『THE SPOT』intermission 震災と小林さん

3月の震災によって延期されていた6月の公演のうち、23日に行われる予定の最後の2公演が、小林さんの左手首の炎症の悪化によって中止になった。
今後の予定はまだ発表されていないが、払い戻しの可能性は低いと考えている。

そんなわけで東京千秋楽を見そびれている今の俺だが、その俺が興味を持っているテーマは、
3月の東日本大震災はどのような影響を小林さんに与えたか、だ。
震災以後の『THE SPOT』については、聞いた話の範囲でしか知らないが、余り変化はないようだ。
震災以前に作られた作品だから予想外のアクシデントは反映しにくいのかも知れない。
今のところ、震災の影響はHPの公式コメントなどを通じて推測するしかない。

震災当時、俺としては小林さんが、
全く何事もなかったかのように振る舞ってくれればいいなあ、と思っていた。
平常時にも大荷物抱えて綱渡りしているような状態の方なので、外界の変化が内面に影響すると、あまり芳しいことにはならない予感がするからだ。
震災による公演の中止なんか、
 僕はやりたいんですが、諸般の事情で中止とせざるを得ませんでした、残念です。
くらいに書いておいて、後はスタッフに任せて、東北の情報とか一切入れないで、余震でモニターが倒れると文句を言いながらアトリエに引っ込んでおけばいいのに。
まるで兵士として戦争の前線にいる最中にも日記には形而上学的にことばかり記して戦況に触れなかったヴィトゲンシュタインのように、外界なんぞ歯牙もかけずに振る舞ってくれればいいなあ、
そんなことを俺は考えた。

でも、小林さんはヴィトゲンシュタインよりまともな人だった。
千葉のコンビナート火災が空を赤く染めるのを対岸の劇場から眺め、テレビで観る光景に心を痛め、そしてその結果
今後のライブに関して、僕は葛藤しています。
「こんなときに」という思いと、
「こんなときだからこそ」という思い。
僕がやるべきことは何だろう。
僕にしかできないことは何だろう。
表現者として、
人間として、
慎重に考えています。
 (3月14日メッセージより引用)

やはり新しい葛藤を抱え込んでしまった。

震災を契機に、多くの表現者が、「自分は何のために表現しているのか」を社会との関係で問い直すことを迫られたのだが、
そもそもライブポツネン自体が、「誰のために何を表現するのか」という問いかけを軸としたものである。
そして『THE SPOT』では「テーマはない」と開き直っている(詳しくは 『小林賢太郎テレビ 1・2』 (DVD)の記事)。
しかし「ない」では震災は乗り越えられない。残念ながらそこまで彼はわがままじゃないのだ。

この点、大阪公演終了後のコメントで彼は面白いことを言っている。
これから僕の舞台、
またはその他のエンターテインメントに行くことに
後ろめたさを感じていらっしゃる方に、
僕からのメッセージです。

悲しいニュースは事実としてしっかり受け止めましょう。
知ることはとても大切なこと。
ただし被災していない人が疑似被災してはいけません。
前に進める人は立ち止まらずに、どんどん歩き出しましょう。
日本はこれから大きく復興しなくてはなりません。
自粛もひとつの考え方だと思いますが、
経済活動を止めないことはもっと大事です。
日本が本当に元に戻るには何年もかかります。
では、いつどのタイミングで自粛をやめるのでしょう。
元気な人が元気に過ごすことは絶対に正しいこと。
働ける人が休んじゃもともこもない。
日本の経済をどんどん動かしましょう。
僕はそう信じて、
いつもと変わらず、
食べて、飲んで、旅をして、
舞台に立ち続けます。

劇場に募金箱を用意しました。
ご協力よろしくお願いします。
それ以外にも、どんなかたちでもかまいません、
同じ時間を生きる者どうし、
協力して乗り越えましょう。

劇場でお待ちしております。

小林賢太郎
 (4月6日メッセージより引用)

要領を得ない文章だ。
劇場に行くのは悪いことじゃないよというメッセージのつもりで書き出したのだろうが、肝心の結論が無く、かわりに、僕頑張るよ的な自分に向けた締めくくりになってしまっている。
他にもツッコミどころは多いのだが、この当時、自粛より消費活動のほうが復興につながるという意見はよく耳にしたので、このメッセージも何となくそういうものの一種なんだろうな、と、漠然と処理してしまわれたようだ。
しかし俺が気になったのはそういうことではない。
「経済を動かす」という言葉をつなぎとして「消費活動」と「働く」ということが同義として用いられていることだ。

働くことは消費を伴うが、ふつーこの2つは違うものと考えられている。稼ぎが消費を上回らなければいけないからだ。
しかし、この文章からすれば、消費の方に価値が置かれている。だから「食べて、飲んで、旅を」することと「舞台に立」つことが全く並列に並べられる。
舞台は労働だから価値があるのではなく、何か精神的な利益を与えられるから価値があるのでもなく、「経済活動」であるから社会的な価値があるのだ。
このリクツからすれば観劇も経済活動である以上、働くことであって娯楽ではないことになり、これがお客さんの立場と働く人の立場を混在させる結果をまねいている。

このリクツで彼は自分の表現に社会的価値を与え、震災後の西日本を乗り切った(この理論が妥当するのは西日本だけだ)。
残る東日本は勢いで乗り切るとして、今後どうするのか。

このような状況で、2公演残して突如休暇が入る(しかもフェータルな怪我ではなく寝たきり状態ではない)というのは、彼にとってはモラトリアムが与えられたことになり、ラッキーであると俺は思う。
今の仕事を残した状態で他の仕事に関わることもできつつ休める、
というとこがポイントね。

『THE SPOT』の医者話や象のシルエットなどからすれば、
物の見方を変えることにより、価値のないものを価値のあるものに転換させることができるようだ。
震災後、彼はこのチャンスになんらかの価値の転換ができるのであろうか。
ま、お手並み拝見といったとこ。
[PR]

by k_penguin | 2011-06-26 13:59 | エンタ系 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://shiropenk.exblog.jp/tb/16520232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆき at 2011-07-10 22:15 x
初めに、乱文・私的な文章であることをお許しください。

小林さんのことをどこから見てるのかわかりません
嫌いだから文句をつけたいというわけじゃなさそう。
彼のことが好きでたまらなくて、心配しすぎちゃう
というには少し毒がありすぎる。

ブログというのは、何を書いてもその人の自由ですが、選んで読まれているとはいえ多くの人の目に触れるものであるというのもまた事実です。
>ま、お手並み拝見といったとこ。
など、あまり気持ちの良い文章ではないです。
勝手なお願いで申し訳ないですが、少し言葉を選んでいただけたらなと思います。
Commented by k_penguin at 2011-07-10 22:55
ゆきさんコメントありがとうございます。
ゆきさんのお気に召さない文章であることは残念に思いますが、
ワタシはワタシなりにこの記事が多くの人の目に触れることを意識して書いています。
具体的に言って、「お手並み拝見」という表現はかなりセーヴされた表現です。

これは小林さんの表現に関する評論であって、
基本的に客観的な立場で書いています。
好きとか嫌いとかとは別です。
(少なくともそのつもりです)
文句は言ってますが、それは嫌いだからではありません。
 その考えじゃ早晩行き詰まるよ。
というだけのことです。
Commented by K☆SAKABE at 2011-07-11 02:04 x
penguinさん
小林のコメントには、私も少なからず突っ込みを入れたいと思っていました。
言わんとしていることは解らなくもないのですが、「で、実際どうしたいのよ?」て言うのが私の感想です。
どこかの団体は、「賛否両論あると思うが、表現者として立てる舞台があるのなら立ち続ける云々・・・」と正直にHPで発表していました。
「一人でも足を運んでくださるお客様がいっらしゃれば、必ず幕を開けます。」とかね。
演劇好きには有名でも、一般的には知名度のほとんど無い小劇場の役者さん達ですから世間への影響もほとんど無く、小さな世界であれこれ言われる程度です。
小林も世間一般から見れば、遠回しな言い訳しなければならないほどの有名人でもないわけですよ。
何に対してきれいごと言っているのかそこが疑問なんです。
誰にどう見られたくて言っているのか?
Commented by K☆SAKABE at 2011-07-11 02:04 x
もし、立場的(座長としてとか事務所の稼ぎ頭とかっていう)に不謹慎な発言をしてはいけないという意識がどこかで働いたなら、それこそ「表現者」として正直な意見を言うか、黙って事務所の判断に従うかです。
一連のコメントは、この一大事にいかに自分の「仕事」を正当化するかに終始しているようでカッコ悪いんですよ。
ま、公演後の自画自賛のコメントは全部そうですけど。
いずれ、といっても多分KKTV3で何らかの発言をするんでしょうが、それが言い訳でないことを今は祈るばかりです。
Commented by k_penguin at 2011-07-11 21:48
>誰にどう見られたくて言っているのか?
 小林さんの言うことはすべて、自分に対しての独り言だと思ってます。
「こんな舞台やってる場合じゃないんじゃないのか?」
という疑問は震災のずっと前から小林さんにつきまとっています。
「器用不器用」も「金部」もそういう話でしょ。
でも舞台は続ける、表現はやめない。という結論は動かさない。
なぜかそこには疑問をもたない(というか回避している)んですね。
だからあれこれ言い訳を重ねる。

もともと軋轢があったところに、震災によって不意に大きな重圧がかかった。
なんだかみんなになじられてるみたいな雰囲気だし。
だから精神の安定を図るため、いろんな言い訳をたくさん並列して言って、正当化に努めてる。
そんな感じ?

>KKTV3
あんまり期待できないなあ。
ワタシとしてはいっそのこと震災なんて無かったことにしとくのが
1番良いと思います。
客も美しくて不思議な作品に社会的メッセージなんて期待してないんだし、
大阪コメみたいなこと言うなら、
何もいわない方がましですから。
Commented by k_penguin at 2011-07-11 21:57
ちなみに、大阪コメを添削して直してみました。
字数の関係で1部分です。


悲しいニュースをしっかり受け止める。
「こんなときに自分だけ楽しんでいいのかな」
そんなふうに、苦しんでる人を気遣う。
これはとても尊いことです。
ただし気遣いすぎて、被災していない人まで疑似被災してはいけません。
日本はこれから大きく復興しなくてはなりません。
前に進める人が前を見つめ、どんどん歩くこともまた必要なことです。

苦しんでる人を気遣い自粛する、というのもひとつの考え方だと思います。
その一方、経済活動を続けること、
元気な人が元気に過ごすこと。
これもまた絶対に間違ったことではありません。
僕は
食べて、飲んで、旅をして、
舞台に立ち続けます。

元気なみなさん、ぜひ劇場にいらしてください。
ともに元気に過ごして経済活動を続け、元気な日本に戻しましょう。

そして、劇場に来ることが出来ない
このたびの震災による被災者の方々のために
少しでもお役に立てればと
劇場に募金箱を用意しました。
みなさん、ご協力よろしくお願いします。
同じ時間を生きる者どうし、
協力して乗り越えましょう。

劇場でお待ちしております。
Commented by ゆきに1票だな at 2011-07-18 12:22 x
モナリザについても何か言ってみてよ。
で、添削もしてみてみ。

(もし、絵描きじゃないし。って言い訳するならこうも考えてみなよ。「俺は表現者でもないし」と。何が言いたいのか、わかるかな?色々な視点で公平に見れるように、早くなりなよ。)

公に活動している表現者の立場に立ったものの見方(理解)もできないで、アレコレ一方の視点でものを言うのって、楽でいいよね。
Commented by k_penguin at 2011-07-18 23:29
いや絵描き云々以前に、
上手なもの添削する必要ないじゃん。
Commented by smashige at 2011-07-25 03:00
小林さんという人は精神的にしんどそうな方ですね。
精神的にしんどいのに、しんどいと言えないのですね。
少なくとも一年は何も言わずに休んだ方がいい方のように思いました。
Commented by k_penguin at 2011-07-25 12:17
私たちのような凡人から見れば、「難儀な人」という奴なんでしょーね、小林さんは。
作る作品は繊細で、完璧主義者らしいものなんですが…。

小林さんはワーカホリックなので、
休むと逆に不安になるんじゃないかと思います。
どうしても休みたいときでも、
怪我をしても仕事したがる本人を、周囲が押しとどめる
という体をとって
それでやっと休みますし。

<< 更新料は有効 最判H23.07.15 『若き志願囚』(復刻版) >>