ツンデレ考

ツンデレっていうのは、もう流行を過ぎた言葉だと思っていたが、昨日の『くるくるドカン』で、今の検索上昇ワードとして取り上げられていたのでまだ一応「旬」としてとらえてもいいらしい。

ツンデレな恋愛(もしくは女の子)については、俺は、子供っぽい、という評価を下している。
愛していることを人前で表現することを拒むという態度に、愛という言葉に伴う責任を回避しようする甘えを感じるからだ。
ツンデレ娘は、「愛している」という言葉を使わない。2人だけでいるときにでれでれしていても、決して愛しているとは言わない。
素直になれるというよりも、愛という言葉を使わずに、愛しているという気持ちが伝わっている、という一種のゲームを楽しんでいるのだ。
仮に後になって、第三者のいる前で、「あのときでれでれしていたくせに」と指摘されても、きっとツンデレ娘は動じないだろう。一言で否定するだろう。「愛している」という言質を取られていなければ、「あなたの気のせいよ。」で否定できるからだ。
そういう計算は子供にしか通用しない。

「愛している」という言葉を口に出したとたん、それは自分の中の気持ちから、人と人の間の関係性に変わる。
所有したりされたり、傷ついたり傷つけたり。自分の何気ない行動が非難の対象になる。めんどくせーったらありゃしねー。
そういうこと抜きで、おつきあいがしたい。自分の中のフェアリーダストな気持ちだけ相手と共有したい。それだけ。他はいらない。いらないっつーか、むしろ、お断りだ。
あまーい!・・・2つの意味で、甘ーい!
甘さの代償は、すぐに分かる。
愛の縛りから自分だけ自由って訳にはいかないのだ。自分が自由なら、相手も自由。論理の帰結。相手が別に女を作っても文句の言える筋合いではないのだ。
権利には責任が伴う。これが社会のルール。そして、人が2人いればもうそれは、社会なのだ。
自分の中だけの問題なら、そういうこととは無縁でいられる。
その気持ちは、ふわふわ浮き浮きしていて、軽やかだけど、儚い感じがする。
・・・まてよ。それって、もしかして、「萌え」?
うーん、なるほど。ツンデレ娘って、萌えてる女の子だったのか。ツンデレが流行るわけがちょっと分かったような気がした俺であった。

萌えるのはいい。個人の好きずきだ。
でも、萌え対象に声をかけたりしてはいけない。お弁当を作るなぞもってのほか。
自分の中だけにしておくべきだ。
それは、そういうものなのだから。


*おまけ*
俺の好きなツンデレキャラは断然鮎川まどかだ。電車の中で、誰かが読んでいた少年ジャンプをのぞき込んで初めて彼女を見たときの衝撃は未だに覚えている。
お小遣いが少なくて、そんなにジャンプは買えなかったけど、切り取ったカラーページをファイルに挟んだものは、今も手元にある(単行本12巻の最初の話)。
まー、あれこれ言っても、かわいいもんはかわいいよね。うん。
[PR]

by k_penguin | 2006-05-07 02:44 | エンタ系 | Trackback(1) | Comments(2)  

トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/3876384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from お笑い芸人壱番館!=特選.. at 2006-05-23 07:08
タイトル : くるくるドカン出演のにしおかすみことは・・・?
「にしおかすみこ」とは・・・。 21日の「くるくるドカン」で SM嬢ネタを披露した「にしおかすみこ」 。 そんなにしおかすみこのプロフィールはとは・・・? ... more
Commented by ペンギン666 at 2006-05-09 14:18 x
素直クールはいかがですか?
Commented by k_penguin at 2006-05-09 18:21
素直クールがわからなかったので、ググりました。
が、具体例に挙げられたキャラに知っている人がいなかったため、いまいちぴんと来ません。
男の子ならそーゆーのもありかとは思いますが、女の子でこれはちょっとイタイんじゃないかと思います。

そーだ、綾波レイって、素直クールなのでせうか?
もしそうであれば、素直クールも「あり」だと思います。

<< 取調録画、三者三様 HDDあぼーん4 まさかの続編 >>