NODA・MAP 『ロープ』

総じてこの作品に関して、俺の理解のテンポは遅い。

まず、これを見に行こうと思ったきっかけは、ナイロン100℃『ナイス・エイジ』で、時次君の作ったカーナビになぜか野田秀樹が出ている、というギャグを観たとき、
「そーだ、野田秀樹って観てないな」と思ったからだ。
チケット買ってしばらくしてから、やっと、カーナビのマップと、NODA・ MAPをかけてるって気がついた。もうここから理解の遅さが出ている。

んで、満席、立ち見も出ているシアターコクーンにやってきた俺だ。
男女比が1:4なのは、藤原竜也が出ているためだろう。
劇中の「ボクはキラなんかじゃないっ!」というデスノートのギャグと、この、すげー顔が丸い男の子がやっと結びついたのは帰りの電車内だった。
・・・ね、理解が遅いでしょ。

万事がこの調子だった。
野田秀樹は『RED DEMON(赤鬼)』をテレビで観たことがあるだけだったけど、そのときはすげー感動したから、余り心配はしていなかった。
でも、何かぴんとこないのだ。舞台とうまく対話ができないって感じ(まあ、舞台よりも客席を見物するのに良いような座席になってしまったというせいもあろう)。
テーマは「暴力」なのだが、乱闘が始まるまで、結構「リングの中と外の違い」の説明が長く、途中まで、虚構と現実がテーマかと思ってしまっていた。
テーマの把握が遅れたせいか、メインであるタマシイ(宮沢りえ)が何なのかがいつまでもつかめなかった。
メインがつかめないので、サブの純情で愚かでイマドキの子のヘラクレス・ノブナガ(藤原竜也)も、愛されたいヒール、グレイト今川(宇梶剛士)も、どうも表面的なキャラ把握しかできず、話に入り込めない。
漫画的表現が随所にちりばめられていたけど、本当に、余り興味のない漫画雑誌をぱらぱら立ち読みしてる感じ。
視聴率稼ぎのための暴力表現のエスカレート、と、話もなんか漫画チック。
テンポがよいから見てはいられるけど、今ひとつ入り込めないまま。

ただし、分からないなりにみていても、宮沢りえの走り回りっぷりはすごかった。
小さな身体なのによく動き、最後までよく声も張っている。
彼女と、JHNDDT(渡辺えり子)がなんか、身体張ってるって感じ。張ってる方向が違うけど。

暴力を巡るいろいろなテーマを要領よくまとめてるし、最後のリングの下でひっそり生きるタマシイのシーンには作者の祈る心は感じ取れるけど、でも、どーしても理解が表面的にとどまってしまう。
タマシイの実況に、なんか、もうちょっと超常的な感じが欲しかった。コロボックルなんだから。
最後の方でやっとタマシイは暴力の犠牲になったもの(犠牲者でもあるし、つぶされた心でもあるし)なんだなって分かるけれど、もーちょっと早く言ってよー、それ。
わかんないしー。
これって、やっぱ、俺の理解が遅いのかなあ?
NODA・MAPの今までの公演見てれば分かったのかなあ。
デスノのギャグも分からないくらいだからなあ・・・。

と、作品が悪いのか自分が悪いのか分からないので、判定は、パスさせてもらいまーす。
[PR]

by k_penguin | 2007-01-28 00:43 | エンタ系2(ライブレビュー) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/5380991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 何となくコピペ 『それでもボクはやってない』 >>