『グレートラビット』と世界のアニメーション傑作選

『グレートラビット』は和田淳の短編アニメーションで、銀熊賞(審査員賞)受賞。
仕事が一段落して、ちょっとアートアニメーションを見たくなったので、見てみた。





Aプログラム
『グレートラビット』と最近の若手アニメーターによる作品。どれも何かしらの賞を取っているので、ざっと見ておこうと思って、見たんだけど、
Youtubeで見るのに適している作品が多く、大画面では無駄に疲れた。

『エクスターナル・ワールド』
2ちゃん型中2病的作品で、17分は長い。「すべてが表層的な現代社会を告発する」と書いてあったけど、むしろ作者が表層的なとこしか見えてないという感じがする。
例えば、タブー無しという割にピカチュウがちゃんと(ミッキーマウスっぽい)お面をかぶって顔をかくして登場するというオトナのジジョーを心得ているとこ、それでいて暴力とSEXは全開でいるとこ。
今では暴力より、無許可のピカチュウの方がよりタブーだったりするとこに気がついてないらしいあたりが「表層的」だと思う。


『ハウス』
空間構成は好み。話はよくわかんない。


『マダガスカル旅日記』
米アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネートにふさわしい作品。見やすい。
技術のデパート。
♪マダガスカルの首都はアンタナナリボ♪


『おなか』
雰囲気が良い作品なので、何となく分かったような気分にはなるが、ちょっと詰めると説明不足が気になる。
オスカーと「友達」の別れに焦点を当てすぎて、なぜそこでそのとき別れなければいけないのかが不明。
「友達」はなぜお兄ちゃんを助けようと言ったんだろう。自分がかわりに犠牲になるだろうことは分かってたろうに。
もうちょっと話をわかりやすくしてもいいんじゃないかって思った。
個人的にクジラさんが好き。


『ホリデイ』
上手だけど。世界の雰囲気は出来てるけど。
でも、
心の弱さをこれでもかとアピールされているようで、生理的にダメ。
個人的にあわない作品。


『MODERN No.2』
Youtubeでなら楽しめたろうが、大画面でちかちかやられると、気分が悪くなる。
手描き感は大画面の方がよく分かるので、残念なんだけど。
『ホリデイ』とはまた別な方向で生理的に苦手。


『オー、ウィリー』
これは良い作品だった。
ウールの質感が細部まで映せるデジタル技術のうえになりたつ作品で、多分ブルーレイ画質じゃないとダメだろうと思うけど、主人公がどんな状況になっても暖かい質感が救い。


『3月11日のかけら』
しりあがり寿の映像作品は大体こんな感じ。


『グレートラビット』The Great Rabbit
Youtubeでは「わからない」の1言で片付けられていた作品だが、
別に分からなくても良いやつなので、分からなくても良い。
すりすりの気持ちよさ、捕まっちゃった網の中でばたばたやる気持ちよさ、ひな鳥につんつんされる気持ちよさ、なんかをたんのーすればそれでよし。
テーマの「不服従」はやっぱり分からなかった。



Bプログラム
『グレートラビット』と和田淳全作品

初期作品は、音源とか解像度とかがアレだが、それは当時の自主制作アニメの状況からして仕方がないことなので、文句は言わない。
『そういう眼鏡』あたりから急激に上手くなっているのがびっくり。
尼子実沙のカラーデザインでさらに良くなっている。
『わからないブタ』が良い。『グレートラビット』より良いと思う。
ブタが前で寝ているので開かないドアをぐいぐいやる感じ、口紅の匂いを嗅いでぐるぐる回る犬を見る。子豚をぎゅっ。
1つ1つの動作をするときの感覚が伝わってくる。
で、奥さんが口紅を引いて唇に紅を馴染ませて、ぽん、ってやるのをハムで止めた旦那はやっぱり嫉妬なのかなー。
『春のしくみ』もかわいい。
[PR]
by k_penguin | 2012-06-24 22:19 | エンタ系 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/18144306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]