小林賢太郎テレビ4

一応見たんですが、正直余りおもしろくなかったです。
アイデアを煮詰めずにアイデアのままの状態で提示されている感じがする作品がいくつかありました(壊音とか)。早い話が思いつきでやっているように見えるってことです。

深読み的には「ない」というのが正直な感想です。
今までのKKTVと異なり、本人の中の悩みが無くなって、何らかの結論を出したらしいのですが、
で、それが多分「ない」ということで、
アイデアをアイデアのままで出すのも、
煮詰めてしまうとどうしても本人の中のより深い部分がでてきてしまって、
それが「ない」ということと相容れないので、「思いつき」の状態で出してしまうためらしいのですが、
見る側としては、アイキャッチのレベルから先に進まないので、最後まで見てがっかり、時間返せ。
という感じになってしまいます。
「P」のライブとセットで見るものなのかもしれません。

「素語録」は好きです。あの黒子達は多分襖の裏にいた黒子なんでしょうね。
[PR]

by k_penguin | 2012-10-07 12:34 | エンタ系 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/18536249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 荒木飛呂彦原画展 JOJO展 東京 「小林賢太郎テレビ・ライブポツ... >>