『リロ&スティッチ』   

待ってたツタヤレンタル半額セール。しかし、狙ってる『ミツバチのささやき』DVDはいつも無いんだなー。

で、『リロ&スティッチ』だ。ゲーセンにいっぱいあるから思いついた。
監督が宮崎を初めとする日本のアニメに傾倒しているだけあって、フラの動きがとても優しくてきれい。かなり細かく割ってるな。
等身数が低いキャラが柔らかく踊るのは、手描きだからこそ、てとこか。
もう少しハイライトシーンとかで見たかった。ちょっと残念。
それに対して、おもちゃみたいな宇宙船の戦闘シーンはちょっと物足りない。
意図的におもちゃみたいにしたんだろうけど、衝撃とか爆発とかまでおもちゃっぽいとつい「しょぼい」って思っちゃう。

ストーリーとかは特に問題があるとも思わなかったし、短くよくまとめたなと思うけど、話の出だしと最後がちょっと芸がないって思った。
特に出だしはアイキャッチ的にも多少やりくりしてでもハワイから始めて欲しかったな。

総合して、出来は良いけど、自己アピール力に欠けて損してるって感じかな。
[PR]

by k_penguin | 2005-05-15 00:45 | エンタ系 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/1783095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 「世界に一つだけの花」 他人の家で大ゲンカ >>