「世界に一つだけの花」

2年連続で「世界に一つだけの花」が著作権使用料1位、ってことで。
実は俺、つい最近になってこの曲やっと全部聞いたんだ。しかもレギュラー松本君の歌で。

さて、ここで告白すると。
この歌の歌詞のさわりの部分は前からよくあちこちで引用されていて、しかも、けなされていたためしはないんだけど、俺は好きではなかった。明らかなウソだからだ。
で、歌を全部聴いて、やっぱり胸がしんと冷えるくらいウソだと思ったのだが、でも、マッキーは悪くないと思ったんだ。

1つ1つの花が全部違うのは当然のことだ。ただ、1つの差異が小さくて、しかも、花の数があまりに多いため、結局、全部同じに見えるということなのだ。全部が違うということは、総じて全部似たり寄ったりということなのだ。
1つ1つの差違に注目するには人間の能力は小さすぎるという事実をあの歌はあっさりすっ飛ばしている。オンリーワンは理解するには難しすぎるのだ。ナンバーワンは簡単だけど。
マッキーの歌にはそういうウソが多い。だから俺はマッキーの歌は嫌いだが、槇原本人は嫌いではない。彼はプロとしてやるべきことをやっているだけだと思う。

マッキーの話はHEY!×3でちょくちょく聞いていた。俺が理解したところでは、彼は聞き手に夢を与えることを使命としているプロである。夢を与えるためには嘘もつく。
多分、彼は、自分の歌詞がウソであることを知っている。でも、あの歌は応援歌なのだ。だから、元気を与えるために、嘘も入れるのだ。

真実には意味はないけれど、嘘には理由がある。
真実はしんどいから、気に入った嘘にならだまされてあげても良いけど、マッキーの嘘は俺の性に合わないというだけのことだ。
どーせならもっとどでかい嘘がいいなー。


ここんとこ法律関係の話題がないけど、気にはしてるから。うん。
[PR]
by k_penguin | 2005-05-19 01:43 | エンタ系 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/1822222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by @mana at 2005-05-21 15:49 x
「情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士」様のブログより漂流してきた、neet!@manaと申します。ちなみにわたしもあまりブログ巡り(というかネットサーフィン自体)はしません(笑)。おまけにペンギン好き!なので、まずは管理人様のブログタイトルに1票!

「世界に一つだけの花」という歌でわたしが思い出したものは、斎藤隆介氏の『花さき山』でした。この絵本のなかでもまた、ただひとつの花が咲くのですが、その絵本の世界観はこの歌とは似て非なるものでした。

「世界に一つだけの花」が売れる、その(受け手の)感受性じたいは捨てたもんじゃないのかなと思ったりもしています。それがキレイな「嘘」であったとしても。槙原氏の作り出すものは、この時代の童話なのかもしれませんね。

「Only is not Lonely」。徳川埋蔵金はどうした?!の糸井重里氏のコトバです。このコトバになんとなく救いを感じそうにもなるけれど、「I am not the only one」と歌ったニルヴァーナにも後ろ髪ひかれちまうわたしです。
Commented by k_penguin at 2005-05-21 18:02
あ、初めまして。
ペンギンはいいですよね。ペンギンは。

情報流通促進計画ブログは、@mana さんとわたしで2連続批判的コメントが入って、流れ的に管理人に気の毒なことになるかなーと見ています(別に悪いことをしたとは思っていない)。

記事には書かなかったけど、「世界に一つだけの花」の花は、花屋の店先の花ですよね。
買うためにどれか1つ(ナンバー1)を選ばなければならない花屋の花だからこういう発想になったのであって、野に咲く花だったらこういう発想は出なかったと思います。
つまり、我々は、野に咲いているのではなく、店先に並んでいるのでしょうね。常に。
Commented by @mana at 2005-05-21 20:30 x
またもやお邪魔致します。またまたmanaです。歌詞を読んでみました(聞いてなくて申し訳ない!)。

  名前も知らなかったけれど あの日僕に笑顔をくれた
  誰も気づかないような場所で 咲いていた花のように

  そうさ僕らも 世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ
  その花を咲かせることだけに 一生懸命になればいい   
  (「世界に一つだけの花」/作詞・作曲 槙原敬之)

僕らは「バケツの中誇らしげに しゃんと胸を張」らねばならぬのか? バケツの中に並べなければ、商品価値がなければ・・・、こんな読み方はペシミスティック? 

「ひとりひとり違う種」の「その花を咲かせることだけに一生懸命になればいい」。小乗仏教・・・。いえ、個人的には嫌いじゃないんですけどね(笑)。

モンゴル800の「矛盾の上に咲く花」。以前じぶんのブログで書いています(http://yaplog.jp/mana-maria/archive/326)。モンパチも若者には人気があると思いますが、ずいぶん違うものです。

こちらのブログを我が家へリンクさせて頂きました。都合が悪ければご一報下さい。事後承諾、失敬! 何卒!
Commented by k_penguin at 2005-05-21 21:37
リンクどーもです。

意外と「世界に一つだけの花」を全部聞いたことない人はいるものですね。
モンパチについてはそちらの家でコメントしようと思います。
Commented by @mana at 2005-05-23 21:26 x
TBおよびリンクしていただき、ありがとうございます!

わたしの書いた「花」ネタ記事はやや情緒的というか「逃げ」かモナーw。
リンク、コメントいずれもとても嬉しかったです。重ねて多謝!
ただ本文中にお名前記・ブログ名を記載してしまい、申し訳御座いませんでした。

「デンギジ」でも法律に関心があるという視点からのコメントに触れることができるのはとても嬉しく思っています。

今後ともお時間のある時で構いませんので、よろしくお願いいたします。

@mana