『恋する妊婦』

今年に入ってから、1度も舞台を観ないまま2ヶ月経とうとしているので、何か観ようかなと思って、ネットオークションで定価割れしているチケットを購入。
場所は、NODA MAPで2回外しているシアターコクーン。作・演出は岩松了。

チケットを手にして、「営利目的の転売禁止及び転売チケット入場不可」の文字を見つける。
転売屋対策について、みなさん最近積極的な姿勢になってきたのだろうか。
そういえば、シアターコクーンでやったNODA MAP「キル」は、チケットが初日完売のはずだったのに、妙に前の座席に空席が目立っていたっけ。
空席が出るのは、転売それ自体が原因なのではなくて、売れる見通しのない高額でオクに出すことが原因だと思うのだが。
まあ、いいけど、このチケットの記載は、営利目的の転売禁止と転売チケット入場不可を同一文の中に書いているだけ、Potsunen Dropのチケットのそれに比べればましな方だ。

 と、チケットだけでちょっと楽しんだ。
さあ、中身の方は楽しめるのかな?


大衆演劇の劇団の中の人間関係の濃ゆくてでろでろの話らしくて、でも座長とその奥さんとの関係はちょっと心暖まるかも、というあたりを期待していたのだが、結果はがっかりだった。
なんか、みんな中途半端で、キャラも、役の上での立ち位置もよく分からない。
狭い劇団の中の人間関係の話で、しかも男女関係が絡むから、関係を壊しそうな決定的な言葉を使うことをみんな避ける。
だから最初は鋭い言葉で会話が始まっても、最後の方はなあなあにもやーっと空気にとけ込む感じになってしまう。
おかげで、聞いている赤の他人は、誰と誰がどーゆー関係にある、とか、誰が誰のこと好きか、嫌いか、それはなぜか、が、なーんかはっきりしない。
もにょる。
隣の人、前半爆睡。

で、後半になってやっと、前半で頻繁に噂は出るが当人は出てこない、一座から女優とともに逃げ出した看板役者、慎之介(姜暢雄)が出てくるが、これも良くわかんないまま、あまり出ないまま死んでしまった(お前は巨神兵か?!)。
うーん。よくわかんない。


後から話を整理して考えてみれば、
座長(風間杜夫)の妻でありながら看板役者に恋をしてしまい、それでも優しい座長、もしくは座長の妻という立場を捨てるほどのことは出来ないママ(小泉今日子)の1度の過ちは、
恋愛などというきれい事ではない、欲と保身を天秤にかけた生々しい「クラゲを踏んづけた」ような感触が確かにあるけれど。
あるけれど、でも、観てるときはもやってるだけになってしまった。

女性陣は痛いキャラが多い。でも、その分存在感はある。
小泉今日子はやっぱり魅力がある。だから期待に外れることはなかったが、期待を超えることもなかった。脚本のせいにしとこう。
男性陣はそれと比較してふつーの人(単純な人?)が多くて、こっちの方が心情的に理解できる。
風間杜夫は文句なしに良い。大衆演劇一座の座長らしさを出していた。
[PR]
by k_penguin | 2008-02-29 13:09 | エンタ系2(ライブレビュー) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/8342637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by バイダール二世 at 2008-02-29 23:12 x
いいなぁ〜。舞台を見ないまま二ヶ月って、二ヶ月かよっ!
暗いけど、父の件で怖くて携帯の電源切れなくて、ん長〜いこと
舞台どころか、映画も旅行も入ってね〜よ〜ん・・・。
なんだか、この前、ミニシアター系のデザイン本買ってしまいました。今年は、映画も、芝居も見てやるぞっ!
Commented by k_penguin at 2008-03-01 00:48
確定申告の期限が刻一刻と迫る中、現実逃避を図ったのですが、
正直、このお芝居は観なくても良かった・・・。
来月末からは後藤ひろひとや小林賢太郎、ケラもあるから(ケラは観るかどうかまだ決めてないけど)
別に2ヶ月空いたからって、無理に今観なくても良かったなー。
Commented by バイダール二世 at 2008-03-01 20:41 x
あ〜、なんか、そういうの有りますよね。
私の事だからズレてるかもしれませんが、
リズムとか流れとか、変えたろ、思ってやってみたけど、
だよね、そうだよね、そうそうウマクはいけへよねって。。。
次は、シラフの時にお伺いしま〜す。
Commented by k_penguin at 2008-03-02 19:11
私の経験から言えば、
流れとか、変えたろ、と思ってやったことで
流れが変わったためしがないです・・・(´・ω・`)
Commented by バイダール二世 at 2008-03-06 21:51 x
あんまり、書き込んだら、気持ち悪いかと思って
ちょっと、我慢してたんやけど・・・
流れ、変わりまへん。
そして、ペンギンさんのお返事見て、笑ってしまいました。
ごめんなさい...。。。
Commented by k_penguin at 2008-03-07 01:05
私の場合は、流れとゆーか、それ以前に今月入ってから新しい記事書いてないのをどーにかしたいなー、と。
ロス疑惑の記事とか、追記はしているし、イラレ使って描いた図までつけてるんですが。

今日になって、シティボーイズの公演チケットがとっくに発売されているのに気がつきました。
どーしよう。あの人たちも当たり外れ大きいからなあ・・・。
Commented by aiwendil at 2008-03-10 21:26 x
おひさしぶりです。
もう少し早ければフキコシソロアクトをおすすめできたのに、残念。大王と現代アートがお好きであれば是非一度。

ところで、別記事になってしまいますがロス疑惑の図表、クオリティ高いですね〜。こちらは民事も刑事もわかりやすく解釈されていて、いつも勉強になっています。ゆる〜く法令勉強中の身としてはとてもありがたいです。
そういえば、科学周辺で地味に面白い民訴事件が進行中です。
ネタになるかどうかはわかりませんが情報置いてゆきます。
http://www.i-foe.org/h19wa1493/index.html
私なんかは独立当事者参加なんて制度があることをこれで初めて知りました。訴訟自体のトンデモぶり含めて楽しんで(?)いただければ幸いです。
Commented by k_penguin at 2008-03-10 22:42
aiwendilさん、お久しぶりです。
ブログ、楽しませていただいています。積極的にアート展を見に行くバイタリティ、羨ましいです。
吹越満は『Mr.モーションピクチャー』DVDをツタヤで借りて観ました。
『XVIII』も借りて済ませようと、今、準新作になるのを待っています。

トンデモ訴訟
噂には聞いたことがありますが、原告なかなかの、ゆんゆんぶりですね。
不法行為に基づく損害賠償請求の場合、直接の加害者を飛び越して、管理者などに管理責任を問うことは往々にしてありますが、
それは直接の加害者にお金がない場合が主です。
この原告は、多分お金はもとより、お茶の水にむかついているんでしょうね。

独立当事者参加
うーん、私もこの辺あまり詳しくありませんが、
最初からお茶の水への補助参加じゃダメなんでしょうか(補助参加は予備的申し出)。
お茶の水が訴訟に熱心じゃない態度を取っているのなら、独立当事者参加という意図は分かります。
Commented by aiwendil at 2008-03-16 00:03 x
舞台映像も置いているとはツタヤ、侮れませんね。
そういえば、『XVIII』には下ネタばりばりのコーナーがあるのでDVD鑑賞時はご用心を。
舞台では全然気にならなかったのですが、映像だとなぜか際立ちますね(笑)。
家族や誰かといっしょに見るとなるとちょっとした不都合が生じるかもしれません。

例の訴訟では、どうやら原告は大学を通しての発信(に見える)行為を問題にしているように思えます。それと、所属組織の圧力を期待して行為者を意図的に蚊帳の外に置くという嫌がらせも入っていそうです。
で、補助参加だと、大学側と行為者とで利害が対立した場合に面倒なので、独立当事者参加となったようです。

それにしても、いやほんと、世の中にはいろいろな人と事例がありますね。
Commented by k_penguin at 2008-03-16 01:02
ツタヤは最近舞台映像も増えはじめました。
重宝してます。Piper置いてくれないかなー。

『XVIII』
らじゃ。気をつけます。

水訴訟
なるほど、原告は戦略家ですね。かなり手強いと見ました。
大学側の態度が鍵になりそうですが、
お茶大じゃ、面倒事を嫌って毅然とした態度は取れないような気も。

野次馬する分には良いですが、関わりたくはない事件だなー。