小林賢太郎のコメントに対するコメント

小林賢太郎の発言(8月15日付)は公演中のメモ・録音行為に関するコメントだ。
初め読んだときは、
だったら一度見れば分かる作品作れよ!って思ったけど(『TAKE OFF』の読解はいまだに追記の形で続いている)、改めて読み返すと、もう何を言えばいいのやら、だ。
要約できるようなものでもないので、とりあえず、問題の部分を引用する。



大喜利猿の本番中のことです、
客席にメモを取っているお客様を何人かお見かけしました。
富良野、かでる、BLOCH、全公演でです。
どうしても気になって、
札幌BLOCH公演のアンコールで
「何書いてるんですか?」
とステージから声をかけさせて頂きました。
大変失礼しました。
ライブの思い出を忘れたくないという気持ちはとても嬉しいです。
ありがとう。
でも、
もしも、
その記録した内容をネット上等で公開しようとしている方がいらっしゃいましたら、
できればご遠慮下さい。
これは大喜利猿に限らない全てのステージに言えることなのですが、
僕たちは会場にいらっしゃるあなたに対してパフォーマンスをしています。
誰かに伝えるつもりでそこに座っているあなたの姿は、
舞台上からとても目立って見えるものです。
こっそり本番中の写真を撮っているお客様もいらっしゃいます。
MDの録音ボタンを操作するお客様もいらっしゃいました。
共通点は「後で記録を振り返れる」という安心感からでしょうか、
他のお客様と集中力にはっきり差が見えます。
こちらは本番中「届いてますか!伝わってますか!」という気持ちで演じています。
そのゴールはもちろん客席のあなたです。
ですから、誰かにパスしたりしないで下さい。
本当に悲しい気持ちになります。
もちろん、客席でどんな過ごし方をするかは、お客様ひとりひとりの自由です。
僕には何も禁止する権利はありません。
この一方的なコント屋のわがままが、届いて伝わりますように。
こう祈ることしか出来ないのです。

小林賢太郎


文句を言うのを躊躇させるのは、小林賢太郎がヘコんでいることが文章から伝わってくることだ。
いや、むしろ、この文章からは彼がヘコんでいることしかわからない。それ以外のことは全くといっていいほど分からない。
メモ・録音行為がイヤなのか?それとも公演中ごそごそやらなければOKなのか?
メモ・録音行為自体よりも、それをネットで公開されることがイヤなのか?
著作権という権利問題として言っているのか?いや、そーじゃなさそうだ。権利とか言うつもりはないけれど、止めて欲しいと客に向けてお願いしているのか?それともただイヤだ、という独り言を述べているにすぎないのか?
すべてが曖昧なままだ。
彼自身、客に配慮しなければならない、という気持ちと自分の主張との折り合いがついておらず、自分の主張のどこまでが正当なものかも分からないまま、結局「一方的なコント屋のわがまま」と謙遜を装いつつも自分を否定してしまっている。

法律の側面から切ってもいいし(ただの嫌がらせのために「法廷内でのメモ行為はあんまり迷惑じゃない」、という最高裁の判例を持ち出すこともできる)、逆に著作権を棚に上げて、ほとんどネットと口コミだけが宣伝手段の彼にとって、こーゆー事を言う現実の不利益性について小言を言ってもいい。
しかし、そんな親戚のオヤジのようなことはする気になれない。
それだけ、この文章は小さく、弱く、不安に満ちている。

・・・舞台に集中してない客はただでさえ気になるのに、それに加えて、「もしかしてネットで公開する気かも。舞台の空気感は文字だけじゃ全然伝わんないのに!」とか思うと気が散って舞台に集中できないし、そーゆーことで気が散る自分もイヤだし(昔はそこまで気にならなかったのに)。そーゆー気持ちは自分がちゃんとしてないせいで、ただのわがままだと否定したいけど、すげー気になるし。挙げ句の果てに特定の客に直接文句言うという、スマートじゃないやり方をとってしまったし・・・。

自分の中での戦いだけで疲れ果ててしまって、結局彼は外に対して何も言っていないも同然。
なので、俺も何も聞かなかったことにする。
彼のこのコメントは、「発言」としてではなく「作品」としてとらえた方がいいと思う。

ただ、1つだけ。彼に問いたい。
ライブポツネンが終わった今、君は、誰に向けて演じるの?
状況は変わった。もう今までのようにはいかない。
君も知っているはず。
「客席」の中に、君の探す人は、もういない。

P.S.
そーそー、この問題、著作権も視野に入れて、まとまった発言したければ、うちに連絡よこしな。
君ならサービスするよん♪


*追記*2007年12月31日

記事を書いてから一年以上がたちましたが、まだときどきコメントをいただける息の長いエントリになりました。
コメント欄もそこそこ長いので、
論点整理のため、このコメント欄を読むみなさんに申し上げます。

私がこの記事において批判しているのは、

「小林賢太郎が、メモを禁止したいのかどうなのかよく分からない表現をとっていること」です。

一般の観劇、または小林賢太郎の舞台を見る際にメモは禁止されるべきか、
ということとは別です。
別ですが、これについては私は「禁止されない」という意見です。

小林賢太郎のコメントについては
「よく分からないけれど禁止したいように見えるから、禁止と解釈すればよいのではないか」という反論がよせられています。
これに対しては、
メモを取ることは社会的に尊重されるべき行為なので、簡単に禁止と解釈してはいけないと思います。
禁止したいのならば、相応の理由とともに、少なくとも、禁止することを明示するべきです。
そうでない以上、禁止はしていないと解釈するしかないと考えます。

また、言うまでもなく、皆さん個人が、「小林賢太郎はメモを禁止している」と思うことは自由ですし、個人的にメモを控えようと思うことも自由です。
ただし、「小林賢太郎のために、メモを取っている客を見かけたら片っ端から妨害しよう」と考えて実行に移すことは、誰も得しない、大変愚かなことであると思います。
[PR]
by k_penguin | 2006-08-18 18:43 | エンタ系 | Trackback(1) | Comments(241)
トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/4358803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ペンギンはブログを見ない at 2006-09-09 00:52
タイトル : 『ラーメンズの日本語学校』のCDジャケットからの連想
ラーメンズの日本語学校のCDジャケットについてふと思ったことがある(中身は知らない。買ってないから)。 ジャケットデザイン自体は相変わらず、「作ってる人は楽しいだろうけど、見る側は割とどーでもいい」という凝り方で、まあ、楽しいならそれでいいけど、頭良さ気なとこがイヤミな野郎だな、と、まさに小林賢太郎みたいな印象だった。 まあそれはいいとして。 妙に気になったのは、「このジャケットは傷つきやすいのでご注意ください」という注意書きだ。 確かに箔押しは擦り傷に弱い。光沢がすぐに失われてしまう。 ...... more
Commented by ぶう at 2006-08-20 20:36 x
お久しぶりです。
私も、小林賢太郎のコメント読みました。
「はぁ・・・」一方的なメッセージですね。

>会場にいらっしゃるあなたに対してパフォーマンスをしています。
・・・だから、集中して観なさい。でも内容は誰にも言ってはいけません。
自分の中だけで楽しみなさい。・・・と言うことですか。

「広告批評」という雑誌の8月号に、水野学さんとの対談が載っていますが、そこでも「実はね、いまラーメンズの知名度を押さえにかかってるんですよ。」と言う発言。
「オタカイナァ・・・」

ミーハーは去れ!ですかね。
ミーハーで、セレブでないワタクシとしては、次回のラーメンズ本公演がどれだけ高尚なコントになるか楽しみでなりません。
Commented by k_penguin at 2006-08-20 21:56
ぶうさん、お久しぶりです。
『TAKE OFF』ではコメント欄でお世話になりました。

バニー兄さんの例のコメントですが、要するに、特定の客にキレてしまうという失態をやらかしたバニー兄さんが、自虐と自己弁護を繰り返しているだけです。
外に向かって何かを発言しているわけではありません。

>次回のラーメンズ本公演
現在の彼に、「ラーメンズ」は作れません。
それを隠しているので、時々あーゆーヒステリーを起こすのです。
これが私の推測です。
だからバニー兄さんの今回のコメントに対してもやや甘い態度をとっています。

彼自身も何とかしたいはず。
まあ、「ミーハー」がいなくなって、預金通帳の残高が不安なものになれば、嫌でも何とかすることになるかもしれません。
そーゆー意味では、逆に今回のコメントはあれでいーのかも。
なーんて。
甘いなー。俺。
Commented by せっきー。 at 2006-08-21 11:03 x
今回もまた、色々な意味で投下してくれましたね 笑。
しかし私は、彼がオタカイとか、そういった事は思いません。
むしろ、ああ「作品」としてとらえて欲しいのね。と思いました。こう書くと彼本人のみならず、何様だよお前?という批判がくるのは承知の上で、彼は芸の道にいながら意識は作家なんですね。
そうなるともう、首を傾げる人は美大なり、美術系の学校に通う事、もしくはそれに関わる仕事をしてみてください。
それが一番の近道なんだよ。と言いたくなってしまうのです。
Commented by せっきー。 at 2006-08-21 11:09 x
誤解して欲しくないのは、美術は特別とか、やっぱり拗ねてる。と
区切らないでください。という事です。
一表現者の端くれとしての意見なのですが、彼は「質」が落ちる事を恐れているんだと思うのですね。
知名度を押さえにかかっているのに、9月にCD発売するじゃんよ、と思うかもしれませんが。
人気が出なければ食べていけない。しかし、出過ぎてもいけない。
と考えているのではないかと。
Commented by せっきー。 at 2006-08-21 11:16 x
私も色々な所で展覧会をしてみたい。と思い、無名ですから、誘われたらどんどん参加していました。しかし、あまりに話が大きくなってくると、どうしても妥協しなくてはならない事が出てきたり、又、自分の手に負えない事(全てを把握できない)が生じてきます。つまり、クオリティが下がるのです。
自分の中ではベストでない作品でも、褒めてくれる人がいる。
それはとても居心地が悪いというか、次へ繋がらない。成長できないことになるんです。
Commented by せっきー。 at 2006-08-21 11:22 x
個人的に俳優の渡部篤郎が好きなんですが、彼もやたらとテレビやドラマに出ていた時期があって、(家のローンや子供など、稼ぐ必要があったかららしい)その頃のインタビューで
「僕の事をこんなにも知っている人がいない時期に戻りたい」と言う様な事を言っていて。きっと彼も、演技に対して妥協が起こることが嫌なんだと思うのですね。
彼等は矛盾しているようで、とても自分に厳しい人達なんだと思うのですが・・・。
Commented by せっきー。 at 2006-08-21 11:29 x
今回のメモの件は確かに。遠回しな、霧の向こうのコメントでしたけど。笑。
きっと上手く言えないんだろうなぁと。言えないけど、言わなくちゃ。言ったところで「ゲージュツカ」扱いされるんだろうなぁ・・・いやしかし・・・てなもんもんとしたものがあったのではないかと。(おかげでこちらもモンモンとしてしまった)
私の文章も説明が上手くいかないのですが、感じてください。としか・・・言えないです。
それじゃぁダメなんだけれど。
Commented by せっきー。 at 2006-08-21 11:35 x
クオリティを守ると、オタカイと言われる。
どちらも器用にこなせる人もいるけれど。
私もできないです。それだけのキャパがないです。
だから修行中です。
コバケンはネットでそんな宣言をしてしまったので、これからの
「作品」に期待したいと思います。
・・・ていうのは、あまーーい ですかね? 笑
Commented by k_penguin at 2006-08-21 18:52
せっきー。さん、いつもコメントありがとうございます。

熱く語ってますねー。
せっきー。さんがおっしゃることは、ある点でクリエーターの本音だと思います。
共同作業には妥協がつきものです。
大きなプロジェクトになるほど、顔色をうかがわなくてはいけないものが増えます。
また、小林賢太郎の作品には、この意味での妥協が極めて少なく、それが彼の作品の美しさを保っている要因の1つではあると思います。

普通、ある作品が「こうなるはずなのに、そうなってない」場合、それが作者の意図に基づくものなのか、それとも、外部の誰かに配慮したせいなのかがわからないので、私はそこに余りこだわりません。
しかし、彼の作品の場合は、そーゆーおかしなところのほぼ全部が作者個人の内面の事情に関わっていると判定できます。
だからワタシはいつまでもねちねちつつきまわすのです。
彼の心の傷に手を突っ込んで、ぬかみそかき混ぜるような真似をしてるなと思います。
Commented by k_penguin at 2006-08-21 18:55
>自分の中ではベストでない作品でも、褒めてくれる人がいる。
>それはとても居心地が悪いというか、次へ繋がらない。成長できないことになるんです。
私にもそーゆー経験があるので、その気持ちはわかります。
褒められても、他人を騙しているような申し訳ない気分になります。
多分、その仕事でもっとお金もらえていれば、「お金のため」と割り切れると思います。
でも、すずめの涙ですからねー。
「作りたいもの」と「受け入れられるもの」のギャップには、せっきー。さんやコバケンのみならず、みんな苦しんでいると思います。
Commented by k_penguin at 2006-08-21 19:00
でも、忘れてはいけません。
私たちは、自分の作品においては、クリエーターですが、他人の作品においては、観客なのです。
ぶらっと入った劇場で、舞台の上の人が開口一番、「舞台に集中するように」なんて言ったら、引くでしょ、ふつーに。
演じる側は毎回集中してやらなければなりませんが、見る側に集中することを要求してはいけません。逆に引くから。
それだけの話です。

文章から判断するに、せっきー。さんはある程度器用な方だと思われるので、そこそこのものなら余り苦労せずに作れるんだと思います。
わかる人だけわかればいい、わからない人にはそれなりのサービスはしとくからそれで満足して帰ってね。
なんて器用なこともできそうです。
でも、それではわかる人も帰ってしまいます。
他人(わからない人)に対する態度が悪くて、見てて気い悪いから、です。
クオリティなんて、見てる側はさほど重要視してませんよ。
程度が低いってぶーぶー言いながらも、テレビは見るでしょ。そんなもんです。
Commented by ぶう at 2006-08-22 01:27 x
お返事ありがとうございます。
「舞台上からとても目立って見える」ひとりとして
自己弁護を多いに含み、私もチョット熱く語らして頂きます。

人にはそれぞれ事情があるのです。ラーメンズに興味があって生で舞台が観たいと思ってもそれが出来ない人は沢山いるわけです。むしろ生で観れない人のほうが圧倒的に多いはずです。
住んでいる場所、仕事、生活、お金、時間、色んな事情があり観に行かれない。でも、興味があるからどんな舞台だったか早く知りたい。また、観た人も他の人がどー感じたか知りたい。自分の感じたことを知って欲しい。そんな沢山の想いがあって、ネット上での「ネタバレ」や「BBS」が賑わっているのです。
それを、否定しますか?
Commented at 2006-08-22 01:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぶう at 2006-08-22 01:29 x

>誰かに伝えるつもりでそこに座っているあなたの姿は、
舞台上からとても目立って見えるものです。
彼のパフォーマンスに支障をきたすのなら、やめましょう。でも
>その記録した内容をネット上等で公開しようとしている方がいらっしゃいましたら、
できればご遠慮下さい。
は、あまりに縛りすぎていませんか?それなら、公演が終わったらすぐに映像を販売すれば良いし
>僕たちは会場にいらっしゃるあなたに対してパフォーマンスをしています。
と言うのなら、映像化は全くしないで、ラーメンズを観たいという人がいる所、全部回れば良い。
どちらも、現実出来ないことは彼も分かるはず。


Commented by ぶう at 2006-08-22 01:30 x

彼が「コント屋」と言う仕事で「お金儲け」をしたいんじゃないのは伝わってきますが、観客を楽しませるために「コント」を作っている訳じゃないのも感じます。いままでの作品も今回のコメントも全て自分のためだけのものです。
こちらは、そんな彼らを勝手に好きになって、笑ったり、感心したり考えさせられてあーだこーだ言ってるのです。
私は、それで良いと思ってます。

「理想」を持ったり「クオリティ」を高めたり、素晴らしいことだと思います。
ただ「妥協」もあっていいと思うのです。言い方が悪ければ「譲歩」。
もう少し「maru」くなってもいいんじゃないですか?あまり張り詰めていると疲れますよ。

・・・「熱く」と言うより「重く」なってきたのでそろそろ止めます。
「妥協」に慣れてしまったババアの発言と笑ってください。

追伸
>現在の彼に、「ラーメンズ」は作れません。
私も、漠然と思っていたことです。
お時間ありましたら、どーゆーことか詳しく書いて頂けると嬉しいです。
Commented by k_penguin at 2006-08-22 12:33
鍵コメントさん
バニー兄さんには申し訳ないと思っています。いや、マジで。
しかし、表現した以上、自分の表現には責任をとってもらいたいとも思っています。
わからない作品を作った以上、受け手がそれを理解しようとあれこれやるのは仕方のないことで、そして、理解しようとする過程で、彼をあちこちえぐったとしても仕方がないでしょう。
作者しか、理解の手がかりがないんだもの。
Commented by k_penguin at 2006-08-22 12:34
ぶうさん、熱くて重いコメントありがとうございます。

録音やメモについての私の意見は、記事で赤い字で書いたとおり(てゆーか、それだけ)なのですが、ほかのみなさんも熱く語りたいことある方はこの際遠慮無く、どぞー。
コメントに字数制限がありますので、読みやすいところで切らなければならないのが面倒ですが。

私個人のケースを言えば、彼のライブを見に行こうと最終的に決意したきっかけは、ネット上の『ALICE』のログに目を通したことでした。
物事の前進にはある程度の悪が必要ですな
Commented by k_penguin at 2006-08-22 12:34
>もう少し「maru」くなってもいいんじゃないですか?あまり張り詰めていると疲れますよ。
今の彼は、疲れることなんて何とも思っていません。むしろ休むことを恐れていると思います。
彼の良くないとこは、何でもかんでも自分だけで背負い込むことです。
そーゆーのって止めた方がいいよって、私らがネットで言っててもダメで、
もっと彼と親しい人が、体を張ってでも止めなければならないのですが・・・。

>現在の彼に、「ラーメンズ」は作れません。
「○の傾向と対策」http://shiropenk.exblog.jp/3923611/
はひどく回りくどい言い方でこのことの原因及び対処法について書いたものです。
さすがに怖くて、直接表現ができなかったのです。
そして、ブログの記事という体裁をとっていますが、あれは真には小林賢太郎個人に向けたものです。
不特定多数に向けている体裁なのに、真には個人的メッセージ、というのは正に小林賢太郎の作品の特徴で、
そーゆー意味で、バニー兄さんに関する記事は、そのほとんどが彼の作品と同じ性質を持つことになる、という矛盾が生じています。
Commented by エリカ at 2006-08-22 21:38 x
はじめまして。いつも楽しく興味深く拝見しています。
小林さんがラーメンズを遠ざけてる感は薄々感じていたのですが、やっぱり行く末は相方さんにかかっているんでしょうか。
でも当の片桐さんは、解散の危機なんじゃないの?という問いにも

「そんなことないよ。今年はたまたまそういう年なんだよ」
「信じてんだ?」
「信じてる信じてる。大丈夫。お互いにとって大事だと思うよ」
「そう言われたの?」
「ううん、言われてない。俺が言ってんの」

…なんてさらっと言ってしまうほど小林賢太郎を信じているようで、なんかちょっと不安です。
Commented by k_penguin at 2006-08-22 22:36
エリカさん、コメントありがとうございます。

そーすか。片桐さん、そう言ってたんですか・・・。
・・・うーん、感想は控えておこう。
言ったら、バニーにプロレスの技かけられそうだ(from「後藤を待ちながら」)。

>やっぱり行く末は相方さんにかかっているんでしょうか。
そう思います。
それ以外では、コバケンの家族もキーになりうる立場にいると思います。
が、こちらについては情報がなさすぎるため、何とも言えません。
Commented by せっきー。 at 2006-08-23 09:56 x
すごい事になっていますね(そういう私も熱く語ってしまった一人ですが) 私はミクシィに入っているのですが、マイミクでファンの一人がこの件で落ち込んでしまって、DVD見ても笑えない。と言うのです。
私はそこまでは至りませんでしたが、話半分で聞いておきなさい。
としか言えませんでした。だって、そうするしかないじゃないですか。「何で?」の真意が見えないのですから。
Commented by せっきー。 at 2006-08-23 10:12 x
お返事ありがとうございました。
そうですね。見に来てくれる人は、よほど美術関係者でない限り、
作品のアラには目がいきません。「良い」か「悪い」かでしか判断されません。私は、作品は完成した時点で自立してゆくものだと思っているので、見た人がそれぞれ感じた事が真実だと思っています。自由にとらえて欲しいと思っています。
ですので、最近、周りの者に「間口狭くなってた?」と聞くように
しています。朝生の劇団ひとりの発言「客を選んでる」ようになっていないか。話かけづらいと言われているので気をつけるようにしています(笑)
Commented by せっきー。 at 2006-08-23 10:22 x
こういうとおこがましいのですが、たぶん、私と彼は性格が似ていると思います。「一人で背負い込む」とかまさに。
そして、疲れる事より作品が作れなくなることの方が怖いんだろうなぁ。というのもなんとなく感じています。
私もそうだから。
ただ、私には片桐さんのような相方がいないので、どのみち責任は全て自分に返ってくるし、モンモンとしたものをぶつけるのも作品ということになります。
私生活も明かしていない、感情も出していないので彼に何があったかはわかりませんが、とにかくモンモンとしている事は確かですよね。
Commented by せっきー。 at 2006-08-23 10:31 x
そして、エリカさんのコメントのように、相方は「ふんわり」とした方なので、内心焦っているかもしれないがのんびり発言してしまう。(一度コバに切れた事があるらしいが、的を射ている)
ちっくしょー。と思うのでしょうね。(彼のラジオにコバケンが一度、電話出演したのですが、ちょっとヤキモチ発言してましたよ。トップランナー出演時も同じ)
小林さんが「いやぁ、彼にはかなわないよ〜」と気軽に言える性格ならもう少し楽になるんでしょうに。言えないんですよね。そして、自分で解っているから余計にイラつく。まさに、「ヒステリー」ですね。
 
Commented by せっきー。 at 2006-08-23 10:38 x
私は女なので(一応)そういう部分が可愛らしく思えて、彼を見ているとニヤニヤしてしまうのですが(キモイ・・・)
それに付き合わされる方はたまらないですよね。
だから、話半分で聞くしかないよ。と言ったのですが。

誰か近くの人間が、死なない程度にガツンと言ってくれたらなぁと、密かに願っております。
(羨ましいですよ。これだけ色々な人に意見してもらえるんですから)
Commented by k_penguin at 2006-08-23 12:52
ミクシィ
あー、やっぱり、そーゆー人出ましたか。
発言の趣旨が不明確なこと言っちゃうと、真面目な人が思い悩んじゃうんですよね。

ワタシは仕事柄、いろいろな「トラブル」を見る機会が多いです。
(法律事務所というのは、裁判になるような大きいトラブルだけを扱うわけではありません。)
そこで思うのは、自分のトラブルを一人で背負い込もうとする人が多い、ということです。
自分のことで他人に迷惑をかけたくない、と思うらしいのですが、
客観的に見て確実に一人では処理しきれないだろうという大ごとを、後生大事に抱え込まれると、結局どこかで破綻が起き、逆に他人にかける迷惑が大きくなります。
作品を作る、ということは、本来純粋に個人の内面の問題なのですが、小林賢太郎に関しては、事ここに至っては最早彼一人の問題ではない、と考えています。
本当だったら「ラーメンズ解散のリアル嘘」の段階で手を打っていなければならなかったと思っています。
それを放っておいて、賢太郎におまかせしてるから『ALICE』の様な作品ができ、それを見たワタシが1週間うつ状態になるわけで・・・
・・・えーと、結局私怨か?
Commented by k_penguin at 2006-08-23 12:52
>疲れる事より作品が作れなくなることの方が怖いんだろうなぁ。
小林賢太郎もそう思っているでしょう。
彼の場合怖いのは、自分の命と引きかえに作品を作る危険すらあるということで、
そしてもっっと怖いのは・・・

その作品は多分面白くないだろうということです。

作れなくなるのが怖いのは、クリエーターにとってそれは、自分が自分でなくなるということだからです。
私も昔はそれが怖かったです。
でも、今は、別に自分が自分でなくたっていいと思います。
そんなこと、小さいことだって思います。

このことは、きっとせっきー。さんには分かってもらえないだろうなあって思います(コバケンにも)。
昔の俺に言っても絶対分かってもらえないと思うから。
でも、どうやれば伝わるのかがわからなくて、で、困っています。
コバケンにも、とにかく生きてくれとしか言えてないし(「○の傾向と対策」)。
うーん。困ったなあ。
Commented at 2006-08-23 17:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by k_penguin at 2006-08-23 22:19
鍵コメントさん
コメントありがとうございます。
おっしゃる通りだと思います。その件は、私もずっと迷い続けています。

表現した以上、いずれ誰かに責任追及されても仕方がないとは思うけど、
何も私がそれをやらなくてもいいのに。
私は別に彼に恨みはないのに、何でこうなってしまうのか。
また、彼が助けを求めているわけでもないのに、何でこうなってしまうのか。
正直、私もよくわからないんすよ。

あ、あと、ワタシのコメントだけ公開されていると、読んでる方たちが「?」になっちゃうので、
話を続けたいときのために一応、メアド付けときます。
k_penguin@excite.co.jp
Commented by 西村 at 2006-09-08 03:59 x
目に付いたのと、ちょっと鼻に付いたのでコメントしました。
Commented by k_penguin at 2006-09-08 10:20
西村さん
コメントありがとうございます。
できればどのあたりがどう鼻についたのかを書いてくだされば
今後の参考にもなりますのでありがたいです。
Commented by きしだ at 2007-02-26 21:35 x
ヘコんでいることしかわからない、というか、「小林賢太郎からのお願い」じゃないんですか?
Commented by k_penguin at 2007-02-26 21:51
「お願い」であれば、
「僕には何も禁止する権利はありません。」だの「一方的なコント屋のわがまま」だの、自己否定する言葉は慎むべきです。
それは他人にお願いする態度ではありません。
Commented by きしだ at 2007-02-27 20:56 x
>自己否定する言葉は慎むべきです。
>それは他人にお願いする態度ではありません。
ここが、ちょっと意味が分からないんですが・・。どうしてお願いをするのに自分の都合を説明することがいけないことなのですか?
何を批判してらっしゃるのかよくわからないのですが、お願いをきくならきく、断るなら断る、それでいい話のような気がするのですが。
Commented by k_penguin at 2007-02-27 21:19
自己否定と自分の都合を説明することは違います。
録音やメモによって、彼のどういう都合がどう悪くなるのか、彼は、一切、何の説明もしていません。
理由も言えない「わがまま」はお願いではありません。独り言です。
お願いでないものに、きくも断るもありません。

独り言をお願いであるかのような外見で書いて、
無用に読者を混乱させたことに私は腹を立てています。
Commented by きしだ at 2007-02-27 23:45 x
わがままは、お願いではないんですか?形の多少の違いはあれど。
べつに文がわかりにくかろうが、理由がわからなかろうが、小林賢太郎がそうしてほしい、そういう作品の受け取り方をしてほしいと言ってるのだから、それを断る理由なんて別に無いんじゃないかと思うのですが。
Commented by k_penguin at 2007-02-28 00:12
わがままは、お願いではありません。
お願いは相手の立場を思いやった上で働きかける行為ですが、
わがままは違います。

>小林賢太郎がそうしてほしい、そういう作品の受け取り方をしてほしいと言ってるのだから、それを断る理由なんて別に無いんじゃないかと思うのですが。
 断る理由もありませんが、受け入れる理由もまたありません。
「理由」自体を一個も言ってないからです。
だから「独り言」なんです。

独り言から何かをくみ取って欲しい、という表現方法は、
少なくとも公式HPでの客へのお願いみたいな形式を取ってやるべきことではありません。

小林賢太郎の言うことであれば、その理由も当否も問わない、という考えの方は別にそれで構いませんが、
私はそういう考えではありません。
Commented by きしだ at 2007-03-05 00:52 x
その、わがままを公式HPですることがいけないというのは何故ですか?単純に一人間が「できればこうしてほしい」と言ってるだけのように思えるのですが?
また小林賢太郎がどうすべきかということと、その要求をあなたが断るかどうかということは別問題だと思うのですが。あなたが断る理由は何なのでしょう?
あなたはそうしたいのですか?
Commented by k_penguin at 2007-03-05 01:57
>単純に一人間が「できればこうしてほしい」と言ってるだけのように思える」
 できればどうして欲しいんでしょうか?彼は。
メモを止めてくれとは書いていませんね。
ネットに公開してくれるなとは書いていますが、その理由として、メモや録音をすると客は舞台に集中できないから、と言っています。
これは理由になっていません。
理由抜きで「誰かにパスしたりしないで下さい。」です。
しかもその上に「僕には何も禁止する権利はありません」です。
これじゃ「一方的なコント屋のわがままが、届いて伝わ」るわけありませんよ。

むしろ、これで伝わった、了解したと思う方がおかしいと私は思います。

>あなたが断る理由は何なのでしょう?
 私ぱ「断る」なんて言ってません。
お願いでないものに、きくも断るもありません、と、4つ上のコメントに書いたとおりです。
Commented by きしだ at 2007-03-05 04:35 x
わからないと言えば、つまりあなたが何が言いたいのかもよくわかりませんよ。小林賢太郎の姿勢に対する批判なんですか?あなたが「なので、俺も何も聞かなかったことにする。」なんてことを書く意図もよくわかりません。お願いでないかどうかはしりませんが、少なくとも彼は自分の希望をいってるのであって、それをきこうとしないのは何故なのですか?
あなたがどうにも耳を塞いでるようにしか見えないのですが。
お願いには理由が無ければならないという公式のような論理もよくわかりません
Commented by k_penguin at 2007-03-05 11:18
では、あなたは、小林賢太郎はどういう希望(またはお願い)をしたと思ったのですか?
あなたはそれが分かっているのでしょう?
Commented by きしだ at 2007-03-05 14:39 x
確かにネットで後悔されることがいやなのか、その記録する作業をやめて欲しいのか、そのへんははっきり書かれていません(私は他人にパスする目的で記録しないでくれ、ということだと思いますが)。ですが、それを実践しようと思えばただメモやMDなどを使わないようにするだけで良いと思うのですが。
もしあなたがそれをしたいと思うのなら、そう書くべきでしょう。それとも別のことが書きたかったのですか?そうだとしたら、この記事の意図が私には今ひとつ分かりません。
Commented by k_penguin at 2007-03-05 18:00
>私は他人にパスする目的で記録しないでくれ、ということだと思いますが

じゃあ、パスしない目的で記録することはよいわけですね。あなたの理解によれば。
でも、小林賢太郎は、写真を撮ったり、MDの録音ボタンを操作すること自体が目立つ、と、書いています。
「「後で記録を振り返れる」という安心感から」集中力を欠いている、と。
ここからすれば、記録自体が嫌、というように読めます。

また、「ゴールはもちろん客席のあなたです/ですから、誰かにパスしたりしないで下さい。」
という書き方からすれば、メモや録音をしなくても、
公演内容の話を誰かに伝えること自体が嫌と言うことになります。

あなたの理解は正確ではないと思います。


少なくともメモの禁止は、「使わないようにするだけで良い」などという簡単なものではありません。
理解するためにメモを取ることは、表現を受け取る者にとってとても大切なことです。
そのような重要なことを禁止するかのような表現を、
よく理由も意図も把握できないような文章でみんなが読む公式HPに書くことは
無用な混乱を招くので私は良くないと考えています。
Commented by しか at 2007-06-18 10:39 x
はじめまして。
しか、と申します。

小林さんのコメント、私はこういうことだと思います。
「自分の作品を最大限に表現しているのだから、最大限に受け取って欲しい。」
メモを取る行為は本人の集中力だけでなく、周囲の人の気も散らせます。
録音しているのも中にはそれに気付いただけで不快感を覚える人もいるでしょう。

彼は「器用で不器用な男」なのだと思います。
それを厳しく見るのもファンだし、気持ちを推し量るのもファンです。
両方とも人間なのですから、必ずしも正しい答えなんてないと思います。

なるべく多くの人(パフォーマー、観衆、観衆以外のファン含む)が不快にならないように、と考えればなんとなく行動の方向性は決まってくると思います。
Commented by k_penguin at 2007-06-18 20:48
しか、さん初めまして。
コメントありがとうございます。

しか、さんのように小林賢太郎のコメントをとらえることももちろん可能です。
また、彼のこのコメントについて、それを厳しく見るのもファンだし、気持ちを推し量るのもファンなのだろうとも思います。
そう思いますが、少なくともワタシ的には、自分は小林賢太郎のファンという気はしていません。
つきつめると、「ファン」って何だ、とゆー話になってしまいますが、
少なくとも、このブログの記事のいくつかは、
「ファンであればこういうことを書くのを控えるだろうけれど、ファンじゃないから、書いてもいいかな。」
というスタンスで書かれています。
このエントリもそうです。
Commented by k_penguin at 2007-06-18 20:50
「自分の作品を最大限に表現しているのだから、最大限に受け取って欲しい。」
書き手である彼にとって重要なところはそこでしょうが、
読み手の側にとって、そこは重要ではありません。
「メモして良いのか悪いのか」こそが重要な点です。
最大限に云々、というのは結論の理由付けの部分に過ぎません。
メモして良いとも悪いとも書かずに、最大限に受け取って欲しいことばかり強調するから、結論が出せずに、
みんなあれこれ自分なりの「最大限に受け取」ることってどうすることなのかの解釈をすることになるわけです。
この点で、このコメントは彼の作品そのものに似ています。

舞台の作品であれば、こーゆーものも楽しみ方の1つとして十分に許容されるでしょう。
でも、このコメントは、そのような、いろいろいじって楽しんでね、という種類のものとして発表されていません。
皆さんへのメッセージという体をとっていますから。
メッセージなら、どうして欲しいとちゃんと書くべきです。
読み手に結論を丸投げするメッセージは、メッセージ文としては、最悪です。
Commented by k_penguin at 2007-06-18 21:01
しか、さんが彼のコメントから受け取ったことは、それでいいと思いますが、
それによって、彼のコメントが良くない、という私の評価は変わりません。

彼のコメントは言ってみれば、「花壇にはいるな」という立て札のかわりに、
花の美しさについて述べた長いポエムを書き付けておくようなものです。
ポエムの文学的評価は別にして、
立て札の本来の目的を果たすことは難しいでしょう。
Commented by しか at 2007-06-18 21:46 x
コメントを作品としてとらえるならば、それがいいとか悪いと決めるのは自由ですからね。
ただ、彼が確実に嫌だと思っていることを抽出することはできると思いますよ。
(記録することでその人も周りの人も、パフォーマーも気が散るから→メモは取って欲しくない、という構図は簡単に見えてきますよね)
つまり彼や彼のファンを好きで、彼に嫌な思いをさせたくないのならメモすべきではないでしょう。
ファンでないならせめて劇場にいる間は、彼と彼のファンに気を遣うべきだと思います。
彼は嫌だということはできても、お客様に「不快だ」と思われそうな禁止をしたくなかったのでしょう。(少なくとも一度、舞台上からそう思われるようなことをやってしまっているわけですから)
Commented by k_penguin at 2007-06-18 22:09
>彼が確実に嫌だと思っていることを抽出することはできると思いますよ。

抽出できないから私は問題だと思っているのです。
「記録することでその人も周りの人も、パフォーマーも気が散る」ということですが、
彼のコメントには録音と写真については「他のお客様と集中力にはっきり差が見えます」とかかれていますが、
メモについてはなにも書かれていません。
メモ行為が気が散る、とはどこにも書かれていないのです。

ついでに言えば、記録している人が集中できているかいないかは、
はっきり言って、個人的に違うでしょう。
特にメモについては集中するのに何の妨げもない人も多いと思いますし、周りもさして迷惑だとも思えません。
彼の舞台は難解なところが多いので、受け手にとってメモは重要だと思います。
Commented by k_penguin at 2007-06-18 22:09
私も、コメント欄を通じて、彼が確実に嫌だと思っていることは何かと考えてきましたが、
現時点の結論としては、それは、

メモするとしないとに関わらず、舞台内容を言葉によって他者に伝えること、
です。

この要求が余りに理不尽だと彼自身が思う余り、彼はその要求を自分で否定してしまい、
「舞台内容を言葉によって他者に伝える」と彼自身に連想させる行為を嫌だと述べたのです。
メモ、ネット公開、ゴールは客席、等からして、この解釈が、彼のコメント文と最も合致しています。
Commented by しか at 2007-06-18 23:10 x
彼は「口コミだけで、ライブだけで食べていけたらいいのに」という内容のことを言っていました。
この発言が例のメッセージに生きていないのは残念なことです。

パフォーマーである彼にとってゴールが客席なのは間違いないです。
彼は内容を伝えられるのが嫌なのではないはずです。ただ、必死すぎてちゃんと自分の言いたいことを伝えられなかっただけだと思いますよ。
そういった意味では公式に出す文章としてはまずかった、と言う意見は間違いなく正しいです。

実際本当のところは彼にしかわからないことです。
私はまた一ファンとして彼を応援することにします。

失礼いたしました。
Commented by k_penguin at 2007-06-19 02:00
公演のメモ内容をネットで公開することを彼ははっきり嫌がっていますが、
Youtubeは多分、嫌いじゃなかろうと思います。
また、別エントリで、舞台の持つその場のみの雰囲気こそが芸術と思っているのではないかと推測しましたが、
NAMIKIBASHIというソフト仕様のユニットがあることからすれば、そういう考えでもないようです。

彼の真意についてはまだ推測の範囲を出ていません。
ただ、ちょいちょい嘘を言う彼ですが(ラーメンズの名前の由来など)、
このコメントには足りない部分こそあれ、「嘘」はないと感じます。

しかさんコメントありがとうございました。
Commented at 2007-07-29 18:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by k_penguin at 2007-07-29 21:31
鍵コメントさん

コメントありがとうございます。
自分の意見を押し付けているみたいな印象を与えているだろうなあとは思っているんですが、
言い方だけ変えても、結局言う内容は同じだから、まーいーやとか思って
素のまんまで営業させていただいておりますです。

これがワタクシなんで、どうか、ご了承願います m(_ _)m
Commented by at 2007-12-17 07:43 x
ファンなの?ファンでないの?
なんていうか、此処の人たちすげぇ気色悪い。

第三者から見てて全然愛が無い。
無いならもうコバさんの事語らないでいいよ。

都合良く自己解釈して批判して盛り上がって恥ずかしくないのかなぁってのが感想です。

舞台とか音楽とかやってる立場の人間いないの?
コバケンの言葉がホントに伝わってないの?
信じられねぇ。
Commented by k_penguin at 2007-12-17 12:47
☆さん、多分多数存在するであろう、声なき声を代弁するコメント、
ありがとうございます。

ただ、自分の内心をツバを吐くように書き散らすだけでは、
他人と意見のやりとりは出来ません。

あなたが気色悪かろうが、コバさんの事語らないでいいと思おうが、
恥ずかしくないのかなぁって思おうが、信じられねぇと思おうが、

はあ、左様ですか、それで何か?

としか返しようがありません。
Commented by ☆さんの味方 at 2007-12-17 22:51 x
私は☆さんの意見が正しいと思います。
賢太郎さんに文句があるのであっても心のなかにしまっておけないんですか??

それにもし、私が賢太郎さんの舞台を見ていて隣にメモを取っている人がいたら気になって集中できません。

賢太郎さんはお客さん全員の事を気にかけているのではないでしょうか??

みなさんはラーメンズが嫌いなのですか??そんなに沢山のコントを把握しているのに・・・。

私がなにを言ってもみなさんは反論する事でしょうが言わせていただきます

賢太郎さんだってただの人間なんだから矛盾もあるし、いろんな感情もあるんですよ??賢太郎さんの言葉1つ1つを叩くなんてみなさんは本当に出来た人間なんですね・・・


Commented by k_penguin at 2007-12-18 01:11
☆さんの味方さん

☆さんの意見が正しいと思われるそうですが、
☆さんは何ひとつ意見を言っていないと思いますが。
☆さんのコメントには、「メモ」という単語すらないのですよ。
メモについてどう考えているのかなんて分かるわけないと思いますが。

ついでに言えば、
私がこのエントリでしているのは、コバケンに対する文句ではなく、
コバケンの8月15日付発言に対する批判です。
メモされるのが嫌なのかそうでないのか、また、その理由はどこにあるのか、はっきり書かないのは良くないことだ、
というだけのことで、
それは、コバケンが好きとか嫌いとか、愛があるとか無いとか、
そういう個人的感情とは別物ですし、
コバケンがただの人間か、私が出来た人間かということとも別物です。

>もし、私が賢太郎さんの舞台を見ていて隣にメモを取っている人がいたら気になって集中できません。

ならばあなた自身が隣の人にメモを止めるようお願いするのが筋だと思います。
Commented by at 2007-12-31 01:20 x
ラーメンズの舞台観に行った事ないんでが先日観劇したとき写真やメモをするかたはいませんでしたが、携帯のバイブや隣で眠りだすおばちゃんやら遠くで聞こえる会話など集中したいと思う中そんなささいな事が気になります。
舞台観た事ある人ならばメモ/写真なんてやられたら気が散すのは当然分かる事だと思いますし回りくどい表現だったとしてもその意図が分かれば十分だと思うんですよ。個人の表現=ラーメンズ舞台には必ずしもならないし。

まぁ、舞台中に隣の人に注意する必要がなくなれば一番いいと思うのであのメッセージは出していて正解だと思います。

何度言っても観劇中携帯の電源消さない不届きものがいなくならないようにこう言った事はなくならないと思いますがね。
Commented by k_penguin at 2007-12-31 02:36
咲さん、コメントありがとうございます。

しかし、何度も書いていますが、
メモと、写真・録音録画・携帯の電源ははっきりと分けて扱わなければならないと思います。
周りに与える迷惑の度合いも違いますし、
その行為をする本人にとって、それがどれだけ社会的に尊重されなくてはならない利益かという点でも違うと思います。

ラーメンズ、KKPの舞台の前には、
携帯電話の電源を切ることと、録音・録画を禁止することのアナウンスはありますが、
メモをすることを禁止するアナウンスはありません。
数日前のTwinkle Fesでも、録音の禁止についてはコバケンは言及したようですが、メモについては何も言っていません。

なお、
>個人の表現=ラーメンズ舞台には必ずしもならないし。
の意味がよく分かりませんので、よかったら説明お願いします。

ちなみに私個人は、メモを取るという習慣は持っていないので、メモは取っていません。


コメントを読む皆様へ
記事本文に、論点整理のための追記をしました。
Commented by 七氏 at 2008-02-03 22:51 x
コバケンのコメントを聞いて「動揺」「憤慨」「疑問」を持つ人間にこそ、コバケンはコメントを発信していることを「ここ」を見て確信しました。普通に舞台を楽しんでいる人には無関係のコメントだからです。且つ、舞台から相当目立つし、強制することも出来ないので、余計対策の取りようがないことをこのコバケンのコメントからは見て取れます。

「目の前の舞台に集中して欲しい」ということでしょう。そんなこと強制するものでもなければ、ほとんどの人が目の前の舞台に集中するために来ているのです。私はアパレル勤務ですが、自分のデザインした服を、「コピーするために売り場に来ている」人間が存在することを知っています。そして、それを止めるすべはありません。その商品に「商品としての本物の魅力」があればあるほど、そのジレンマを感じます。しかもそんな輩は「ほんの一握り」であり、その「ほんの少人数の心無い人間」のために「大多数の大切な」お客様に無駄な手間や猜疑心を抱きたくありません。
Commented by 七氏 at 2008-02-03 22:57 x
コバケンのコメントに法的な根拠・強制力は何もありません。これは「モラル」の問題なのです。法的にOKなら何をしてもいい。こう考える人がいるから「モラル」が必要になる(もちろん本気になれば法的手段に出られるがコストもかかる上、一般のお客様に無駄な手間が発生するなどの不利益が生じる)。

似た話をひとつ。温暖化が未来の人類にどんな影響を与えるか分からないが、「まず自分が生きている間や生きている地域にはまったく問題がないし、温暖化の影響がない可能性が1%でもあるなら、CO2を垂れ流してよい」とする考え方に似ています。ここに法的根拠を含めるとするなら、「温暖化の影響がない可能性が1%でもあるなら『推定無罪』である」とすることが出来、CO2を出すのを止めさせることは難しい。

ただ、それだけのことです。私に対し「あなたはなにが言いたいんだ?」と思った人は是非じっくり私の言葉を読み解いて、自分の中に答えを見出してください。答えは、わたしやコバケンから与えられるものではなく自分が出すものだ、ということを是非理解してください。
Commented by k_penguin at 2008-02-04 01:51
七氏さん、コメントはありがとうですが、
何が言いたいのかはやっぱりわからないし、
「じっくり私の言葉を読み解いて」もらいたければ、
もっと分かりやすく書けばいいのにと、思うんですが。

ただ、一応言っておきますが、
「温暖化の影響がない可能性が1%でもあるなら『推定無罪』である」
という言葉には、何らの法的根拠も含まれていません。
「推定無罪」という法律用語の間違えた使い方をしているだけです。
Commented by 七氏 at 2008-02-04 08:34 x
まだ法的根拠にとらわれてますね。だからコバケンは苦労する。

間違えた使い方なのでしょうが、そういう都合のいい解釈をする人間が増えてきた事を述べています。このほんの一例の本質的問題は、「あなたは温暖化をどう理解し行動するか」です。メモはとってもよいとするあなたの価値観は、『「推定無罪」という法律用語の間違えた使い方』に限りなく近い。

わたしは、その法律用語の使い方の「良い間違い方」なら構わないと思うのですが、「良い悪い」自体が価値観そのものなので、モラルに左右されると思います。
Commented by k_penguin at 2008-02-04 12:19
あのー、ワタシはこの記事では、法的なことは何も述べていませんし、
コバケンのコメントにも法的な意味を込めたつもりは無さそうだから、法的な側面から切らないと記事中に書きました。
それに、あなた以外のコメントした人の誰も法的なことはいっていませんよ。

このエントリで「法的根拠」という言葉を初めて使った人はあなたです。
「法的」という言葉を出した以上、法律の話をすると言うことなのですから、法律用語として正確な使い方をしてください。

あと、地球温暖化と、メモの話は関係ないと思います。
メモの話をしたいなら、地球に喩えてないでメモの話をしてください。
Commented by miho at 2008-02-05 00:39 x
こんばんは。少し書かせてもらってもいいですか?

「目の前の舞台に集中して欲しい」
「自分の作品を最大限に表現しているのだから、最大限に受け取って欲しい」
と、小林賢太郎は言っているだけだ!のようなコメントが多く見受けられますが、だとしたらとても矛盾を感じます。

だってこの公演で賢太郎は「そんな客が気になって悲しい気持ち」だったわけですよね。賢太郎こそそんな客は気にせず舞台に集中して欲しいです。
もしも、そのような考えを持っていてどうしても伝えたかったのなら具体的な公演名とか実例は避けて『公演のマナー・モラルについて』という形で別の方法で表現すべきだったのでは・・・と思います。
(つづく)

Commented by miho at 2008-02-05 00:40 x
ちょっと違うかもしれませんが、私が実際公演に行った時のカーテンコールで
「皆さん元気でいいですね。僕の頭の中はもう明日の公演のことでいっぱいです」とか
「今日のお客さんはあまり元気がない(笑わない)と思ったけど、もう2度目以上の人が多いのかな」
って言われたりして、最大限に受け取ろうと楽しんでいたのにがっかりしたことがあります。
(言わなくていいことだってあるのに~・・・って)

バニー兄さんのわがまま=独り言だと思って聞き流しましたけど♪

そう、彼こそきちんと素直な気持ちでその場のお客様に向き合って集中して欲しい。と思ってしまうわけです。

あ、ちなみに私はラーメンズのファンですよ。
Commented by k_penguin at 2008-02-05 01:52
mihoさんこんばんは

ワタシは、小林賢太郎自身がmihoさんと同意見なんじゃないかと思います。
件のコメントからは
客が気になっちゃって舞台に集中できなかったことへの自己嫌悪が感じ取れます(だから最終的に自己否定してしまっている)。

・・・まあ、ワタシが感じてるってだけですけどね。

>素直な気持ちでその場のお客様に向き合って集中して欲しい。

そこはそれ、バニー兄さんはツンデレなんですよお~。
・・・ってことで。
Commented by 黒猫 at 2008-02-17 12:03 x
コメントが続いてますね。それだけこの記事を含め、コバケンさんのコメントが皆さんに響いていると言うことです。
とりようは人それぞれ、「メモ取りたければ取ればいい、録音・写真もとめることはできないけど…この場の空気を楽しみに、全力で楽しみに来てる人に向けてコントをやりたいんです、違うことをしに来るくらいなら、必死で楽しもうと思ってる人にそこに座ってほしいんです。私はメモを取るあなたが気になって、一番いいものをお届けできない。それが悲しいんです。」
…と受け止めました。記録行為も、全力で楽しむために必要な行為でもあるでしょうし、楽しみ方を限定することは誰にもできないので仕方ないのでしょう。

前置きが長くなりました。
僕は記録行為全般を否定します。
DVDなどで映像化することが、実際に舞台に来れなかった人に対する譲歩として存在するのだから「待ちきれない人のために」とか「直後すぐ映像化すればいいんだ」というのも責任転嫁でしょう。
それにネタバレ云々抜きでも、そういう行為は作者の意図しない劣化コピーです。

「DVDが売っているのに、ネット動画で見て満足するな」
ということと似ているように思うのです。
Commented by k_penguin at 2008-02-17 19:40
黒猫さんコメントありがとうございます。

作品の芸術性として、舞台の持つその場の雰囲気を重視する、という考え方でしょうか。
そのような考え方も一理あると思います。
コバケンもそのように考えているのかな、とワタシも推測したこともありました。

ただ、記録してもそれをネット等で発表しなければ
黒猫さんがおっしゃるような批判は当てはまらないと思います。
録音・録画はともかく、メモというのは、必ずしも発表を予定する記録とはいえず、
やはり備忘録としてなされるものでしょう。
メモを取る行為というのは、必ずしも「劣化コピー」を作り出す行為とはいえないのではないかと思います。
Commented by 苑子 at 2008-03-21 22:01 x
初コメントです。
私は、相手が小林さんであっても、SMAPであっても、隣の家のおばちゃんであっても、道を歩く小学生であっても、彼らが懸命に何かを訴えているときに、違フィルターをかけるような行動は、良くないと思います。
小林さんは、ファンに悪気がなく、メモを取る行動も「ラーメンズをしっかり楽しむ」ためにやっていることだと分かっているからこそ、「それは違うぞ」と訴えたかったんだと思います。
Commented by k_penguin at 2008-03-22 00:36
苑子さん、コメントありがとうございます。
ところで、「違フィルター」って何でしょうか?
この言葉の意味がわからないので、コメントの趣旨もよくわからないのですが・・・。

小林さんも懸命に訴えかけているのでしょうが、
受け手も懸命に受けとめるためにメモしているのだと思います。
Commented by あやこ at 2008-05-10 19:11 x
普通に考えて、
こっちは一生懸命練習を重ねたり考えたり
最大限にお客様に伝えようとしてるのに
目の前で下を向いてメモを撮ったり
こっそり録音ボタンを押されたりしたら
普通に気になるしへこむと思います。

舞台に没頭してほしいという方がいますが
お客様をまったく見ていない、気にしないで演じている方がよほど悲しいことなのではないでしょうか。
ただ見て、感じて、笑って帰ってほしいと
それだけなんじゃないでしょうか。

なぜこんなシンプルなことにここまで反論が起こるのかがわからない。
Commented by k_penguin at 2008-05-10 22:09
あやこさん、コメントありがとうございます。

シンプルなことこそが難しいってことなんじゃないでしょうか。

小林賢太郎がへこんでいることに対しては誰も反論していないと思いますが、
客に対して何をして欲しいんだかわからないことを要求するようなコメントをしたことは、
良くないと私は思います。
Commented by そら at 2008-05-15 08:39 x
はじめまして。
ラーメンズのファンになってからまだ日が浅いのですが、
先月大喜利猿を見に行ってからこのメッセージの存在を知り、
気になって調べていたらこの記事へ辿り着きました。
突然のコメントで申し訳ありませんが、
たくさんのコメントを読ませて頂いてとても考えさせられたので
私もコメントさせていただきます。

私自身、公演を観ること自体まだあまり経験していないため、
舞台を観るときは演者の動きや、言葉や、表情から目を離したくなくて、
せっかく自分の目で見て耳で聞いた生の情報を頭の中に留めておくことに必死で、
メモを取る、という発想がありませんでした。
Commented by そら at 2008-05-15 08:40 x
そのため、私は録音やメモはしない方がいい、という考えです。
ただそれは誰かに強制するような意見では決してありません。
もし私が舞台を見るときにメモを取ったとしたら、
メモを取っているという自分自身の行動にどうしても意識が行ってしまうと思うし、
それに気をとられてしまうことがとてももったいなく感じるからです。
せっかく画面越しでない生の公演を見れるのに、その舞台から目を離すのは惜しい。
だから私はメモを取らないけれど、これは私の意見であって、
他の観客の皆さんにはそれぞれの楽しみ方がある。
周りの人の迷惑にならない程度のメモを取る行為ならそれを片っ端から非難することは
確かに出来ないし、誰もそれをする権利は残念ながら持っていないとは思います。
ただ、もうひとつの理由としては、小林さんが「気になった」というのなら、
支障がない限りメモを取ることもないんじゃないか、という考えもありますが…。
Commented by そら at 2008-05-15 08:41 x
このメッセージ、
「俺はメモしてる姿が気になったんだ、パスしようとしてる姿が悲しかったんだ」
と言っていますが、多分、要するに、それらをひっくるめて結局のところ
嫌だったんだろうな、という印象を受けました。
しかしそれを直接的にメッセージで伝えることは攻撃になりかねない。
だから小林さんは言葉を選んでみたり、遠まわしな言い方にしてみたり、
相手の立場を思った文章(引用文の9行目や21行目)を入れてみたり、
自分を下げた言い方(最後の3行)をしてみたり…
しかし、いろいろ文章を練っているうちに、小林さん本人もこの文章で
何が言いたいのかわからなくなってしまったのかな、と感じました。
このメッセージをHPに載せようと思った真意は小林さん本人にしかわからないのに。
Commented by そら at 2008-05-15 08:41 x
そのわからなくなった状態のままの文章を公式の場に載せてしまうことで、
結果的にこれは本当に小林さんのわがまま、自分勝手な行動になってしまった。

嫌なら嫌って、はっきり言えばよかったんです。
しかし彼はそれを恐れてしまった。
「解散のリアル嘘」をやってのけた彼らしくない行動だなぁ、と思いました。
その反面、舞台という空間、そこに観に来てくれる観客、その観客達の声(アンケート)
を大事にしてる彼らしい葛藤だなぁとも思いました。

結局、舞台での自分を、コントを、見て!!っていうのが強いんだと思います。
本当は出たがりらしいですし(笑)
当時に比べると、現在の小林さんはなんだか落ち着いた印象を受けるのですが、
今、彼がこの旨を言葉にしたら、また違った形になるんじゃないかと思います。

初めてのコメントで大変な長文になってしまい失礼致しました。
Commented by k_penguin at 2008-05-15 21:06
そらさん、コメントありがとうございます。
当のコメントから1年半以上経ちますが、「大喜利猿ではメモしちゃダメ」ってに意訳されて流布してるんですかねえ?
別にそういう意味じゃないと思うのですが。

>小林さんが「気になった」というのなら、
支障がない限りメモを取ることもないんじゃないか、という考えもありますが…。

 そこにいう「支障」って、具体的にはどんなものでしょうか?
忘れないようにメモをするということ自体が十分「支障」にあたると私は思います。
お客さんは舞台を見に来ているわけで、小林さんの顔色をうかがうために来ているわけではありませんから。
Commented by k_penguin at 2008-05-15 21:06
彼のメッセージの趣旨、印象、そして「嫌なら嫌って、はっきり言えばよかった」
ことについては私も全く同意見です。
客のことを嫌だと思ったりしちゃダメだ、と、自分の心自体を否定しようとしたところが
文章がわけわからなくなってしまう原因だと思っています。
自分に正直じゃなくなると、言うことの辻褄が合わなくなってくるものです。
『TAKEOFF』のシノダのように。

彼は自分に正直じゃないです。
だから、あーゆーコメントをしたり、「解散のリアル嘘」をしたり、チケットの入場制限を考えたりして、
ときどきガス抜きをしなければ心が落ち着かないのです。

まあ、自分に正直になって恨みつらみを何でもかんでもぶっちゃければ良いというものでもありませんが、
周囲がよくサポートすればもう少し、
事を大きくしないでセーブできるんじゃないのかなって思います。
Commented by mmm at 2008-05-18 21:30 x
始めまして。
この日記を読んでいて疑問に思ったことがありまして、コメントさせて頂きます。全くみなさんが論じているのとは違うのですが・・・

P.S.
そーそー、この問題、著作権も視野に入れて、まとまった発言したければ、うちに連絡よこしな。
君ならサービスするよん♪


こちらの”連絡”というのは法律事務所への連絡、ということでしょうか?
どこにも連絡先がのっていなかったので、これでは連絡が出来ないのではないかと思ってしまいました。(探し方が悪く、もしどこかにちゃんと載せていたのなら申し訳ありません)

あと法律事務所に何か相談する時に、勤めている人の知り合いや、芸能人であればサービスをしてもらえるものなんですか?

本当に小林賢太郎さんに何も関係ない疑問で大変申し訳ありません。

こういったコメントが問題ならお答えいただけなくても削除して頂いてもかまいませんので・・・

本当にただ疑問に思ったことでした。
Commented by k_penguin at 2008-05-19 12:16
>mmmさん
まー、1年半以上前の話ですから、今さら連絡する気はないと思うんですが(トゥインクルに顧問弁護士くらいいると思うし)。
でも、連絡するなら別に事務所に連絡する必要はありません。私に連絡すればいいです。
このコメント欄を使うなり、メールするなり。

>あと法律事務所に何か相談する時に、勤めている人の知り合いや、芸能人であればサービスをしてもらえるものなんですか?

 事務所によってそれぞれのやり方がありますから
法律事務所というものが全部そういうものだというわけではありませんが、
紹介者がいる場合は、紹介者の顔を立てる意味もあって、
相談料などにサービスがつくところもあります。
Commented by mmm at 2008-05-19 21:02 x
ご返事ありがとうございました!

ただ、事務所を通さずに直接個人的に連絡しろ、というのは私は怖いと思いました。よっぽど信頼出来ないと怖いです・・・
(最近始めたのでよく解らないのですが、普通インターネット上ではそういうものなんでしょうか?)


あと連絡先メールアドレスがどこかにのっていたのでしょうか?すみません見落としてました。

長々かいてしまってすみませんでした!

Commented by k_penguin at 2008-05-19 22:04
別に私を信頼しろとは言いません。
また、別に小林賢太郎自ら連絡してこいとも言っていません。
連絡するもしないも、信頼するもしないも自己責任です。
ネット上でもそうでなくても、新しい取引というものはそういうものです。

なお、このエントリを書いた少し前にトゥインクルには書面を送っているので、
事務所の住所とかも向こうに連絡はしてあるんですけど、
まあ、データを残しているかどうかは、わからないです。

あとメアドはエキサイトのものがこのエントリにのっています。
このメアドはときどき具合が悪くなるので、メールが送れない場合もあるかもしれません。
Dropのチケットについての質問メールは別のメアドから出してます。
Commented by Jade at 2008-09-15 16:31 x
気持ち悪いですね、この日記。あれですか?自分探しみたいなものですか?手の届かない存在に対する嫉妬ですか。法律事務所勤務とか、よくclaimerが使いますね。いや、よく時間ありますね、こんなことに使う。あ、長身、イケ面、才能あふれるKKさんに嫉妬?もしかして背が低い ヒキヲタか。
Commented by k_penguin at 2008-09-15 16:34
煽るなら、もっと面白くやってください。
Commented by 通りすがりの at 2008-09-28 22:50 x
はじめまして。
K_penguinさんは理詰めで考えているのだなー。
さすが法律事務所勤務(弁護士?)。

小林さんはナイーブで誇り高い人なんだろうなというのが、
色々なメディアを通じての個人的な印象です。

そんな彼が、大事にしたいお客様に対して配慮しながら、
舞台を終えたときに「後悔しまくる」姿勢を持ちながら、

「1.メモやその他レコード行為
2.それをネットなどに流してしまう行為

は、自分の舞台での全力パフォーマンスに応える姿だと
感じられない。やめてほしい」

と考えた末、あんな文章になったのではないでしょうか。
やめてほしい、とスパっと言い切れない葛藤、
自分の考えを送り、判断を明文化せず相手に委ねてしまう所が
むしろ小林さんらしいかなと思っています。
法的な拘束力のない「願い」なのだし、
彼の思い(モヤモヤ)が、かの書面を通じてみんなに届いたら
それでいいと思います。
Commented by 通りすがりの2人目 at 2008-09-28 22:50 x


(以下、そらさんのコメントに対するお返事について)
勝手な意見ですが、メモ書きといっても、ちょちょっと走り書き
するくらいならまだしも、
(複数回)行って、舞台もあまり観ずにセリフやあらすじなんかを
カリカリ書いているのでは大分心証が違うでしょうね。
ですが、ささっと書けるメモくらいでも、心に焼きつかせるくらい
熱心に観た方が鮮烈でしょうし、DVDや戯曲集もあるので、
忘れたくなければそれを買ったらいいと思います。
そして、いくら小林さんの顔色を伺いに行っているのではないとしても、当然演者も観客も最高の舞台を共有したいのだから、
まず演者が心置きなくのびのびとパフォーマンスできる環境を、
観客側・特にファンは協力して作るべきではないでしょうか。

いくら法律で規制されてないと言っても、
ファンなら演者の嫌がることは慎むべきであるし、
ファンでないなら「メモとったっていいでしょう」と主張したところで、
野次馬のようで、邪魔なだけと感じます。

Commented by k_penguin at 2008-09-29 00:11
通りすがりの さん、初めまして。
私は理詰めで考えていると言うよりは、
小林賢太郎が本当にしたかったのは、メモの話なんかじゃないと思っているのです。
これ以降メモについては1言も触れていませんしね。

>彼の思い(モヤモヤ)が、かの書面を通じてみんなに届いたら
それでいいと思います。

いや、モヤモヤしたものを送られた方はモヤっちゃって、困るでしょう。
困るからみんなあれこれ推測せざるをえない。
ブンガク的なテーマなら、判断を明文化せず相手に委ねてしまうのもアリですが、
メモを取るとらない、という現実の行為の禁止に関わる事柄でそういうことを言うのはないと思います。
メモを取る習慣のない人はともかく、今までメモを取ってきた人は現実に差し支えが出ますもの。
Commented by k_penguin at 2008-09-29 00:12
>まず演者が心置きなくのびのびとパフォーマンスできる環境を、
観客側・特にファンは協力して作るべきではないでしょうか。

そのことには同意しますが、どういう客がその日の小林賢太郎の気分を害する客なのか、なんて、誰にもわからないことです。
とくにメモの禁止が明言されていない以上、
一般的なルールとして確立されている、携帯を鳴らさない、私語を慎む、などが守られていれば十分だと思います。
・・・ぐっすり寝ていて椅子からずり落ちかけてる客、なんていうのは、舞台からかなり目障りらしいのですが、
小林賢太郎は気に障らないんでしょうかね。

>ファンでないなら「メモとったっていいでしょう」と主張したところで、
野次馬のようで、邪魔なだけと感じます。

何度も書いていますが、小林賢太郎は「メモとっちゃダメ」とは言っていません。
また、あのコメントを書いたときはメモを不愉快と思っていたとしても、今もそう思っているかどうかはわかりません。
「思い(モヤモヤ)」なんてうつろいやすいものですから。
 「メモとっちゃダメ」と確実な禁止をしていれば、撤回がない以上今もそうなんだろう、と推測できるんですけどね。
Commented by asuka at 2008-09-29 23:25 x
こんばんは。こちらにも失礼します。

かなり前の記事なので過ぎたことと思って、コメントを控えていたのですが、読んでいる方多いのでしょうか。長く続いていますね。

私は実際の小林賢太郎のコメントを読んでおらず、こちらの記事で知り、興味深く読ませて頂いていました。

多くの人が、小林賢太郎、及び彼の作品への接し方について、
また観客としてどう振舞うべきかについて考えているのだな、と感じます。
こういう事を考えさせてしまうこと自体、本当は良いことではないのかもしれません。
単にオーディエンスとして観られれば、それが一番楽しいのでしょうから。

私の感想は、
「こんなコメント、アップする前に誰かとめろ。」
です。
Commented by k_penguin at 2008-09-30 00:50
asukaさん、うちの名物エントリにようこそ(名物なのはワタシの力ではなく、コバケンのせいなのですが)。
このエントリは毎日いくつかアクセスがありますし、コメント数もみての通りです。
ワタシ自身もコメントを読んで考えることが多かったです。

>「こんなコメント、アップする前に誰かとめろ。」

ワタシもそう思いました。
コバケンはまあ、ゲージュツカなんですから多少頭が煮えたこと言うこともあるだろうと思いますが、
そこをうまくまとめて、ファンや客に余計な心配をかけないようにする
という配慮が周囲のスタッフに足りないように思われます。
Dropのチケットのときにもファンに丸投げの態度が見えましたし。

このコメントのことがあったから、Dropのチケットのとき、即トゥインクルに質問メール出したのかもしれないな、と、今になって思いました。
Commented by asuka at 2008-10-01 18:14 x
>名物エントリ
まもなく100じゃないですかー。
無闇に伸ばしたくなってしまいますが、これ以上何言っても繰り返しですね。

人によっては、かなり頭にくるコメントだと思うのですが、
こちらでは、割と甘い反応が多い様に感じました。
私は「トライアンフ」を見た直後に読んだせいか、
「寝言は寝て言え」とか思ってしまいましたが。

このコメントは、言うなれば失態の上塗りですから、
擁護するより何より、「俺も何も聞かなかったことにする」k_penguinさんの対応が、
一番甘いというか、優しいと思います。

>「発言」としてではなく「作品」としてとらえた方がいいと思う。
というのが、なるほど、という感じです。
このコメントから醸し出される雰囲気は、ある種の小林賢太郎作品に良く似ている。
作品にすることでなんとか体裁が保たれていたのに、
こんな形で露呈してしまったことが、どうしようもなく情けなく、不憫。
Commented by asuka at 2008-10-01 18:14 x
Dropのチケット
あんなにわけわからんことになっていたんですねー。
先入観無しで見られたのは良かったのですが、
こちらの記事をリアルタイムで読んでいたら、きっと別の面白さがありましたね。
オークション等でチケット取引きをしたことの無いノンキな私には、今まで割と無関係でしたが、
チケット転売に関する記事は、かなり勉強になりました。

>配慮が周囲のスタッフに足りない
意思の疎通が全然できていない感じがします。
個人のモヤモヤもですが、こういう内輪のゴタゴタまでが垣間見えてしまうのって、
すごくカッコ悪い。
Commented by k_penguin at 2008-10-01 22:02
いやーasukaさん、お怒りですねー。

このエントリは、そろそろこのブログで1番多いコメント数になります
(今までの1番は植草先生関連バトルエントリ)
エキブロはコメントの最後までスクロールするのがめんどいですよね。

>こちらでは、割と甘い反応が多い様に感じました。

いや、コメント出た当初は、
"ごめんなさいごめんなさいあなたを傷つけてたんですねもうメモは取りませんしくしく"
みたいなブログもありましたよ。
みなさんホントにお優しい方々で。

ワタシはこのコメントはメモを禁止する意図はないと思ったし、
これで劇場でメモを取ろうとする人に、妨害行為をする奴とかが増えたら嫌だなと思ったので、あえてコメントを全部引用しました。

Dropのチケットはいろいろ勉強させていただきました。
『Drop』はワタシ的には『トライアンフ』以下だと思ってるのですが、チケットが面白かったので、オケとしましたよ。
メモにしろチケットにしろ、「社会」と接触する場面において、バニーはグダグダになるんですね。
あの人は面白い人だと思います。
惜しむべきは、自分の面白さがわかってないことです。
まったく。
Commented by asuka at 2008-10-02 11:08 x
もう怒ってませんよ。
作品としてみれば、面白がれるというもの。

『Drop』は確かに面白くは無かったですが、
私はラーメンズ関係を見始めたばかりだったので、
「小林賢太郎ってこういう人なのか」という事で納得していました。
(こういう=「凝り性」「器用貧乏」、そして、「あまり面白くない」)
後に観ましたが、前作「Potsunen」、「maru」の方が良いと思います。
『ジョンと私』が好きです。逆に言えば他は大体好きではないです。

話がそれてしまいました。
植草先生には勝てないかな。
Commented by k_penguin at 2008-10-02 18:16
植草先生とか時事ネタは、短期的にはコバケンなんか及びもつかない大量のアクセスがあるんですが、
このエントリは毎日毎日切れることなく、地味にアクセス重ねていって、いつの間にか総アクセス数がすごいことなっている、
というなんかコワイ奴です。

2年経ってもまだコメントつくって、考えてみればすごいよね。
Commented by まちこ at 2008-11-23 20:27 x
初めましてコメントさせていただきます。
このブログを見て一言、
いやーすごいですねー。
決して冷やかしとかではなく(冷汗
一人の小林賢太郎という人のコメントから
一つの記事が出来、
みなさんそれぞれの意見をもってコメントする。
素晴らしいです。

少し個人に対しての批判もあって少々胸をいためたまちこですが(笑

コバケンのコメントを見て、私は単純に
「あぁ~、やってる側からしたら迷惑なんだなー。たしかにメモとかはやめたほうがいいよなー。」
と捕らえてしまったんですが、法律まで話がいくとは・・・。
みなさん自分の考えがあって美しいです。

ラーメンズ、小林賢太郎。
なにを考えてるのかわからないと言われる人ですが、
こんなにいろんな方にいろいろ言われちゃって(笑
幸せな人だと思います。

長々と書きましたが、もちろんここには私の意見はございませんね(笑
何を言いたかったのか自分でも分かりませんが・・・あぁ、コバはこんな感じだったのかな?(勝手

長文失礼いたしました。
Commented by k_penguin at 2008-11-23 21:51
まちこさんコメントありがとうございます。

いやーホントにすごいですよねー。
ブログ主もびっくりしてます。
いろんな意見があって(荒らしっぽいのも含め)面白いです。
こーゆーエントリが持てたワタシも幸せだと思います。
まあ、コバケンの幸せにあやかっているだけなんですが。

>なにを考えてるのかわからないと言われる人

 意外とノープランかもって
最近は思ってます。
Commented by 枯れ葉 at 2008-12-26 05:28 x
のばしてよいでしょうか?
とても同感しながら、ブログも小林さんのコメントも拝読しました。
ちなみにこの発言のきっかけになったのは「大喜利猿」ですね。本を買いましたが面白さは全然伝わりません。DVDは出さないであろう舞台です。本になる予定があったからメモ禁止かな、とも思いましたが・・・この舞台は作品ではなく即興なのでしょう。その分メモが気になったのか、舞台で集中できない自分がいやになったか、いつものようにきっちり設定した作品とはならないことがわかっていたからもっと怖かったのか・・・・?

そして他の公演でも気にしていたのだけれど、良い機会だと思ってとうとう言わずにいられなくなったのかも・・・と思います。

ここへは、解散をくっつけて検索してたどり着きました。作品の中で、本音をセリフにしているように思われますので、当分本公演がなくても不思議ではないし、この先ずっとなくてもおかしくないだろうな、と思っております。
Commented by 枯れ葉 at 2008-12-26 05:29 x
続き
私はyoutubeからDVDへ進化しほとんど手に入れています。DVDもお金がかかりますね。生の舞台はdropのみ。3作目というのは難しいのか、と思ったことでした。

それ以来なにも続きを見られれないのですが、新しい仲間と、長時間ギャグを飛ばせる舞台を手に入れその面白さを知った彼は、とりあえずそちらで羽を伸ばすような気がしています。
Commented by k_penguin at 2008-12-26 18:29
枯れ葉さん、コメントありがとうございます。

「大喜利猿」は私も観たことがありません。
1度本を読みましたが、あまり面白くなさそうだったし。

メモについて
彼のコメントからすれば「大喜利猿」に限らず気にしていたことになります。
でも、メモをとるお客のことを思いやってそれまでメモのことは言わなかったし、
あのコメントでもメモをとるなとは言ってないわけです。
なのに結果として、彼がメモを気にする、ということばかりが強調されていて、
彼の客を思いやる気持ちの方は全く伝わっていない。
彼の表現が悪いのか。受け手が悪いのか。
『TEXT』の誤植ばかりする常磐君を思い出します。

本公演については、もしあるのなら、
今月のTwinkle fesで告知されると思います。
彼はラーメンズを仕事と心得ているので(他は仕事じゃないらしい)
この先ずっとないということは多分ないと思いますが・・・。
Commented by とある女子大生 at 2009-03-19 14:08 x
初めまして^^
主さんのブログ拝見しました。
私は反対の意見を持っているので書かせてください。
確かにこの文章は禁止してほしいのかしてほしくないのか分かりません。
しかし、この話の論点を、「メモを禁止したいのか・したくないのか」としてしまうのは少し乱暴ではありませんか?
「なぜ小林賢太郎はそういう発言をしたか?」に重きを置かないと、物事の本質が見えなくなります。
それは小林さんが言った通り、メモを取る人はたいがいネットに公開しているからです。
もしメモを取っても自分一人で楽しむ人ばかりなら、嫌な気持ちになっても、こういうことはなかったでしょう。
大切なのは「ネットに公開しない」ということではないですか?
そもそも、メモは「マナー違反」にあたります。個人のモラルの問題ですが「ネットに公開しないからいい」というものでもありません。
私はラーメンズを応援しているので、反対の意見ですが、このように書かせていただきました。
長文・乱文失礼しました。読んでくださり、ありがとうございます。
Commented by k_penguin at 2009-03-19 20:31
とある女子大生さん、コメントありがとうございます。
ただ、正直、コメントの趣旨がよくわかりません。

この話の論点はメモのことではなくて
>大切なのは「ネットに公開しない」ということではないですか?
と書いたすぐその後に
>「ネットに公開しないからいい」というものでもありません。
と書いていますよね。
結局あなたは、この話の論点はメモの可否だと思っているように見えるのですが。

で、メモの話をするとして、
>メモを取る人はたいがいネットに公開している

 そういう事実は私は初耳です。
メモをネットで公開している人がいるからといって、
メモをとる人の大部分がネットで公開しているということにはなりません。
メモを取る人の中にはネットに公開する人もいる、
というくらいの関連しかないと思います。
メモは本来備忘録で、ネットに公開することを目的とする行為ではありません。
これは小林賢太郎も
「ライブの思い出を忘れたくないという気持ちはとても嬉しいです」
と、認めています。
Commented by k_penguin at 2009-03-19 20:31
>メモは「マナー違反」にあたります。

 これも初耳です。
メモをとる行為は普通それほど目立つものではなく、
うつらうつらする人なんかと比べても
観劇の邪魔にはならないというのが一般の認識だと思います。
メモが観劇の邪魔になると思う人もいるかもしれませんが、
それはまだ多数派ではないでしょう。


この小林賢太郎のメモ発言をきっかけとして、
メモをとっている人の存在そのものが不愉快だという意見も見られますが、
それは「おデブが気に入らない」とかと同レベルの
単なる個人の感想だと思います。
Commented by とある女子大生 at 2009-03-22 20:34 x
返信ありがとうございます。返信に返信で失礼します。
前回のは伝わりづらい文章で申し訳ありません。
主さんと私の間で、メモに対する認識の違いがあったのかな、と思いもう一度投稿させていただきました。
もうご覧になったかもしれませんが、参考までにウィキペディアからのコピペです。
>録音や撮影は禁止されているが、メモはあくまでマナーの問題であり厳密に禁止されている訳ではない。しかし、記録の目的はどうあれその大部分をネットなどに転載している場合が多い。
↑私はこの文章を見た後に主さんのブログを見たので、そう思ってしまいました。ウィキペディア(誰かの投稿)なので、これが全てではないですが。
主さんは、メモはしてもいいというお考えで、小林賢太郎の発言を聞いて、メモをしてはいけないのか分からなくなってしまったんですよね。
私は、「メモは禁止ではないけど、気持ちよくコントが出来ないから控えてくださいね。」と言ってるように聞こえます。
そう言われたら観客としては控えた方がいいんじゃないかなと思います。
主さんは頭のいい方だと思います。物事には色々な見方があると思うので、私の意見は、一つの見方だとしてくださいね。
Commented by k_penguin at 2009-03-22 22:09
レスありがとうございます。
Wikiのその文章は知りませんでした。
つか、
「メモや録音などは極力遠慮してほしい」
などという間違った要約をされないように、小林賢太郎のコメントを全文引用しておいたのですが・・・。
彼は、録音とメモを同列に扱っていません。
メモをしている人に文句を付けてしまって大変失礼しましたとは言ってますけどね。

小林賢太郎がはっきり「メモはダメ」といえば、それはダメなんだと思います。
気持ちよくコントが出来ることが第一ですから。
で、そういう大切なことは、はっきりと、上演前とかに放送で告知すべきです。
しかし、今現在放送どころか、公式HPにもメモの禁止は告知されていません。
携帯マナーとか録音録画については今日、スタッフが何か長い注意を並べ立ててましたが、メモについては何も述べていません。
これでは、メモが禁止されていないと考えるしかないではありませんか。
Commented by k_penguin at 2009-03-22 22:09
>私は、「メモは禁止ではないけど、気持ちよくコントが出来ないから控えてくださいね。」と言ってるように聞こえます。
そう言われたら観客としては控えた方がいいんじゃないかなと思います。

気持ちよくコントが出来ないなら、客は控えるしかないじゃないですか。
それは婉曲的な表現でメモは禁止と言っているだけだと思います。
メモを禁止したいなら、上演前に放送するべきです。
別に難しいことじゃないでしょうに。

私は皆さんに「メモを取れ」と言っているのではありません。
私自身、メモをとる習慣はありませんし。
みなさんが個人的にメモをとるのを控えようと思うのは自由ですが、
しかしそれを他人にまで強制は出来ません。
私が言いたいのはそれだけです。
Commented by OMG at 2009-04-28 07:31 x
whats wrong with this comment??
take matters easy,dont think too much!
Commented by k_penguin at 2009-04-28 12:07
元のコメントの文章が悪いから、
ここまでもめてるんですよ。
Commented by K☆SAKABE at 2009-05-23 16:12 x
劇場でのメモは取り方です。

あからさまにメモを取っているということは、劇場という空間がどうゆう空間かを理解していない極みです。

ようは、やっていい、悪いではなく、劇場に何をしにきたか、目的の問題です。

小林賢太郎にとって、彼らは決して善意の第三者(無知が原因で起こす行為)ではなく、悪意に満ちた人間(意味が変わってますが)にしか見えなかったのだと思います。 

失礼しました。

私も彼を、ビルの屋上や崖っぷちに立たせたくないと思う一人です。
Commented by k_penguin at 2009-05-23 16:43
>彼を、ビルの屋上や崖っぷちに立たせたくない

それは具体的にどういう意味なんでしょうか?
別に彼がどこかから非難されているという話も聞いていませんし、
正直、ワタシには見当もつかないのですが。


>小林賢太郎にとって、彼らは
>悪意に満ちた人間にしか見えなかったのだと思います。 

そう見えていたとしても、それは小林賢太郎の思いすごしですし、
思いすごしであるということに彼自身気がついています。
だから彼はメモ取り自体を止めろと言わないのです。
Commented by K☆SAKABE at 2009-05-23 17:32 x
誰も非難なんかしていません。

もしされたとしても、彼には届かないと思います。

唯一非難するとすれば、彼の内なる声ではないのでしょうか。

大昔の朝生での発言で、自分の意見をきちんと他人に伝えられない人なのだと思いました。

この件も同じだと思うのです。

思いや意見はあるのだけれど、それをストレートに表現できない(したくない?)がために、

また失敗を恐れるあまりに、言葉を選びすぎて結局思うように伝わらない。

結果、本人不在であっても、熱い議論が長く繰り広げられている。

Commented by K☆SAKABE at 2009-05-23 17:45 x
そうです、彼の思いすごしです。

劇場でのメモは違反でも、ましてや犯罪でもありません。

申し上げたいのは、劇場に何を目的で足を運ぶのか。

メモを取るのが目的だとしたら、演者にとってそんな不愉快なことはないでしょう。

それを正直にいえばいいものを・・・

ビルの屋上云々と書いたのは、このおびただしいコメントを批判して書いたものではありません。

純粋に、小林賢太郎という芸人(アーティストでも、クリエーターでも、劇作家でもない)が、この世から消えてなくなってしまうのではないかという不安が書かせたものです。

朝生で見た、不安そうな追い詰められたような伊達眼鏡の奥の瞳に気づいたときから、私の不安は始まっています。
Commented by K☆SAKABE at 2009-05-23 17:53 x
自分をさらけ出せない弱さが彼にはあります。

その弱さが、昔は武器にもなっていました。

しかし、弱さは弱さでしかなく、「もろ刃の刃」なのかと・・・


話はそれますが、

朝生のころ、片桐仁がラーメンズの解散を心配していた旨の発言がありました。

今心配するべきは、小林賢太郎の方なのかなと思い始めた今日この頃です。

不謹慎ですみません。
Commented by k_penguin at 2009-05-23 22:18
K☆SAKABEさん

なるほど、あなたの危惧は理解できます。
小林賢太郎は常に崖っぷちです。
誰も彼を非難していないのに
彼が自分で自分を崖っぷちだと思っているから、
崖っぷちなのです。

でも仮に、
客の全員がメモを止めれば彼が崖っぷちではなくなるかと言えば、
そうではありません。
メモに関する彼のこのコメントは、彼のこの弱さが書かせたものですが、
メモの件と崖っぷちの件は、切り離して考えた方がよいと思います。
彼は常に観客に怯えています。
自分をさらけ出せない人が、誰かに自分が暴かれることを恐れ続けるように。

昔は片桐さんがいました。
自分をさらけ出さなくても自分を理解してくれる、という気にさせてくれる人です。
でも、今の片桐さんは、そういう人じゃないです。
今の小林さんは、片桐さんに対しても怯えています。

>今心配するべきは、小林賢太郎の方なのかな

確かにそうだと思うんですが、
赤の他人の私達がここで心配しても、どうにもならないと思います。
私達が各々やるべきことは、別にあると思います。
Commented by K☆SAKABE at 2009-05-24 00:43 x
ありがとうございます。

こちらを覗かせていただくようになって数か月、K_penguinさんには私の不安を理解していただけそうだと勝手に思い込み、書き込みさせていただきました。

正直、見れば見るほど疲れる芸人さんです。

でも、見ずにはいられない。

術中にはまっているのでしょうね。

私がどんなに心配しても仕方ないことはわかっています。

彼の生き残り方は彼が決めればいいこと。こちらがとやかく言う筋合いのことではありません。

ただ、「生き残れるの?」と、思ってしまうのです。

片桐仁は生き残れそうです。

小林賢太郎はどうですか?

私を不安にさせた一連の発言は、彼の生き残り場所を狭くしていくだけのように思えて仕方ないのです。

今年のNHKの番組をみて、住みにくそうに見えたのは私だけでしょうか。





Commented by k_penguin at 2009-05-24 13:58
彼が「生き残れる」(精神面でも)かどうかは、全く予測がつきません。
ふつーの人でも、人生何が起こるかわからないのに、
彼ときたら、生涯崖っぷちなのですから。

ただ、彼は自分の危うさを自覚しています。
お笑いだけあって、自分を突き放し客観視する能力に優れていて、これによって危険が深刻化するのを未然に防いでいるようです。
・・・えー、要するに、崖っぷちなりに今までなんとか運転しているので、
これからもできるかもしれない、
という程度の見込みなんですが・・・。

ちゃんとした答えじゃなくてごめんなさい。
ワタシにはっきりわかっているのは、
彼は彼なりに生きる場所を探してガチで戦い続けているということだけです。

でもそれはK☆SAKABEさんも、知っていると思います。

だから「見ずにはいられない」んじゃないでしょうか。
Commented by K☆SAKABE at 2009-05-24 17:50 x
あーーーーー、ようやくかゆいところに手が届いた感じです。
感動で涙出てきた。

私はただ、いつまでもラーメンズを見て笑っていたいだけなんです。
笑えない。
でも見るんですよね。

「○」の最後の演目(タイトル忘れた)で、「向いてない」って言うところがありましたよね。
○が、絵描きに言うんですよね。
「それ、向いてないって言うんです。」

これって、その後の絵描きの言う「向いててえ。」て言う台詞と、小林賢太郎本人が、誰かにそう言ってほしいって言う願望の両方が見え隠れするんですよね。

当初は「何でこんな演目やるんだろう?」って不思議に思ったんです。できは悪くなかったし小林賢太郎には珍しく、客席を包み込む温かさ(大きさ)も感じられた。

居直っていたのかなあ?
絵描きは小林本人で、○は本音の部分。
深読みしすぎですかね。

「向いてるよ。」って言いたいけど、
ポツネンのように自分で決めた決めごとにがんじがらめになっている彼を感じるたびに、「もういいよ」って気持にもなるんですよね。
Commented by k_penguin at 2009-05-24 22:05
「丸の人」(「○」の最後の演目)については、「○」関連記事でかなり長く論じています。また、http://shiropenk.exblog.jp/3923611
のコメント欄で論議しあったものが参考になるかと思いますので、
よかったら、そちらにどぞー。
あの作品は彼の闘いを最もわかりやすい形で示している作品だと思います。

「向いていない」という様な趣旨の言葉は、テレビを止める頃から度々彼の作品に出てきますが(「器用不器用」「good day house 3F」など)、
何をもって向いている向いていないを判断しているのかよくわかりません。

今の『TOWER』の全国各地巡り歩きツアーも、
何かね。
全国の皆様にラーメンズをお届けしたいというのは、表の理由に過ぎないような匂いがするんですよ。
フライヤーとかからね。
なんかの「自分で決めた決めごと」があるっぽいんですよね。

何でもぶっちゃければ良いというものではありませんが、
もう少しオープンにして欲しいんですよねー。
見る側がしんどいから。
Commented by K☆SAKABE at 2009-05-25 00:02 x
劇作家の中には、登場人物に必要以上に心理を語らせない手法を取る人と、よそ見をしていても耳で聞いてれば内容がわかる書き方をする人と、二通りに別れるんですね。
でも、小林賢太郎はそのどちらとも違う。
ていうか、penguinさんも言ってらっしゃいますが、彼の描く人物はすべて彼を踏襲しているから、出来事に至る原因もその後の結果も語らせられないんですよね。 
すべては小林賢太郎の中にしか存在しない。

もう、こいつ何考えてんだ!!!(怒)                

「○」の考察、拝読しました。

絵描きは死んだんですよ。(私の勝手な解釈ですが、断定的に言わせていただきます。)
そうしないと救いがないじゃないですか。
絵描きには「○」しかなかったんですよ。
その「○」に否定されたら・・・
あーーーーー、また思い出して泣きそうになる。

小林賢太郎にとって、この「○」って何なんでしょうか。
私は勝手に彼の本音だと思っていましたが・・・
penguinnさんの解釈を読んで少し混乱しています。

小林賢太郎よ生きてくれ!!!

唯一の願いはこれだけです。



Commented by k_penguin at 2009-05-25 01:08
K☆SAKABEさんも、○について
いろいろ考えられたようですね。
何と言っても「○」なので、いろいろな解釈があると思うし、
ワタシが書いた記事も切り方の1つに過ぎません。
K☆SAKABEさんの御意見もお聞きしたいのですが、
ただ、そろそろメモのエントリにつけるコメントとしては、話題がずれてきたので、
これ以降の○についてのコメントは
○関連のエントリにつけてください。

ここのコメント欄、長くて下までスクロールするの大変だし・・・。
Commented by さくさくぱんだ at 2009-07-20 15:40 x
小林賢太郎で検索をかけてたら、ここに流れつきました。
コメントの伸びの長さにびっくりしました!笑

全部のコメントを読んだわけではないのですが、賢太郎の意見に対して、「メモをとることがいいのかわるいのか」に話が集中している気がして、とても不思議だったのですが、

賢太郎が言いたい部分って

「誰かに伝えるつもりでそこに座っている」あなたの姿は、
舞台上からとても目立って見えるものです

の部分じゃないんでしょうか。

Commented by k_penguin at 2009-07-20 22:01
さくさくぱんださん、コメントありがとうございます。
このコメント欄も、3年近くかけて少しずつ伸びています。
記事書いたときはまさかこんな伸びるとは思いませんでした。

>、賢太郎の意見に対して、「メモをとることがいいのかわるいのか」に話が集中している

読み手の興味は、メモが良いのか悪いのか、にありますから、
どうしてもそうなると思います。
小林さんが
>「誰かに伝えるつもりでそこに座っている」あなたの姿は、
>舞台上からとても目立って見えるものです

と言えば、
「じゃあ、メモは悪いことで、禁止ということですね」
と受け止められるでしょう。
小林さんが「メモの良し悪し」とは関係なく
自分の感想を言っただけだったとしてもです。

メモを取る人を身近に見たり、自分もメモをする可能性がある受け手の立場に立てば、どうしてもそういうことになります。
小林さんは自身はメモの良し悪しについて何の意見ももっていなくても、
受け手の立場を考えて一言それに関して言及すべきだったと
私は考えています。
Commented by コモドオオトカゲ at 2009-11-26 04:42 x
初コメント。
いちいち他人の揚げ足取って重箱の隅つつくようなことばっかじゃんよ。
小林賢太郎の作品やコメントが嫌なら見なきゃ良いだけじゃねぇの?
好きで観てる奴の気分害すなよ。
まぁ今更だけど不快だったんで。
Commented by k_penguin at 2009-11-26 12:37
初コメントありがとうございます。

>嫌なら見なきゃ良いだけじゃねぇの?
>好きで観てる奴の気分害すなよ。
 これは「好き嫌い」の問題ではなく、良し悪しの問題です。
相手が不快になるとわかっていても、
言っておくべきことってあります。
Commented by gonngonn at 2009-11-29 09:40 x
小林賢太郎関係でここに流れ着きました。
小林さんというか、舞台をやってる側の人間は、高いお金を払って作品を観に来てくれるわけですから、劇場(現場?)でしか味わえない空気を味わって欲しいんだと思います。
せっかくお金と時間を割いて実に来てくれているのに、「記録する」という雑念がある状態で観られるというのは、悲しいことで、それは「私はメモを取れるくらい俯瞰して作品を見れる。その程度の集中力で作品を見ていられる」という宣言に思えるんじゃないでしょうか。
Commented by gonngon at 2009-11-29 09:41 x
もちろんそれは、作品の力がないからといってしまえばそれまでなんですけど。多分、お客さんに「楽しむこと」に集中してもらいたいというのが小林氏の本当の意図だったんじゃないかなと思います。
彼が・・・というか舞台人が求めているのは常に「観客」であり、「批評家」ではないとおもうんです。
賞や評価を貰いたくてやってるわけではないはずなので。
「誰かに伝えるつもりでそこに座っている」あなたは小林氏にとって、「批評家」になってしまったんでしょうね。
Commented by gonngon at 2009-11-29 09:41 x
ラーメンズの知名度を抑えるということに関しては、多分小林氏の中で「メディア」に対する接し方を模索しているからじゃないかと思います。
人気者になるために、やりたくもない「キャラ設定」をされて、捨てられる芸人を見ていると、そんな気がします。
ただコントが好きで、人を楽しませることが好きで、それを貫きたくて業界に入って、その思いを守るために露出を控えているんだと思います。
志村けんもそうなんですが「媚びないでポリシーを貫く」という職人気質なんでしょうね。長々と失礼しました。
Commented by k_penguin at 2009-11-29 19:16
gonngonさんコメントありがとうございます。
gonngonさんのような御意見の方は多いと思います。
ただ、私は違います。

>お客さんに「楽しむこと」に集中してもらいたいというのが小林氏の本当の意図だったんじゃないかな
 楽しむことに集中しろ的なことは『TOWER』のチラ裏マナー書きの最後にも書かれていますね。
お客に本当に心から楽しんでもらいたいのであれば
楽しむことに集中しろと命令するような愚かしいことはしないと思います。
彼はお客のことなんかそんなに考えていないと思います。

>舞台人が求めているのは常に「観客」であり、「批評家」ではない
 舞台人に客は選べません。表現する以上、批評されるのは当然です。
ワタシが小林さんにとって望まない客であったとしても
ワタシは一向に気にしません。

>ラーメンズの知名度を抑えるということ
 そのことと、「メディア」に対する接し方を模索していることがどう繋がるのかよくわかりません。
また、やりたくもない「キャラ設定」をされて、捨てられる芸人と
捨てられることを恐れて人気者にならない(なれない?)芸人の
どちらが立派なのかもよくわかりません。
Commented by k_penguin at 2009-11-29 19:16
あと、志村けんに関しては、
既に大御所になったので「媚びないでポリシーを貫く」スタンスが取れるようになったのであって、小林さんと同列に語ることはできないと思います。
(小林さんも志村さんと同程度の大御所であるという評価をされているなら別です)

なお、メモの話から離れだしているので
この件について更にコメント下さるのでしたら、
できれば「ラーメンズについて語るエントリその4」の方にコメ下さい。
http://shiropenk.exblog.jp/12476083
Commented by オリベダイジロウ at 2009-11-29 22:15 x
こんにちは。
私は友人に誘われていった「TAKE OFF」でメモを取っていました。ライト兄弟の実験記録の部分が本当なのか…というか、突然知識披露になったので混乱したもので。理解しにくい言葉を並べられてその場でわかれというのも無理な話なので。

とりあえず客に文句をつけるのはパフォーマーとして最低だと思います。
もちろんマナーは大事なので、抑えるところは抑えないといけませんが。その配慮もせず苦言を呈するのは筋違いです。
やってくる客がみんな舞台なれしている小林賢太郎信者ではないので。

>こちらは本番中「届いてますか!伝わってますか!」という気持ちで演じています。

嘘だと思います。少なくとも「drop」で初めて生小林を見たときは、何も伝わらなかったし届きませんでした。
最後に「拍手が聞こえないぞ」的な仕草をしたときは正直腹が立ちました。そしてカーテンコールでの「料金分の演目は終了しました」という言い方。冗談にしても笑えないです。

実際、kkpファンだったその友人は、「トライアンフ」の中であった観劇のマナー注意コントのようなシーンをみて、気分が悪くなったそうです。自分のストレスを作品に入れ込むとは…

Commented by オリベダイジロウ at 2009-11-29 22:18 x
すみません観たのは「TAKE OFF」がはじめてです。気まぐれで観た「DROP」は当日券だったのでものすごく遠かったのもあるのかな?
Commented by k_penguin at 2009-11-30 01:13
オリベダイジロウさんこんばんは
(ダイゴロウじゃなところがミソですね)。

『TAKEOFF』はわかりにくかったですね。
記録無しではキツイ・・・
つか、記録(DVD)を見てもわかんないですが。

小林さんのお客さんに対する態度については、ムカツク人がいて当然だと思います。
アーチストと客の橋渡しってスタッフの仕事だと思うので、
そのへんのやり方のまずさは、小林さん自身だけでなく周囲のスタッフに責任があるのではと思っています。

ても、それと同時にワタシは、小林さんのお客さんに対する態度を作品として解読するという楽しみ方もしているので、
(http://shiropenk.exblog.jp/11793585とか)
まあ結局、良し悪しかなー、と、まったり見物しています。
Commented by K☆SAKABE at 2009-12-01 19:10 x
いまさらですが、私、劇場で観劇しながらメモします。
(学生時代(かなり以前)からやってます。)

ただ、ステージから見て気になるような取り方はしてないつもり。
一度も注意されたことはありませんし。

どんな取り方してたんでしょうね。
(大喜利猿の会場って客席明るいの?)
そっちの方が疑問でしたね。
Commented by k_penguin at 2009-12-01 23:41
ワタシもすっかり年老いて、登場人物の名前や演目などを忘れやすくなったので、
メモを取りたいと思っているのですが、
悲しいかな、1度に2つのことができない体質で、ペンを持ったまま固まってしまいます・・・。
小林さんの舞台は、指を折りながら演目の数を数えておいて、
終わってから劇場の外で速攻でメモしています。
Commented by K☆SAKABE at 2009-12-04 19:35 x
学生の頃(完璧に昭和の話)はお金が無いのでパンフを買えなかったこともあって、再演ものや古典などでは演出や台詞の解釈なんか、気になる事を箇条書きにしてメモしてましたね。
(そっちの勉強してましたし。)
現在はパンフも買えるし、ネットで情報を得られますからそうゆうメモはしなくなりましたけど、役者の所作やイントネーションなど、気になったら「メモ」って感じですかね。
アンケートにしっかり書きます。
嫌な客ですね。

別に「メモ」を推奨するつもりはありません。
「メモ」じたいはマナー違反ではありませんが、要は取り方なんでしょうね。
デリカシーの問題?なんじゃないかなぁ。
Commented by k_penguin at 2009-12-04 21:18
>「メモ」じたいはマナー違反ではありませんが、要は取り方
 そう考えるのがふつーですし、
小林さんの舞台においてもその考えに沿って行動しておけば問題ないと思います。

記事における小林さんのコメントって、
ふつーであれば気にならないことが気になってしまう自分への嫌悪感から
やつあたりしてるだけのものだと思います。

そーいえば、小林さんが、キングコングの西野さんに会いに行ったとかきいて、
(ノ∀`) アチャー 
・・・と、ちょっと笑いました。
西野さんは客とトラブる方だそうなので、
何かの参考になるかもとバニーは期待したのかも知れませんね。
Commented by K☆SAKABE at 2009-12-05 02:10 x
ちなみに、私の見た本当に居た自由な客。

その1 上演中、ペンライトで漫画読む客。

その2 ありえないボリュームの嗚咽。

その3 前から3列目の席でオペラグラス。
Commented by yuma at 2009-12-05 12:29 x
こんにちは。久しぶりにお邪魔します。

私も、メモの件はよっぽどフリーダムな方だったんじゃないかと思っています。

大喜利は客席は普通に暗かった気がしますけど、小さい会場で最前列とかなら見えるかもしんないですね。

皆さんのコメント読んでいて何となく、最近大学とかでテレビを見るように授業を「見る」子が多い、なんて話を思い出しました
(´Д`)
Commented by yuma at 2009-12-05 12:39 x
>SAKABEさん
なかなかすごい方に遭遇されてますね(笑)
2はまぁ、分からないでもないですが、1は・・・無理やり付き合わされでもしたのかなぁ・・・?
3もすごいですね(笑) メイクの研究でもしてたのかしら。
Commented by k_penguin at 2009-12-05 13:09
>K☆SAKABEさん
わたしも、上演中にメールチェックしている客はみたことがありますが、
その劇が殺人的につまらなかったので、自分的に許しました^-^)
あと、ほかの客とは全く違うタイミングで一人だけ甲高い声で大笑いする女性客が斜め後ろにいて、イライラしたことがあります。
何がツボにはまるかは確かに人それぞれですが、
しーんとしているときに甲高く笑うことを繰り返されると台詞も聞き取りにくくなるし、腹が立ちますねー。
Commented by k_penguin at 2009-12-05 13:09
yumaさん
>メモの件はよっぽどフリーダムな方

 小林さんのコメントには、メモの取り方の描写がありません。
また、「富良野、かでる、BLOCH、全公演で」「客席にメモを取っているお客様を何人かお見かけしました。」ので
ついにBLOCH公演のアンコールで声をかけた。
となっています。
ここからすれば、たまたま特に目立つやり方でメモをとる人が1人いたわけではなく
通常の方法でのメモ取りが気になったのだ、ということになります。
小林さんは、メモというふつーの行為が気になりだして仕方なくなった自分の話をしたのであって、
観劇マナーの話なんかしていないんですね。
スタッフなどがこれを観劇マナーの問題だとして処理しようとするから、
「TOWER」のチラ裏マナー講義みたいなおかしな感じになっていくのだと思います。
Commented by yuma at 2009-12-05 14:37 x
あ、ホントだ。何人かって書いてある。
私はてっきり、目立つメモ取りする人があちこちの公演に出没したのかと思ってました(@_@;)

でもやっぱ、不特定多数向けの体裁をとった特定少数向けな感じもするんですよね、何故だろう。私の思いこみ?

コメントが単純に彼の気持ちの問題だとすると、「理由」が浅過ぎるのが気になります。人前に出す用の自主規制だとしても・・・
Commented by K☆SAKABE at 2009-12-05 17:31 x
yumaさん
お久しぶりです!

>2はまぁ、分からないでもないですが
厳密なことはわかりませんが、実は劇場でのマナーとしては、これがマナー違反にあたるんじゃないでしょうか。
雑音を発する行為は、演者にも客にも迷惑なこと。
penguinさんの遭遇された甲高い笑い声のご婦人も、アウトだと思います。
今頃の寒い季節になると、客席のあちこちでくしゃみや咳が聞こえてきますけど、それも本当は慎むべきなんですよね。
たまに劇団の公式HPとかで、「くしゃみや咳をする場合は、ハンカチやタオルで口を押さえてできるだけ小さな音で・・・」みたいなお願いが、看板役者の名前とかで罪のない感じで出てたりします。
本来そういった症状があれば観劇しない、って言うのがマナーなんでしょうが、そんなこと言ったら冬の公演は成り立たないでしょうね。
Commented by K☆SAKABE at 2009-12-05 17:32 x
雑音じゃなくても、以前歌舞伎役者にストーカー行為をしていた女性ファンに、「半径500メートル(?記憶が定かじゃないですが)以内は近づいちゃダメ」って言う裁判所の命令(?すみませんここもあやふやです)が下ったことがありました。
つきまといや思いこみもあったようですが、いつも劇場の最前列でその役者さんだけを凝視してたとかで、ようは彼の出ている劇場に入れなくなったんです。
3列目のオペラグラスも危険かも・・・
あ、漫画読んでたのは1000以上のキャパの劇場で、しかも慰安旅行の団体客(だいたい察しはつくと思いますが)らしかったので、ある意味同情しますけどね。
以前バレーダンサーの熊○○也が、同じ劇場に人の勧めで来てみたけど、つまんなくて途中で退席して当時併設されてた遊園地で遊んでたって演劇雑誌に出てました。
同業者としてのマナーは正解なのかと疑問でした。
マナーって何なんですかね。
Commented by K☆SAKABE at 2009-12-05 17:33 x
penguinさん
>小林さんが、キングコングの西野さんに会いに行った
この夏、ソロライブをドタキャンしてましたね。
正直、「何演るつもりだったんだろう?」って思いましたけど。
って言うか、何のために会いに行く?
次のキャラクター探しでしょうか?

あ、長くなっちゃった。
Commented by k_penguin at 2009-12-05 19:01
>yumaさん
>不特定多数向けの体裁をとった特定少数向けな感じ

ワタシが感じたイメージは、
みんなに「なぜ客に文句いったりしたんだ?」と詰問されて
涙目でいいわけと自分の中の独り言が混じった弁を繰り広げる中二病。
 ってとこですね。
理由が浅いのは、それが言い訳のための理由で
あまり重要ではないためだと思います。
ネットでのメモ公開なんて何年も前から行われていたことなんですから、
そんなに嫌ならもっと前にそう言っているはずです。


>K☆SAKABEさん
>キンコン西野さん
あー、ありましたね、ドタキャン。
完璧な舞台ではないものを客に見せられないから、
的なことを言っていましたっけか。

完璧にこだわる点は小林さんと似ていますが、
彼は横山やすしに似て、客とのトラブルをバネにして自分の芸を高めようとテンションあげるタイプの方だと思います。
根が負けず嫌いなんでしょうね。
彼は小林さんには決して腹を割って話さないと思いますが・・・
 まあ、他人のことだからいーけどさ。
Commented by yuma at 2009-12-06 09:15 x
>SAKABEさん
理解できるのは事情というか心情というか。マナーとしては微妙なラインな気もしますが、せめて「音量を押さえよう」という姿勢は欲しいかも…
日本は欧州と比べると、音をたてることが他者の静寂という権利を害するという発想が乏しいとも聞いたことがあります。ホントなのかな。

>ペンギンさん
あぁ、そんなこと言ってくれる人、居たら良いな(笑)

西野さんの件は、西野さんのブログにも書いてありましたね。もう一年くらい前かな?彼が絵本を出したりした頃だった気がします。
Commented by k_penguin at 2009-12-06 18:08
  最近の小林さんのイメージって、
  涙目になってる感じが多いなあ・・・。
(´-`).。oO
Commented by uari at 2009-12-16 19:12 x
はじめまして。uariと申します。3年前の記事にもしかしたら話題が違うかもしれませんがつい足を止めてしまいました。
全て読んではないですがこちらのサイト小林さん又は作品に対する解釈、頭が下がります。
私は最近ラーメンズにはまったばかりで初めはこのサイトを胸糞悪いな、嫌いなの?好きなの?もう少し気楽に楽しめば良いのにな、なんて思っていたのですが、ラーメンズのいろいろな作品を見ていくうちに、面白いのだけれど不安でしょうがないという気持ちになり、再度読ませていただいたときになるほどなと感じるようになりました。
面白いは面白い。でも言葉が足りない、ことばにできない。
小林さんの内面が出ちゃってるんですね。
片桐さんは現実の世界にいる人だけれどいつか小林さんは消えちゃいそうに見えます。というか実在するのか?
特にKKPやPOTSUNENを見るとそう感じます。
乱文で本当に失礼しました。
Commented by k_penguin at 2009-12-16 22:37
uariさん初めまして
コメントありがとうございます。

小林さんの作品を見て、不安な心持ちになる方もいれば、そうでない方もいるようです。
当ブログは不安な心持ちになる方を読者として設定している、
というところでしょうか。
徒然なるままに書いているうちに記事が増えてしまいまして、
しかも、たくさんの方からコメントいただいてコメント欄も充実しまくっているので
最近読み始めた方は大変だと思います。
私も時々以前の記事やコメントを読み直してまた考えたりしています。

>いつか小林さんは消えちゃいそう

 作品の中の小林さんはなんだか心細そうですよね。
特に最近その傾向が強くなってきています。
でも、現実と作品は往々にして異なるので、
結構リアルではけろっとしているのかも(^-^;
とりあえず、仕事人間の小林さんは
舞台がある限り消えはしないと思います・・・。
Commented by たくあん at 2010-01-23 04:32 x
こんにちは。検索で目立つ所に居たので(笑)お邪魔させて頂きました。
小林さんの事は「結構好き」ぐらいの人間なので、このコメ欄の方達ほど深いアレが有るわけではないのですが・・・見当違いならごめんなさい。

確かにサービスの提供者が発したコメントとして不快に感じる方もいらっしゃるとは思います。「漠然とした事言うな」というのも理解してるつもりです。

でも、小林さんのコメントを読むと、客との距離が離れて行ってる感覚というか、「臨場感の希薄さ」を感じたのだと思うんですよ。舞台上での心細さとでも言うんでしょうか。
もし自分がそう感じてしまったら、こういうコメント書いてしまうと思うんですよね・・・
「自分が人前でこんな事やってんのは~」的な。

何が言いたいかというと、スタッフが勘違いしないことを祈ってます(笑)
Commented by k_penguin at 2010-01-23 13:45
たくあんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

小林さんが「舞台上での心細さ」的な気持ちからこのコメントを書いたのであって、
他意はないであろうことはワタシもわかっています。

でも、一般人の個人ブログと、芸能人の公式HPじゃ影響力が違います。
現実にこのコメント1つで、
メモは禁止であるとか、メモをしている人を見かけたらスタッフに言いつけて注意してもらおう、とか、
めんどくさい誤解をする方が増えているようです。
小林さんも表現者の端くれならば、公式HPで誤解を招くような表現は慎むべきだということくらいわかっていて欲しいのです。ワタシとしては。

>スタッフが勘違いしないことを祈ってます

スタッフは劇場マナーについては、何かくどくど言ったりチラシ配ったりしてますが、メモに関する事項はその中にはありません。
2006年のこのコメント以後、小林さんもメモに関して全く言及していません。
このコメント自体もう公式HPから消えています。
つまり、この件に関しては、
「無かったことにしたい」
と言うことなんじゃないかと思います。
まあ、それを明言しない以上、無かったことには決してなりませんけど。
Commented by at 2010-02-27 19:14 x
てか、やってほしくないっていてるんだから
やめればいいじゃないの?
いちいち批判、クレーム、うぜーよ
なにか突っかかることがあったら
すぐ言うんじゃねーよ。
Commented by k_penguin at 2010-02-27 22:34
でも、メモについては
「やってほしくないっていて」ないのは
確かですからねえ・・・。

やってほしくないって言ってないのに
「やめればいいじゃないの?」
とかいう方が出たら、
これは何か言いたくなりますねえ・・・。
Commented by niwaka at 2010-05-30 16:43 x
ざっとしか読んでないけど
好きな人が、少なくとも好ましく思ってないって事なんだから
止めればいいんじゃないのかなーと思うけど
それって変な事なの?
Commented by k_penguin at 2010-05-30 17:11
変じゃないですよ。
まあ私は小林賢太郎が別に好きではないですから
関係ないですけど。

あ、ついでに
小林さんは
「メモを好ましく思わない自分」を好ましく思っていないようなんですが、
そういう場合はniwakaさんとしてはどうしますか?

ふと知りたく思ったので,尋ねてみます。
Commented by 雑文申し訳ありません at 2010-06-01 01:02 x
小林さんの書いたことは、公園に「いつも綺麗に使ってくれてありがとうございます」という張り紙をしたようなものだと思っています。
少しでも良心がある人はゴミを捨てることをためらいますが、
一部の人はこれを読んでも何も考えずに捨ててしまいます。

小林さんは公演に来てくれる人を信じすぎていたのではないかなあ。
ファン同士の自浄作用に期待してしまっているというか。
ファンといっても所詮こんなもんですから、メモをはっきり禁止するべきだったと思います。
Commented by k_penguin at 2010-06-01 12:39
メモを禁止したいのであれば
はっきり禁止すべきだという点には同意します。

ただ、小林さんがはっきり禁止しなかったのは
自浄作用に期待したからではないと思います。
メモ行為自体が悪いことやマナー違反であると
彼は一言も書いていないからです(録音行為については書いていますが)。

上のコメントにも書いたように、
小林さんは「メモを好ましく思わない自分」を好ましく思わなかったので
メモを禁止なぞしたらますます自己嫌悪に陥るから
メモを禁止しなかっただけだと思います。

ファンの間で「メモは禁止だって小林さんは言ってる」と言うことは、
結果として彼が避けたいと思っていた状態を作り出したことになると思うのですが、

 …まあ、自業自得ですね。
Commented by black_pug at 2010-06-30 01:16 x
はっきり禁止しなかった、というのにそこまでこだわるんですか?
小林賢太郎自体の葛藤のままのコメントであるように私は思いました。劇場で彼(と片桐)と観客の対話のような、真剣な場であるべきと考えている。でも観客は様々な観客がいる。そういう観客もいればそうでもない観客。楽しみ方は色々。それを彼自身がどうこうする資格は無いと自覚はしているのだけれど、でも、、、っていう葛藤かなと。

恐らく彼の実体とは劇場でしか会えないと思うんです。なのでDVDやテレビでしか見ていない私には小林賢太郎がふわふわした存在に思えます。

う〜ん、何を言いたいんだ。。。

でも、ここまでこの件に関してまじめに解析しようとするブログは初めてです。また見させていただきます!
Commented by k_penguin at 2010-06-30 13:06
black_pugさん
コメントありがとうございます。

そこまでこだわる、とゆーか、
この記事にはいっぱいコメントがつくので、
レスしながらぽつぽつ考えていたらこんな長くなりました。
この記事書いてからそろそろ4年目になりますし。

彼が自分の中の葛藤というか、思ったことをそのまま書いただけであろうとは
私も思うのですが、
しかし、あのメッセージは一般にはそうは取られていなくて、「メモ禁止」と受け取られてしまったし、
そういう誤解があろうことを考えないで
受け手への配慮に欠ける公式メッセージを書いたのは良くないと私は考えています。

当ブログは小林さんの作品解釈についても、
コメ欄のみなさん含めかなり「まじめに解析」しています。
「小林さん」タグからどうぞ
Commented by ぷー子 at 2010-09-04 19:01 x
ここ、すごいですね(笑)
小林さん、何か行動を起こす前には完璧に自分の考えをはっきりさせる人と思ってたので、こういう煮え切らない感じなのを見つけて新鮮で興味深かったです。
作品見る限りではすごく几帳面で完ぺき主義で、ばりばりの憂鬱質人と思っているので。完璧を常に求めていて、本当にそれをやれちゃう人、と。
やっぱり完璧な人間はいないんですね、安心しましたw

前置き長くなりました。

私も、ここのコメント全て読んでからもう一度抜粋記事を読みました。
すると確かに、「メモする」行為自体を嫌がっているようには読み取れませんでした。
ネットに流すこと、「誰かにパス」することは遠慮してください、てことですよね。

続く↓
Commented by ぷー子 at 2010-09-04 19:02 x
私は彼を知ったのも作品を見たのも海外で、生の舞台を観たことはないのですが。
彼の作品、ちゃんと理解したいと思ったらメモするのも必要かも、と思いました。何回も観てやっと「あぁね~」とわかることもあるし。
でも舞台はそんなに何回も観れないし、そのリアルタイムの「生」の空間で、出来るだけ理解したいと思うのは、表現者に対して失礼なこととは思いません。その手段としてメモを用いるのも。
むしろ、なんとなく観て「かっこよかった~」だけで終わってしまうよりは意味がある時間を持てると思います。

ただ、きっと「賢太郎さんはメモすることも嫌がってるんだ!!」と解釈したファンの方なんかが劇中メモをする人を見つけたら余計にイラッとしてしまうんでしょうね。禁止されていると思うことに必要以上に神経質になってしまう。

そういう意味では賢太郎さんの発言って、むしろ舞台を純粋に楽しめる客を減らしているような気もするなぁ。。。

今度、ロールシャッハを観に行けることになったのですが、メモとる準備していくか迷っています。。
注意されたら止める程度で行こうかしら。。
Commented by k_penguin at 2010-09-04 22:02
ぷー子さん、コメントありがとうございます。

ワタシが見るに小林さんは作品作りについては完璧で几帳面なんですが、
それ以外のことは割と感情的な行動をとったりすることもあるようです。
気に障る客に対してつい舞台から怒鳴ってしまって、
後で公式HPコメントで落ち込んでいることは、
この記事のコメントのとき以外にもありました。

小林さんが客に要求している「マナー」については、
公式HPの「観劇のコツ」に書いてあることが、
全てととらえていいと思います。
そこではメモは禁止されていませんから、メモは常識の範囲内でして良いのだと思います。

ワタシも年を取って、小林さんの舞台に限らず
メモしなければ役名も覚えられなくなってしまいましたが、
普通はみんな舞台を見ていて、他の客の手元なんて見てませんからねえ。
ふつーにやってるかぎり大丈夫だと思いますよ。
Commented by ういろう at 2010-09-05 23:02 x
スクロールバーが小さくなっていますが、
私もこのエントリ伸ばします。

小林さんご自身が、さまざまな問題をごっちゃにしているため、
受け取り手の解釈が分かれるのは、当たり前だと思いました。

もしもメモ取りそのものが不快ならば、
素直に禁止すればいいのに、と私は思います。

「メモを取る等の行為は、他のお客様の観劇の妨げになる可能性がありますので、ご遠慮ください。」

など、書きようはあると思うんですけどね。
行為自体が目障りだと思う人もいますから。

元オチケンの小林さんは知っていると思いますが、
99年に談志さんが居眠りしているお客さんを高座から注意し、
裁判にまで発展したことを思い出しました。

「居眠りは演者の意欲をそぎ、
演目の続行に重大な障害になることがある。
退出を求めた主催者の行為は社会通念上、
相当と認められ、違法性はない」

と、裁判官はおっしゃって、
居眠りの罪深さに私はたじろぎつつも一応納得。
Commented by ういろう at 2010-09-05 23:02 x
でも、小林さんは、注意することを良しとしていないようにも見える。
同時にメモ取りを不快だとも行間で言っている。
いや、レビューをサイトに掲載されることが厭なのか?
やっぱりハッキリしない(苦笑)。

中途半端に「いい人」やりたいなら、
中途半端なこと書くなよー、って思っちゃいます。
決めごとを作るなら、多少は反感を買う覚悟も必要だと思うのですが。

ところで、公式サイトの「観劇のコツ」なのですが、
「ラーメンズ」、「KKP」などで検索しても、
簡単には辿り着きません。

右上の、程よく背景に溶け込んだアルファベット、
たとえば私のような片桐好きの訪問者は、
頻繁にはクリックしません。

「小林賢太郎」で検索する人だけに訴えているのでしょうか。
じゃあ、私には関係ないや、と屁理屈を言いたくなります。
周知させるにはこちらも中途半端です。
Commented by k_penguin at 2010-09-06 00:58
ういろうさん、名物エントリへのコメントありがとうございます。

聞いた話ですが、
バカリズムのライブでは事前の場内アナウンスで
「ソフトの売り上げに重大な影響を及ぼしますのでメモもネタバレも禁止」
の放送があるらしいです。
これくらいきっぱり言うと、潔いですね。

談志さんの裁判の話、面白そうですね。知りませんでした。
どうもありがとうございます。
ちょっと調べてみたら、客席の最前列中央部に座っていた客のようですね。
客が居眠り-談志怒って独演会中断-主催者客を退席させる。
という事実関係のようです。
最前列中央部という客席位置も影響している判断だと思います。


>小林さんは、注意することを良しとしていないようにも見える。

「観劇のコツ」もコツといいつつ実態は注意orお願いですからねえ。
タイトルだけ変えても仕方ないと思うんですが
客に嫌われたくないんでしょうかねえ。

>決めごとを作るなら、多少は反感を買う覚悟も必要

小林さんに決めごとを作る度胸はありませんよ。
Potsunen Dropチケット問題が良い例です。
…一方的な命令なら出来ますけどね。

「観劇のコツ」は実はワタシも
私には関係ないや、と思ってますw
Commented by 無名 at 2010-09-06 17:28 x
小林さんを本当に好きなら、文字だけで分からないとか文句を言うより、彼の真意を知ることなんて不可能なのだから、思いやりを持つべきだと思います

メモを取るのは社会的に尊重される行為、なんですか?
ちょっと意味がわかりません
Commented by k_penguin at 2010-09-06 20:57
無名さん、コメントありがとうございます。

ところであなたの言う思いやりって、具体的にどうすることなんでしょうか?
メモについての小林さんの真意が分からないのに、
勝手にメモをしないでおこうと決めることが
思いやりってことですか?
それって、「思いこみ」って言うと思いますが。

メモを取るのは社会的に尊重される行為、です。
それは事実です。
あなたがここに書き込む行為が
尊重される行為であるのとほぼ同じ理由です。
Commented by at 2010-11-25 15:11 x
>メモを取るのは社会的に尊重される行為、です

↑いやいや意味わからん
Commented by k_penguin at 2010-11-25 21:02
自己中な方にはわからんでしょうな。
Commented at 2010-11-30 22:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by k_penguin at 2010-11-30 22:37
非公開コメントさん、コメありがとうございます。
このコメント欄がお役に立てたようで、嬉しいです。
他の記事もどぞよろしく。
Commented by k_penguin at 2010-11-30 23:30
ところで、コメントをちょっとさかのぼって読んでみて、ここ最近
「メモを取るのは社会的に尊重される行為」
という私の主張の「意味が分からない」
という方が2名連続で出ていると気がつきました。

「意味が分からない」という発言の趣旨が
「自分と違う意見の意味なぞ分かりたくもない」ということなのであれば
別にほっといてもよろしいのですが、
本当に「分からない」のであれば多少問題かなと思います。

私としては、コメントの結構初めの頃から繰り返し
メモを取ることの重要性について述べてきたつもりなんですが。

おっさんくさい言い方ですけど、
もーすこし、
他人(自分と違う意見の人)に対する想像力を働かせて欲しいなって思います。

これは小林さんに対して言いたいことでもあります。
Commented by けちゃ at 2011-01-11 02:06 x
お初にお目にかかります。
安易な気持ちで小林さんを検索してみたらぶつかりました。
凄い・・・ですね。
4年もこうやって意見交換をしているってことですよね?
それは本当に気力のいることだと思います。
私もメモは取っています。
たぶん舞台から分かるくらい凄い勢いで。
ですから、小林さんのコメントを呼んで落ち込む側でした。
でもそれは、小林さんの気分を害したから、というわけだけということでもなく、何やら、皆さんほど自分の意見を持っていなかったことに関する自己嫌悪が多分に含まれているような気もします。
見る側でもあり、素人ながらやる側でもあります。
まだまだ人様に与える影響を考えられない未熟者だったんだなぁと。
小林さんを大事にしたいという主張も、発言は明確にするべきだという主張も、”主張”であるだけで凄いです。
私も、自分の正しさを持てるようにもう一度考え直そうかと思いました。

という、だけの。
感謝のコメントです。
良い機会をありがとうございました。

あ、難しいことは分からないので、小林さんのコメントの社会的な?正当性?についてはまだ考えが及びません(汗
すみません!
Commented by k_penguin at 2011-01-11 22:01
けちゃ さん初めまして。コメントありがとうございます。

4年、と言われて私もびっくりです。
別に気力を尽くしてやっている、と言うわけではなく、
ときどきコメントが入るのに答えていたら、4年経っちゃった、という感じです。
(小林さんの公演があるとここにもコメントが入る傾向にあります)

たださすがに長くやってると、いつも同じコメントばかり返すのも飽きてくるので、
 発言は明確にするべきだ、という主張だけでなく
 メモを取るのは社会的に尊重される行為だ、という主張もしてみたりしてます。

けちゃさんは、メモについてさしたる意見を持っていなかったことを嘆かれておられますが、
メモなんて普段から何気にする行為について、いちいち意見など持っていないのが普通だと思います。だから、がっかりなんてすることはないです。
普段何気にする行為でも、赤の他人がいる場所でやれば「社会性」を否応なしにもってしまうものなんですね。

小林さんのコメントと、コメントしてくれた皆さんのコメントのおがげで、
考える機会を得られたことを
私も感謝しています。
Commented by ジョン at 2011-04-06 12:49 x
とても前に書かれた記事にコメントして申し訳ありませんが、どうしてもこういう意見もあるのだと知ってほしいので失礼します。

みなさんがおっしゃるような、そんなに悪いコメントなのでしょうか、これ。
個人的にはとても好感をもてたコメントだったのですが、皆さん思った以上に反対意見が多くびっくりしてしまいました。

メモを取られることは少し不快です。ネットで流用は遠慮してほしいです。みなさんにはみなさんの権利があるので強要は出来ませんが、せめて私の気持ちだけでも知ってもらえるとありがたいです。心の狭い男ですみません。

要約するとこういったところでしょうか。
わがままな意見だけれど、どうか出来るだけ攻撃的にならないよう、でも自分の気持ちもわかってほしい。そんな心の葛藤が見えて、この文章からとても暖かい優しさを感じたのですが、この意見は少数派なようです。

乱雑な文章で伝わりにくくなってしまいましたが、とにかく、私は彼の文章に好感を持ち、そう思った人もいるということだけ伝えたかったのです。
Commented by k_penguin at 2011-04-06 19:44
ジョンさん、コメントありがとうございます。
要約、上手にできていると思います。

しかし、あのメッセージは一般には要約のようには受け取られていなくて、
「メモ禁止ってことを回りくどく言ってるだけ」と受け取られてしまっているようです。
小林さんの公演でメモして良いのか悪いのか、
こそが読み手の興味の中心だからです。
小林さんの公式メッセを読む人の多くは小林さんの公演に行く人だから
それは当然のことです。
それなのにそういう誤解がされる危険を考えないで
読み手への配慮に欠ける公式メッセージを書いたことが良くないと私は考えています。

確かにジョンさんが言うように、彼のコメントからは心の葛藤がみえます。
ワタシはそれは「暖かい優しさ」から来るものではないと思ってますが、
彼のあのコメントは嫌いではありません。
また、彼のコメントに対する好き嫌いは、個人の好みの問題で、
私がどうこう言うことではありません。

ただ、内心の状態の叙述なのに、客に対して何かを要求するように読めるメッセージを書いたことは、良くないと私は思います。

好き嫌いではなく、良し悪しです。
Commented by 名無し日本代表 at 2011-05-09 17:49 x
まったく、少しコメントされたくらいでこのサイトに文句を書くなんて・・・ガキか・・・アホくせえ
Commented by k_penguin at 2011-05-09 22:58
誰に言ってんの(・_・?)
Commented by ヤギ at 2011-05-31 01:50 x
はじめまして。

最近になってこの記事を知り、主さんやいろんな方々の長きにわたるコメント大変興味深く読ませて頂きました。今更かと思われるかも知れませんが、、コメントさせて下さい。

はじめに、私は主さんのように、目の前の作品を深く理解したいという心理から「書きとめ」程度にメモをとられる事は良いのではないかと思っていますが、ライターになる必要はないと考えています。

本来、観客は楽しむ為にそこに来たはずです。人それぞれ楽しみ方は自由ですが、記録する為に観ているのではないと思います。
Commented by ヤギ at 2011-05-31 01:52 x
少し例えが違うかも知れませんが、、この記事を読んで私が真っ先に思い浮かんだ事は、運動会で必死にビデオをまわす親御さんです。
私も子を持つ親として気持ちはわかります。十分にわかります。でも私は録りませんでした。思い出として残してやりたい、遠く離れた祖父母に見せてやりたいなどなど葛藤はありました。でも私はやはり、まず自分の目に焼き付けたい。この一瞬しかないからこそ、カメラを気にしながら観るより目の前の頑張っている姿を今、味わう事が最善なのではと考えました。
Commented by ヤギ at 2011-05-31 01:53 x
おこがましいですが、小林さんもそういう気持ちだったのではないでしょうか?

自分が一観客とするならば、今を楽しみ、味わう事に、後の為記録する行為は妨げになってないですか?と投げかけていらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、自分としては妨げになると感じますと。もちろん楽しみ方を誰が決められるものではありません。だから「わがまま」として伝えるしかなかった。

確かに、曖昧な表現になるかもしれませんが、それがその時の小林さんの正直な気持ちならば、それでいいんじゃないでしょうか?
Commented by ヤギ at 2011-05-31 01:54 x
観客と演者との距離感はやはり微妙なんだと思うんです。そしてその微妙な距離とバランスをとりながら、いかに作品で観客の心に近付けるかという、実に難解で不思議な作業をしているんだと思います。
その距離のとり方に、正しいも正しくないもないんです。答えなんてないからです。その距離のとり方も、作り手次第、表現者次第だからです。
そのやり方を好む好まないはあると思います。それはそれぞれ受け取り手の感性に委ねるしかない。
だから良し悪しという問題ではないんだと私は思います。
本当に長々と失礼しました。ここのコメントの数々を見て沢山の考えが巡りました。とてもいい機会を頂きました。
ありがとうございました。
Commented by ういろう at 2011-05-31 07:40 x
ヤギさん、k_penguinさん、横レス失礼いたします。

これは「良し悪し」の問題だと思います。
しかしながら、好みの問題と混同している人が多いように感じます。
私がそれを嫌っていても、あなたにはそれする権利がありますよ、という話だと思っています。
Commented by k_penguin at 2011-05-31 21:19
ヤギさん、コメントありがとうございます。
このコメ欄でのやりとりがヤギさんのお役に立てたようで、嬉しいです。
「観客と演者との距離のとり方」については、
きっとヤギさんの言われるように正しいも正しくないもなく、良し悪しという問題ではないんだと思います。

しかしワタシがこのエントリを通じて一貫して言っているのは、
彼のメッセージは、誤解を招きやすいという意味で、良くない。
ということで、
それは「観客と演者との距離のとり方」とは一応別問題だと思います。

なお、
記事中で引用した彼のメッセージは、演者目線でしか語っていません。
だから
>自分が一観客とするならば、今を楽しみ、味わう事に、後の為記録する行為は妨げになってないですか?
 とは、彼の(少なくとも当時の)気持ちではないと思います。
Commented by k_penguin at 2011-05-31 21:26
ういろうさん
確かにメモについては「好き嫌い」と「良し悪し」を混同すること山のごとし。
って感じの方も散見され、ときどきぐったりするほどでした。
最近はあんまりそういう方はおられないようですが、
一応公式HPの観劇のなんちゃらでおさまってるのかな?この件に関しては。

でも、考えてみると
「好き嫌い」と、「良し悪し」は難しいですね。
バニー自身、区別できてない感じだしなあ。

小林賢太郎が嫌いなものは「悪い」ものなのでしょうか。
また、小林賢太郎が嫌いなものが悪いものでなかったとしたら、
小林賢太郎が「悪い」のでしょうか。

うーん、難儀ですなあ。
Commented by ヤギ at 2011-06-02 00:11 x
k_penguinさん・ういろうさん
お二方の意見改めて聞かせて頂いて、納得です。
いやぁ~言葉って難しいです。。
ん~何と言うか、、、舞台を観て受け取る時に、初めから次に回す・後に残す姿勢でいるとアンテナが横に向いちゃうよと、伝える側としてはその横向き姿勢が悲しいと。そう感じる事に共感して貰えたらうれしいという希望??
共感しろとは言えない事なので曖昧な感じなんだと思います。
だから、そんな曖昧にしか伝えようのない事をお客に発表すべきじゃないと、そういう事ですかね?
Commented by ヤギ at 2011-06-02 00:18 x
今の私には良いか悪いか判断できませんでした。。
長々コメントしておいてすいません。。
ただ、個人的にはその気持ち自体には共感しています。自分が不器用だという事もありますが、、。
Commented by k_penguin at 2011-06-02 12:48
>そんな曖昧にしか伝えようのない事をお客に発表すべきじゃないと、そういう事ですかね?

 いや単に、
発表するならもっと上手にやれ。
ということですね。
も少し書きようあるじゃないですか。一応プロなんだから。

ヤギさんは、彼のコメントの良し悪しの評価よりも、
彼がどんな気持ちだったかを把握する方に興味があるようですね。

そうであるなら、このエントリのコメント欄や彼に共感したいという期待感に惑わされずに、
小林賢太郎のコメントだけをあてどころにして、読解した方が良いと思います。
公演中の横向き姿勢でいる客が悲しい、という話なら、
公演後のことである、メモのネットでの公開を「ご遠慮下さい」というのはおかしな話です。
公演中、メモや録音どころかうつむいて寝ている客も見かけるし、
あれも舞台から目立ってみえると聞きますが、
そういう、アンテナが横向くどころか引っ込んでる人についての言及がないのもおかしいです。
Commented by にゃん at 2011-06-14 15:10 x
賢太郎さんと長谷川博巳さんが似てるというので検索してたらここに来ました。

私はよく行く講習会があるのですが、そこのことを思い出しました。メモ・録音はもちろん、録画も禁止ではないのですが、やはりそれらの行為によりお互い集中力に欠けるのは否めません。
私が先日、それらに気を取られてる時、講習されてる方の表情が曇ることに気付きました。
やはり、集中して、できるだけその場で理解してほしいし、その方は私がブログを書くことを御存じなので、もしや、という思いもおありなのでしょう。
できるだけ、その場で集中し、メモにしてもできるだけそれを妨げないようにする工夫をすべきだと思いました。それは演者に対する礼儀でもあるでしょうね。
Commented by k_penguin at 2011-06-14 22:16
にゃんさんコメントありがとうございます。
でも
コントライブと、講習会は違います。
生徒に集中を要求する講習会は分かりますが、
客に集中を要求するコントライブって、変でしょ。
コント(or演劇)は客を楽しませるものなんだから。
ワタシとしては、むしろ、なぜにゃんさんが
小林賢太郎の舞台を講習会と同じ性質のものだと
考えられたのかが知りたいです。
Commented by 通りすがり at 2011-06-20 19:21 x
彼の意見は非常にシンプル。
メモをとるのは禁止じゃないけど、できればやらないでねってこと。
Commented by k_penguin at 2011-06-20 21:59
できればメモをとらないでね、
なんてどこにも書いてありませんよ。
メモしてる人にステージから声かけちゃってごめんなさい
とは書いてあるけど。
Commented by 通りすがり at 2011-06-21 20:54 x
書いてはいないけど、できればやってほしくないんです。
声をかけてしまったのは、そういう気持ちがあったからでしょう。
Commented by k_penguin at 2011-06-21 21:24
じゃ、仮にそういう気持ちがあったとして、
それをわざわざ公式でコメントする意味って、
どこにあるんですか。
メモをとろうとしている人にどうしろというんですか。
「できればやってほしくない」では
メモとっていいのか悪いのか、わかんないじゃないですか。
Commented by 通りすがり at 2011-06-21 22:35 x
公式でコメントしたのは、その気持ちを伝えたかったのでしょう。
メモをとろうとしている人がどうするかというと、それはマナーの問題です。
ルールとしては構いませんが、マナーとしては悪いということです。
わからないのではなく、最終的な判断は各自が行うのです。
Commented by k_penguin at 2011-06-21 22:57
観劇中にメモしちゃいけないなんてマナーは無いのに(公式HPの観劇のコツにも載っていない)
小林さんが「できればやってほしくない」というと、
メモは「マナーとしては悪い」ものになるんですか?!
それは初耳です。
私はマナーって、相手への心遣いとして社会が決めているのだ
とばかり思っていましたが、小林さんが決めていたとは。

普通の人なら観劇中マナーを守ろうと思います。
それを知っていて
「ルールとしては構いませんが、マナーとしては悪い」
「最終的な判断は各自が行う」
とかいうことは、

メモは禁止だけど、私が禁止したということにしないで、各自の自由意思ということにしてください。責任取りたくないから。

と言うこととと同じでしょ。
Commented by 通りすがり at 2011-06-22 00:15 x
マナーはルールと違って強制ではありませんので、誰かが決められるものではありません。
演者がいてこその舞台ですから、観客が心遣いをすべき相手は演者である小林さんも含まれます。
心遣いは任意によるものなので、最終的な判断は各自が行うのです。

彼自身も、「僕には何も禁止する権利はありません」と書いています。
メモはルール上、禁止ではないからです。
ただ彼はコント屋として、記録行為などせず生物の舞台を楽しんでもらいたいと思っています。
だから演者である彼への心遣いがもしできるのであれば、メモをとらない方が好ましいということです。
Commented by k_penguin at 2011-06-22 01:11
あなたは「メモは禁止じゃない」といいながら、その一方で
「演者である彼への心遣いがもしできるのであれば、メモをとらない方が好ましい」
と言ってますね。
それってつまり、メモはするべきじゃない。ということでしょ。
マナーにだって、事実上の強制力はあるんですよ。
劇場内の振る舞いに関して言えば、マナーもルールもほとんど同じもので、
名前が違うだけのもんです。

>「僕には何も禁止する権利はありません」
でも、彼には禁止する権利がありますよ。彼の舞台なんですから。
「演者がいてこその舞台」ですからね。任意による心遣い以上のものを要求することが出来るんです。
彼のコメントのこの部分は、はっきり言って嘘です。
彼はやろうと思えば、自分の責任において舞台の「ルール」を設定し
メモを禁止することが出来ます。
それは責任を伴うことだから、多分彼はやりたがらないで
「観劇のコツ」とかあいまいな呼び方で逃げるでしょうけど。
Commented by 通りすがり at 2011-06-23 00:14 x
事実上強制されてると捉える観客であれば、暗黙の了解でメモをとらなくなりますね。
ただし心遣いはあくまでも任意によるものですので、絶対に禁止ということではありません。

演者がいてこその舞台であるのはもちろんですが、観客がいてこその舞台でもあります。
メモは禁止されていないので、観客にはメモをする権利があります。
それを禁止する権利は、演者である彼にもありません。
メモ以外の記録行為(録音および撮影)は著作権の侵害にあたるので、「観劇のコツ」ではそれらの行為が禁止であると言っています。
メモの是非については、最終的に各自が判断してよいものです。
Commented by k_penguin at 2011-06-23 00:23
>事実上強制されてると捉える観客で「あれば」
ということは、
事実上強制しているつもりはないけれど、事実上の強制ととらえる人がいても構わない。
と、いうことなのでしょうか。

「演者である彼への心遣いがもしできるのであれば、メモをとらない方が好ましい」
と説得にもならないことを言っておいて、それを
事実上の強制ではない、というのは矛盾しています。
しかも、できれば事実上の強制ととらえて欲しいのが見え見えですよ。
結局、「あくまでも任意に強制されてね」ってことでしょ。

>禁止する権利は、演者である彼にもありません。
だから、あるって言ってるっしょw
自分の舞台なんだから。
このコメ欄でも紹介しましたが、
バカリズムは自分のライブの注意事項として、メモ禁止をあげたことがあります。
DVDの売り上げに響くから。
と、心遣いをして欲しい理由もちゃんと言ってます。
Commented by K☆SAKABE at 2011-06-23 18:58 x
割り込み申し訳ない。

著作物を作者(演者)より早く世の中に出すことが可能な客に、ネタをメモされててネットで流されちゃ商売上がったりなんですよ。
しかも「猿」は本で発売なわけでしょ。
そうゆうこと全然言わないで、抽象的な表現であんな風に言われたら小林大好きな客は「賢太郎が嫌がっているんだからメモっちゃ駄目」って言う解釈になって当然です。
でもそれはマナーではなく、演者(小林)への心使いですよね。
この「メモ騒動」って、根本に「賢太郎がいやがってるんだから」っていうファン感情が絡んでいる以上、マナーとかルール以前の問題な気がします。
Commented by k_penguin at 2011-06-23 23:16
SAKABEさん
メモ騒動の当初は、正直心遣いなんて立派なもんじゃなく、
 賢太郎が何が好きで何が嫌いか知りたい!そして吹聴したい!
というファン感情にすぎないという気がしたもんです。
今は一応落ち着いて、
 小林さんの心のつぶやきに過ぎないんだからとりたてて騒がなくても良いじゃないか、
みたいな感じになってきましたけど。
Commented by k_penguin at 2011-06-24 01:17
通りすがりさんと私の意見の相違は、
何をもって「強制」というかor「任意」というかの考え方の違いだと思います。
違反すれば劇場からつまみ出されることをもって初めて「強制」というのであれば、
違反しても、「心遣いが出来ない人だ」と周りでひそひそ言われたり、twitterで「マナー違反してる奴がいた」とぼやかれたりする程度では、「強制」とはいわないでしょう。
通りすがりさんはこのような考えと思われます。

しかし、劇場においてつまみ出されるということは、よっぽどなことをした方です。
携帯をいじったりする明らかな違反も、少々では追い出されません。
マナーと呼ばれる劇場内の規範は、咳払いをしたり、twitterでぶーぶー言ったり、というようなことで、基本的にその実効性を確保しています。
であれば、この場合はそのようなことをもって(事実上の)強制、と呼ぶのが妥当ではないか、
というのが私の考えです。

このように、強制-任意は、場合に応じてその定義を変えます。
どちらにしても、客の行動の自由と周りの客の利益、演者の利益のバランスを図ること、つまり心遣いが重要です。
Commented by 通りすがり at 2011-06-24 01:59 x
1時17分のコメントが非常に気持ちのいいまとめ方だったので、満足です。
うまく収束していただけたことに内心ほっとしております。
ただの通りすがりですが、素敵な議論の時間をありがとうございました!
Commented by k_penguin at 2011-06-24 20:24
こちらこそいろいろ考える機会をいただきました。
どうもありがとうございました。
なにか思うことがあったら、また通りすがってください。
Commented by よしもぶ at 2011-07-04 04:13 x
4年も経ってて正直この話題がうざくなってるだろう所悪いんだけど、
カニを食べる風景を想像してみて欲しい。


カニの食べ方って、身をでろんと出して食べるテレビ的な食い方と、
ひたすら穿って皿に身をたんと集めてから食う方法があるよね。
コバケンがカニの料理人だとして、何もせず舞台を熱心に見る客が
前者の食い方で、メモ録音その他ごそごそする客が後者の食い方を
する人ってことね。


元の文章では、ネットで公開すること、つまり「穿って集めたカニを
持って帰って他の人にあげるのはやめて!」って言ってるだけだけど
察するにコバケンとしてはもう「カニを集めて食うのやめて!集めて
食う美味しさもわかるけど、せっかくのカニなんだから、でろんと
してバクっと豪快にいって!」って気持ちなんだろう。
Commented by よしもぶ at 2011-07-04 04:14 x

結局、どう食おうがカニ食ってるだけだし、そこになんの縛りもなくて
ただ美味しく食べればそれでいいだけなんだけど、余裕があれば
料理人の意を汲み取ってやってもいいんじゃない?ってだけの話だよね。
どうしても穿りたいなら穿ったらいいし、コバケンのためにでろんとする
もいい。マジでそれだけの話で、こんな事k_penguinさんだってとっくに
理解してるだろうし、難しい話持ち出す話題でもない。今更蒸し返す
話題でもない。うん。ほんとすんません。

まあそういうわけで、大事なのはカニを旨く食うことなんだから、
俺たちはカニが不味かった時にこそ、全力でクレームすればいいだけ
なんだと思いますが、どうでしょう。あぁ、カニが食いたい。
Commented by k_penguin at 2011-07-04 21:49
よしもぶさん
コメントありがとうございます。
でもカニのたとえはちょっと適切じゃないように思います。
メモ録音その他ごそごそする客が問題なのは、
舞台を見ること1つに集中してないから、ですよね。
でもカニをひたすら穿る人以上に1つのことに集中している人っていないと思います。

小林さんは
客席でごそごそすることには言及していますが、客席で眠り込む、という典型的な舞台に集中していない人をあげていません。
それからすると、彼の意図は
お客に舞台に集中して楽しんで欲しい、というより
客席でごそごそされると舞台から目障りで嫌。
っていう自分の気分を言ってるだけととらえるのが近いと思います。

>俺たちはカニが不味かった時にこそ、全力でクレームすればいいだけ
 だからワタシは、
この小林さんのメモについてのコメントという「カニ」が不味いとクレームを付けているのです。
Commented by よしもぶ at 2011-07-05 03:00 x
お返事ありがとう。たとえが悪かったようで、申し訳ない(笑)

>でもカニをひたすら穿る人以上に1つのことに集中している人っていないと思います。
確かにその通り、想像して笑ってしまった。自分も昔はカニを集めて食べるタチだったけど、あの時ほど真剣にカニを食べる事はもう今じゃあないなぁ。穿ってる人だって、全力でカニを楽しんでるんだもんな。そういう意味じゃあ、食材への態度としてはむしろいいぐらいだと俺も思う。ただ、コバケンとしては「しっかり舞台だけ見ている」というポーズを見せて欲しいんだろうけども。
Commented by よしもぶ at 2011-07-05 03:01 x
>お客に舞台に集中して楽しんで欲しい、というより
客席でごそごそされると舞台から目障りで嫌。

これも全くその通りで、たとえが遠すぎて伝わらなかったようだけど、こちらの意見も全く同じ。要するに料理人であるコバが「俺の気分がいいように食ってくれ」って言ってるだけということを伝えたかった。というか、そもそも「お客様に楽しんで欲しい」なんていう崇高な思想を持った芸人なんていないと思う。他人を笑わせて快感や愉悦を得られることに惹かれる気持ちがなければ、芸人なんてできないし、利他的に見えるけど結局、利己的な活動なんだから、そこは勘違いしちゃいけないよね。
Commented by よしもぶ at 2011-07-05 03:02 x
>この小林さんのメモについてのコメントという「カニ」が不味いとクレームを付けているのです。

カニはたとえの中で、ネタ(作品)を指していたんだけど、ペンギンさんはこのコバのメッセージを作品として捉えていて、俺はただの発言として捉えているという違いがあるから、ペンギンさんがクレームを言うのも当然だと思う。でも、俺個人の意見としては、こういう明らかにコバも自分の中で纏めきれていないだろう内容のものを、作品とみなして叩くのはなんだか厳しいように感じる。俺はやっぱり、このメッセージをただの発言と受け取って優しく理解してやりたいし、ペンギンさんにもそう感じて欲しいと思うよ。
Commented by k_penguin at 2011-07-05 22:11
よしもぶさんって、アバウトっすね。いや、小林さんに優しいのか。
ま、いーけど。
今は、メモ騒動も一応過去の話になってるから、
あまり小林さんを責めないで、優しく理解してやればいーじゃん。
っていう考えが主流みたいだし、それはそれで良いと思います。

でも、あのコメントが出た頃は、「メモは禁止だ」と理解する人も多く、
メモしてる人を見たら劇場の係員に言いつけようぜとか言い出す奴はいるは、
それまでメモしてた人はごめんなさいと泣き出すわ、
結構な混乱を引き起こしました。
だから私は、コメントを全文引用して、ここに残したのです。
彼は口をぬぐって、何も言わなかったことにしてますけど。
噂だけが一人歩きしないように、そして、
このコメントは誤解を招きやすく、公式HPのコメントとして表現が適切ではない、と言うために。

これが当エントリのスタンスです。
だから、やっぱり私はよしもぶさんほどには小林さんに優しくする気にはなれないです。
Commented by もも at 2011-09-21 02:46 x


はじめまして。
先ほどようやく全てのコメントを楽しく
(ちょっと失礼ですかね)読ませていただきました。
皆さんいろいろなとらえ方をされてて面白いですね。

何年か経ってこれなのですから、
小林さんのコメントが当時どれだけ多くの人の目にとまり関心を呼んだことか…。


このコメントのことはぼんやりと知ってはいましたが、
この記事で初めて全文を読みました。

第一印象としては「ちょっとよく分からないなぁ」でした。
私は小林さんの立場(演者)になったことがないので、
舞台から見てメモをとる人がどういう風に気になるのかは想像するしかありません…。


全然関係ないですが、このブログで小林さんをバニー兄さんと呼んでいるのが結構好きです。
なんだか、臆病なツンデレ君…といった雰囲気を勝手に感じました(笑)


感想というか、独り言のようになってしまいすみません。
記事をコメントごと読んで面白かったので、コメントを残したくなってしまいました。
ありがとうございます。

乱文失礼いたしました。

Commented by k_penguin at 2011-09-21 17:45
ももさん初めまして。
楽しんで頂けたようで、嬉しいです。
ワタシも記事書いたときは、このエントリのコメント欄がこんなにバラエティに富んだものになるとはまったく予想しませんでした。
いろんな考えのコメントがいただけて嬉しく思っています。

小林さんの作品は、舞台も文章も、
「気分」だけは良く伝わるが「主張」の内容は良くわかんない。
という点に特徴があると思います。
そこがバニー兄さんのバニー兄さんたる由縁でしょうな。

コメントありがとうございました。
今後も楽しんでいただければ幸いです。
Commented by ポーター at 2011-11-25 08:01 x
はじめまして。
すべてのコメントを読んだわけではないのですが、コメントしたいと思ったので今更ながら失礼します。
まず、k_penguinさんのおっしゃっていることに私は賛成です。
そこで私の意見を述べたいです。

Commented by ポーター at 2011-11-25 08:03 x
小林さんは「自分が100のものを舞台で披露して、お客様に100のものをその場で受け取ってほしい」と考えている。
しかし、お客様のメモ・録音行為は、「自分はメモをとっていても小林さんの舞台を100受け取っています」としていても、小林さんからしてみれば「98しか受け取ってないよ」と感じられてしまう。
小林さんの中では100のものを披露しているはずなのに「届いていますか!伝わっていますか!」という気持ちから98しか出せずに、それを受け取るお客様も98しか受け取れなくなる。
こうなると、自分とお客様の関係は完全なWin-Winでなくなりお互いによくない。
だから、お客様のメモ・録音行為は嫌である。

Commented by ポーター at 2011-11-25 08:03 x
私はこのように小林さんのコメントを受け取った。
そして、「お客様のメモ・録音行為は嫌だから禁止したいのか」それとも、「それは嫌だが自由なものはしょうがないとしてしまうのか」は、小林賢太郎自身で答えを出すべきなのに、そのコメントを読んでいる方に答えを委ねてしまっておりはっきりしていない。
これでは、読んでいる方 各々が判断するだけでまた振り出しに戻ってしまう気がする。
ここで欲しかったのは、小林賢太郎が出す答えすなわちお客様にどうしてほしいかということである。
Commented by ポーター at 2011-11-25 08:05 x
未熟な長い文章かもしれませんが、ここにコメントできてスッキリした気分です。
あとルールは主催者が決めるべきだと思っているので、私はメモを取らないのですが、メモ禁止でなければ、周りの方が常識あるメモの取り方をしてくれれば一向に構わないですという立ち位置です。まあ、自分に迷惑がかからなくて、その場を楽しめればそれでいいって感じです。
読めていないコメントも目を通したいなと思います。
ありがとうございました。
Commented by k_penguin at 2011-11-25 20:40
ポーターさん、コメントありがとうございます。
小林さんのコメントをポーターさんがどう受け取ったのか
まとめたうえで意見を書いてくださったのはありがたいです。

他の方のコメントも読んでいただけると分かると思いますが
小林さんのコドモっぽいすねた気分をめぐって、いろんなまとめ方、共感の仕方があり、面白いです。
(まとめがバラエティに富んでしまうということそれ自体が、小林さんのコメントのコメントとしての不適切さを示しているのですが(^-^;)

このエントリを書いた5年前にはまだ分かっていなかったのですが、
彼は、不特定多数に向けたメッセージ、というものがすごく苦手で、全部「独り言」になってしまうようです。
小林さんの他の公式メッセについてのツッコミ記事もあるので、
良かったら当ブログをお楽しみ下さい。
Commented by シェりー at 2011-12-21 02:40 x
小林賢太郎っていう肉を被ってるからあんな言い方になっただけで、本当は気が散るからやめろよって言いたかったんじゃないかな。自分を演じる人って大変だしめんどくさいね。
Commented by k_penguin at 2011-12-21 03:01
まったくその通りですね。
気軽に喋れる友達が1人でもいれば、
こんな難儀なバニー君にはならなかっただろう
と思うんですが。
Commented by わたし at 2013-01-16 14:27 x
彼は、ラーメンズ、小林賢太郎を愛してやまずにいるであろうファンの行為だととったのだと思います。
僕が好きな人ならきっと分かってくれよう。
この思いに。僕が嫌がってるのにやるの?
ある意味、分かりやすい文章より、ある意味伝わりやすい。まさにわがままをいう彼女のいうに。
それでこそファンには伝わったのだと思いますよ
Commented by k_penguin at 2013-01-16 21:11
ファンは恋人じゃないです。
なのに、公式HPで、わがままな彼女のようなことを言うのは、
それだけで十分恥ずかしいし、
さらにそれを敬語混じりの文章で、ちゃんとした理屈のように書くのは
もっと恥ずかしいです。

ただ、当時のファンの中には、恋人のつもりの方もいらっしゃるようで、
それらの方にはあなたがおっしゃるように伝わったらしく、
ご気分を損ねてごめんなさい。とネットで大騒ぎでした。
恋人が「ごめんなさい」って言ったら、機嫌を直して笑って許してあげるべきでしょ。
そこまでのフォローをするから、わがままを言えるのです。
でも、小林さんは一方的にごねるだけで、フォローもなかった。
そういうのって、ただのわがまま女です。
早晩愛想尽かされますよ。
Commented by まぼろし at 2013-01-28 07:15 x
はじめまして。今更ですが書き込ませて下さい。



メモはいかん。ということではなく
メモをして「もしも、その記録した内容をネット上等で公開しようとしている方がいらっしゃいましたら、できればご遠慮下さい。」という事を言いたかっただけですよね。

そこからはメモの話ではなくネットへの公開についての話

「誰かに伝えるつもりでそこに座っているあなたの姿」(ネットの公開を目的として記録をし観劇に集中していない客)を観て悲しくなった。と。

身勝手かもしれませんしバカリズムみたいにはっきりさせればいいんだけど「コント屋のわがまま」と発言の通り禁止したいわけではないと思います。


メモについてはだめ!と言っても「個人で楽しんでる。それでもダメなのか?」となると面倒ですし
観劇をしながらアンケートを書いている方もいらっしゃいます。
メモが発言のきっかけにはなっているようですが。
Commented by まぼろし at 2013-01-28 07:16 x
曖昧な表現ではありますが
「メモは好ましくない。だがネット上等への公開が目的ではないのならば過ごし方は個人の自由。思い出を忘れたくないという気持ちは尊重したい」と捉えました。

まぁこれでもモヤモヤしますがw

「小林賢太郎が、メモを禁止したいのかどうなのかよく分からない表現をとっていること」については

ただ彼に明確な理由がないことと出来れば察して下さいという甘えが曖昧にさせてるんだと思います。



ちなみに私個人の意見として観劇中に横でメモを取ってたらウザイなとは思います。

客席のマナーはかなり良いと感じます。その中メモをとっている方がいらっしゃれば目立つと思います。

集中してないのは彼の方と仰った方もいましたが極度の緊張でなければ普通気づくでしょ。ポツリと違うことしてるんだもの。特に大喜利猿では。



もちろん彼の発言に問題があると思います。
曖昧で余計な言葉を並べすぎ。言葉を選びすぎ。自分を見失ってるwは言いすぎですねw



Commented by まぼろし at 2013-01-28 07:17 x
彼が昔「観せたいと観たいが合えばそれは凄いこと」と発言してました。
観せたい!観て!に対して本当に観たいの?と取れる客の姿勢とそう疑ってしまった自分が嫌だったのかもしれません。
ただの想像に過ぎませんが。
テレビがやだ。って言ってる時点で本当にただの「コント屋」「コントの虫」として楽しんで見ています。でないと疲れてしまいますよ。


長々とごめんなさい。

Commented by k_penguin at 2013-01-28 19:01
まぼろしさん、コメントありがとうございます。

いろいろモヤってるようですね。
小林さんはほんとに、人をモヤらせる天才だと思いますw
でも、きっとモヤらせてるつもりはないんだろうな。
親しい人(恋人や、母親や)に、まとまってないことを
まとまってないまましゃべってるような感じがしますから、
こういうもやもや発言に対しては、
にっこり微笑んだまま、うん、うん、と、あいづちを打っておくのが
正しいリアクションなのかもしれない。
いや、彼の方は言いたいこと言えばそれでもう気が済んで、
こっちの反応なんてどうでもいいのかも。
 などと思う、今日この頃です。

>でないと疲れてしまいますよ。

彼の作品は、確かに疲れます。
でもそれは、メモやテレビのことを抜きにしても、
作品自体にどこか、無理して面白いこと見つけようとしている感があって、
客に「面白いとこだけ見て、他は無視してね」
と言ってるような感じがするからです。
要するに、モヤってるんですな。作品が。

客としては、
にっこり微笑んだまま、うん、うん、と、あいづちを打っておくのも
疲れるものです。
Commented by rico at 2013-03-11 13:37 x
私にとっては、この賢太郎さんのコメント、なんらわかりにくいところはありません。
作品の質が落ちる事を心配するのは芸術家として当然。最善の環境、状態で届け、受け取って欲しいと思うのも。
お金をもらっている以上、賢太郎さんは理解し得る物を作る責任があり、必要以上の指示をする権利はない。(し、指示してやってもらう時点で、賢太郎さんの意図した提供方法でなくなる)
また賢太郎さんの作品をみたくて、それを選んでチケットを買いとやってきた側としては、演者の妨げにならず、演者が出来るだけ望み、最大に楽しめる見方をする責任がある。
矛盾するようだがお互いがお互いの責任を果たす事を要求はできない。自分自身の責任にくいとめられるから。似たことは日常生活でも多々ある事である。
賢太郎さんはそういう意味で、ワガママと言ったんでしょう。
賢太郎さんは、これからもそんな規則はつくらないんじゃないでしょうか。
見る側としてはそんな賢太郎さんの思いを汲み、集中してみるのがベストではないでしょうか。メモをとっても良いと思いますがそれは作者の意図した見方でなく、ある程度は吸収し損ねてるという事です。
Commented by k_penguin at 2013-03-11 21:25
ricoさん
多分小林さんはあなたと同じ考えだと思いますが、
それは一般的な客の考えとは違います。

お金をもらっている以上、小林さんは客を楽しませる責任があり、そのために必要な指示をする権利があります。
もちろん客は、指示に従う責任があります(客を楽しませるのに必要な指示であることが前提です)。
指示に従った結果、楽しめたか楽しくなかったかは、その人次第です(客に楽しむ義務はありませんから)。
作り手の指示に従ったのに、楽しめなかったら、
それは作り手の腕が悪いか、相性が悪いかのどちらかです。
一般的な客は、以上のような前提で行動しています。あなた(と小林さん)の考えとは違う、ということがおわかりでしょうか。

権利があるのに、それを「ワガママ」といって行使しようとしないのは、
権利行使に伴う責任からの逃げだと思います。

いや、嫌ならいいんですよ、別に。
権利とか義務とかで人を縛りたくないっていう方もいらっしゃるようですし。
でも、それでは何も結果を出すことはできないばかりか、無駄にしんどいです。
Commented by rico at 2013-03-13 08:57 x
なるほど。
必要以上の指示、というのは、もちろんあなたがいった、与える権利のある'楽しむための指示' 以上のものを私は指していいました。 指示に従った上で楽しめない場合は、おっしゃったように仕方がない、というのも同意見です。というか、それはそれでベストコンディションで試した結果として、賢太郎さんは満足なんだと思います。
> 権利があるのに、それを「ワガママ」といって行使しようとしないのは、
権利行使に伴う責任からの逃げだと思います。
確かに、逃げといえば、逃げですね(笑)
でも意味のある逃げもありますし権利は当人が放棄すれば当人にとってしなくてはならない事、でなくなるんですよね。こうして真剣に考えて見させられる、という点で賢太郎さんとしては成功してるんですよ。(笑)私としても曖昧さは感じないわけではないですよ。矛盾した二つのものに挟まれた微妙な言い方で、昇華し切ってはないのかもしれませんが、理解し得ないものでない、ということです。権利公使、義務で成り立つ関係は未熟なものだと思ってます。賢太郎さんは見る側に成長を求めてるのです。でも、Customerである観客にそれを求めるのも、そここそが、賢太郎さんのワガママな気がします。
Commented by k_penguin at 2013-03-13 22:06
>でも意味のある逃げもありますし
確かにそうです。指示をする権利を行使しないという選択はおおいにありえます。
ricoさんは、小林さんは権利行使しない選択をした。と解釈しているようですね。
それに対してワタシは、彼は「選択」したのではなく、「逃げ」た、と解釈しています。
自分の意思で選択したのであれば、その理由についてもっとまとまった文章が書けるはずだと思うからですが
このあたりは、彼に関する評価の違いですね。

>権利公使、義務で成り立つ関係は未熟なものだと思ってます。賢太郎さんは見る側に成長を求めてるのです。
 
この考えは、ワタシと正反対なので、面白かったです。
ワタシは権利義務関係(契約により成立する関係)の方が、より成熟したものだと考えていますので。
したがって、小林さんは見る側に退行を求めている(コドモレベルで一緒にキャッキャと楽しむ)、
もしくは、逆に見る側に「母親」となることを求めている(未成熟な自分をひたすら許し、同意する)、と考えています。
でも、
Customerである観客にそれを求めるのは無茶ぶり。
という点ではricoさんと同じ結論ですね。
Commented by k_penguin at 2013-03-13 22:10
ricoさんのコメントを読んでいて、TOWERの「観劇マナーチラシ」を思い出しました。
http://shiropenk.exblog.jp/11793585
小林さんは本当は客に舞台だけに集中していて欲しいのです。
ひたすら自分だけを見て、自分のパフォーマンスの邪魔になることを一切禁止したいのです。
でも、
あのチラシに書かれているのは、既に世間一般で疑問なしに受け入れられているマナー、もしくは法律に基づく規制だけ。
新しい規則や独自の規則は作れない。それはワガママになるから。
おかげで
本当に言いたいことから遠く離れたことをくどくど繰り返すことで
「賢太郎さんの思いを汲み、集中してみるのがベスト」
と言外に言い続けなければなりません。

「舞台に集中してくれ」の一言が言えない結果がこれならば、
あまりに不自由です。
だから、さっさと腹くくった方がいいと、ワタシは思うのです。
Commented by rico at 2013-03-14 22:07 x
自分の表現を、商品にするか、作品にするか、それは芸術家にとって永遠のテーマでしょう。
極論として、俺の指示に従わないなら、もしくは従った上で分らないなら、そんなやつは分らなくていい、ていうのが芸術家の本音だと思います。でもやっぱり人に理解させ感動させないと、成り立っていかないかのが現実です。私も、賢太郎さんの溢れる才能に感動してなければここまで理解を示てなかったと思います。
選択として選んだならもっとまとまった文章が書けるはず、とおっしゃったのは、なるほど、思いました。あなたはこの結果が不自由だとおっしゃいましたし、確かにめんどくさい過程を発生させます。でも、逆にすごく自由だな、とも思うんです。
賢太郎さんは禁止したくないことはしていないし、でも自分の意思は伝えている。見る側は禁止されていないからメモしたって良い。しない方がいいな、と思えばしなきゃいい。もうそんなめんどくさい奴嫌!と思えば見るのをやめれば良い。それを、自分の持てる知性や理性、感受性なんかで選べるんです(笑)(それで誰も見なくなってもいいや、と思う覚悟があるのかどうか、それは知りません。)
芸術、という視点で見ればとても自由
Commented by rico at 2013-03-14 22:12 x
ですが、ビジネスという視点でみれば、とてつも無く不自由ですね。
賢太郎さんて、本当、素は意外と気にしいですね(笑)改めて見てみると、えらい昔のコメントじゃないですか。
Commented by k_penguin at 2013-03-15 22:18
そうです、えらい昔のコメントなんですw
コメ欄を読んでいると、時の流れを感じたりして、しみじみ。
しかし、彼がまとまっていないコメントをしたからこそ
ここまで長生きするエントリになったのではないか、とも思います。

一方、小林さんの考えてることは昔も今もあまり変わらないと思ってます。
(だからTOWERのチラシを引用しました)
それを、自由だととらえるのもわかるようにも思うんですが、
ワタシ個人としては、自由には見えないです。
それは、ビジネス視点でも不自由だし、
「めんどくさい過程」を楽しむ、という芸術視点から考えてみたとしても、
 あんまり彼が楽しんでるように見えない(このエントリで扱ってるコメントにしても)
ということがあると思います。
だから、ricoさんが、自分の表現の方法として、このような方法を選択したい、楽しんでみたいと思うのなら、
それは良いことだと思います。

舞台って、そもそもあまりビジネスとして効率良いもんじゃないので、
せめて、演者が楽しんでやって欲しい。
っていうのはあると思います。
Commented by rico at 2013-05-02 21:22 x
最近テレビ出演が続くせいか関連サイトが増えこのページを見つけるのに苦労しました。
少し賢太郎さんのことが分かったので。
賢太郎さんは、生活には面白いことが転がっていて、それを面白い、と思わなければ損だ、と言ってました。生活の中で一番人が可笑しい、と思うのは'ウチ間ネタ'な気がします。知らない人はある程度のレベルのダジャレでも引きますが、気の知れた仲だとその人の出身校名だけで笑える。それは人生を豊かにするすごく素敵なことです。
ある種そんな笑を追求してる気がします。だから権利、責任以上のポジティブな態度を必要としてるんだと思います。
でもそれをshowのレベルに引き上げる力はさすがなので私は是非行けるとこまで行って欲しいなあと思いますがやはりそれも他人の自発的な賛同がないと出来ないことで。
とても、不自由です。でも、お題コントで苦しみ抜いたあと、ああ、楽しかった!と言える賢太郎さん。私たちには半端に見えて戸惑う事もありますが本人は結構楽しんでる気がします。
p+に行けることになりました。また傾向と対策などあれば(笑)教えてください。
Commented by k_penguin at 2013-05-02 22:41
ricoさん、お久しぶりです。
'ウチ間ネタ'
それは、気の知れた仲間内だからこそ楽しめるものですよね。
だから重要なのはネタそのものより、「気の知れた仲間」であることです。
ricoさんの言う「権利、責任以上のポジティブな態度」って、
「気の知れた仲間」になることと解釈して良いんでしょうか?
今までのコメからしても、そうとらえても良さそうなんですけど…。

で、仮にそうだとすると、
赤の他人を笑わせることが、お金取ってやる舞台のやるお仕事ですから、
「赤の他人」を「仲間」にする過程が必須なんですが、
(後藤ひろひとの舞台はそういうとこがあります)
小林さんのって、そういうとこが欠けていて、「仲間」とされている人たちも
なんかコンビニ前でたむろってるだけの人たちみたいです。
TAKE OFFしかりロールシャッハしかり。

そりゃウチ間ネタやるだけなんだから、たむろってるだけの関係で十分なわけで、
それはそれで筋は通っているのですが、
それは人生を豊かにするすごく素敵なことなのか?
もっと他に、つまり、生活の外に素敵なことはあるんだけど?
 と、私なんか思ってしまいます。
Commented by k_penguin at 2013-05-02 22:42
小林さんの最近の民放TV出演について
http://shiropenk.exblog.jp/17859959/
に、ちょっと感想を書きまして、そこで、
小林さんの作品は
ピタゴラスイッチくらいのつもりで見るくらいが良いんじゃないかと
書きました。

生活の中の面白いことを人様に見せるレベルに引き上げるという点で
ピタゴラは似ています。でも、ウチ間ネタではないです。
だからピタゴラは、昇華させた表現なんだということは素人の私にもわかります。
でも、小林さんは、ピタゴラのような側面では中途半端です。
お笑いという意味でも中途半端。
「何か」が研ぎ澄まされている表現であると感じられますが、
でもそれは小林さんにしか見えていない。自分だけで楽しんでる感じがします。

p+傾向と対策
いやあ~、特にないですねえ。
あの人、精神が今割と安定してるから、そうすると逆に見所無いんですよね。
pと内容が大きく変われば別ですが。
私は7月の東京に行く予定です。