シティボーイズミックスPRESENTS『動かない蟻』

シティボーイズには当たりはずれがある。
で、前回の『10月突然大豆のごとく』が大当たりだった。
従って今回は外れの可能性が高い。
従って外れても泣かないし、外れなのにきたろうがけろりとしていてもあきらめる。
ちゃんと前回から1年で次の公演をしてくれるということに感謝し(前回は1年半間が空いた)、毎日ご飯が食べられることをお百姓さんに感謝して、いただきますと言って食べる。
俺はそういう心持ちで出かけた。

世田谷パブリックシアターの客席は、ちょうど外の通りからそのまま人が流れ込んできたみたいに、老若男女が入り交じる構成で、
暑いもんだから扇子でぱたぱたやる人もいて、なんだか町内のお祭りみたいな感じだった。
何かを期待するわけではないが、何となく毎年行く町内のお祭り。
そんな感じだなって思った。

 それでも。
それでも、だ。
今回は食い足りなかった。
家に帰って録画していた「クイズ・タレント名鑑」をビール飲みながら見て、笑いを補充してしまった・・・。

作・演出を今回は変えて天久聖一だったんだけど、コントよりも演劇っぽくなったので、笑いの絶対量が減ってしまったのが原因だ。
ギャグをやろうとして失敗するのは予想の範囲内なんだけど、最初からギャグをやらない、というのは予想してなかった。
で、演劇的な側面を見ると、それが『奥様お尻をどうぞ』と似ていたのもまずかった。
原発事故直後に作品作ると、大体こうなっちゃうんだろうなー。
2つを比べると『奥様お尻をどうぞ』の方がインパクト強いしまとまってるし。
こっちとしては、ゆるーい感じのシティボーイズでそのお題は見たくなかったなあ。
あ、でも首相は斉木しげるの方がはまってたかなあ。出てきた瞬間に「あ、パン首相だ」って思った。

作り手としては1度はこういうの作っときたい気持ちは分かるけど、見る側としてはあまり何度もみたくはない、という気がする。

まーでも、カーテンコールできたろうがけろりとして「今回は演劇ぽかったねー」と言ってたから、あきらめたっと。

次回、いとうせいこう希望。



シティボーイズミックスPRESENTS 動かない蟻 [DVD]
[PR]

by k_penguin | 2011-09-15 23:22 | エンタ系2(ライブレビュー) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/16857756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 超合金 ファイアボール チャー... ヨコハマトリエンナーレ2011 >>