ペンギンはブログを見ない

法律事務所勤務。現代アート、NHK教育幼児番組、お笑いが好きな50代。
『それでもボクはやってない』
周防正行監督のこの作品は、観ようかどうか結構迷っていた。
この映画は、広告とか見る限り、裁判の実態を知らない方に驚きの事実を教えることをメインとする作品で、そして、そうだとしたら、一応仕事で冤罪にも少し関わったことがあり、その関連でこの論点を少し考えたこともある俺は、この映画の想定する観客には入らないことになる。
「こんな驚きの事実が!!みなさーん、こりが日本の刑事裁判なんですよ、きゃあこわーい>_<;」
で、終わられたとしたら、がっかりだ。
文句を言うだけなら、小学生にだって出来る。
数日間ぶつぶつ迷っていた俺だが、迷うのが面倒くさくなったので結局観ることにした。

さて、裁判もののオチは2つだ。
「無罪」か「有罪」。
無罪の方が話は無難だ。正義は勝つ。
しかし周防監督はかなり長期間の綿密な取材をしているらしいから、単純に「正義」を振り回すだけのオチにはしないだろう、と思った。
無難な結論を採るか、それとも有罪を採って、何かを言うか。
そしてその場合、何を言うのか、という点が興味のポイントだった。

アニメばかり観ている俺には新鮮なほど映画館はおっさん率が高かった。
観て感心したのは、本当に裁判がリアルだったこと。
ちゃんと作っているだろうとは思っていたが、本物の手続通り、人定質問から始めて、刑事裁判を手続きに沿って進行してゆく。手早く裁判傍聴したのと同じ気分が味わえる。
そして、その当然の結果として、地味だ。
裁判シーンはただでさえ絵面が地味なのに、リアルさを出すために過剰な演出を押さえているからだ。
もっとも、裁判で使われるあの眠気を誘う言い回しが多いにもかかわらず、客席は終始映画に集中していたように見受けられた。本物よりもはるかに要領の良いやりとりをしているからだ(そこまでリアルを追求すると、みんな寝ちゃうもんね)。
ただ、やはり法律用語や、裁判で使われる言い回しに慣れた人と、そうでない人とでは、理解に差が出るのではないかと思う。

また俺に言わせれば、「裁判」はリアルだったが、出てくる数人の弁護士の人物造形は、やや理想型。役所広司の弁護士はあれはやっぱちょっと違う。
中小の事務所で刑事弁護が好きな弁護士は、俺のイメージとしては『エレン・ブロコピッチ』に出てくる弁護士みたいなちょこまかした奴だ。
有能な弁護士は法廷と依頼人の前ではどっしりしているが、それ以外ではたいていちょこまか歩き回るか、大きな風呂敷を抱えている。

裁判に興味がある人にはお勧め。
そうじゃない人はどうなんだろう。キャラ立ちを二の次にしてる作品だから、集中しきれるのかどうか不明。
あ、あと、知らない人のためにお知らせしとくと、ラストカットの背景は最高裁判所ね。



*ネタバレつき評論編*

非常によく考えられている脚本だと思う。

痴漢冤罪というのは、刑事司法制度の問題ばかりではなくて、会社とか、マスコミ報道とか、広汎かつ複雑な問題があると思うのだけれど(無罪推定を守らない裁判を口やかましく糾弾する人は多いが、なぜか、逮捕だけですぐにリストラする会社に文句を言う人は少ない)、主人公を独身のフリーターにすることによってこの辺の問題を回避し、確実に刑事司法制度のみに論点を絞っている。
また、刑事司法も話を主に公判段階に絞っている。一貫否認だから、自白の採取過程での問題という捜査上の大論点が余り出ないのね。ちょっと出るけど。
これだけ絞ってもなお、証拠の偏在、弁護側に有利な証拠を公判廷に出すことの難しさ、人質司法、裁判官の交代(これは民事でも怖い)。論点山積み。
最後、判決の事実認定の部分で、裁判官は、15歳の被害者の証言態度を褒め称えるが、実は、当の裁判官はその証言を聞いていないのだ。

刑事司法に問題を絞ったとしても、これは、「誰々が悪い」の一言で済む問題ではない。
被害者、目撃者は犯人を捕まえて大騒ぎになった以上、「間違いでした」は口が裂けても言えない(あの被害者が、自分が無実の人をつきだしてしまったという事実を知ったらどうなってしまうであろうか)。
駅員も捜査官も、裁判官だって、自分の仕事で手一杯。
そりゃみんな自分が一番かわいいって。被告人も含めてね。

判決は有罪(むろん執行猶予付き)。被告人が控訴を決めたところで終わる(原作は二審で逆転無罪)。
彼は、裁判というのは、真実を発見する場ではなく、証拠を集めて、あくまでも暫定的に罪を決める場だ、と、ある種当たり前の、無色透明の結論を出す。
実はこれ、よく俺のボス弁が言っていることと同じだ。
日本の刑事裁判制度は西欧からの輸入品で、キリスト教の発想が背後にある。
キリスト教によれば、真のお裁きが出来るのは最後の審判のみ。
だから現世の裁判で決めたことは総て、とりあえずの暫定的なものにすぎず、仮に誤判があったとしたら、最後の審判で御精算を予定している、というのだ。
だから司法取引という概念がなじみやすいのだ、と、じいさんの話はつづくのだが、それはおいといて。
日本人をキリスト教の発想に基づく制度で裁く。
「それでもボクはやってない」
宗教裁判を受けたガリレオ・ガリレイの「それでも地球は回っている」を意識したこの言葉を、日本人の被告人に言わせたこのラスト、日本の刑事裁判制度が戦後の輸入物だという根本の問題点まで匂わせていて、なかなかどーして、すごいもんだな、と、俺は思ったのだが・・・
えーと、こーゆー風に考えたの、俺だけ?


そーそー、
アメリカでこの映画を上映したとき、裁判シーンで笑いが起きたそうだ。
裁判のどこで笑いをとったのかまで分からなくて、これはあくまでも俺の想像だけど、
弁護人の質問に、証人が弁護人の方を向いて答えると、「裁判官の方を向いて答えて」って言われるやりとりが何回かあるんだけど、ここじゃないかなあ。
これはアメリカにはないらしい。
日本は、弁護人が自分の席から動くと裁判官に叱られるが、アメリカの法廷では結構自由に法廷内を動き回れるからだ。
弁護人が裁判官の横まで行って、証人の表情が裁判官に見えるようにしてから質問する、というのはよくある(らしい)。
あんまり法廷内を歩き回るので、『依頼人』という映画では、逆に裁判官が
「俺が喋ってる間は尻を椅子にくっつけてろ!」と言うシーンがあるほどだ。
公判中心主義からすれば、弁護人が裁判官の横に行くくらい許してもらってしかるべきだと思うんだけど、ね。
ニッポンですから。
[PR]
by k_penguin | 2007-01-25 23:35 | エンタ系 | Trackback(1) | Comments(19)
トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/5367019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Chocolates at 2007-02-24 23:40
タイトル : 「それでもボクはやってない」観賞で考える
やっと仕事が一段落、ブログも一息ついて書けるようになった。昨年入院してから、会社の方が気を遣ってくれて、仕事量の調節をしてくれていたのでずいぶんと救われていた(感謝)のだが、それでも忙しい時は忙しい。やはり、徹夜のように睡眠が取れないと、体力が落ちて喘息の発作も起きる。まぁ、一生これ(喘息)とは付き合っていく事になるのだろうが…。(^_^;) さて、表題の「それでもボクはやってない(以降「それボク」と表記)」を日曜日に観てきたので、その感想と思うところを述べたいと思う。観賞前から「それボク」には...... more
Commented by ばいきんぐ at 2007-01-26 13:46 x
おひさしぶりです。ばいきんぐです。
ペンギンさん、さすがです。鋭いなあ。

(あ。別に必要ないと思うけど、植草さん事件についてのオレの立場を言っとくと、やったかどうかわからんけど、検察が「合理的疑いを超える」立証ができなければ、無罪にするべきだろう、というものです。あたりまえか(笑))

キリスト教の、ってとこ、なるほどなーと思いました。
日本は、「有罪の立証に成功しなければ無罪」ってのに徹しきれないとこあるでしょ。やっぱり、犯罪者を無罪放免にすることのほうを恐れてるような。「じゃあ真犯人は誰なんだ?」という発想が入りますよね。
(このへん、英米と大陸とじゃ、また違ったりするんですかね?)

いろいろ考えさせられますわ。
とにかく、うまく書いてあるんでね、お礼が言いたくなったんですわ。ありがとう。
Commented by k_penguin at 2007-01-26 19:27
あー、ばいきんぐさん、こんばんは。
やっぱりこのブログでこの映画について書くと、
どーしても植草さん絡みになっちゃうなあ(゚∀゚)

>「じゃあ真犯人は誰なんだ?」という発想が入りますよね。
(このへん、英米と大陸とじゃ、また違ったりするんですかね?)

いやまあ、結局、古今東西問わず、みんな真犯人は知りたいみたいですね。
そーでなきゃ推理小説ってジャンルは成立しませんからねえ。
うちの弁護士も、「真実やったかどうかは関係ないんだから、『君、ホントはやったの?こっそりでいーから教えて』って尋ねたりするのはおかしいはずなんだけど、やっぱり聞いちゃう」
って言ってました。

にんげんだもの。
Commented by ばいきんぐ at 2007-01-26 21:39 x
あー、植草さんに絡めちゃってすみませんです。。。

真犯人って知りたいですよねー。たしかに。
ホント、その時の電車に乗って、真相を確かめたいですわ。
霊能者には見えたりするのかなぁ。

あ。また絡めちゃってごめんなさいです。。
でわでわ~。
Commented by k_penguin at 2007-01-26 22:15
いやー、植草さん絡んだついでに、ゆうたまさんとこ行って、
一くさり文句言ってきました(゚∀゚)σ
そしたら削除された上に、コメントしたエントリがトップページにこないように設定されちゃった♪

霊能者みたく真犯人が見えたら、警察も裁判所も要らないかもしれませんねえ。
あ、推理小説も要らなくなるのか・・・。むーん。
Commented by ばいきんぐ at 2007-01-26 23:53 x
おー、ペンギンさん、おかわいそうに…
ペンギンさんのコメントって、面白そうだけどなー。
まー、少しでも反植草色のコメントは、削除するという方針なんでしょうかねー。

霊能者が解決する推理小説って、つまんなそうですね(笑)
Commented by uneyama_shachyuu at 2007-01-27 00:46
確か、アメリカでも法廷では動くときに許可が必要というのが原則です。
マット・デイモン主演「レインメーカー」では、滑稽なほどこの原則を盾にとられていました。知っている人に聞くと、確かにそういう原則論を言う裁判官がたまにいるそうで、新人いびりに使われたシーンとして有名になってしまいました(笑)。劇中でも、「勝手に動けるなどドラマの見すぎ」のようなニュアンスのセリフが登場します。もしかすると、ワタクシたちのイメージも、「ドラマの見過ぎ」なのかもしれませんね。
「キリスト教」…
ワタクシの家は、クリスチャン(※ワタクシは転びバテレンです(笑))なので、この話はよ~~~~く分かります。特に、日本人には違和感が起こる物語として、「フランダースの犬」がよく挙げられますが、クリスチャンにとっては、「あれは幸福の物語」になってしまう。ワタクシがかの少年の死を知った村人ならば、かれを追い詰めた有力者を「人殺し」として糾弾し続け、自殺に追いやるのですがねぇ(笑)。しかし、クリスチャンには違う価値観に見えるらしい。
Commented by k_penguin at 2007-01-27 01:53
>ばいきんぐさん
あそこは反植草っぽく見えるものはとりあえず削除するみたいです。
専門用語ちりばめて一見分かりにくい書き方のものは残ってたりして、
見ててちょっと面白いけど、余り関わるのはえんがちょって感じ。


>uneyama_shachyuuさん
>確か、アメリカでも法廷では動くときに許可が必要というのが原則です。
それは知りませんでした。
放送大学で三井誠だったかが、アメリカじゃもっと弁護士は動くと言っていたのが私の記事のソースです。
多分建前と実務があるんでしょうね。実際はどんなもんなんですかねえ。

>クリスチャン
えー?!そーだったんですか。ビクーリ。
なんか、あちらでは、生きてる間の恵みより、
「死後の魂の幸福」の方がポイント高いっぽいんですよね。
死んでも神様が出てきて天国入れてくれればそれでオケみたいな。
うちら、「死んじゃったらそれまでよん」なのにねえ。
Commented by ctote at 2007-01-27 06:47
おはようございますペンギンさん

この映画を植草事件のバイブルにしようと考える擁護応援する方々には本当に呆れる と同時に可愛く思えます(笑)
実はTVだったかでピーコ?オスギ?が映画の事話していたけどコヨーテ的にはあまり興味が無い。映画はとにかくコテコテのアクション物かAVと決めていますから~

観ていないので(観たいとは思わない)軽々しく言えないけど”リアル”に拘った って映画で俳優に演じさせる限り”リアル”の3歩前だと思う。全て当人が行ってこそ”リアル”だと思う。まぁ偉そうな事言ってスミマセン。
何せ宣伝のやり過ぎ感がリアルという言葉に結びつかなかったので・・・
Commented by k_penguin at 2007-01-27 13:28
ctoteさん、こんにちは。植草さん傍聴記読ませていただきました。

映画の、植草さんに都合の良いとこだけ抜き出して褒め称える人達は、私も見て不愉快なのですが、
加瀬亮の顔が植草先生に見えている人達なのだから仕方がない、と思うことにしました。

リアルについてですが、まあ、「映画」である以上「現実」でないのは仕方がないことですからねい。
でも、刑事裁判が抱える「現実の問題」を要領よくまとめたという意味で「リアルな映画」であるとは言えると思いますよ。
アクション物が好きな方に決してお勧めはしませんけど。

宣伝が多いように感じるのは、多分2009年に裁判員制度が始まることとの絡みもあると思っています。
Commented by triumphyy at 2007-01-28 20:01
こんばんわ、ペンギンさん。
映画『それでも~』は、レンタルで見ることになりそうです、wikiで法律用語を調べながら。
ペンギンさんが仰るように、やはり2009年から始まる裁判員制度の啓蒙、という部分もあるんでしょうかね。
まぁ、まさか、植草氏の無罪の啓蒙ということはないでしょうが‥。

ただ、この裁判制度というものが始まると、今までの裁判の結果とはガラリと変わり、如何に陪審員(裁判員)を騙すか、に犯罪者があの手この手の手段を使ってきそうな感じがします。
某応援ブログの様に、無知で騙されやすい人を誘導していくような工作員ブログが増えていくかもしれません、どう見ても有罪に見える容疑者を国策捜査で冤罪だと叫弾するような‥(笑)。
Commented by k_penguin at 2007-01-28 21:16
法律用語は映画の中でも解説してくれます。
triumphyyさんなら、wikiなしでも見られると思いますよ。
出てくる法律用語は、植草さん絡みで大体おなじみですから。

裁判員制度、評判悪いですねー。
植草擁護派なんて、今の裁判に不満があるなら裁判員制度支持に回るのが筋だと思うんですけど、あっちでも評判悪いんですよね。
判決に文句は言うけど、自分で判決は出したくないらしいんですよね。
不思議やね。
Commented by uneyama_shachyuu at 2007-01-28 22:07
反省もしない殺人犯に「ええい!死刑に賛成~!」といえるかもしれないと思うと、身震いするほど嬉しい気もするワタクシなのですが…ペンギンさんもご存知の通り、ワタクシたちは、決して、裁判員にはなれないんですものねぇ(汗)。残念な気がするが。
Commented by k_penguin at 2007-01-28 23:35
あー、uneyama_shachyuuさんは司法書士ですから裁判員になれないんですよね。
私はパンピーだから(!)、実は、裁判員になれるんですよー。
ふっふっふっ、来ないかなー♪
3500人に1人の確率らしいですね。
Commented by uneyama_shachyuu at 2007-01-29 19:08
いえ、ワタクシも今は事務員ですよ~。
しかし、聞くところでは、そういう立場でも問題が生じる可能性がある、との事でしたが…違うのかな?!もしそうでなかったら、「キミ、死刑~♪」とコマワリくんになれるチャンスなのですが←実に不謹慎だが、少なくとも某無反省痴漢などは、全て実刑に処す!と言うだろうな~(笑)。
Commented by k_penguin at 2007-01-29 22:37
>聞くところでは、そういう立場でも問題が生じる可能性がある、との事でしたが…違うのかな?!

裁判員法をちょっと見てみましたが、裁判所の職員や法務省の職員がダメなとこからすれば、法律事務所事務員も問題ありとも言えそうですね。
ところで、文言からすると、司法書士も司法試験も、資格を持っているだけでは就職禁止事由に当たらないようです。
実務経験も重視してるんでしょーね。多分。

少しくらい問題あっても、どうせ他の人達がいろいろ理由付けて逃げるから、
畝山さんでもいけるかもよ~(無責任)。
Commented by uneyama_shachyuu at 2007-01-30 21:27
でもなあ…
「オマエなんかな~!オマエなんかな~!『妻夫木似』のオマエなんか喩え『ティッシュ一枚』盗んだだけだって死刑なんだあ~!!」
…と言いかねないワタクシなんですけど(笑)。
ところで。
「それでもワタシはやってない」というのを歌にしてラジオに流すという公共の電波の無駄遣いをしていた某宗教家は、誰がどうみても最初からサリンという物騒な物質をばら撒いた「黒幕」にしか見えなかった、という現実もありますしぃ…冤罪と言うのも難しいものだな~。
Commented by k_penguin at 2007-01-30 22:43
いやー、どーなるんでしょうね、裁判員制度。
まあ、重い罪に限られているのは、証拠が固まっていて、シロートが多少やいやい言っても結論が余り変わらないのではないか、という見込みがあるものと踏んでいるのですが。

冤罪は難しいですねえ。
大体冤罪って言葉は法律用語じゃないから、定義がしっかりしていないし。

痴漢は比較的最近になって社会問題化して取締りの必要性が主張されだしたので、迷惑防止条例のような刑事処罰規定が出来たわけですが、
そのダークサイドとして痴漢冤罪という問題が出てしまったわけですね。
物証が得にくく、確実な人証も得にくい行為類型を犯罪として刑事処罰することの妥当性自体が問題なんじゃないかという気がします。
Commented by ばいきんぐ at 2007-01-31 00:20 x
横からすみませんです。

>物証が得にくく、確実な人証も得にくい行為類型を犯罪として刑事処罰することの妥当性自体が問題なんじゃないかという気がします。

ペンギンさん、確かにそうです。
痴漢は明らかに悪い行為だけど、「犯罪」にすることが妥当かどうか、ですよね。
痴漢は物証・人証が得にくいけれど、だからって無罪ばっかり出してたら「犯罪」にした意味がないってんで、無理な処罰が生じる→冤罪の多発。
冤罪による損害はハンパじゃないですからね。今は懲役もあるし。一生棒に振りかねない。
痴漢防止のためにはそれでも良し、とするのか。ほんとに防止できてるのか、他の方法は取れないのか、ってことですよね。
Commented by k_penguin at 2007-01-31 00:52
>痴漢防止のためにはそれでも良し、とするのか。ほんとに防止できてるのか、他の方法は取れないのか、ってことですよね。

その辺つっこんでいくと刑事政策の問題になっちゃうから、余りてきとーな事言えないってとこはあるんですけど、刑事処罰はやっぱり抑制的に使いたいと思います。
証拠が得にくい犯罪類型に賄賂の罪がありますが、保護法益が違いますからね。
どっちの法益が重要とか言わないけどさ。

誰かさんの弁護団も、この際いっそのこと、迷惑防止条例の違憲(or適用違憲)を争ったらどうかとか思うんですよ。
どーせダメなら、でかいこと言った方がいーじゃん。
( ´д)y-~~
<< NODA・MAP 『ロープ』 毎日新聞のかわりに民法772条... >>


by k_penguin
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
元編集者
by お前 at 10:38
smashigeさんお..
by k_penguin at 21:32
お久しぶりです。お元気で..
by smashige at 20:06
箱蜂。さん、コメントあり..
by k_penguin at 00:23
初めまして。高校二年。ラ..
by 箱蜂。 at 16:43
ありささん、コメントあり..
by k_penguin at 02:02
初めてコメントさせていた..
by ありさ at 19:26
ラーメンズは復活しないと..
by k_penguin at 21:39
お返事ありがとうございま..
by agni88 at 22:49
>4つめの記事の価値ある..
by k_penguin at 22:51
agni88さん、コメン..
by k_penguin at 22:50
初めまして。textの記..
by agni88 at 02:03
りしこさん、コメントあり..
by k_penguin at 00:19
初めまして。ブログ、いつ..
by りしこ at 21:37
そのようですね。 外国..
by k_penguin at 15:19
ポツネン2017 東京..
by 南大介 at 13:52
クレイジーソルトペッパー..
by k_penguin at 23:33
ペンギンさん、コメントあ..
by クレイジーソルトペッパー at 13:57
公式HPの存在や自分のキ..
by k_penguin at 23:13
> 王様が悪かったから王..
by k_penguin at 13:21
ブログパーツ
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
リンク