。
あんまり、内容と関係ないコメント控えなくては、
と、思いつつ、我慢できずにコメント記入。
しかも、Mac OS9で見てるので、文字が枠からずれてる・・・。
少し、悲しい・・・。
Commented by k_penguin at 2008-04-26 20:12
しばらく記事書かなそうなので(この記事で疲れた)
スキンを変えてみました。
今回のは、ずーっとしたにスクロールしたfootにも画がついてます。

>Mac OS9で見てるので、文字が枠からずれてる・・・。
 多分それは、この改造スキンの元スキンからそうなんだと思います。
私は画像差し替えるだけで、CSS編集とかできないから、直せません。次のスキンに変わるまで我慢してください。
すんまそm(_ _)m。
Commented by ゆふびび at 2008-05-06 22:44 x
こんばんは。
ラーメンズのチケット問題はなんだかどんどん根深いものになってしまってますね。チケット入手できた、できないで公演前にここまで殺伐とした空気が流れるのって、私はラーメンズ関係で初めて見たのでちょっとだけビックリしました。
転売屋=悪の組織 的なイメージは短絡的過ぎて私はあんまり好きでないので、この一連の記事もすごく面白く読ませていただいてます。
今回は、なんだか逆に真剣に転売屋の規制について考えているファンを、意識的に事務所が利用していた形だったし。
それを受けて個人的にキャンペーンされてた方も多かったです。
勿論、このまま放置して、プロの転売屋だけがどんどんチケットを取ってしまう事態も嫌なんですけれどもね。
Commented by ゆふびび at 2008-05-06 22:47 x
でもそれは興行側がまず何かしらの対策を取るべき話で、告知だけしてあとはファンの皆さん、観客側で頑張ってください、と言われると、なんだか違う気がします。
年末の事務所のフェスでもチケットの転売価格が跳ね上がってたようなので、今回のチケットに関する告知をせざるを得なくなってしまったのは、それが原因かな~、と。慌ててとりあえず告知したのかな、と。
優先チケット等の具体的な対策をとらないと、もう無理な時期にきてるんでしょうね。この事務所は芸人さん達を無理やり売ろうとするんじゃなくて、それぞれに合った形でゆっくりと育て上げている感じなので、いい芸人さんがこれからも出てくるでしょう。
そういう芸人さんって、ファンが離れずに増えていくんですよね。
需要に対して供給が圧倒的に少なければ、値段は跳ね上がる。
小麦だって、石油だって、チケットだって。
それで、チケット買えなかったら諦めて下さいね。だけで今まで済ましてきちゃったわけで。
告知と口コミだけで転売阻止しようとするんじゃなくて、もっと納得できる対策を興行側にはして欲しい。
こちらは余計な事を考えず、あくまで観客でいさせて欲しいだけなんだけどなぁ…。
Commented by k_penguin at 2008-05-07 02:14
ゆふびびさん、コメントありがとうございます。
公演終わったら、みんなチケットのことはどーでもよくなっちゃったかな、と思ってたので、御意見うれしいです。

>今回は、なんだか逆に真剣に転売屋の規制について考えているファンを、意識的に事務所が利用していた形だったし

これについてのワタシの考えは、
事務所の告知の趣旨がよくわからないがために、
ファンが自分たちで趣旨を補完せざるを得なくなり、
その結果「個人的キャンペーン」が乱立するという結果になったと思います。
事務所は、ヤフオクに出たチケットの席番号なんか知らされても、別に何かする気はなく、(つか、何も出来ないしね)正直迷惑だったろうと思いますが、
気の毒だとは全然思いません。
事務所の告知がもっとまっとうな文面であって、ちゃんとした理由が書かれていれば、
ブログで転売屋からの不買運動をしたファンだって、攻撃されても、事務所の告知のコピペで反論が出来たはずで、
一方的に荒らされるようなことにはならなかったはずだ、と思います。
Commented by k_penguin at 2008-05-07 02:14
告知と口コミだけでの転売屋対策でできることは限られているにせよ、
それにしても、告知にやる気がなさすぎだと思います。これではファンに丸投げです。
ま、告知でどうにかできないのなら、ファンクラブ制をとっても良いと思いますが、
ただ、ワタシの考えではそれは、テレビ出演を止めたときと同じことで、
小林賢太郎の抱える不信感の解消にならないばかりか、より悪くすると思います。
Commented by sankakusikaku at 2008-06-07 23:36 x
初めまして。
>転売屋対策は第1次的に劇場に入場できない人のためになされるはずなのだ。>劇場内の「お客様」と、空席だけしか気にしていないのであれば、転売屋対策の本当の必要性がわかっているとは言えない。

たしかにそういう印象を受けました。当日の劇場と、客への気遣いはあり、こだわりがありますが、そこへたどり着くまでの時点で、チケットが手に入らない、涙を呑むファンはどうしたらよいのでしょうか?

チケットが売り切れる状態=希少価値=ますます買いたい人が増える。それはよいが・・・
これは公演回数が増えると解消することなのでしょうか?
Commented by k_penguin at 2008-06-08 00:31
sankakusikakuさん、コメントありがとうございます。
そういえば、KKPの公演も決まりましたね。
今回はHPに入場制限のことが書いてないので、
多分これまで通りに戻るんだと思いますが・・・。

>これは公演回数が増えると解消することなのでしょうか?
 公演回数は結構ぎりぎりまで増やしているんじゃないかという気がします。
2度3度と行くリピーターの存在を計算に入れれば、回数を増やすより、劇場規模大きくする方が解消には役立つんですが、
その選択肢はないわけですからねえ。

コバケンとかスタッフとかがチケットに希少価値を生じさせようとして劇場を大きくしないとは思いませんし、
みんな現在の状態を望ましくないとは思っているんでしょうが、
それにしても、やり方が・・・
はっきり言って、コドモ。

<< シティボーイズミックス PRE... Potsunen『Drop』の... >>