アリーの災難(ただし結果オーライの可能性を留保)   

2007年 05月 19日

東大大学院教授が痴漢 JR山手線の電車内で (魚拓)
・・・ってことなのだが、もう、こーゆー記事を見ても、痴漢の容疑で逮捕されたってだけでは、本当にやったのかどうかわからない、としか思えなくなった。
ネットではやはりやったこと前提の記事が主流のようだし、俺も昔だったら、捜査の専門家が言ったことなんだし、本人も認めてるんだから、間違いないんじゃないのって思うとこなんだけど、今は、
 ホントにそーなんかなー・・・(;¬_¬) 
って気がする。

大体、午後6時台の山手線渋谷-新宿という、混んでいる電車の中で、スカートの上から尻に触ったの触らないの、しかも触ったのは決して十六茶ではなくて(※)、人間の手であって、おまけにそれが偶然や押されたものでなくて、下心を持って触ったものだ、ということの証明ができるだけの証拠を集めるなんて、果たして、できるのかなー。

※ 参考資料
652 名無し職人 2007/04/17(火) 12:50:05
満員電車内で、俺に背を向けて立ってたOLが
イキナリ後ろ手で俺がカバンに差してたペットボトルを引き抜いて
「この人チカンですっ!!!」
一斉に集まる乗客の視線の先には、高々と掲げられた俺の飲みかけ十六茶
俺ポカーン(゚Д゚)
乗客ポカーン(゚Д゚)
OL、自由の女神みたいなポーズで立ち尽くす
表情は見えなかったが、見る見るうちに首筋から耳まで
真っ赤になっていく後ろ姿に激しく萌えた


警察は「うちの繊維鑑定はバツグンだぜ」つってるけど
ホントかなー?大体、科学的な立証と裁判上の立証は必ずしも同じじゃないしね。

本人がやったと認めたのだって、真偽と関係なく認めちゃった方が面倒事に巻き込まれないという現実的な判断したためとも考えられる。
憲法学者であれば、痴漢の無罪を勝ち取ることがどんなに大変なことか知っているはずだ。
妥協したとしても不思議ではない。


でも、それと同時に、こういう「やってないかもしれないじゃん」的な意見をブログに書くのもめんどーだなーとか思ってしまう。
すぐに「こっかのいんぼー」とか言い出すバカがいるからだ。
痴漢をやる変態か、国家の陰謀か、どっちかの意見しかなくて、「やったかやってないか分からない」というすんごくフツーの意見が受け入れられにくい雰囲気っていうのがめんどい。

しかし、めんどいとか言っていたら、いつまでも記事が書けないので、続ける。
さて、「やったかやってないか分からない」と思ったとしたら、次に思うのは、
じゃ何のための報道なのってことだ。
あの記事では、何かを判断するには情報が足りなすぎるとしか思えない。
「東大」って単語出したかっただけちゃうんかと。
そして、仮に、逮捕後、認めれば事を大きくしないからと警察に言われて認めたのであれば、他の証拠のないままそれを報道機関に発表するって、どーよ?って思う。
東大教授という社会的な立場を考えても、勤め先に連絡するだけで十分だったのではないか。


痴漢の立件って、結局被害者がどんだけ捜査に協力する気があるか、という被害女性の心持ち1つにかかっているような気がする。
尻に触られたの何のということを何度もくどくど聞かれたり、現場再現に協力させられたりするのは、一時的にむかついて痴漢をつきだしただけの人にとっては、めんどくせーだけだし、そうでなくてショックが大きかったとしたら、それはそれであまりいつまでも触れられたくないだろう。
しかも、時間が経つにつれて記憶は定かではなくなってゆく。
「本当にこの人がやったんですか?」と何度も聞かれるうちにだんだん自信はなくなっていくが、手続は逆にどんどん進行してゆく。
被害者が喋る気をなくせば、証拠はそろわない。
捜査側は公判を維持できる証拠を得るまで被害者の「やる気」を維持させ、喋らせなければならない。
そういう風に考えると、被害者の証言が出るまで被告人が保釈されないのも分かる。


なお、今回の記事のタイトルについて。
ハリーとアリーを引っかけて付けたタイトルだけど、
アリーが痴漢をやっていればそれは「災難」じゃなくて「自業自得」なんじゃないかとしばらく考えた。
でもそれは「自業自得」よりももう「結果オーライ」と呼ぶべきだと思ったので、こーゆータイトルにしました。
語呂合わせやりたかったし。
おそまつさま。
[PR]

by k_penguin | 2007-05-19 17:38 | ニュース・評論 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/6126292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by triumphyy at 2007-05-19 21:05
こんばんわ、ぺんぎんさん。
こちらにコメントするのは久しぶりになりますね。
ここの記事にある東大教授の痴漢事件にしろ、昨日の裁判で明らかにされた内容にしろ、もう植草氏、滅茶苦茶状態ですね。こういう状態になると、守ってあげたいという母性本能からか、女性の擁護派が多く湧き出てくる、というのも面白い現象です。
この東大教授、東大が馘首したのならほぼ間違いないんじゃないでしょうか、事実関係を直接本人から聞いたということで‥植草氏も馘首されましたけどね。
それにしても、植草氏の公判があると、何か大事件が起こりますね、次の公判の時期には事件に巻き込まれないように注意した方がいいかもしれません(笑)。
これをも陰謀だと言ってるどうしようもない陰謀厨が居ますけど‥。
ところで、名誉毀損の件ですが、植草氏が提訴してほぼ1ヶ月が経とうとしています。これは示談されているのか、それとも内密に秘密裁判形式で裁判が進んでいるのか、さては提訴を却下したか、どうなんでしょうね、気になります。
Commented by k_penguin at 2007-05-19 22:40
お久しぶりです triumphyyさん。
続報が確認できてないんですが、アリー、クビになったんですか?
そうなら、やったと認めたんでしょうね(結果オーライ!)。

植草さんは確かに検察からひどいこと言われましたが、「それボク」でもあるように、痴漢の故意をあらそえば、そういうことになります。
裁判は真剣勝負だということで、別に国家的陰謀として植草さんの人格を否定しているわけではありません。
それだけは何か勘違いしてる人達に言っておきたいなと思います。

擁護派については、ゆうたまさんとこにアクセスできないので、あまり見ていません。
その方がめんどくさくなくて良いです。
信州高橋は完全にプロパガンダとしてやっているので面白くないし、反論しても意味ないし。
あ、そーいえばmojoさんはPOSERで説明図を作りましたねえ。
このためにPOSER買ったのかなあ?
Commented by 七三 at 2007-05-19 23:05 x
(=゜ω゜)ノ
警察の肩を持つ気はないけど被害者のモチベーションを保持させる努力は大変だと思うね。んじゃないと誰かみたいに金で解決を図ろうとする奴vsたまにいる示談金詐欺女ってな感じでgdgdになるっしょ。
Commented by k_penguin at 2007-05-19 23:32
( ゚∀゚)ノ今まで考えたことなかったけど、捜査側としては大変だろうね。ノウハウ本ありそう。
第三者的には、起訴するかどうかが、結局被害者のご機嫌次第になる犯罪類型って、どーかなって思う。
この場合の「被害者」にはいろいろいそうだし、金で解決することも、それが本当にいいって被害者が思うなら、悪いことじゃないし。

示談金詐欺女リスト(「目撃者」とペアを組んでいる)って検察で作られていると聞いたことはある。

<< チャリンカーと詐欺師の境界 大人計画 『ドブの輝き』 >>