『シャーク・テイル』&『マダガスカル』

ツタヤ半額レンタルロードショー。今回はピクサー買収を記念して(?)ドリームワークス2本立て。

『シャーク・テイル』
SFXものや3Dアニメというのは、一般観客に向けたアピールとは別に、今後のお仕事ゲットに向けた技術的なプロモーションの要素もある。
公開時期がこれと近いピクサーの『ファインディング・ニモ』は水中表現や波、水表現が素晴らしかったので、『シャーク・テイル』もその辺が見せ場かと思っていたら、そーゆーのはあんまり無かった。つか、あんまり魚をキャラにする意味がないような気がする。ボーンの入れ方は特殊なんだろうと思うけど。
鮮やかな色彩の魚が速い動きをする(しかもストリート系のダンスをする)ので眼がちかちかする。
マテリアルは確かにすごい。でもデフォルメの仕方が何か感覚的に馴染まなくて、周囲の風景や小道具大道具のリアルさとキャラにギャップがあるように感じる。
話やキャラはもーどーでもいーや。どーせドリームワークスだし。でもローザはきれいだった。
群衆が踊るのが好きみたいだけど、モーションデータ使い回しているだけだしなあ・・・。

『マダガスカル』(もう準新作かよ)
以上の『シャーク・テイル』に関する不満点が全部改良されていたのはビクーリ。
色彩的な統一感もあるし、絵のタッチの統一感もある。
極端に違う体型のキャラを合わせていて、体型による動きの違いがしっかり出ている。
キャラクターも今までの中で一番魅力的。キャラがバカっぽいというドリームワークスの特徴が今回はよい方向に作用している。やはり一押しはペンギンズ。
ただ、セル版に入っているペンギンズの短編アニメがレンタル版に入っていないのが痛かった。


余談だが、ピクサー買収に関連した他のブログの記事を読んで、意外とセルアニメや手描きアニメが3Dアニメよりも「暖かみがあって」良いものだ、という評価が多いことに驚いた。
何をもって「3Dアニメ」といっているのかよくわからないが、最終的な画面がセル調か3D調かということだけを言っているのなら、何の意味もないことだ。3Dで作っても、最終出力の設定次第でセル調、スケッチ風から水彩調までどうにでもできるからだ。
また、3Dを使わない、という意味で言っているのなら、今や、3Dなしのアニメというものは皆無と言っていい。
直接3Dの絵を出していなくても、メカやマシンが出て物理シミュレートするシーンは下書きの当たりを付ける段階で必ずといっていいほど使われている。
3D=機械任せ、というイメージがあるが、コンピータまかせでまともな作品を作れるほど技術はまだ発達していない。ちゃんとした物を作りたいのなら、結局最後は手作業でちくちくやることになる。

多分幼い頃慣れ親しんだアニメがセルアニメだという人がセル調アニメをどうしても高く評価するのだろうが、一般のイメージほどには2Dと3Dには差はないと思う(実は子供の頃ほとんどアニメを見なかったので、セルアニメに思い入れがない)。
[PR]

by k_penguin | 2006-01-29 00:03 | エンタ系 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/3445938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< インクカートリッジ訴訟、キヤノ... ドーモくん小ネタ >>