杉田かおるの紛争解決方法

今更だが杉田かおるだ。
最近の彼女に関しては「HEY!3」と「ぐるぐる99」でちょっと見た程度だが、週刊誌の広告でしか見かけていない貴乃花に比べれば情報量は多いといえよう。

さて、彼女が結婚したとき、俺は記事にこう書いた。

>おまけ1 杉田かおる結婚
>いや、悪いけどそいつ「ハズレ」だから。
>(Q:さて、この言葉は結婚当事者のどちらに向けたものでしょう?)

答は、「両方」だ。
杉田かおるは「負け犬」代表の自分が玉の輿に乗ればみんながびっくりするだろうと思ったから結婚したのだ。
芸能人の結婚はプライベートではない。好き嫌いだけではなく、ニュースとしてのインパクトやカメラ映りを考えなければならない。少なくとも彼女はそう考えている。彼女は生粋の「芸能人」だからだ。彼女の芸能人魂からすれば、自分の恋愛問題にプライバシーの要素はない。
確かにその考えは芸能人としては正解だが、嫁としては「ハズレ」だ。
一方、彼女がそう考えていることにも気がつかず、杉田かおると結婚しておいてカメラの前に出ないで良いはずだなどと考えている夫もまた「ハズレ」だ。
杉田かおると結婚すれば「仕事とプライベートは別」などという一般常識が通用するはずはないのに。

これだけの価値観の違いに気がつかないまま結婚すればすぐに問題が起こるに決まっている。
そして問題が起これば、「芸能人」杉田かおるがバラエティで暴露しまくるのもわかりきっている。芸能人魂からすれば、自分の夫婦問題にプライバシーの要素はないからだ。
温室育ちの気が小さい常識人の亭主には、これが「自分への信じられないほど大きい嫌がらせ」であり「もはや関係修復不能」と見えるであろう。
しかし、女房の方は鬱憤は晴らしているつもりだろうが、嫌がらせという意識はない。プライバシーの意識が殆どないからだ。
同様に彼女は「もはや関係修復不能」とも思っていないだろう。

人のプライバシーを暴き立てるという彼女のやり方にばかり文句を言う亭主に、彼女はいらだっている。
本当に言いたいことはそこには無く、それ以前の場所にあるはずだからだ。
芸能人魂はカメラの前では嘘をつかない。彼女はカメラの前で(酒の力もかりて)自分をさらけ出しているのに、亭主の方は家の奥に引っ込んで良い子ぶるばかり。
出てこい。自分と対決しろ。できればカメラの前で。
彼女はそういっているのだ。
それが彼女の紛争解決方法だ。

しかしプロレスラーが特定の一般観客に向かってマイクアピールをしても、まず出て来ないだろう。
ますます家の奥にひっこみ、鍵をかけるだけだ。
そんなやり方は「非常識」だと彼女を諌める人は出るだろう(杉田かおるに今更常識を説くなんて)。
しかし、それに替わる解決方法は誰も教えてくれないだろう。
このたぐいの紛争は、「我慢すること」が一番「常識的な」解決方法とされているからだ。
亭主はせっせと常識の履践に務めている。
それは女房の目には解決には映らない。
女房のやっていることが亭主の目に解決と映っていないのと同じように。


追記*10月27日
なぜか知らないけど、この記事が楽天のブログ検索ワード「杉田かおる」で上位にきているようだ。芸能人について分析した記事は他にも書いたけど、なんでこれだけ上位なんだろう?ニュースにトラバしたからかなあ?

この記事以降に、彼女は正式に離婚したわけだが、この記事については特に修正する事項はない。
そういえば、最近彼女、見てないなー。相変わらず精神的にぎりぎりでお仕事してるみたいだが。
[PR]
by k_penguin | 2005-07-20 13:18 | エンタ系 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/2313536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fumi at 2008-10-03 00:35 x
今も相変わらずギリギリなんでしょうか。
ACが顕著に表れてると聞いたことがあります。けれど、彼女の芸能人の自覚は素晴らしいと感じます。そして俳優としての力を「大奥」で見せつけられました。いい女優さんだと思います。
Commented by k_penguin at 2008-10-03 12:39
ACってアダルトチルドレンってやつでしょうか。
詳しくは知らないですが、子供の頃からテレビというイメージの世界で暮らしていたなら、そうなっても不思議はないような気がします。

杉田さんは最近あまり見る機会はないのですが、
結婚を諦めて、嫌われ役でいいやと腹くくった感があるな、と思った記憶があります。

でも、番組でウェディングドレスを着る機会があったので、ものすごいダイエットをして、本来入らないサイズのドレスを着た。ウェディングドレスは美しく着たかったから。
と嬉しそうに喋っていたのを見たとき、
やっぱ偉いなって思いました。