ラーメンズ(その4でラスト) 1人じゃないから大丈夫

DVD-BOX2クリア。
作品理解のために『雀』においてコバケンにあった「何か嫌なこと」(DVD解説より)を知る必要があったので回り道があったが、とりあえず現時点で一応終了(「何か嫌なこと」については、その3参照)。

その2で『鯨』の中の「絵かき歌」について言及したので、その続きから。
設定的には『ATOM』の「アトムより」が「絵かき歌」の延長上にあるのだが、今までのものとは決定的に違っている。内と外、の二項対立が無くなっているのだ。
「アトムより」も「絵かき歌」と同様、二人だけの世界の心地よい空間が広がっているように見える。
しかし、部屋の外は最早、何者かを装わなければならない空間ではない。だって、空にはアトムが飛んでいるんだもの。コバケンは「カメラをもって外に出よう」という。
そのかわり、自分の世界を共有してくれるギリジンは実はロボットだ。結局、コバケン1人しかいなかったのだ。彼はバッテリーを補充しながら、2人でいる振りを続ける。
逃避にも見えるが、逆に社会と和解したともとらえられる。彼は自然体のままで外に出られるようになったのだから。また、表現する者と受け手の関係とも捉えられる。
二項対立が無くなった分「絵かき歌」より世界が濃厚ではないが、優しい感じがする。

不甲斐なくてチャンスを逃したコバケンのそばにギリジンはいてくれた。自分で自分を許すことが出来なかった彼をギリジンは許してくれた。
コバケンは自分が1人ではないことに気が付いた、といっても良い。
このメッセージは改めて探してみれば、「雀」(『雀』)にも見つけることができる。ちょっと描写が不完全だが間違いなく、テーマは孤独と友情だ。

「蒲田の行進曲」(『CHERRY BLOSSOM FRONT 345』)と「バニーボーイ」(『CLASSIC』)で、気が付いたことがある。
この2つの作品では、コバケンはギリジンの矢のような攻撃にあって劇中で本当に取り乱している。台本とはいえ、他人の恣意の下にある状態は彼を混乱させるらしい。
そういう、自分を追いつめるシチュエーションを書く脚本はそれまで無かった。彼は初めて自分が「使われる」立場の作品を書いたのだ。
相手がギリジンだからこそ可能になった設定だと思うが、これは確実に彼の世界が広がっていることを意味すると思う。

彼の世界は変化しながら外を飲み込んでいく。
部屋の中だけにとどまっていたときの純粋培養的な美しさは低下したが、その代わり強靱になっていく。

これからが、勝負。
たのすぃみ~。(ギリジンツーリストのお客で)


*追記* 2006-10-15
えー、書いて1年もたってから、追記するのも変な話なんですが、
これは#13『CLASSIC』までの評論と思ってください。
もともとこれを書いた時点でも#14『STUDY』がどうしてもこの流れに沿わないのが疑問だったんですが、見切り発車で書いてしまいました。

今では『STUDY』はむしろ#15『ALICE』の前振りに属するものととらえています。
『STUDY』は、一見静かな作品だし、とっつきやすい作品だとは思うのですが、別の方向から見るといろいろ問題含みなので、今のところ、言及した記事はありません。
[PR]
by k_penguin | 2005-10-03 20:53 | エンタ系