『犯さん哉』   

ケラ+古田新太の御意見無用デタラメ大笑いonPARCO劇場。
すごく不真面目で、無意味で、楽しかった。
大倉孝二は、頭の悪い兄ちゃんをやらせれば、日本一だと思う。
中越典子もがんばってバカなことをやっていた。
おしりとか、おしっことかで笑えない人、以外の人なら、楽しめるとおも。
おわり               


・・・なんか、「考えたやつが負け」って感じの舞台だから、あまりくどくど書きたくないんだけど、それじゃレビューにならないな。

ケラの場合は、意味が「無い」っていうより、意味を「殺す」って感じがする。
客が感情移入しかけた頃をいちいち丁寧に見計らってから、すぱーんと平手打ちして、めった刺し、という感じ。
確実に客を嫌がらせようと思って嫌がらせている。
でも、古田新太の子供っぽいバカがたっぷり入っていたせいか、ケラの作品によくある、あのしんどい重さはあまり感じなかった。

味わい的には、北野武の怪作『みんな~やってるか!』を思い出した。
深夜の頭のネジが2,3本飛んでいるときに見るとツボったりする類の笑い(『みんな~やってるか!』を見たときは、テレ東の深夜3時に放送するためにわざわざ作ったのかと思った)。
あの作品は、やりたい盛りの中学生男子の授業中の妄想世界を映像化したんだなって思ったんだけど、こっちの作品は、むかついてる中学生男子の授業中の妄想世界を映像化した感じ。

毎日がつまんなくてつまんなくて、で、腹が立って、でもだからって、したいことやっちゃいけないらしいってことは知っていて、でも何でやっちゃいけないのかとかいうめんどくせーこととかわかんなくって、で、ますます腹が立って、でもびびりだから思い切れるわけではなくって、んで、
みんな死ねばいーのに、と、授業中に、緑の梢を眺めてしみじみ思う。

そんな感じね。


一言で言えば、不治の中二病、かな。

大人なのに、難儀な人達やね。


追記
タイトルのせいで、エロトラバがやってくるYOヽ(`Д´)ノ
[PR]

by k_penguin | 2007-10-19 01:41 | エンタ系2(ライブレビュー) | Comments(0)

<< KKP#5『TAKEOFF~ラ... 植草さん判決、とりあえずの雑感 >>