超合金 ドロッセル チャーミング

やってきましたお嬢様!
見よこの可動性!
c0030037_1922231.jpg

アニメを見たとき、萌えを捨てて機能と機械としての美しさをとった選択に驚いた。
しかも明らかに自立しないデザイン。
確かに足首の稼働はいろいろめんどくさいんだけど、絶対フィギュア化されると分かっていて自立を捨て、可動をとるとは。
確かに二重関節は精密な感じがよい。無駄に頭にも二重関節を付けてしまう、調子に乗りすぎたマニアっぽさが、またおバカでよい。
そのくせ腰がデザイン先行で華奢。なぜ?

デザインは昔の手塚マンガのデザインを参考にしたそうだが(『ワンダー3』あたりか)、
マントを着たお嬢様が廊下を歩くシーンが美しかったせいか、
ワイルドとかその辺のウィーン世紀末派のイメージを感じた。
華奢でマニアな機械+ウィーン世紀末派+脱力ギャグで、
おバカ『メトロポリス』ってとこかな。
それって支持層あるのか?
俺はそーゆーの嫌いじゃないけど。

c0030037_19163494.jpg

旧お嬢様と一緒に。
なぜ一緒に撮ったのかというと、
旧ドロッセルのお力を借りて無理矢理自立させるため。

装甲部分(白いとこ)が旧ドロッセルと違いプラスチックなので、重みとありがたさは減るが、重みでぐにゃっとなりにくいので扱いやすい。
培養器の中の青いバラがよく見えないのは残念。メタリックかドロッセルの眼と同じ素材にして欲しかった。
あと、手首がしょっちゅうとれる。

自立しないのは想定内なので不満ではない。
そのために「楽ちん」なポーズが作品中に登場したんだと思ってるし、
邪魔なら、二重関節をどこかに引っかけておけるしね(頭を引っかけてぶら下げると怖いけど)。
あとねー、外箱のベロのとこに旗の絵がついてたのがちょと嬉しい。

超合金 ファイアボール チャーミング ドロッセル


[PR]

by k_penguin | 2012-01-29 19:24 | エンタ系 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/17369289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yuma at 2012-02-08 00:08 x
お久しぶりです。
前からこちらで紹介されていたのが気になって、今日初めてファイアボール見てみました。
面白いですね、これ。すっかりこの二人が好きになってしまいました(笑
言葉遊びとパロディとオチの投げっぱなし感が、どことなくラーメンズと通ずるものを感じます。
Commented by k_penguin at 2012-02-08 00:33
おお!見てくれましたか!
ありがとうございます。面白いでしょ。
初代ドロッセルお嬢様は
初音ミクのパクリってさんざん言われましたが、
わたしはこっちの方が好きなんです。
面白いしね。

>どことなくラーメンズと通ずるもの
 この作品は裏設定がいろいろ複雑らしいんですが
「ファイアボール チャーミング」とあわせて考えたところ
どうも「ヒッキーが現実と立ち向かうまで」をイメージしたらしいと
ワタシは睨んでます。
そうすると2人だけでお城に閉じこもって交わす会話が
ラーメンズっぽいのも頷けます。
あーゆー会話を交わしながらお嬢様は巣立ちの時を待っていたのです。

最後お嬢様が戦うために出て行くのがそれで、
従ってゲデヒトニスのもつ「良い知らせ」とは
お嬢様の巣立ちのときが来た。
ということになります。
Commented by yuma at 2012-02-08 01:04 x
チャーミングは未見ですが、「ヒッキー」か、なるほど。衣食住に不自由なく、すべての知識を持っていて、でも「ゲンジツ」を知らない辺りは、たしかにそんな感じですね。ヒッキーと言われるとラーメンズより「トライアンフ」のカフカくんを思い出しちゃいますが。
しかし、古今東西ヒッキーの巣立ちには、「父親」「母親」よりも執事か乳母のような存在が必要なんでしょうか?
Commented by k_penguin at 2012-02-08 01:54
「トライアンフ」。なるほど。
あ、むしろ「チャーミング」の方がトライアンフに似てるかも。
役に立たない召使いが居るとこなんて似てる。
ちなみに「チャーミング」は「ファイアボール」より前の時代設定で、
お嬢様は現実の攻勢から逃れるためコールドスリープしちゃいますw

>「父親」「母親」よりも執事か乳母のような存在
 言われてみれば、そうですね~。
ほんとなら「父親」「母親」がやるべきことなんですよね。
でも単なる抑圧者だったり、情による支配者だったりして役に立たない。
(ドロッセルの場合は亡くなったぽいですけど)
擬似家族的な存在の方が客観性があって
現実との橋渡しの役に立つってことなんですかねえ…。

<< 『THE SPOT』-『うるう... 小林さん関連記事の読者様方 >>