いかにしてワタシは『ダブリンの鐘つきカビ人間』を観に行こうと思ったか

Start 自分で金を出してまで演劇というものを観に行こうと思ったことがない俺。
→ ツタヤ半額レンタルでラーメンズのビデオを観る。
→ DVD-BOXを買う。大人の事情で、ソフトに収録されないネタもあると知る。
→ ラーメンズの公演、見に行ってみようかな。
→ ラーメンズはないけど、ラーメンズのブレイン、小林賢太郎のソロライブなら本多劇場であるぞ。
   ソロは初めてみたいだから、ちょっと不安だけど、4000円ならまあこれでいーか。
→ 前売発売開始時間を華麗に寝過ごす。
→ 電話はもちろんつながりゃしねえ。
→ ヤフオクではチケット高騰。
   片桐仁主演の『ダブリンの鐘つきカビ人間』テアトル銀座のチケットの値段(S席8400円)に肉迫。一方『カビ人間』のチケットは定価割れの状況。
→ なら、こっち見に行ったほうがいーんじゃねえの?確か朝日新聞に記事が載ってたし、こっちの方が作品自体のレベルは高いんじゃね?
→ 作品について検索する。
→ エンクミと水野美紀が出た前バージョンをテレビで偶然見ていたことに気が付く。
  これ、すげー感動したやつだ!
  主役のカビ人間が、いうほど醜くないのがちょっと不満だったが、片桐仁ならキャスティングぴったり!
→ GO!(ハンカチを忘れるな!)

2時間ほどの時間のためにこれだけの値段出すことになる展開になるとは思わなかったなあ。
ま、今回の公演もテレビ放映あるような気はするけどな。
   
[PR]
by k_penguin | 2005-10-27 18:08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/2962974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]